無料ブログはココログ

 

  •  

« 冬眠蛙第5作品集 第20番+第19番解答 | トップページ | 東京訪問 »

軽趣向好作選63

 来週のイベントのための切符を買いに街に出たのですが、以前ほどではないにせよ、やはり活気が戻ってきてますね。良かったなと思う反面、若干まだ不安もあったりします。

 さて本日は軽趣向好作選です。
20211023horikiri
▲31金△11玉▲12歩△同飛
▲33馬△22飛▲12歩△同玉
▲34馬△23飛▲24桂△22玉
▲44馬△33飛▲23歩△同玉
▲45馬△34飛▲35桂△33玉
▲25桂△同と▲55馬△44飛
▲同馬△同玉▲56桂△33玉
▲34香△同玉▲44飛△33玉
▲42飛成△22玉▲31金△同玉
▲31龍まで37手。

 馬鋸に対して一枚の駒が合駒で応じるのはたまに見ますが、本作は駒を取りながら遠ざかる馬に対し、退路を確保するために飛が同じように鋸で馬の道をなぞって移動合を繰り返します。比較的単純な意味づけで実現できているように見えますが、構図の取り方には試行錯誤もうかがえます。
 25桂が良いアクセントで、これがないと後で25から抜け出されます。最後は初手に打った金を捨ててうまくフィニッシュ。なお、61飛は収束42飛成のところ、42銀生の余詰筋を防いだものです。

20211023sugawa
▲53銀成△同玉▲44角△54玉
▲64金△同玉▲55角上△54玉
▲53角成△同玉▲44角△54玉
▲53角成△同玉▲44銀△54玉
▲55銀△53玉▲54銀△同玉
▲44金迄21手。
 
 ゴリゴリに飛角銀が凝り固まった初形。44金と打つと65玉と隙間に逃げ込まれて捕まりません。
 となれば53銀成からほぐしていくしかないのですが、44角、54玉(63玉は55角以下)に手拍子で53角成とすると同桂で不詰。64金から55角上と開くのが勇気のいる手で、75玉には64角以下同手数駒余りで詰みます。
 54玉と決まれば2枚角を全部捨て、最後に35銀をうまく繰って54に誘導すれば、当初指したかった44金で詰みとなります。ちょっと変化が厚すぎる感はありますが、これだけ攻め駒が強い中、このムシの良い手順を成立させた作者の腕力には拍手あるのみです。

« 冬眠蛙第5作品集 第20番+第19番解答 | トップページ | 東京訪問 »

軽趣向好作選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬眠蛙第5作品集 第20番+第19番解答 | トップページ | 東京訪問 »