軽趣向好作選115

 諸都合により今回も軽趣向好作選です。今回は宮原氏の2作品。

20240331miyahara1
▲38桂△同馬▲27銀△同馬
▲38桂△同馬▲29香△同馬
▲16龍まで9手。
 玉方馬のスイッチバック。一旦27まで行った後、元来た軌跡をそのまま戻るのが凄い。39角が絶妙の配置です。29香がわかっていても気持ちの良い一手。
20240331miyahara2
▲21桂成△15角▲同香△同飛
▲45角△同飛▲26桂△15角
▲同香△同飛▲45角△同飛
▲19飛△15角▲同香△同飛
▲89角△67馬▲同角△45歩
▲同角△同飛▲23角△同成桂
▲13歩△同成桂▲11銀成まで27手詰。
 初手当然の21桂成に15歩合とすると同香、同飛に13歩で詰み。前に効く駒を渡すと常にこの手段が生じる構図です。しかし、15角合とされたとき、この角を離して打って歩を合駒で入手できれば……というところなのですが、残念ながら角を打つ場所は全部そのまま取られて適当な場所がなさそうです。
 ところが、唯一取られずに打てる場所がありました。それは今詰方の飛が置かれている89。その89の飛を動かして89角を実現するため角合→角捨てが繰り返されます。首尾よく19飛として角合を食いちぎり、89角でゴール、と思いきや、最後に67馬と捨てて45歩合とする非常手段がありました。同角、同飛で13歩が打歩詰になるのですが、最後は23角と打開して綺麗に詰みます。簡潔な構図から繰り出される輪廻転生(リインカーネーション)。傑作あふれる作者の作品群でも、特に楽しさが際立つ一作です。

軽趣向好作選114

 パソコンが急に暴走するようになって、ちょっと困った事態に。一日待ってみて再起動して実験のための連日投稿です。でも記事は手抜きしませんよ。今回は特に私好みの好作です。
20240325serita
▲27香△同飛生▲17桂△同飛生
▲35飛△26玉▲25飛△同玉
▲27香△同飛生▲43馬△14玉
▲26桂△同飛生▲25馬△同飛
▲26桂△同飛▲15歩△25玉
▲35金 まで21手。
 上部が抜けているので27香とまず打って塞ぎ26歩と叩きたくなります。が、26に龍が来ると、以下35金、同龍、同飛、26玉、25飛打、17玉で逃れ。35に攻め駒が残った状態で26玉にするとアウトとなる仕掛けです。
 それを避けるため、27香とした後で一旦17桂と捨て、35飛~25飛とこの飛を消去して43馬とするのが巧い手段でした。おっとその前にもう一度27香と捨てないと駄目ですね。飛を捨てるためだけに27香~17桂~27香と呼び戻す手触りが素晴らしい。
 更に素晴らしいのがここから。43馬、14玉、26桂としたところで初めて、先ほどの3連打は全て飛生で取るのが正解であると分かります。打歩詰になりそうな形ですので想像できたかもしれませんが、それにしてもうまく出来ています。25馬捨てを挟んで26桂を繰り返し、着地も見事に決まっています。
 縛り駒を消す収束の手段は打歩モノでは見る筋ではありますが、飛捨てを入れることでこんなに楽しい作品に出来るとは。いわゆる作者が羨ましくなるタイプの完成品です。
 
 あれ、ちゃんと書けた。昨日が調子悪かっただけかな。であるといいんですが。

軽趣向好作選113

 まず最初に、次回詰とうほくは5月18日(土)に、前回と同じ生涯学習センターで、今度はミーティング室となりました。ちょっと狭めの部屋ですが、その分会場費は安いです。ちゃんと原稿出さないと(汗)。


 さて、本日は軽趣向好作選です。
20240320miyahara
▲48歩△37玉▲38歩△36玉
▲55と上△46歩▲37歩△同玉
▲47歩△同玉▲56龍△36玉
▲45龍△47玉▲39桂△同と
▲56龍△36玉▲28桂△同香生
▲45龍△47玉▲48歩△37玉
▲29桂△同香成▲47歩△同玉
▲56龍△36玉▲28桂△同成香
▲37歩△26玉▲46龍△同馬
▲27歩△同成香▲同銀△同玉
▲28香 まで41手。
 この作者とこの持駒で趣向を期待してしまいます。48歩に37玉は一見38歩と拠点を作られて損に見えますが、55と上、46歩に37歩と結局捨てるので手数稼ぎになっています。47歩、同玉(59馬は46龍)として56龍、36玉、45龍、47玉で繰り返しの形。これを打開するひとつめのカギが39桂で、まず28地点の利きを外します。今度は56龍、36玉型にして28桂捨て。これを同香成は収束に直結するので同香生が正解。更に48歩を据えて45龍・37玉型にして29桂が好手。同ととすると38歩、26玉、15銀以下で、この38歩が打歩詰にならないのが28桂捨ての効果です。
 したがって29桂には香で取るのが正解ですが、香成とせざるを得ないため56龍、36玉型を作り直して28桂とすれば27歩が打歩詰にならない形になり収束します。最後龍が消えるのは流石ですね。
 香成らせ自体はある筋ですが、玉の可動域を広げることでより精巧なカラクリとなっていると思います。29桂、同歩成も論理的に入れられそうですが、桂の枚数が足りないのがちょっと惜しいところです。

軽趣向好作選112

先週土曜日24日に詰とうほくを開催。パラ掲載忘れで心配しましたが、8名出席で年賀詰鑑賞会を実施しました。栃木より小笠原さんが初参加。ありがとうございます。最近創作復帰されたのだそうで、今後楽しみですね。二次会は人数少な目ということもあり、皆で牛タン定食を食べる会にしてみました。仙台名物、楽しんでいただけたら良かったですが。


さて、軽趣向好作選を。
20240303kitaoka
▲25龍△33玉▲24角△23玉
▲57角△33玉▲24角△23玉
▲46角△33玉▲45桂△同歩
▲24角△23玉▲35角△33玉
▲43と△同桂▲24角△23玉
▲42角成△13玉▲14龍△同玉
▲24馬 まで25手。
 25龍とすれば13玉は24龍、12玉、21角で詰むので33玉の一手。24角から57角で桂を入手するまではごく自然な流れですが、後は剥がす駒も見当たりません。工夫が必要です。
 その第一弾が46角。33玉に45桂と捨てます。42玉は53歩成、51玉、73角成、41玉、63馬以下。57に角がいたままで45桂ではこの63馬が出来ないため、57角を46に据えなおしたわけですが、肝心の45桂の意味づけは、次に46角を35に据えなおすことで明らかになります。42のと金を43に捨てるのが継続手段。同玉に53角成を用意しています。42のと金を捨てたのはその空いた場所に角が成るためで、やむを得ない13玉に14龍捨てで速やかに収束します。連取りではよく見る仕掛けですが、取る駒を57桂一枚にして46・35とだんだん近くに置くのが面白い。遊び心あふれる知恵の輪でした。

軽趣向好作選111

 詰とうほくは来週2月24日(土)13時からとなります。場所は仙台駅東口歩いて5分の生涯学習センター。連休中日、仙台で遊んでみませんか?


 本日は軽趣向好作選です。
20240218souma
▲22歩△11玉▲12歩△同玉
▲23と右△11玉▲21歩成△同玉
▲32と△同玉▲43と直△41玉
▲42歩△51玉▲52歩△61玉
▲62歩△71玉▲72歩△同玉
▲73と左△81玉▲82歩△71玉
▲61歩成△同玉▲51歩成△71玉
▲61と△同玉▲52と△同玉
▲63と上△42玉▲33と右△41玉
▲42歩△31玉▲32歩△21玉
▲22歩△11玉▲12歩△同玉
▲23と上△11玉▲21歩成△同玉
▲22と直まで49手。
 豆腐図式で4段目にと金が並び、持駒歩11枚ということで叩いてはと金を3段目に持っていく手順だな、という見当はつきますが、特有のヤヤコシイ変化がともないます。2手目31玉は32歩、41玉、42歩以下左に追い、71玉に72歩、同玉、73歩と連打するのが好手で詰み。11玉には12歩~23と右とし、そのと金を32に捨てて33と右…とすると、実は後で詰まなくなります。24とを収束まで温存して43と直が正解。41玉に42歩以下歩を並べて73にと金を据えて打った歩を成り捨てていくリズムが心地よいです。最後に22歩~12歩~23とで序奏と同じ手順が現れて(これが作品名の由来だそうです)詰みます。
 変化・紛れで適度な深みを与えつつも軽い捌きで一往復で還元玉。いつもながら見事な相馬流豆腐図式でした。

軽趣向好作選110

 2月号到着しましたが、先週お話ししましたとおり、詰とうほくの案内を載せ忘れています。もう一度告知を。

◎次回詰とうほく

〇日程:2月24日(土)13時~17時
 ※連休の中日です。
〇会場:生涯学習センター 会議室
〇会費:出席者数にて割り勘

さて、今日は軽趣向好作選です。

20240204miyahara
▲13角△58玉▲69金△同龍
▲57角成△同玉▲93角△58玉
▲49金△同龍▲57角成△同玉
▲68金まで15手詰。
 左右から角を遠打し、龍を左右に振り、打った角を成り捨てる。この繰り返しだけで成立させる詰将棋。夢のような手順です。初手93角、58玉、49金では同玉、56桂、48歩で詰まない、それだけのシンプルな理屈で成立できるというスマートな着眼が羨ましい限り。後世に残したい楽しい傑作です。


軽趣向好作選109

 昨日ははじめてたま研にお邪魔しました。久しぶりの方も多い中、宗時さん、宗岡さんとは初めてお話しできました。菊田さんも言っておられましたが、やはり刺激になりますね。ありがとうございます。

 本日は軽趣向好作選。
20240114suzukawa
▲52角△51玉▲96角成△59と
▲57香△同馬▲52飛△41玉
▲57飛成△96飛▲52角△51玉
▲96角成△57金▲52飛△41玉
▲57飛成△96金▲52金まで19手。

 初手は必然手ですが、3手目の96角成が面白い一手。63角成だと作意どおり進んで57飛成のときに63とになり、その後52角~63角成としても入手できるのが歩なので全然詰みません。また、85角成だと5手目57香に同金とされ、52飛、41玉、57飛成に85馬と角を取りながら52に効かされてしまう、という巧い仕掛けが用意されています。
 96角成の場合は57香には同馬として、52飛~57飛成のときに先手に渡す駒を角にすることで早詰を回避するのですが、また52角~96角成が成立してしまいます。これを見越して96馬は飛で取るのですが、96角成には57金とせざるを得ず、今度こそ52飛~57飛成で金を入手して大団円です。
 玉方の取る駒を絞る限定打は有名な浦壁氏作をはじめ作例も多いですが、飛角の特性を利用して繰り返し手順にする構想が秀逸で、他に例を見ない楽しい作品になっています。

軽趣向好作選108

 来週は新潟に帰るため、今年は今日が最後の更新です。疲れた1年でした。歳ですかねえ。

 本日は軽趣向好作選です。
20231224aoki
▲42龍△23玉▲24歩△同飛
▲12龍△33玉▲25桂△同飛
▲42龍△23玉▲24歩△同飛
▲12龍△33玉▲55角△同銀
▲42龍△23玉▲35桂まで19手。
 28角で55桂を取りたくなる図で、初手45桂に誘われますが、同銀、55角、43玉で54が空いて失敗。桂を取る前に工夫が必要です。
 いったん23玉型で24歩、同飛として、12龍、33玉に25桂と逆に跳ねるのが巧い。54を空けずに37桂を消去すれば良い訳ですね。これで首尾よく55角と桂を取って……とすぐに餌に飛びつくのは作者の罠。同飛と取られると以下42龍、23玉で打歩詰です。桂を取る前にもう一度23玉型にして24歩、同飛と飛を無効化してから、再度33玉に今度こそ55角が実現します。最後は桂ツルシまで。
 ごく簡単な仕組みながら巧い仕掛けで2往復半を実現。
器用な作りが光ります。

軽趣向好作選107

 次回詰とうほくは2月24日(土)に仙台市東口の生涯学習センターの会議室で行うこととなりました。3連休の中日になります。遠方からもぜひ。

 さて、1週空いてしまいましたが、本日は軽趣向好作選です。大御所の一作を紹介。
20231210ueda
▲24歩△12玉▲13歩△11玉
▲23桂△同歩▲12歩成△同玉
▲23歩成△同玉▲24歩△13玉
▲14歩△同金▲23歩成△同玉
▲56馬上△22玉▲23歩△12玉
▲13歩△同金▲22歩成△同玉
▲55馬上△21玉▲22歩△11玉
▲12歩△同金▲21歩成△同玉
▲65馬上まで33手。
 遠くから馬がにらんでいるのですが、うまく追わないと馬筋を外されて上部に脱出されてしまいます。そのために使うのが持駒の桂と歩7枚で、これをうまく使って15金を壁にします。まずは24歩~13歩と叩きます。同玉は14歩、同金、23歩成、同玉、56馬上、34歩、同馬以下手数は長いですが駒余り。11玉が正解ですが、これには思い切って23桂と捨て、22歩を剥がします。
 23歩成、同玉となったところで残りは歩しかないですが、歩2枚で金を動かしようやく56馬上が実現。22玉とする一手ですが、同様に23歩~13歩~22歩成で今度は55馬上、最後に22歩~12歩~21歩成で65馬までの詰上がりです。馬二枚と歩だけで微妙なバランスの上で成り立っており、この作者らしい、オリジナリティあふれる作品です。

 

 

軽趣向好作選106

 詰とうほくを昨日開催しました。正月以外では初めて?TETSUさんもお見えになって8名参加。資料等で雑談しつつ、パラ11月号の藤井八冠記念祝賀詰を皆で解図しました。何作か難しいものもあって、「全く祝賀してるように見えない」と半分?冗談を飛ばしつつ、それでもなんとか全題解けました。ああよかった。
 だいたい収集系の話題も多い会合ですが、昨日話題にのぼったのが「各地区の学生将棋連盟が出している会誌」。関東で学生時代を過ごした冬眠蛙は「力戦」が懐かしく、基本的に詰将棋は載ってなかったような気がしましたが、結構他地区では載っているのだそうです。持っている方はまだいるんですかね。
 次回は思い切って3連休のど真ん中の2月24日を軸に調整することとしました。会場決まり次第、またここでも告知します。

 さて、軽趣向好作選。今日のはかなり楽しいです。
20231119akabatake
▲21香成△同玉▲31歩成△11玉
▲21と△同玉▲32角成△11玉
▲21馬△同玉▲31飛成△同玉
▲41歩成△21玉▲31と△11玉
▲21と△同玉▲32銀△22玉
▲43銀成△11玉▲21金△同玉
▲32成銀△11玉▲33角成△同金
▲61飛成まで29手。
 異常に凝り固まった攻め方駒が目立つ初形。62飛なんてどうやったら働くのか、と思いますが、実はこれを働かすため、他の駒を全部捌き捨てます。13銀を相手にしないのがポイントですが、そのため全部11まで追いながら捨てる必要があり、41角を先に捨ててから31飛成とか、42歩も21まで追いかけて捨てる手順はユーモラス。32銀に22玉と上がって金を取らせて11に逃げ込むのもトカゲのしっぽ切りみたいで面白い。最後に51角を捨てて全部消しての61飛成で破顔一笑の詰上がり。
 難しくなくても楽しめる、軽趣向の良さがよく出た作品と思います。

より以前の記事一覧