無料ブログはココログ

 

  •  

« 軽趣向好作選58 | トップページ | 軽趣向好作選59 »

冬眠蛙第5作品集 番外その3

 先週ワクチンを打ってまいりました。二日間くらい筋肉の痛みがありましたが、熱も上がらずまずは一安心。副作用で急に創作意欲がわいたり、とかだと良かったんですが(笑)。

 本日は第5作品集の番外その3。

20210725
例によってブログ発表ですが、クイズは「この作品はあるカードゲームを作品名として付しています。その作品名とはなんでしょう?」というもの。

 作品自体の正解手順は以下のとおり。
▲49桂△36玉▲18角△27歩▲同角△25玉
▲43角△34歩▲同角成△26玉▲25馬△同玉
▲36角△同玉▲37歩△46玉▲47歩△同玉
▲45飛△同飛▲48香迄21手。

2手目の局面と14手目の局面を対比して、持駒の二枚の角が最も弱い駒である歩に変換されています。というわけで、正解は以下のとおりでした。
202107251

 大貧民の人が最も強いカード2枚を強制的に大富豪と交換させられてしまうルールを表現したつもり。結構伝わりやすいテーマと思ったのですが、正解者は半分くらい。トランプの中ではかなりメジャーなゲームのつもりだったが、そうでもない?表現力の問題だとしたらちょっと悲しい。
 ただ、前に紹介したウォークラリーもそうですが、詰将棋は色々な楽しみ方があっても良いかと思っており、また何か思いついたらSNS等使ってやってみたいとは思います。

 ちなみに、出題時も紹介したのですが、上の作品には姉妹作があります。
202107252
 持駒が違うだけ。上の「大貧民」を見た後で本作品の題名を見れば、もはや解けたようなもの?ちょっとしたジョークでした。

 4連休も今日でおしまい。最後くらいは、ということで、家内と近くの動物園に行ったのですが、暑いせいで半分以上の動物は日陰で休んでました。人間と同じですね(笑)

« 軽趣向好作選58 | トップページ | 軽趣向好作選59 »

第5作品集紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽趣向好作選58 | トップページ | 軽趣向好作選59 »