« 軽趣向好作選67 | トップページ | 新春特別出題 解答者コメント »

新春特別出題 解答

 昨日の詰とうほくはコロナ禍最中ではありましたが、7名参加。恒例の年賀詰鑑賞会のほか、Uraさんのソフトやらフェアリーやら、色々と盛り上がりました。ありがとうございました。次回は5月21日・28日が基本線。もしご希望があればコメントいただければ。

 さて、本日は新春特別出題の解答を。ちょうど年賀詰コンの投票期間でもありますので、記事を見て気に入った方、ぜひおもちゃ箱特設ページにて投票をお願いします。また、追加コメントも歓迎します。
Ogawa2022_20220206162801
 93地点が逃げられるので、それに備えた攻めが必要。95角と思い切ってと金を取ります。これに対して同玉で全然届かないように見えるのですが、よく盤面を見ると14飛が。96金、同金、15飛と活用すると5段目が合駒ができそうで出来ず、以下簡単に詰みます。というわけで、2手目は93玉。これに対しては94歩から85龍と切れば、右側に追い出すことが出来ます。83に逃げられるのを防ぐため、86金・84金と二枚使わないといけないのですが、64玉に対して、75金~64金と捨てるのがうまい手で、86角と角を活用するのが気持ち良い手順です。
 以下、43銀生から金を取る手までは続くのですが、それ以降が難しい。たとえば24金は32玉です(失敗図)。どこがおかしいのでしょうか。
202202062
 実は2手目まで戻って、ここで82銀生と捨てるのが正解。上の図から馬が82に行った計算となるので、24金のかわりに44金~35とと思い切って捨てて、15飛と引く手が成立します。44玉は55銀、43玉、45飛以下。82銀生、同馬の2手を入れないと45飛を同馬と取られてしまう、という仕掛けです。
 46玉には57銀と引き、ゴールが見えてきました。45飛に対する46の合駒は香歩のいずれかですが、取って48に打ち、38金と捨てて最後は64角と角を再活用して詰みとなります。では改めて正解手順を。
▲95角△93玉▲82銀生△同馬
▲94歩△同玉▲85龍△同玉
▲86金△74玉▲84金△64玉
▲75金△54玉▲64金△同玉
▲86角△54玉▲43銀生△同玉
▲33銀成△同金▲同と△同玉
▲44金△同玉▲35と△同玉
▲15飛△46玉▲57銀△47玉
▲45飛△46歩▲同飛△同桂
▲48歩△37玉▲38金△同桂成
▲64角まで41手。
20220206
くっきりと「R4」が!見事な詰上がりでした。
長くなったので、コメントは次週掲載します。今までいただいた方には御礼として詰将棋の小冊子を送付しておりますが、次週まで感想いただければ同様に送付しますので、よろしくお願いします。


おまけの冬眠蛙作も解答を紹介。
Ichi2022_20220206162801
▲22金△41玉▲32金△同玉
▲22香成△同玉▲25飛△31玉
▲42銀△同馬▲同歩成△同玉
▲22飛成△51玉▲33馬△62玉
▲63歩△同成銀▲51角△53玉
▲52龍△同玉▲42馬△61玉
▲62歩△同成銀▲同角成△同玉
▲63銀△71玉▲53馬△82玉
▲81金△92玉▲83桂成△同玉
▲75桂△92玉▲82金△同玉
▲72銀成△同玉▲64桂△81玉
▲63馬△91玉▲92歩△同玉
▲83桂成△同玉▲73歩成△92玉
▲81馬△同玉▲72桂成△92玉
▲82と まで57手。
 こちらは「R4」の初形曲詰です。右側の序奏が少し安直な手順だったので、なんとか煙まで持っていきたかったのですが、残念ながら技量が全く足りませんでした(笑)。馬捨てが入って辛うじて体裁だけは整えています。何名かの皆様にはこちらにも甘めにコメントをいただきました。作った甲斐があります。ありがとうございました。

 

« 軽趣向好作選67 | トップページ | 新春特別出題 解答者コメント »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

小川作:予想を超える手順から、予想だにしなかった詰め上がり。凄い!

冬眠蛙作:きれいな初形から、予想内だがきれいな手順。上々の年賀詰。

nono_yさん、コメントありがとうございました。
小冊子を御礼にメール送付しました。ご査収ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽趣向好作選67 | トップページ | 新春特別出題 解答者コメント »