詰将棋

パラ9月号

冬眠蛙のところは昨日到着しました。まださっと目を通しただけですが、一個だけ気になったものがありました。それは表紙の結果稿。冬眠蛙も「表紙くらいは自力で暗算で」という主義のもと、解いていたのですが、個人的には収束はかなり気になりました。「これは全く気になりません」ですかねえ。
といいつつ、「気になる」にいたった背景、というのを冷静に分析してみると、

○作者が高名な方なので、「この作者でこの収束?」と思ってしまったこと
○それまでの手順が変化をふんだんに使いつつ、見事な手順だったので、収束とのバランスの悪さが目立つこと
○冬眠蛙の目線が、以前よりも解答者よりになっていること

…があるのかなと。特に最後の点について、「昔だったら『この位許容してもらわなくては』と思ったんだろうなあ」なんて妙に感慨にふけったりして。
 でも、ヤン詰結果稿の②の無駄合かどうか、という点については100%無駄と感じているので、まだ作者目線も残っているのかもしれませんね。

 ちなみに今月の表紙も解きました。ちょっと苦戦しましたが、こういう手順も成立するんだなあ、って感心。さすが妻木さんですね。

次回の詰とうほく

連絡が遅れました。次回の詰とうほくは10月28日(土)を予定しております。場所は元に戻り、生涯学習センターの5階和室です。13時~17時になります。

 パラ8月号の感想を一個。一番思ったのが、結果稿の短大23の斎藤氏作。魔法みたいな手順に見えるんですけど、意外と点数伸びないんですねえ。難度が足りない、ということなのかなあ。
 
これ、もし自分が作者だったら、出来上がった瞬間に小躍りする位嬉しいタイプです。作者の斎藤氏は今年の全国大会にも来ていたとか。近代将棋で大活躍されていた方と記憶しています。一度お話ししたい方の一人ですね。来年は出れるかな?

7月の詰とうほく

昨日開催いたしました。今回は8名参加で、まずまずの盛り上がりでした。

 利波さんが持ってきた木村義雄氏の叙勲記念パーティのパンフレットの詰将棋をまず解図。北原氏作とのことで、どの作品もなかなかの出来でした(1作不完全らしいのですが)。どこにも収録されていない作品とのことで、こういった埋もれている作品もまだ他にもあるんでしょうねえ。
 その後、前の週に行われた全国大会の記念詰将棋を解図。盲点にはまって1番目の初形「3」の字に苦戦しましたが、なんとか両題とも解けました。作者当てもあったとのことで、結構自信満々で「1番は元○さん、2番は服○さん」としたところ、完璧に外しました(笑)。大変失礼いたしました。

 その後、石川さんの新作を見せてもらったり、短編名作選や今後予定されている作品集の話、またちょっと良い作品、と話題になっているらしいデパート今村さん作の解図等で、今回も楽しく過ごしました。次回は10月28日(土)にセッティング。会場予約しなくては。

 ちなみに当日もらった全国大会解答競争の作品を今ぱらぱらと眺めております。話題のあの方も間違えた、という3手詰第10問、だいぶ考えました。いつもながら、競争用としてのレベルの高さに感心します。運営された皆さん、大変お疲れ様でした。

週末は詰とうほく

今回は詰将棋全国大会がいつもと違う意味で盛り上がったようですねえ。まあ詰キスト的には多少の騒ぎは関係ないかな?

さて今週末の土曜は詰とうほくです。ここ2・3回続いた生涯学習センターではなく、今迄よく使っていた中央市民センターになります。おいでいただく方は間違いないようお願いいたします。

月曜に日本シリーズの仕事で仙台に来ていた角さんと飲みました。出来上がりほやほやの本をいただき、自作を眺めて感無量。ああ、この作品を選んでもらえたかあ、とか、こういう風に見ていただいたんだ、とか。作家冥利ですね。特に吉松さんにちゃんと修正図をチェックいただいていたのも嬉しかったです。他の方の作品の数々も会合でのんびり鑑賞したいと思います。皆さんのおいでをお待ちしております。

詰研ブックス

詰とうほくは詰将棋収集をされている方が多いせいか、行くと余った本をいただけることがあります。今回佐原さんにいただいたのがコチラ。

20170528


その昔、森田銀杏さんが発行されていた詰研ブックスの角さんの作品集です。他に山崎隆氏のも拝見しました。出席者の間では、「多分これ、本人の許可とか得てないだろうねえ」と話題になりました。さすがに角さんには事前に話をされていたのでは、という気もしますが。

A6袋とじで8ページで、図面のみ解答なし、というシンプルな構成ですが、初期の作品が多いので、解図力のない冬眠蛙でもそれなりに楽しめてます。ここで紹介したいところですが、新聞ネタと被りそうなのでやめておきましょう。見てみたい、という方は次回詰とうほくに、ぜひおいでください。(*^-^)

----------------------------------------------

 この間、テレビのSONGSで玉置浩二の歌を聴きました。中学・高校の頃にファンだったのですが、久しぶりに聴いても、相変わらず上手いなあ、と。思わず昔のアルバムを衝動買いして、懐かしみつつ楽しんでいます。「夢のつづき」→「デリカシー」の流れとか、今聴いてもなかなか良いな、と思いました。

次回の詰とうほく

次回詰とうほくですが、以下のとおり、会場が前回と変更となりました。

○日付:7月22日(土)13時~17時
○場所:青葉区中央市民センター 和室(
ホームページ
○会費:利用料金(3120円)を割り勘

前にいつもやっていた場所で、仙台駅西口から歩いて15分くらい?本当は前の場所が良かったのですが、別のイベントがあるらしく、抽選申し込みできませんでした。残念。

---------------------------------

ちょっと前の話になりますが、角さんが現在編んでおられる短編名作選の解説に参加しました。冬眠蛙が選んだのは、

○最も詰将棋に熱中していた平成7年~10年にかけてパラに発表された作品
○看寿賞・半期賞以外

から10作です。後の方の条件は、いずれ半期賞作品集とか出ることを考えたものですが、これが取り越し苦労にならないことを祈ります。
 もちろん、今の冬眠蛙の好みに合わせた選出ですので、結構渋めかも。でも絶対にオススメできる作品ばかりですので、お楽しみに。

 他の方が解説されたリストも送られてきており、自作もいくつか選ばれているようです。こういったセレクションに作品が載るのは初体験ですので、どんな解説が書かれるのか、とても楽しみにしています。

4月の詰とうほく

 一昨日開催しました。遠来は佐々木さんと小池さん、あとはいつもの面々で計6名。今回は佐々木さんが持ってこられた初代宗看の作品集について、出典による図面の違いについて解きながら推測したり、WFPの作品展を解図したり、佐原さんの古本の作品を見て雑談したりという、いつもといえばいつも通りの会合でした。パラ4月号の作品も解いてみたかったのですが時間切れ。といいつつ、色々と小ネタを手に入れたので、ちょびちょびとブログで紹介します。
 いつもならば二次会ものんびり雑談、というところなのですが、土曜深夜から仕事だったため、今回は二次会はパスしました。残念。次回はだいじょうぶと思います。その次回会合は全国大会の翌週、7月22日にしました。会場は例によって抽選待ちですが、ここ数回使った生涯学習センターがダメで、他のところになりそうです。決まったらまたここで周知します。

 巷では藤井四段が羽生三冠に勝ったことが大きな話題になってますね。スゴイことはスゴイんでしょうけど、そんなにインパクトあるかなあ、というのが正直な感想。でも、ネガティブな話題が多かった将棋界なので、こういったイベントを利用するだけの強かさはぜひ身に着けてほしいな、と思います。
 あと、個人的には藤井四段の新作が早く見たいですね。投稿ないのかな?

パラ4月号

 昨日は訳あって不在にしており、今日戻ったらパラが届いていました。新年号の結果が載っているわけですが、各校ともなかなか高評価が出ていましたね。冬眠蛙が感心したのは短大の井上さん作。打った金が邪魔になる展開は前に自分も創ったことあるのですが、その後の手順が素晴らしい。逆算でこの序になったのならオイシすぎるし、順算でこの収束、というのもちょっと考えにくい。作者の言葉からすると前者のようで、いや羨ましいなあ、と。
 もう一作感心したのは段級位認定の編集長作。意外性のある趣向的な手順が展開され、収束まで雰囲気を壊さないあたり、流石だなあ、と思う次第。なんで年1作ペースなのか、理解できない作家ですね(笑)。

 事前に知っていた大学院1は思ったよりも評点が伸びなかったのですが、こういう作品は評点で語るタイプではないかな、と思います。自力でなんとか解いた中学武島さん作や半分くらい?自力で解いた短大大橋さん作もなかなか良い評価でしたね。今月は忙しくなるので、あまり解く暇はないのですが、詰とうほくで皆さんから良い作品を教えてもらえるかな。

 先月あたり話題になったDAZNでサッカー見るのが休日の楽しみの一つですが、応援しているチームの試合は見ないようにしてます。理由は聞かないでください。あーあ。

1月の詰とうほく

 原稿がほぼ終了しました。ああ良かった。今回は水上さんが先に解答届いた分だけもらえて助かりました。

 さて、さる1月21日に詰とうほくを開催しました。今回は東京方面から小池さん、TETSUさん、更には初参加の石黒さんでだいぶ賑やかに開催しました。新年ということでTETSUさんの年賀詰コンクールの投票も実施。毎度ながら色々な作品があるもので、感心しております。誰も入れてくれそうにないので、コッソリ自分のに投票した悪行をお許しください。(≧∇≦)

 前週に開催されたたま研の作品展を解いたり、もちろん短コンの話もしました。短大を長く務めている石黒さんからも面白い話を色々と聞かせてもらいました。二次会は近くの居酒屋さんで。仙台名物を食しつつ、楽しく盛り上がりました。

 次回は4月22日の土曜日を予定。会場は例によって抽選です。後日またこちらで告知させていただきますので、よろしくお願いいたします。

次週は詰とうほく

 現在、順位戦の結果原稿作成中。今までは1題あたりの行数とか、載せる短評の数とかを気にしながら書いてました。ある程度順位に比例するべきかな、と。例外もありますけど、基本的に上位の作品ほど、行数も短評の数も増えていくようになっていたはずです。
 今回は忙しい中なので、あまりそういう細かい部分に気を使わずに、どんどん書いていこう…と思ったのですが、結局のところ、やはり気になるものは気になるもので、例年と同じ手法にしています。結構気を使ってるんですよ、あんな駄文でも。

 …ということで一向に進まない中、いよいよ次週詰とうほくです。念のため、もう一度ご連絡。

○日時:平成28年1月21日(土) 13時~17時
○場所:仙台市 生涯学習センター 5階和室
     (仙台駅東口 徒歩5分。 
ホームページ
○会費:場所代(多分2800円)を割り勘。

 今週土曜は仙台は晴れ予報ですが、気温は最高気温6度ということで、ご出席いただける皆様、防寒対策をお願いいたします。
 ちなみに、前回参加しなかった方で今回参加するよ、という方は事前にご連絡いただければ、謎のお土産(?)を用意します。大したものではないですが。

 全国各地で雪、ということで大変でしたね。仙台はそれほど降っていないのですが、気温が低いのでチラホラと降った雪が溶けずに凍り、先ほど車の運転してきたのですが怖かった。皆さんもどうぞお気を付けください。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ