日記・コラム・つぶやき

日本酒の記録(2018年10月)

 次回詰とうほく、2月頭にもっていったらまだ抽選に参加できないことが判明。日程の確定は来月頭になりそうです。2月2日を基本線にしていますが、これだと会合案内は1月号に載せた方がいいですかね。

 さて、本日は日本酒の記録を。9月最後に開けた「得月」、辛口が後をひき、なかなか独特な感じでした。で、10月はというと。
Dsc_0572
 久しぶりの十四代。居酒屋さんではなかなかお目にかかれないので、店で見るとつい手が伸びてしまいます。今回も香りと舌ざわりを堪能しました。今回も前回と同じ極上諸白。違うのも飲んでみたいのですが、どこかで手に入らないかなあ。

Dsc_0579
 続いて、詰とうほくで岩本さんからいただいた、奈良県大和郡山市の中谷酒造さんの「語り部のつぶやき こをろこをろ」。もらってすぐに、あっという間に開けて飲んでしまいました(笑)。酸味が強めですが、嫌味にはならず、スルリと飲めるお酒でした。最初は吟醸香はあまりしなかったのですが、封を開けてしばらくすると、香りも含めて更に美味しく感じられました。冬眠蛙の気のせいかもしれません。奈良県のお酒は初めてで、妻ともども、喜んでいただきました。岩本さん、大変ありがとうございました。

 パズル雑談、最初の易しそうなモノだけでも…と思ったらこれが全然解けない。なんかルール勘違いしているのかなあ。ではでは。

半職業病

 パラ11月号が届きました。将棋パズル雑談、なんか急に難しくなりましたねえ。なんとか全題トライまではしてみたいところですが。
 結果稿ではやはり相馬氏の大学作品でしょうか。理論はわかりやすいのですが、作るのはとても難度が高いと思います。どれくらいで作れるんですかねえ。驚きました。
 ところで1個だけ直感的に誤植?に気づきました。D級順位戦の④小林氏作について、柴田さんが「断トツの高得点」と書いてあったので、見てみたら4.75。なるほど、これは高得点。……と思ったのですが、5~1点の評価人数を見て、直感的に「そんなに高いかな?」と。というわけで計算してみたら、たぶんですが、4.39が正しいようです。短コンで長らく採点やっていたせいで、「この配分ではそんなに高得点にはいかないはず」というのがわかるんです。スゴイでしょ?これが何の役にも立たないのが辛いところです(笑)。

 久しぶりに1個作品を作りましたが、なかなか思い通りの仕上がりにはできず。継続していかないとダメですね。
 あと、軽趣向作紹介も次の企画を考えています。近々スタートしたいので、ぜひ読んでいただければと。

パラ10月号

 ここのところ、旅行に行ったり仕事が忙しかったりで、なかなか詰将棋に割く時間がありません。軽趣向作品紹介ももうちょっと先になりそう。来週は詰とうほくなので、久しぶりに駒に触れることになるかと。

 ところで、パラ10月号の半期賞記事で、三輪さんの感想が興味深かったです。『賞は受賞作があってこそ賞』、なるほどなあ、と思いました。昔みたいに「少なくとも月の評点首位作以外は選んではいけない」といった堅苦しい決まりもないわけですし、単純に担当者の方が「この作品は良かったね」という作品を選ぶくらいで割り切ってしまっても良いのかもしれませんね。というわけで、受賞された皆様、おめでとうございました。
 結果稿の中では、やはり大学院の吉田氏作。このブログで紹介した同氏の作品もかなり精緻だなあ、と感心したのですが、3段馬ノコまで持っていくというのは、本当にすごい。タイミングからすると、もしかして、このブログでの記事が創作のきっかけの一つになってたり…しないか(笑)。

 先ほども書きましたが来週は詰とうほく。皆様のお越しを楽しみにしております。ではでは。

日本酒の記録(2018年8・9月)

 また台風ですねえ。今回は仙台も直撃のようで、かなり心配です。
 さて、では日本酒の記録を。2か月分ということで、ちょっと多いです。えへへ。
Dsc_0453_2
まずは山口県の「東洋美人」。山口では獺祭と並ぶ人気銘柄。この「純米大吟醸白鶴錦40」は比較的リーズナブルなお値段で手に入ります。以前に飲んだ同じ東洋美人の「一番纏」に比べると少し香りは抑え目な感じ。刺身によく合いました。
Dsc_0477
私の好みの銘柄、三重の「而今」の「純米吟醸千本錦火入」。 3月に飲んだ「酒未来」より酸味は少なかったですかね。でもフルーティで楽しめました。
Dsc_0491
続いても私が好んで飲む秋田新政酒造の「亜麻猫」のスパーリング。スパークリングは久しぶりですが、吟醸香がしっかり残っており、美味しく飲めました。普通に出されたら日本酒だと思わないかもしれません。
Dsc_0495
続いては福井のお酒、「黒龍」の「いっちょらい」。それまで甘口系が続いたせいか、力強い辛さを感じました。辛口好みな方はぜひ。冷やで飲みましたが、熱燗でもいけそうな気がします。
Dsc_0502
愛知のお酒、「醸し人九平次」の「純米大吟醸human」。前回東京で買った普通の純米大吟醸も美味しかったのですが、これもなかなか。グラスに注いだときに立ち上る香りが食欲をそそります。仙台でも置いてある店が分かったので、また別のも飲みたいですね。
Dsc_0545
まだ開けたばかり、故郷新潟の朝日酒造の「得月」。「久保田」で有名な酒蔵の秋の限定品なのだそうです。精米を28%まで行っており、雑味のない辛口という感じ。サンマの塩焼きとかで飲みたいお酒です。

パラまだ来ない。。。10月は詰とうほく開催しますので、会合案内で興味を持たれた方、気兼ねなく来ていただければ。お待ちしております。

日本酒の記録(2018年6月)

 サッカーで日本がベスト16入りを果たしましたが、最後の試合の戦術でだいぶ議論になっているようですね。昔のJリーグでも、「負けているけど得失点差の関係で点を取りにいかない」という試合もあったので、無いわけでは無いと思います。でも(絶対に有り得ないですが)冬眠蛙が同じ立場だったとしたら、セネガルが同点に追いつくリスクを捨てきれなかったでしょうね。これが「日本が同点だった」とか「コロンビアがセネガルに2点差で勝っていた」という状況だったらわかるんですけど。
 それよりも、ポーランド戦のスタメンの方がちょっと疑問でしたね。FWに武藤と岡崎、さらにMFとして普段サイドバックの酒井(高)を起用したところまでは「状況を考えて守備的な布陣にしたのかな」と想像できますけど、だとすると、守備をあまりしない宇佐美の起用は一貫性に欠けるんですよね。あと個人的には、CBの槙野は守備でポカをしたり、手でつかむ事が多い印象(最近は見てないのでわかりませんが)なので、VARのある試合では危ないかな、と。
 まあ、何はともあれ、1回戦での健闘を祈りたいところです。ベルギーはすごく強そうですけどね。
 さて、脱線が長くなってしまいました。6月の日本酒の記録を。
Dsc_0402
山形のお酒、十四代の極上諸白。ネット上ではプレミアが付いてしまって、凄まじい価格で取引されていますが、幸運にも定価で手に入りました。開封時やグラスに注いだときの吟醸香は随一。飲み口もとても良く、上品な甘さを堪能できます。封を開けたあと、日がたつほどに香りが増すような気がするのは贔屓目なのかもしれませんが(笑)。今度はいつ買えるかなあ。
Dsc_0411
続いては青森の田酒の百四拾の純米大吟醸。4月に同じ酒米の純米吟醸も飲んだのですが、その味と比べられるほどの記憶力は冬眠蛙にはありません(笑)。そんなことは関係なく、爽やかな味わいを今回も楽しみました。
Dsc_0416
こちらはまだ開けたばかり。秋田の「秋田晴れ」の「エース」。初めて飲むお酒で、ラベルには「水のような透明感」だそうなんですが、結構力強い辛口のような気がします。次に飲むときは印象変わるかな?
 パラ7月号が到着しました。気になる作品があるのですが、解けるかなあ。

日本酒の記録(2018年5月)

 サッカーのW杯日本代表が決まりましたね。ハリルホジッチ前監督を直前に変えたことについて、かなりの非難がありましたけど、冬眠蛙は時期は遅かったかな、と思うものの、変えて良かったと感じています。東アジア選手権が、全3試合とも非常に内容が悪く、どちらかというと戦術に問題があるのでは、と思ってました。先日のガーナ戦も見ましたが、少なくとも東アジア選手権の試合内容に比べれば、だいぶ戦っているように見えました。残り僅かの準備期間ではありますけど、ベストを尽くしてほしいな、と思います。

 さて、今日は日本酒の記録の方を。

Dsc_0381
まずは秋田の新政酒造の「№6 X‐Type」。「№6」とは6号酵母を使っている、という意味なのだそうです。香りと甘さと飲み口のバランスが絶妙で、この酒造のお酒を多く飲む切っ掛けになった銘柄。今回もとても美味しかったです。前の家で最後に飲んだお酒になりました。

続いて引っ越して来て最初に開けたのがコチラ。
Dsc_0390

地元宮城は加美町の「天上夢幻 仕込13号純米大吟醸」。比較的あっさりとした飲み口で、若干辛さも感じました。もう少しパンチがあっても良いかな。手前の肴はホタルイカの燻製。このお酒とちょうど良い感じでした。

Dsc_0396

続いては、故郷新潟を代表するお酒の一つ、「久保田」の「翠寿」。新潟といえば、といった感じの淡麗な味わい、スイスイ飲めます。「翠寿」は大吟醸生酒で、比較的味わいも豊かで、あまり飲まれない方にもオススメできる一品です。

 パラ6月号が到着。1日になっても届かず、転送されてこないのかと心配になりました。表紙の結果稿、自作に1ページになんて滅多にない経験なので、何度も読み返しています。ゆめぎんがさん、ありがとうございました。類作指摘が無くて(あったのかな?)ほっとしました。あと、33馬~22馬~25香の紛れ、投稿後に気づいて肝を冷やしたのはココだけの話ということで(笑)。

記憶違い?

 週末に引越しました。まだ開けていないダンボールだらけで、落ち着くのは相当先になりそう。今回思ったのは、思い切って捨てる(または売る)ことの大事さでしょうか。前の家では使っていたものでも、新居では使い道が無さそうなのがチラホラ。わざわざ狭くしているみたいで泣けます。

 さて、順次香成趣向の投稿にコメントをいただき、ありがとうございます。EOGさんの紹介で護堂氏作は図面入手できました。もう一つが昨日コメントにも書きましたが、どうも記憶が間違えているようです。図面のイメージは49に詰方飛、2筋に香を4枚並べて順次香成していき、確か最後の香は成らない作品だったかなあ。利波さんがKifを送ってくれる、というので期待してみます。

 引越のドサクサで、PCの画面のヒビが広がってしまいました。限界近そう。出費痛いなあ…。

日本酒の記録(2018年4月)

サッカーの新潟も弱いのですが、野球の楽天……。 気を取り直して、日本酒の記録を。先月ラストの青森の「豊盃」はさわやかな味わいであっという間に飲んでしまいました。続いて飲んだのがコチラ。

Dsc_0355


 愛知のお酒、『醸し人九平次』。東京に行った際に購入したもの。ワイングラスで飲むのがオススメ、とラベルに書いているだけのことはあり、とてもフルーティーで美味しかった!また行く機会があったら買いたいお酒です。


Dsc_0358

続いては和歌山の『紀土』の純米大吟醸スパークリング。これからの季節は特に発泡系が美味しい。これは去年の夏に飲んだ際に気に入ったお酒。期待が高すぎたせいか、美味しかったは美味しかったのですが、もう少し強い味でも良いのにな、と感じました。

Dsc_0362

 更に、秋田新政酒造の「秋桜」。先々月の「エクリュ」とは姉妹品?で、酒米が違うのだそうです。残念ながら冬眠蛙にはあまり細かい知識はありませんが、これも美味しく飲めました。吟醸らしい香り高さがある割に、味わいは穏やかな感じです。町内会の役員の任期が終了し、報酬が出たのでフンパツしました。ヽ(´▽`)/

引越準備中

 来月に引越を予定しており、少しづつ荷造り中です。今よりは若干広くなるので、本棚を買って、ダンボールに詰めているパラのバックナンバーを全部すぐ手に取れるようにする、というのがささやかな楽しみです。
 中編名作選の解説をためらっている要因のひとつに、バックナンバーを今調べるのが大変、ということもあるので、環境が変われば参加するかも。そう急ぐ案件でもない、ということなのでちょっと考えてみます。ただ、前回のヘマもあるんでねえ。

 もう1個、困った事案があり、今この文章を打っているPCのディスプレイの左上部分に不注意でヒビを入れてしまいました。まだ辛うじて機能はしていますが、修理に出してウン万円取られる位なら、小さくても新しいのをと思案中。と言いつつ、今買ったら、引越の荷物が増えるだけですしねえ。。。まあしばらくは我慢かな。

 さて、次の土曜は詰とうほく。会場は13時より、生涯学習センター和室となっております。よろしくお願いします。午前中に町内会があり、もしかしたら例によって遅れるかも。会場費は既に払ってありますので、もし遅れたら事務室からどなたか鍵を受け取って開けていただければと思います。よろしくお願いします。

日本酒の記録(2018年3月)

パラ4月号が到着。久しぶりに入選しております。長年の夢の表紙登場で、ようやく全コーナー入選を果たしました。もう思い残すことはありません(笑)。解答・感想よろしくお願いしますm(_ _)m

さて、3月に飲んだ日本酒の記録を。

Dsc_0292

三重の『而今』の酒未来純米吟醸。この銘柄は同僚の方から教えていただき、ちょくちょく楽しんでいます。独特の酸味が特徴です。酒未来とは山形の酒米の名前。他の酒米に比べると、酸味が穏やかで、その分飲みやすく、香りも楽しめる気がします。開封してから2回目、3回目と飲むにつれ、香りが強くなった気がします。美味しくいただきました。

Dsc_0295

続いて青森のお酒、『田酒』の純米吟醸百四拾。「田んぼの米のみを使う酒」という意味だそうです。春っぽいラベルに惹かれて購入。酸味と甘みのバランスが良くて、飲みやすいお酒でした。

Dsc_0351

こちらはまだ開けたばかり。同じく青森は弘前のお酒、「豊盃」の純米吟醸華想い。妻曰く、「香りがとても良くて美味しい!」だそうなのですが、ここのところ花粉症で鼻詰まり気味のため、香りが今一つ感じられない冬眠蛙。(;ω;)少し辛めで飲み口はとても良いです。最近少し鼻詰まりが納まってきたので、今日は香りも楽しめるかな。パラの表紙を肴に一杯やろうっと。

ちなみに先週は仙台市内で日本酒のイベントがあり、冬眠蛙も一日だけ行って楽しんできました。サッカーの中田英寿が代表をやっている会社が主催だそうで、本人も会場で普通に歩いており、ちょっとビックリ。最終日は上記の「而今」をはじめ、山形の「十四代」や山口の「東洋美人」等、なかなかお目にかかれないラインナップで、真昼間ではありましたが、だいぶやっちゃいました。スゴイ人出で、日本酒人気につながると良いですね。来年の開催は不明ですけど、楽しみです。

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ