無料ブログはココログ

 

  •  

« 冬眠蛙第5作品集 第19番 + 第18番 解答 | トップページ | 詰将棋スクール…でしたっけ。 »

軽趣向好作選62

 少し前に「詰将棋サロン好作選」が発売になりました。自作も3作ほど収録されております。選ぶのも大変だったかと思います。會場さんかな?本当にお疲れさまでした。Twitterでも話題になってますが、取り上げられなかった作品にも良い作品はたくさん。収録数に限りはありますし、選者によってどうしても好みはありますから仕方ないでしょうね。
 最近将棋世界もKindleで買えるようになっておりますので、好形好作を気軽に楽しみたい方はオススメです。ちなみにこの「詰将棋サロン好作選」もKindleで買えるので、どっちで買うか迷っています。先日書店で迷っていたら妻に「なんで買わないの?」と不思議そうな顔をされました。Kindleだと真面目に読むには文字が小さいかなあ。

 さて、本日は軽趣向好作選を。本日は知恵の輪2題。
20211003nomura
▲36角△15玉▲26銀△同玉▲37銀引△17玉
▲26銀△同玉▲27銀△17玉▲18銀△26玉
▲37銀△同玉▲47飛成△26玉▲27銀△17玉
▲38銀△26玉▲37銀△17玉▲46銀△26玉
▲27龍△15玉▲25龍まで27手。
 
 43飛を世に出せば容易に詰みそうなので方針はつかみやすく、取れない初手36角でいかにも筋、という感触ですが、15玉で粘られるとなかなか難しい。26銀のあと、46銀を消去するのは飛筋を通すため。ここで38銀を18に置きなおせば37銀~47飛成で待望の飛の活用が実現します。ここから18銀を再活用して46まで移動すれば35がふさがって詰み、という筋書き。このタイプの銀知恵の輪は多く出ており、もう一工夫欲しい気もしますが、全体的に味の良い手でまとめており、作者らしい味はあります。

20211003hirose
▲54龍△35玉▲44銀△34玉▲46桂△同と
▲55銀△33玉▲44銀△34玉▲53銀生△35玉
▲47桂△同と▲44銀生△34玉▲43龍△45玉
▲54龍△34玉▲33銀生△同玉▲45桂迄23手。
 
 54龍から44銀と据えて知恵の輪の舞台が完成。守備飛の効きがあり、精算すると飛のいた24に逃げだされます。それを避けながら詰ますわけですが、まず46桂とします。これは55銀、35玉に46銀で詰ますため。これで55銀には33玉とせざるを得ません。44銀、34玉で33歩が消えた状態となります。
 続いて行うのが、なんと53銀生として35玉に47桂で、わざわざ呼んだと金を元に戻す順。一見意味なさそうですが、今度は43龍から54龍として45歩を消します。これで4手目から33歩と45歩がなくなりました。もうお分かりでしょう。ここから33銀生、同玉、45桂と邪魔駒が消えた場所への着手で詰みという仕掛けです。
 手は限られていますが妙味に溢れており、また45歩を消す前に46と⇒47とを入れる順番も謎解き要素として申し分なく、非常に良く出来たパズルと思います。

« 冬眠蛙第5作品集 第19番 + 第18番 解答 | トップページ | 詰将棋スクール…でしたっけ。 »

軽趣向好作選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬眠蛙第5作品集 第19番 + 第18番 解答 | トップページ | 詰将棋スクール…でしたっけ。 »