無料ブログはココログ

軽趣向好作選39

 パラ7月号が届きました。看寿賞は全体的にちょっと意外でした。有吉氏作の中合3回の作品や馬屋原氏の「円環の理」、あとは岸本氏の曲詰も個人的には受賞級でした。ただ、全体的にハイレベルでしたね。本当に選ばれる方は大変だな、と思います。

 さて、軽趣向好作選を。看寿賞級ではなくとも、今回も楽しい作品を紹介します。

20200705yamamoto
▲43歩△同角▲54桂打△同角▲同桂△43玉
▲42桂成△同玉▲43歩△同玉▲65角△42玉
▲54桂△43玉▲44歩△同馬▲42桂成△同玉
▲43歩△同馬▲同桂成△同玉▲65角△42玉
▲54桂△43玉▲44歩△同金▲42桂成△同玉
▲43歩△同金▲同角成△同飛▲33金△同飛
▲44龍△43飛▲33香成迄39手。

 雰囲気としてはミニ呼び出しハガシ、というところでしょうか。65角を据えて42玉の局面は打歩詰ですが54桂打から44歩で取歩駒を呼んでくることで打開できる、という仕掛け。こういう作品だと、角や桂がもっと枚数多ければ繰り返せるのにな、なんて思ってしまいます(笑)。72香は11手目34龍以下の余詰を防ぐものですが、これを角打の限定に使うあたりに作者の細やかな心遣いを感じられますね。

20200705hashimoto
▲63歩△同玉▲74角△62玉▲73桂成△同玉
▲92角生△62玉▲63歩△同玉▲74角生△73玉
▲65角△74桂▲85桂△62玉▲63歩△同玉
▲74角△62玉▲73桂成△同玉▲56角△74桂
▲85桂△62玉▲63歩△同玉▲74角△62玉
▲73桂成△同玉▲47角△74桂▲85桂△62玉
▲63歩△同玉▲74角△62玉▲73桂成△同玉
▲38角△74桂▲85桂△62玉▲63歩△同玉
▲74角△62玉▲73桂成△同玉▲29角△74桂
▲85桂△62玉▲63歩△同玉▲74角△62玉
▲73桂成△同玉▲65桂△62玉▲63角成△同玉
▲55桂△62玉▲73桂成△同金▲63歩△同金
▲同桂成△同玉▲73金迄75手。

 こちらは連取り。打歩詰を利用した角生の連取りは前例のあるものですが、桂捨合が作者の工夫で、これに対し打歩詰を回避するために85桂~73桂成とする必要があるため、結局のところ単純に12手目62玉とするのに比べて手数が稼げる、という仕掛けです。29成桂を取ってからの収束が無駄なく美しく、流石だなあと感心してしまう作品です。

 

軽趣向好作選38

新潟に帰ってました。今年は正月仕事だったので、帰るのは8か月ぶり位?これからは自由に行き来できると良いですね。

さて、軽趣向好作選を。

20200622kondo

▲16歩△26玉▲36飛△27玉▲18馬△38玉
▲29馬△27玉▲26飛△同玉▲38桂△27玉
▲18馬△38玉▲29馬△27玉▲28歩△26玉
▲36金迄19手。

ミニ知恵の輪で、38桂を打つために18馬~29馬で38歩を消すのですが、その桂も打歩詰回避するために取らせるための桂で、また18馬~29馬を繰り返すのがなんともいえない感触です。詰将棋の楽しさを味わえる作品ですね。

20200622yamamoto

▲17歩△同玉▲28角△27玉▲19角△28歩
▲38銀打△16玉▲17歩△同玉▲28角△16玉
▲27銀△同玉▲55角△28歩▲38銀打△16玉
▲17歩△同玉▲28角△16玉▲27銀△同玉
▲64角△28歩▲38銀打△16玉▲17歩△同玉
▲28角△16玉▲27銀△同玉▲73角成△16玉
▲17歩△同玉▲28馬△16玉▲27馬迄41手。

わかりやすい銀連取りですが、28歩捨合を入れたことにより、38銀打と打って27銀と捨てる手触りをサイクルごとに味わえるのがウリでしょうか。飛2枚の配置がなかなか機能的で、作者のセンスがうかがえます。

 

軽趣向好作選37

次回詰とうほくですが、8月22日(土)の13時から、生涯学習センター和室と決まりました。今後のコロナの状況にもよりますが、まずはご連絡いたします。

さて、軽趣向好作選を。

20200607matsumoto
▲33角△42香▲同角成△同角▲54香△53角
▲同香生△同銀▲33角△42香▲同角成△同銀
▲54香△53銀▲42銀△同銀▲53香生△同銀
▲52銀△42玉▲43銀成△同玉▲32龍迄23手。

変則ハガシと言えば良いのでしょうか。42の合駒が香以外はすべて早詰、それを取って54香と打つと移動合が最善。2回目の54香に53銀と銀を差し出したため、42銀からの収束に入れるという仕掛け。両王手から32龍まで、もう何も足す必要も引く必要もない、見事な完成作です。羨ましいの一語。

20200607sato
▲36龍△44玉▲34龍△55玉▲64龍△46玉
▲66龍△35玉▲36龍△44玉▲34龍△55玉
▲64龍△46玉▲47歩△同玉▲67龍△46玉
▲56龍△35玉▲36龍△44玉▲34龍△55玉
▲64龍△46玉▲47歩△同玉▲48香△同玉
▲68龍△47玉▲58金△46玉▲66龍△35玉
▲36龍△44玉▲34龍△55玉▲54龍△46玉
▲57金△35玉▲34龍△26玉▲36龍△15玉
▲16歩△24玉▲34龍△13玉▲23龍迄53手。

龍追いですが、4六まで追ったときに手順を変えることで、66と~68歩まで剥がすのが面白い。特に47歩・48香と2枚使う手順は良く成立できたものと思います。その鍵は69金の活用ですが、これを57に持ってくるためにもう一回転させるのがうまい。76桂が84にも効いているのも良いですね。楽しめる作品だと思います。

 

詰とうほく次回日程のお伺い+軽趣向好作選36

もともと23日を詰とうほくの予定としていましたが、コロナのため休会とさせていただきました。(Uraさん、大変お手数をおかけしました)さて、次回ですが、8月22日(土)で抽選申込を予定しています。都合悪い場合、他の日付をご希望の場合はご連絡ください。(今年は七夕祭りも中止なので第1週でもいいっちゃいいんですが)

さて、軽趣向好作選を。

20200524yamada
▲45歩△43玉▲52銀生△32玉▲41銀生△43玉
▲44歩△同玉▲56桂△43玉▲52銀生△32玉
▲44桂△同銀▲41銀生△43玉▲42角成△同玉
▲22飛成△41玉▲42歩△51玉▲31龍迄23手。

初手に打った駒が邪魔になるため、52銀生~41銀生を繰り返して45歩を56桂に置き換えるミニ知恵の輪。作者が作者だけにもう1回くらい繰り返せたら、と贅沢を言ってみたくなる気もしますが、スッキリと無駄のない仕上がりには好感が持てます。

20200524sakai
▲82飛成△同金▲83桂△同金▲92銀△同玉
▲84桂△同金▲93銀△同玉▲85桂△同金
▲94銀△同玉▲86桂△同金▲95銀△同玉
▲86と△同玉▲87金△95玉▲85金△同玉
▲75金△94玉▲84金打△95玉▲85金引迄29手。

 持駒に驚き、更に初手に驚きますが、よく見てみると83桂とかでは届きそうにないのでこの一手。同玉は83銀~84金~75銀以下。同金と決まれば、銀桂の打ち捨て趣向が展開されます。ちょっとしたお大臣気分を味わえますね(笑)。これを成立させるには金3枚持つのが絶対条件ですが、シンプルな収束にうまく繋げており、流石に酒井氏と思います。(なぜかFlash盤で最終手が再生されません。すみません)

 

軽趣向好作選35

 マスクまだ全然配付されてないんだそうですね。ちょっとあんまりでは……。そんなこんなで結構もうマスク出回ってきたり。ただ影響はまだまだこれからなんでしょうね。経済も心配ですけど、個人的には大河ドラマ中断はヤだなあ。。。

 さて軽趣向好作選を。来週キツイかもしれないので、今日は2作。

20200510kinehuchi

▲22角成△同玉▲23歩生△11玉▲12歩△同玉
▲24桂△11玉▲22歩成△同玉▲32桂成△同香
▲23歩△11玉▲12歩△同玉▲13歩△11玉
▲22歩成△同玉▲12歩成△同玉▲24桂△11玉
▲12歩△22玉▲32桂成△同玉▲31桂成△同玉
▲33飛成△同桂▲13角△32玉▲22角成△同玉
▲24香△31玉▲32歩△同玉▲23と△21玉
▲22と迄43手。

4×4に収まった端正な初形で、ここから持駒の桂・歩を使って31の香を剥がすのが骨子になっています。1枚目の桂で31香を32に吊り上げ、2枚目の桂でその香を取るのですが、微妙に手順を変えているのがまた面白い。序奏・収束も含めてうまく纏まっており、見事な作品になっていると思います。


20200510yamada

 

▲89馬△22玉▲34桂△13玉▲79馬△12玉
▲13歩△11玉▲22桂成△同玉▲12歩成△同玉
『▲78馬△22玉▲23歩△11玉▲12歩△同玉
▲13歩△同玉▲68馬△12玉▲13歩△11玉
▲22歩成△同玉▲12歩成△同玉』
『▲67馬~▲57馬~▲12歩成△同玉』
『▲56馬~▲46馬~▲12歩成△同玉』
『▲45馬~▲35馬~▲12歩成△同玉』
▲34馬△22玉▲23銀成△21玉▲22歩△31玉
▲42金△同玉▲43金△41玉▲32成銀△51玉
▲52金迄89手。

1サイクルに歩4枚を消費する馬鋸。23ではなく34まで行くことが目的になるため成立しているもの、と捉えることが出来るかと思います。78馬のとき23歩合は24桂以下。収束で歩1枚必要で、残り17枚なのですが、桂をうまく使って最初のサイクルだけ歩1枚だけで成立させているのは流石です。34桂に11玉は12歩、同玉、42桂成以下。

 

 

軽趣向好作選34

 詰とうほく作品展の賞品発送しました。これでやっと一区切り。ふう。
 今日緊急事態宣言が月末まで延長される方針というニュースが出ましたけど、本当に自粛できるのかちょっと疑問ですね。どこもかしこも「5月6日まで休業」的な表示であふれてますし。せめて「どうなったら解除されるのか」位は出さなければいけなかったんではないかなあ。官僚の皆さんも大変なんでしょうけど。いずれ百点満点の解答なんて出せるわけないので、こういうのは決断の問題だと思うんですよね。とすると、迷っているだけ損に感じるのですが。


 パラ5月号が届いて見てみたところ、ありがたいことにTETSUさんにこのブログを紹介いただいたので、今日も1作紹介します。

20200503wakashima
▲72と△同玉▲63銀△同飛▲74香△73飛
▲同香成△同玉▲83飛△72玉▲63飛成△同飛
▲74香△73飛▲同香成△同玉▲83飛△72玉
▲63飛成△同角▲94馬△71玉▲81歩成△同角
▲63桂△同角▲93馬△72玉▲82馬迄29手。

 最近だいぶ秘境まで冒険に行かれている感の強い(笑)作者ですが本作は軽い表現。63の地点をキーにした飛ハガシが展開されます。74香に対して飛移動合以外ですと94馬で簡単。その飛を取って83飛~63飛成とすることでまた63地点を埋めることが出来るわけですね。
 飛車がなくなることで横効きが消えて収束に向かうのですが、代わりに詰方の香も無くなっているため、63桂と最後にまた逃げ道を塞ぐ収束になっているのは上手いなあ、の一語です。

 

連絡+軽趣向好作選33

Uraさんへ。詰とうほくの件でメール1つ送りました。ご確認お願いします。

 仙台はパラは届きましたがマスクはまだ届いておりません(笑)。ひとつ気になるのはカビが混入していた、等というニュースが写真入りで流れてましたが、アレ、本当なんですかね。写真見ましたけど、あんなになるとは正直思えないんですよねえ。マスコミも、ここまで重要な話にニュースソースを出さないのは流石にどうかな、と。
 いずれ今回の内容はどれだけデマやいい加減な発言が流れたか、ぜひ後で検証してほしいですね。ちなみに冬眠蛙は今までもテレビのワイドショーはほとんど見てませんが、「コメンテーター」という言葉がある番組やその記事は一切見ないことにしました。専門家でもないのに全国放送で好き勝手しゃべらせて、一体何の意味があるんですかね。

 さて、軽趣向好作選を。本日も1作だけです。すみません。

20200429nakamura_20200429225201

▲27香△26銀▲同馬△24玉▲25香△同銀
▲同馬△23玉『▲43馬△25金▲14銀△同玉
▲25馬△23玉』
『』を3回繰り返す
▲43馬△25飛▲14金△同玉▲25馬△23玉
▲34金△同飛▲14馬△同玉▲15金△同玉
▲17飛△同と▲25金△16玉▲26金迄49手。

 銀→金の持駒変換趣向ですが、いかにも氏、という難しい変化がたくさん。全部あげるとキリがないのですが、例えば最初の金合のところ、飛合の変化が32銀、同飛、14金、同玉、25馬、23玉、53飛以下というものすごく読みにくい順です。ここを安易に飛を置いて割り切ろうとしないのがこの作者の凄さで、これにより4金にしてからの華麗な収束に結びついている、という見方もできます。普通に繰り返し手順を終了してからの43馬以下だけを切り取っても、十分に作品になっているのは並べてみればすぐにわかると思います。調べれば調べるほど、「よく成立したなあ」と感じさせられる傑作です。

 

次回詰とうほく中止のご連絡+軽趣向好作選32

 全国に非常事態宣言が拡大されました。現断面ではまだ先行きが不透明なため、大変勝手ながら、次回詰とうほくは一旦中止とさせていただくこととしました。パラ5月号の会合案内にも記載予定です。次回は8月でこれからまた調整します。申し訳ありません。(作品展の解答も持参予定だったのですが…)

 こういう時こそ詰将棋、ということで、ちょっとバタバタなのですが1作だけ今日も紹介します。

20200419nakade
▲44と△55玉▲47桂△同歩生▲54と△45玉
▲27角△同飛生▲44と△55玉▲37角△同飛生
▲54と△45玉▲47飛△同飛生▲46歩△同飛成
▲44と△55玉▲56歩△同龍▲64銀迄23手。

 

 

55・45の二か所で打歩詰を用意したカラクリもの。玉方飛が少しずつ動くのが何とも楽しい手順です。最初に歩生が入っているのも気が利いていて、ここを飛ばして初手27角は同飛生、44と、55玉、47桂に同飛生で逃れます。桂を54に置いて取る手も入れられますが、生に徹底している手順を考えると微妙かな。

軽趣向好作選31

 仕事に駆けずり回っている内に緊急事態宣言まで出ましたね。仙台はまだなのですが、流石に次回詰とうほくをどうするか考えているところです。少なくとも県外の方は厳しいですよねえ。ご意見あればいただければ。中止する場合はパラで間に合わなければこのブログやツイッターで周知します。

 少し時間が出来たので、久しぶりに軽趣向好作選を。

20200412akaha
▲55銀△76玉▲75飛△同玉▲66銀△76玉
▲65銀△75玉▲86銀△同玉▲95飛成△97玉
▲85銀△87玉▲76銀左△78玉▲67銀△89玉
▲78銀△同玉▲79歩△77玉▲78歩△87玉
▲76銀△78玉▲67銀△89玉▲78銀△同玉
▲45馬△87玉▲54馬△78玉▲45馬△87玉
▲69角△76玉▲77歩△66玉▲55龍△77玉
▲75龍△68玉▲79龍△同玉▲78馬迄47手。

 

タイトルのとおり盤面を銀が滑り降りてくる趣向が楽しめます。一枚目の銀は67とを剥がすためで手成りで進められますが、二枚目の銀は実は邪魔駒的な位置づけで、これを消すことで54歩を取って収束に向かうことが出来ます。単純な邪魔駒にしなかったことで、作品に深みが出ていると思います。45馬がなかなか味わい深いですね。

20200412souma

▲23銀△13玉▲14銀成△同玉▲15歩△同玉
▲16歩△同玉▲17歩△同玉▲18歩△同玉
▲29銀△17玉▲18歩△16玉▲28桂△15玉
▲27桂△14玉▲26桂△13玉▲22銀△23玉
▲35桂打△24玉▲25歩△同玉▲33銀生迄29手。

 以前も書きましたが、冬眠蛙が最も好きな作品集は「相馬康幸Collection」で、その魅力は1作1作単体だけでなく、トータルで世界観を描出しているところにあります。ということで、1個1個の作品も十分魅力的なのですが、このブログでは今まで紹介を控えてきました。が、今回はこの初形のインパクトが凄すぎて流石に紹介したくなってしまいました。
 もちろんこれで持駒金とかだったら「えぇぇ」となってしまうのですが、もちろんそこは相馬ワールドですので。ちゃんと考えるポイントがあり、それが13手目。17まで引っ張り出してきたので、28銀で押し戻すことが出来るのですが、それでは詰まない仕掛けになっており、わざわざ18歩~29銀として28に桂を据えるのがポイント。その価値は詰上がりで知ることができます。作者の笑みが浮かんでくるような作品です。
 ちなみに相馬氏の作品集は氏のサイト「詰将棋マニアックス」で見ることができます。ぜひその世界に触れてみていただければと思います。

 

軽趣向好作選30

 コメント欄にも記載しましたが、次回詰とうほくは5月23日(土)に戦災復興記念館の和室での開催となりました。駅からは地下鉄東西線またはバス移動がオススメです。リンクは会場名のところに貼っておきましたのでご確認ください。

 さて、軽趣向好作選を。今回は2001年10月号の九州G作品展からご紹介。

20200315ishikawa

▲24桂△23玉▲32馬△13玉▲12桂成△同玉
▲13香△同玉▲35角△12玉▲24桂△13玉
▲31馬△23玉▲41馬△13玉▲32桂成△23玉
▲31成桂△12玉▲24桂△13玉▲32桂成△12玉
▲22成桂△同玉▲32馬△12玉▲21馬△23玉
▲32馬△12玉▲24桂△13玉▲14銀△同龍
▲12桂成△同玉▲13歩△同龍▲同角成△同玉
▲14飛迄43手。

 途中で取った桂を含め、24桂を4回繰り返しつつ、微妙に局面を変化させる変則趣向。途中馬を遠ざけて成桂による開き王手の形を作るのがうまく、更に一旦成桂を31に動かさざるを得ない形なので、21桂をハガすために桂2枚を成桂にする必要がある、という仕掛けです。序奏・収束もうまく24桂が入る手順で統一感がありますね。実戦形作品を得意とする作者としては少し異色作になりますでしょうか。

20200315kurushima
▲26銀△14玉▲25銀△13玉▲24角△22玉
▲66馬△31玉▲42金△21玉▲76馬△22玉
▲66馬△21玉▲65馬△22玉▲55馬△21玉
▲54馬△32桂▲同馬△12玉▲13角成△同玉
▲14歩△12玉▲24桂△同歩▲13歩成△同玉
▲14銀△12玉▲23銀成迄33手。

 序奏が少し難しいですが、2手目4手目ともに同玉は23飛成で39馬の威力が強く捕まっています。22玉に66馬から42金と捨てミニ馬鋸が展開。54馬と半端な位置のときに32桂合とするのが珍しいでしょうか。22玉は33角成が好手となって早く詰みます。取った桂・歩をうまく使って自然な収束。作品名の博多組曲は九州Gの会合(博多開催)の中でメンバーで原図を発展させたことに因んだものだとか。詰とうほくではまずお目にかかれない光景かも(笑)。

 年賀詰コンクールで初めて入賞しました。今までで一番時間をかけて作ったので、素直にうれしいです。投票いただいた皆様、ありがとうございました。ついでに今月号パラのデパート自作も解いていただけると更に幸甚です(笑)。手数は長いですが易しいハズなので、お願いします。

 

最近の写真

  • 20200705yamamoto
  • 20200705hashimoto
  • 0501
  • 20200622kondo
  • 20200622yamamoto
  • 20200607matsumoto
  • 20200607sato
  • Unicycle
  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on