無料ブログはココログ

 

  •  

冬眠蛙第5作品集 第12番+第11番解答

 今週末の27日は詰とうほくを予定どおり開催します。二次会はやらない方針ということで、あらかじめご了承ください。最近いろいろあって、私も詰将棋から少しご無沙汰なので、久しぶりにのんびり楽しみたいと思います。

 さて、本日は第5作品集紹介を。12番になります。

0512

悪形ですが、作者の好みが良く出た作品だと思います。

○第11番解答
0511_20210221180001
▲34と△同飛▲53角△44桂▲同角成△同飛
▲33龍△34飛▲24銀生△25玉▲37桂△同飛成
▲26歩△同龍▲16馬△同龍▲35龍迄17手。

37桂を取った後26歩に対応するため、33龍に対する合駒は飛が最善。その仕掛けを利用し、飛を多く動かすよう前後を整え、夏向けの軽い作品としてブログで出題した。ただ34と~53角がちょっとやりにくい手だったようで、思いどおりとはいかなかった。

隅の老人A『これで夏向きの易しい問題ですか。ニラメッコが2日続きました。筋の見え難い作品、初手を取っても逃げても変化が付き纏う。5手まで進んでやっと詰みが見える。ブログには不適当と思うが如何に?』
隅の老人B『17手の詰将棋は将棋世界の問題に比べてみる。8月の新題は世界なら優秀作で3000円ゲット、であろう。夏に相応しくない、ご尤も』
たくぼん『1手目~3手目が実に深い。見事な序と言えるでしょう。とくに3手目は46角に目が行くだけに、いや、53角が筋っぽく見えないが為にかなり悩みました。あとは流れるように解けました。玉方の飛の動きが狙いでしょうか。お見事です』

ここまでやったのなら飛を合駒で出せなかったのか、という人もいるのではと思う。実はそのバージョンも作ったのだが、形が崩れるのと、全体の雰囲気が合わなかったため、詰とうほくで酷評され不採用。逆算のセンスというのはなかなか身につかないものだ。

冬眠蛙第5作品集 番外その2

 小川さんの特別出題、解答募集本日までとなっております。あんまり解答届いていなくて、やっぱり難しかったんですかねえ。。。こないだ手紙が届いて、パラの購読を再開されたとのこと。年齢を重ねても楽しめる趣味はやはり良いですね。ちなみに結果発表は翌週になるので、厳密には今週金曜までセーフです。ぜひお願いします。

 さて、本日は第5作品集の番外その2を。

Bangai2

詰将棋自体は形は悪いですがフツーです。で、やったのは、『順位戦風の面倒そうな初形の詰将棋を推理将棋風に出題することで易しい好作に変えてしまう実験』。出したヒントは以下のとおりです。
------------------

『隣の将棋、あの局面からもう終っちゃったんだって!?』
『そうそう。10手台で後手玉が詰んでしまったんだ』
『どんな将棋だったの?』
『なんか大駒の手が多かったなあ。え~と…確か大駒が動く手は4回あったね』
『へえ。華々しい手順だったんだねえ』
『でも、お互い駒を取る手もあったみたい』
『じゃあ結構泥臭い将棋だったんだね』

-----------------

 

 

……で、実は本当にやったのは『ウソは1個もついてないが、解図上は逆に迷うヒントを出す』というもの。上のヒントで本当にヒントらしいのは『大駒が動く手が4回』と『お互いに駒を取る→詰方に駒を取る手がある』ということ位なのですが、前者を意識すると序盤で大駒を動かす手を読んでしまい、後者を意識すると34桂を取りたくなるわけです。本当に我ながら性格悪い。この出題をやった直後に小川さんにお会いできたのですが、『あのヒントはひどい』と言われました。まあ二度とやれない企画ですね。

 作意は56金、同玉、59香、46玉、55馬、同飛、36飛、47玉、46金、同桂、31飛成、25飛、39桂まで。ね、ウソではない。……ごめんなさい。

 

冬眠蛙第5作品集 第11番+第10番解答

 小川さん特別出題について、今まで解答いただいた皆様に本日ミニ作品集のPDFファイルをメール送付させていただきました。解答大変ありがとうございました。月末までまだまだ解答募集しておりますので、よろしくお願いします。図面再掲しますね。(解答はコチラ(←クリック)までメールいただくか、記事内にコメントください)

Ogawa2021_20210111175901

 本日は第5作品集紹介を。第11番です。
0511
 ちょっと感覚的にやりにくい手があります。ソフトだとすぐに解けちゃうんですけどね。


○第10番 解答
0510_20210111180701
▲93歩成△同玉▲63龍△同馬▲92龍△84玉
▲94金△74玉▲72龍△73馬▲63龍△同馬
▲64金△同馬▲92馬△73玉▲83馬迄17手。

 3手目が狙いの一手。①普通に見える92龍では84玉、94金、74玉となったときに92龍が邪魔駒となり、72龍と捨てたときに65玉と逃げだされる。②このとき55金で詰められるよう54馬の効きを事前に外せば詰む③63龍を入れたいが、42龍では63に移動できない。④そこで62龍をあらかじめ63龍と捨てて、42龍を92に活用する、という龍の事前入れ替えが必要、という仕掛け。
 63に馬を呼んでおくことで72龍が成立するが、この事前工作をやったため、玉方も73馬の捨合が飛び出し、更に切り返しの63龍捨てで収束する。新鮮さはないが、短編の構成としてはまあまあと思う。

谷●源●『3手目の63龍捨てがピカリ。10手目の馬の移動合も面白い』

 発表時は62龍を52に置いて65に桂を配置する15手詰だったが、こちらの図の方が主眼手の味が良いと判断した。

 

 

冬眠蛙第5作品集 第10番+第9番解答

 また1週開けてしまいました。どちらかというと真面目に?詰将棋作ってました。思い通りのモノにはなりませんでしたけど(涙)。まあそんなもんです。

 今日は第5作品集紹介です。第10番ですね。

0510

ささやかですが構想作です。第一感で見破れたらスゴイ。

○第9番解答

0509_20201227180901

▲37銀△同玉▲28金△36玉▲27金△25玉
▲16金△36玉▲26金△37玉▲27金△46玉
▲37金△同玉▲55馬△同馬▲47金迄17手。

 2手目同玉の局面で46桂が邪魔駒で、それを消すために金追いを行なう軽趣向作。別の筋を追っていたら偶然出てきたもので、最初は56銀・55香配置で「筋は面白いんだけど収束イマイチだなあ」と思っていたのだが、55の質駒を金にすることでうまいこと解決できた。

けんちゃん『うーん、これはいい!こういうタイプの作品って、確かに世界で非マニアに解いて欲しいような気がします(逆に、平均点を出すパラには向いてないかなあ)。「易しいけどいい作品」というのは、実は最も創作の技量が必要なのかもしれませんね』

坂●●治郎『金の追いまわし桂の押し売り、ものすごく面白い』

Norman『3手目28金に46玉がすぐに詰むように見えず、とても悩みました。あとは一気に金の駒繰りを楽しみました。整った初形から、金着手連続6回!でその金を捨てて止めも金とは恐れ入りました』

 これもブログの「今月の新作」シリーズ発表。とある方に「もっと投稿先に気を使って」という苦言も受けたのは懐かしい思い出。

冬眠蛙第5作品集 第9番+第8番解答

 次回詰とうほくは予定どおり2月27日(土)で元の生涯学習センターの予約が取れました。今回は第1セミナー室という椅子席の会議室になります。よろしくお願いします。(追記:記事アップ時、誤って28日と書いてしまいました。27日が正しいです。失礼しました)

 本日は第5作品集紹介。第9番です。

0509
軽めのテイストですので楽しんでいただければ。


○第8番 解答

0508_20201206175301

▲85銀引△同馬▲75と△同馬▲32馬△65馬
▲77銀△67玉▲23馬△56馬▲同馬△同飛
▲49角△同龍▲68金迄15手。

 23馬の王手に対して56馬と応じるために65馬と捨合するのが元々のテーマ。謎解きを重視する作風なので、56馬以降を詰まなくして、「65馬のときだけ詰方が同馬と取ることで詰ませられる」というトリックに持っていくべき、と色々試したが、どう作っても65馬の味が薄れてしまうため、捨合のインパクトをなるべく大きくする手順構成に変更した。75と~32馬~23馬による合駒入手が主題、と見せかけて実は…、というアンチミステリ的?な味わいを感じていただけると嬉しい。

雲虚空『馬が精一杯頑張ったけど、上がった成果は駒余りを避けただけで哀しい』
宮●敦●『双方の馬の動きが凄い。今回の首位か』
有●弘●『A~C級の№1。圧巻の手順。芸術ともいえる玉方馬の移動』

 個人的には41馬が散々動いた後、最後に駒台に還ってくる、というのがちょっとシニカルでお気に入り。C級順位戦首位。

冬眠蛙第5作品集 第8番+第7番解答

 来週は詰とうほく。中央市民センター和室ですので会場間違いなきよう。今日くらいの陽気ですと寒くなくてよいんですが、さあどうでしょう。遠来の方もいらっしゃるとのことで、今から楽しみです。

 本日は第5作品集紹介。ついこないだ出したばかりの第8番です。

0508
誌面にも作者コメント出てますが、自作としては少し異質です。詳しくは解答発表時に。


○第7番解答

0507_20201108191201
▲43銀△同角▲36飛△34角▲同飛△43玉
▲61角△同金▲33銀成△52玉▲53角成△同玉
▲64銀△52玉▲54飛迄15手。

・2手目23玉は26飛、24歩、32銀打、12玉、22角成以下。手順中24飛合は22角成以下。

 33銀打は23玉、22角成、34玉でヌルヌルと逃げだされる。43銀と捨てて36飛とひょいと一つ寄る感覚が作者好み。34角の移動中合からは場面が変わり、61角~53角成で仕留める。62歩一枚でうまいこと収束できて、お気に入りの一作。

DISABLED「移動合した駒を取ってすぐ捨てる、まさしく美しきですな。収束が初見でしたので、新鮮でしたよ」
ほい「きれいな収束ですね。指将棋ばかりしてるせいか初手が指しにくい。。。」
中村○哉「最初は33銀打~24銀打~35銀と追い回して失敗。次は43銀、同角、23銀から追い回してこれも失敗。ようやく36飛に気付いたらあとは一気でした。シンプルな形での移動捨合に角2枚捨てが入り、夏向きにすっきり仕上がった好作ですね」

ネット出題ですと、数は少ないものの結構長めのコメントがいただけて、これは本当に嬉しいもの。それを原動力に、3年程度ネタに苦しみつつ続けられた。仕事が忙しくなり、今はさすがに厳しいか。

冬眠蛙第5作品集 第7番+第6番解答

 仙台の街中は比較的銀杏並木が多くて、しかも何を考えたのか雄雌混成で植えられており、この時期は道路に落ちたギンナンの実の匂いが大変なことになります。……が、今年はあまり気にならない。コロナ禍でマスクしているせいかと思ったのですが、同僚曰く、「今年は明らかに実が少ない」とのこと。そうかなあ、もしかしてこれからなのか?…と漠然と考えていたら、最近のニュースで「熊が街によく出没するのは、今年ドングリが非常に不作で餌がないせい」と流れており、ああ、これと関係しているのかな、と勝手に納得した次第。今年の夏は梅雨が長くてかつその後猛暑になったので、そういう気候のせいなんですかね。今度調べてみようっと。

 さて、今日は第5作品集紹介。今日は第7番になります。
0507
個人的にはちょっと気に入っている作品です。多分皆さんの見方とは違うと思いますけど。理由は解答紹介時に。

〇第6番 解答
0506_20201025204301
▲77銀△同玉▲47飛△57歩生▲78金△66玉
▲65金△56玉▲66金△同玉▲67歩△56玉
▲68桂△47玉▲65角迄15手。

 歩の不成移動中合というちょっとしたウルトラCが出るが、意味づけは簡単明瞭で、打合だと78金~65金、歩成は78金~67歩で早い。78金、66玉で打歩詰となるが、55金を65金~66金と消去してしまうのが後続手段で、47玉に65角で角二枚の効きで詰み。ちょっと呆気ないが、これ以上余計な駒を増やさないことを優先した。

隅の老人B『流石ですね、57歩生の移動合。最後の一手もチョットしたもの。良いな、良いなで、気分良し』
ごぶりん『飛浮きに気づけばあとは一気ですが、そこまでの手のつけ方が色々あって難しかったようです。最後は角2枚のにらみで意外な場所で詰め上がりですね』

 初手67銀は57玉で逃れ。まだ逆算は可能だが、収束に関連した伏線が入れられなかったのでここで打ち止めとした。ブログ出題としてはこれ位の易しさのレベルが適当かな、と個人的には考えている。

冬眠蛙第5作品集 第6番+第5番解答

 最近日本酒紹介がすっかり止まっておりますが、実はコロナ期間中は家飲みが増えて写真の数も凄いことになっています。このブログは基本詰将棋なので、日本酒はツイッターに変えようかと思ってます。その方がリアルタイム性ありますしね。この間、久しぶりに十四代が入手できまして、豊かな香りと味わいを楽しみました。

 

 さて、今日は第5作品集紹介。第6番です。
0506


 ちょっと難しそうに見えるかもしれませんが、実はちょっと肩の力を抜いたような作品です。


〇第5番 解答
0505_20201011224401
▲12香△22玉▲31銀△13玉▲35馬△24桂
▲25桂△12玉▲13桂成△同桂▲11飛△同玉
▲44馬△12玉▲22銀成迄15手。

 発表時の原図はこれ。
0505sankou
 作意は33金、同玉、42銀生以下で、序にやりにくさがあるものの、12歩配置がちょっと嫌味。結果発表時に別案として今回の図で持駒飛銀桂歩にしたものを出したところ、近藤さんより「私だったら持駒の歩を香にする」とコメントあり。恥ずかしながら全く気付いていなかった。難易度では原図より落ちるものの、短打で打った香が桂捨て合の瞬間に邪魔駒になる味で、やはり詰将棋としてはこちらを採りたい。なお、6手目歩合は同馬、12玉、13歩、同桂、11飛以下。

 

冬眠蛙第5作品集⑤+番外1解答

ここ数日、急に肌寒くなりました。コロナコロナで騒いでいる内についに10月なんですねえ。。

さて、今日は第5作品集紹介を。今日は第5番です。

0505
実は恐ろしく古い素材を色々割り切って作品化したもの。発表時に近藤真一さんからコメントいただいた改作案を今回採用しました。ちょっとユニークな味があります。

〇番外編1・詰将棋ウォークラリー解答

※スタート作品
Start_20200927193901
▲66香△同と▲62飛△54玉▲63角成△65玉
▲85馬△54玉▲65飛成△同龍▲63馬△同龍
▲55金迄13手。
初手が一応変化伏線です。でもそれだけ。次は54。

2020083054_20200927193901
▲53飛△45玉▲52金△46玉▲55飛成△同玉
▲35飛△64玉▲65飛△74玉▲73馬△同玉
▲62飛成迄13手。
玉があちらこちらに動くので、この催し向けではあります。52金がソッポ金なのですが、73馬の筋に備えて64歩を置かなくてはいけなかったのが残念なところ。次は73。

2020083073_20200927193901
▲63銀成△同銀▲83桂成△同玉▲85香△93玉
▲73飛成△同角▲82飛成△同角▲84と△92玉
▲83と迄13手。
87馬は複数の余詰筋を消しているので仕方ないかと思いますが、62角は合駒で出したかった。次は92。

2020083092_20200927193901
▲91飛△83玉▲86香△同桂▲84香△同玉
▲74金△85玉▲75金△同玉▲95飛成△同馬
▲74馬迄13手。
86香~84香の連続捨て。これもウォークラリーっぽく玉移動にこだわってます。次は75。

202083075_20200927193901
▲64銀△66玉▲65金△同玉▲76銀△同と
▲66歩△同と▲74銀△同玉▲85角△65玉
▲83馬迄13手。
こじんまりとしていますが76銀~66歩が少しお気に入りの手順。最後は65。

2020083065_20200927193901
▲76角△56玉▲58飛△57金▲同飛△46玉
▲37金△同銀▲56飛△同玉▲57金△55玉
▲88角迄13手。
移動捨て合から両王手を経由して透かし詰。最後は都にたどり着きました。

 ウォークラリーはまだ冬眠蛙が詰将棋を始めてない、だいぶ前の全国大会でアトラクションとして行われたもの。バックナンバーを見ていて、楽しそうな催しだな、と感じて真似してみました。詰上がりの玉位置を固定しないと駄目ですので、変同を避ける逆算が基本になります。余詰が出ると大変なことになりますが(笑)。

 最近Amazonで古い金田一モノが全部Kindle化されていることを知って、少しずつ読んでます。横溝は作品によって結構作風を変えているんですよね。そういった部分も含めて楽しんでいます。次は何を読もうかな。ではでは。

冬眠蛙第5作品集 番外1+④解答

 安倍総理退陣ということで、一時代が終わりになるんですかね。個人的には政策に対する不満も一部ありますが、特に外交面は良い立ち回りだったのでは、と思います。お疲れさまでした。

 本日は第5作品集の紹介なのですが、今回はブログ発表中心ということで、個人的に色々と実験してみたこともあり、番外編をいくつか用意しています。今回は2008年3月に実施した「詰将棋ウオークラリー」。

Start
この詰将棋でスタート。詰上がりの玉位置が初形の玉位置になっている詰将棋を次に解き、その詰上がりの玉位置が…と続けます。最後の玉位置はどこになるでしょう?というものです。残りの作品はこちら。
2020083092 2020083073 2020083054 2020083065 202083075 
手数は全て13手です。 比較的易しい作品でそろえていますので、お楽しみください。

〇第4番 解答
0504_20200830193301
A▲36金△同桂B▲55飛イ△45と▲26銀上△34玉
▲61角成△同龍▲44金△同と▲25銀△同桂
▲26桂迄13手。

A26銀上は34玉、67角、56歩で不詰。
B26銀上は34玉、67角、44玉、43飛、55玉で不詰。
イ同龍は26銀上、34玉、67角以下。また、45他合は全て26銀上~35金以下。

言うまでもなく3手目と4手目の応酬が主題であるが、変化伏線となる初手が良く入った。また、主題の後の61角成~44金~25銀の収束が変化・紛れ筋で全く出て来ない筋なのもお気に入り。大がかりな初形も含めて(笑)、私らしい作品と思う。

山下〇『強烈な55飛のぶつけにと金の移動合から角金を捨てて完璧な仕上げ』
〇木彊『36金、55飛に45との移動合。この後の手順も素晴らしい』
占魚亭『初手の効果バツグン、渋い移動合』

どうかなあ、とは思ったのですが、D級順位戦で評価点4.33で年間首位をいただいた。作者の思いが伝わったようで満足。