こっそりと、でもないですが。

 最近、想定外に忙しくなり、詰将棋にあまり時間がかけれない状況になってます。年内は厳しいカモ。こうなってみると、風みどりさんの頼まれ仕事だけでも早めにやっておいて良かったです。

 ということでネタもないので、連載している軽趣向好作選をとある目的でPDFにまとめたものをアップしておきます。よろしければどうぞ。例によって解説はつたないですが、作品は良い作品ばかりです。

ダウンロード - kei1.pdf

ダウンロード - kei_fukurotoji.pdf

2個ありますが、ファイル名でわかるとおり、後ろのは袋とじ用です。

西日本は台風で大変な3連休になったようですね。被害がなるべく軽いことを祈っております。こちらは明日朝が一番危険になりそうで、気を付けたいと思います。

 

 

次回詰とうほく日程+2022年6月パラ順位戦(C級)

 次回詰とうほくは11月19日(土)でまた会場が元に戻って仙台駅東口の生涯学習センターの会議室を借りました。最近和室が抽選負けしますね。そんなに人気なんだろうか。

 さて、久しぶりに誌上に発表したので、今回はその作品について。昨年は色々忙しくて順位戦は参加できず、申し訳ない思いをしたので、今年は早々に投稿していました。今見たら20年の8月の創作。秋からずーっと別の作品を作っていたのですが、そちらはまだ完成としたくない気持ちがあり、ストックに残しています。
202206para
▲84銀生△96玉▲88桂△同銀成▲87金△同成銀
▲63角成△86玉▲96飛△同香▲85馬△同玉
▲75金△86玉▲95銀打まで15手。
 今まであまり疑問に思わなかったのですが、どういう順番での出題になるのかは編集部の気まぐれなんでしょうか。今回はC級順位戦でも最後になってしまったので、「そんな難しくないはずだけど、あまり解いてもらえないかもしれないなあ」と思いました。それでも34名の方に解答していただいたようで、ありがとうございます。
 88桂から87金の銀成らせの手筋が出ており、適度な不利感と、そもそもの目的がちょっとだけ見えにくいことで評価いただいたようです。実は創作は収束からの純逆算で、偶然入りました。こんな幸運もあるんだなあ、と感じたのを覚えています。
 一方で収束はちょっと緩めに感じた方もいたようですね。3手収束で銀が重く見えたでしょうか。先ほど書いたように、もともとこの収束からの逆算なので「へぇ、そういうものかなあ」と思いました。なので、いただいた短評で、竹中さんの「96飛~85馬はあまり見ない収束ですね」は嬉しかったです。
 C級は他の方のも一部解いて、あとは柿木に解かせたりもしたのですが、鳩森氏作が楽しかったです。A級・B級は力の入った作品が多かったですね。運よくB級に昇級したので、来年もまずは参加することを目的に頑張ります。

8月の詰とうほく

 昨日は詰とうほく。久しぶりに盛岡の佐々木さんが見えられました。独特な語り口は相変わらずで楽しいひと時を過ごしました。創作は岩手の囲碁将棋教室の方といっしょに、主に一般向けのものを作られているそうで、昨年のものはこちらのサイト(←クリック)で見ることが出来ます。今年のものもいくつか出して、同一作チェックをされてました。今年は10手台も出すのだそうで、急に難しくなったりしてました。
 せっかくなので自分の作品もいくつか見てもらいました。あとはこちらも久しぶりの石川さんとパズルで雑談したり、詰将棋を解いたり。また、Uraさんからもらった(いつもありがとうございます)参考資料の二上氏作がまた易しそうな顔をして、一般雑誌でこれは相当では、と思いました。
Futakami3
実は周りでコロナ感染者が多く出たこともあり、今回は二次会はなしとさせてもらいました。すみません。次回は11月19日で申し込んでいます。抽選結果は別途ご連絡します。

非解図日記

 今年に入ってから、詰パラの学校を解ける分だけ解答してました。だいたい短大の途中で毎月力尽きてますね。正解率はまあまあですが、たまに思い切り誤解することもあり、ウッカリ癖は一生治らないものだなあ、と改めて感じてます。
 今月は学校が休みなので順位戦を、と思ったのは6月号が届いてページを開くまで。不思議なもので、高校の出題図は多少形が乱れていても「なんとか解けるかな」となるのですが、順位戦だと数が多いこともあるのですが、一気に「うん、無理かな」と思ってしまいますね。そうそうたる作者の方々の並々ならぬ熱意にあてられてしまっているのかも。ま、メール解答ができない、ということもあります。

 そのハシクレに自分の名前もあるのですが、「去年は投稿する気力も起きない状態で迷惑かけたので、今年はなんとか」というのが真相です。そういったこともあって、まず昨日C級を、今日はA級をソフトに解かせて鑑賞してました。こんどB級も同じことするか……と思ったのですが、ちょっと理由があって、「B級だけでも自分で解いて解答出すかな」という気に少しなっています。まあ本当にそうするかは怪しいもんですが。

 他人に強制はしませんが、解いた感想は月が過ぎるまで言わないのがエチケットかな、と個人的には思っており、今日はどの作品がどう、とは書きません。が、単純に「スゴイなあ」と感心した作品と、「スゴイけど、ここまで無理しなくても」と感じた作品の2パターンですかね。まあ、解かずにPCで見ただけの感想です。結果がどうなるか、自作も含めて楽しみにしています。

 詰将棋関係である作業の依頼を今受けており、少しずつ進めています。頑張らなきゃ。ではでは。

5月の詰とうほく

 昨日は詰工房と重なってしまったのですが、6名参加でのんびり楽しみました。私は小川さんから送られてきた新作を解図後、学校を高校の途中まで岩本さんや尾形さんと楽しみました。小川さんからは2作見せてもらったのですが、どちらもなかなかの作品で、いや流石だな、と改めて感心。1作はこのブログで出題する予定ですが、だいぶ先です(謎)。
 データベースの今後の方向性についてだいぶ話が盛り上がってました。冬眠蛙はデータベース持ってないので使い勝手の良し悪しとか分からないのですが、やはりどうしても手間がかかりますので、そこが問題なんでしょうか。ちなみに自分の場合は同一作検索は使わせてもらっており、本当に重宝していますが、完全一致以外の類似作品検索が出来たら助かるなあ、と感じることはあります。
 Uraさんからは参考資料で二上達也さんの新聞発表作を集めた参考資料をいただきました。ぱらぱらと眺めてますが、うまく出来てるな、と感心する小品が多いです。少しだけ紹介。
Futakami_20220529200101 Futakami2

次回は8月20日(土)を中心にして予約を入れてます。いつもの場所が取れますように。(-人-)

ちえのわ雑文集と宮原さん

 5月号の標記コーナーで昨年看寿賞をいただいた短編を、中編賞を受賞した宮原さん作といっしょに大崎氏にとりあげていただきました。ありがとうございます。今回はそれを見た感想を。
 大崎氏は「市島さんも宮原さんもL1合を取らない高木手筋を作ろうと思って作ったわけではないだろうけど」と予想されていますが、実は……そのとおりです。こちら(←クリック)で解説してますが本当は7手目同馬を作意にしようと思ってました。理由は大崎さんが書かれている「作りやすいのはL1合を取ってL2合には入らず、収束に分岐する手順だろう」というのとは少し違っていて、「謎解きとして、その方が奥深さが出る」というものでした。理想は同じコーナーで紹介されている宮原さんの11手詰で、これは当時見たときも、なんてスマートなんだろうと思ったものです。

 ただ、宮原さんの中編の方は、大崎氏の「作ろうとして作ったわけではないだろうけど」ではないんではないかな、というのが市島の予想です。「高木手筋を梃にして4段跳ねが出来る」というのが作者の直感としてあったに違いないと思うんですよね。だって宮原さんですから。いろんな人に言ってますが、彼の作品を見たり解いたりしたときに一番才能とセンスの違いを感じます。最近は作品をコンスタントに発表されていて嬉しい限り。今後も楽しみにしています。
 その4段跳ねの作品はYouTubeで詳細に鑑賞できます。埋め込んでおきます。丁寧に解説されてますので、ぜひご覧ください。 

処女作

 GWの谷間の一日、パラが届いてホッ、という方も多いのでは。今月は平日が入りましたけど、郵便事情も変わりましたので年によっては5日くらいまで届かない、なんてこともありそう。大変ですね。

 今年は妻と一緒に29日から青森に行ってました。初日弘前で二日目は奥入瀬~十和田湖、最終日は青森市。せっかく十和田まで行ったので高坂さんに会いたかったですが、大変そうでしたので今回はパスしました。奥入瀬では自転車を借りて渓流のぼり。普段あまり登り坂を漕がないのでくたびれました。その分目の前に開けた十和田湖はとても美しかったです。
 で、船に乗ったところでスマホが振動。なんだろうと見てみたら、EOGさんからダイレクトメッセージをいただきました。「作品集Unplugged#07、初入選前の作とブログにはありますが、将棋ジャーナルに同じ図が掲載されています」。いや~驚きました。PNで投稿して、ボツになったと思ったら初級向け詰将棋に載せてもらってました。下図です。
Shojosaku
 新作に見えません(笑)。時期的に高校受験で、いったん将棋やめてた頃だったかなと。そうじゃなければ気づかないはずないので。そうかあ、初入選ではないけど処女作これになるのかな?伊藤果氏の「詰将棋の創り方」とか読んで当時少し興味あったんですよね。この後大学4年まで長い眠りに入ります。
EOGさんにはご指摘いただき、ありがとうございます。「Unplugged」自体が超マイナーですので、見ていただいたことだけでも嬉しかったです。

 ちなみにその「Unplugged」、コンセプトが「自分のミニ作品集には入れなかった軽めの作品を拾い集めたもの」なのですが、実は「自分がマイベスト的な作品集を作るとしたら、当時は入れなかったけど今は入れたい作品」もあったりします。こちら。
20220502
 もともと「初期にしては良く出来たな」とは思っていた作品で、短編名作選に選んでいただいて、やはり捨てがたいなと。安武利太氏に感謝です。
 他に詰将棋サロン好作選に選んでもらった作品もあるのですが、そちらは今見てもイマイチ。でも将来また気が変わるかもしれませんね。

第2作品集第16番の変同について

 以前掲載した記事に載せた作品に(下図)にToshikiさんから「6手目13玉で変同では」というコメントをいただきました。
20220409mae
 6手目の局面がこちら。

202204092
 確かに変同でした。22銀、24玉、23桂成、同玉、33馬、同龍、同銀成、13玉、23飛、14玉、15銀まで。実は恥ずかしながら、全く見えてませんでした。いかにも簡単そうに見えたんですが(汗)。
 それはもともとそれがこの作品の味でした。詰みそうで詰まない紛れが多さの中で、32金~33銀生の二段伏線を鍵とする手順が狙い。この変化も同じように簡単そうに詰みそうでなかなか詰まないとはなあ、というのが正直な感想です。

 元の図(下図)ですと32金に13玉は22銀、24玉、33馬、同龍、同銀生で早く詰むのですが、駒数が増えるとともに、紛れの”らしさ”が減るので、ちょっと迷うところです。
20220409
 それにしてもToshikiさんの洞察には本当に恐れ入りました。駒数が増えない修正自体は出来そうなのですが、せっかくいただいた見直しの機会なので出来るだけちゃんとした姿で残したいと思っています。Toshikiさん(実は元記事の”K氏”です)には厚く御礼申し上げます。

新春特別出題 解答者コメント

小川さん作に多数の解答いただき、大変ありがとうございました。コメント掲載させていただきます。

風みどりさん『初手はどう考えても95角しかないし、念力で「R」を読み取れば、93玉、82銀生、と展開していくのは間違いない。なのに2手目同玉でまったく詰みがみえず、柿木将棋のお世話になったことを告白しておきます。こんなところに飛車が隠れているなんて全然見えていませんでした。
その後は18手目までは順調に進み…71桂は動かないとみて43銀生、同玉、33銀成はこういくしかない所、その後の44金に痺れました。
最後の最後まで「R」を出さない設計といい、このような軽く手掛けたような作品でも作る人が違うと違いますね!』
☆念力(笑)。推理ではないんだ。
占魚亭さん『「R4」が炙り出されるとは思いませんでした。初手で動かした角で仕留める構成が見事です』
☆言われてみれば。
エレーンさん『82銀不成が大事な手でしたね。15飛の局面は不安な感じでしたが見事な収束でした』
まっつぁんこさん『R4の炙り出しとはおそれいりました(笑)8二銀不成の伏線?など楽しめる一作でした』
☆やはり82銀生は結構後で効く伏線なので、ポイント高いですよね。実は冬眠蛙は表題見ていた関係で念力組(笑)なのですが。
はむきちさん『玉が盤面全体を移動しながらR4があぶり出されていく様子が楽しかったです。9手目85龍までの玉を釣り出す手順はなるほどと思いました』
☆はむきちさんはコメント含めて初めてですね。ありがとうございます。逆算で玉を盤面全体で動かすのって結構難しい。それを軽く作っているように見えるのは、やはり経験値が高いんでしょうね。
〇路大〇さん『角のリーチを生かした決め手で浮かび上がるダイナミックなR4。すかし詰による炙り出しは珍しい?82銀捨ての伏線が好印象です』
☆作者は大襷のあぶり出しでもすかし詰を使ってます(雨滴の第51番『揚羽』)。最後に形が出来るのがカッコイイ。
たくぼんさん『誘手が多い初形から82銀生の伏線が入り、中盤は左上が"ト"にならないなぁと不安にかられ、予想を超えた詰上りにビックリと新年早々楽しめた一作でした。年齢を感じさせない創作意欲と技術を堪能させて頂きました。お体を大切にされまだまだたくさんの作品を見せて頂きたいと思います』
☆この作品をもらった手紙では、既に「R5」を創作中とのことでした。楽しみにしましょう。
nono_yさん『予想を超える手順から、予想だにしなかった詰め上がり。凄い!』
☆コメントありがとうございました。解説した甲斐があります。

オリンピック、ジャッジでだいぶアレコレ騒がれてますね。やはり評価って難しいな、と改めて思います。詰将棋は評価基準が本当に多様で、ある人には史上最高の傑作であっても他の人には大したことない作品、なんてこともあったりするわけで。ま、だからこそ詰将棋続けているような気もします。これからも自分なりに楽しんでいければと思います。

新春特別出題 解答

 昨日の詰とうほくはコロナ禍最中ではありましたが、7名参加。恒例の年賀詰鑑賞会のほか、Uraさんのソフトやらフェアリーやら、色々と盛り上がりました。ありがとうございました。次回は5月21日・28日が基本線。もしご希望があればコメントいただければ。

 さて、本日は新春特別出題の解答を。ちょうど年賀詰コンの投票期間でもありますので、記事を見て気に入った方、ぜひおもちゃ箱特設ページにて投票をお願いします。また、追加コメントも歓迎します。
Ogawa2022_20220206162801
 93地点が逃げられるので、それに備えた攻めが必要。95角と思い切ってと金を取ります。これに対して同玉で全然届かないように見えるのですが、よく盤面を見ると14飛が。96金、同金、15飛と活用すると5段目が合駒ができそうで出来ず、以下簡単に詰みます。というわけで、2手目は93玉。これに対しては94歩から85龍と切れば、右側に追い出すことが出来ます。83に逃げられるのを防ぐため、86金・84金と二枚使わないといけないのですが、64玉に対して、75金~64金と捨てるのがうまい手で、86角と角を活用するのが気持ち良い手順です。
 以下、43銀生から金を取る手までは続くのですが、それ以降が難しい。たとえば24金は32玉です(失敗図)。どこがおかしいのでしょうか。
202202062
 実は2手目まで戻って、ここで82銀生と捨てるのが正解。上の図から馬が82に行った計算となるので、24金のかわりに44金~35とと思い切って捨てて、15飛と引く手が成立します。44玉は55銀、43玉、45飛以下。82銀生、同馬の2手を入れないと45飛を同馬と取られてしまう、という仕掛けです。
 46玉には57銀と引き、ゴールが見えてきました。45飛に対する46の合駒は香歩のいずれかですが、取って48に打ち、38金と捨てて最後は64角と角を再活用して詰みとなります。では改めて正解手順を。
▲95角△93玉▲82銀生△同馬
▲94歩△同玉▲85龍△同玉
▲86金△74玉▲84金△64玉
▲75金△54玉▲64金△同玉
▲86角△54玉▲43銀生△同玉
▲33銀成△同金▲同と△同玉
▲44金△同玉▲35と△同玉
▲15飛△46玉▲57銀△47玉
▲45飛△46歩▲同飛△同桂
▲48歩△37玉▲38金△同桂成
▲64角まで41手。
20220206
くっきりと「R4」が!見事な詰上がりでした。
長くなったので、コメントは次週掲載します。今までいただいた方には御礼として詰将棋の小冊子を送付しておりますが、次週まで感想いただければ同様に送付しますので、よろしくお願いします。


おまけの冬眠蛙作も解答を紹介。
Ichi2022_20220206162801
▲22金△41玉▲32金△同玉
▲22香成△同玉▲25飛△31玉
▲42銀△同馬▲同歩成△同玉
▲22飛成△51玉▲33馬△62玉
▲63歩△同成銀▲51角△53玉
▲52龍△同玉▲42馬△61玉
▲62歩△同成銀▲同角成△同玉
▲63銀△71玉▲53馬△82玉
▲81金△92玉▲83桂成△同玉
▲75桂△92玉▲82金△同玉
▲72銀成△同玉▲64桂△81玉
▲63馬△91玉▲92歩△同玉
▲83桂成△同玉▲73歩成△92玉
▲81馬△同玉▲72桂成△92玉
▲82と まで57手。
 こちらは「R4」の初形曲詰です。右側の序奏が少し安直な手順だったので、なんとか煙まで持っていきたかったのですが、残念ながら技量が全く足りませんでした(笑)。馬捨てが入って辛うじて体裁だけは整えています。何名かの皆様にはこちらにも甘めにコメントをいただきました。作った甲斐があります。ありがとうございました。

 

より以前の記事一覧