無料ブログはココログ

 

  •  

« 軽趣向好作選57 | トップページ | パラ7月号と自作改作 »

ありがとうございます。+軽趣向好作選58

 既にご存知の方もいるかと思いますが、自作が令和2年の看寿賞短編賞をいただくことになりました。今まで細々と続けてきた甲斐がありました。思い起こせば今までいろいろな形でいろいろな方にお世話になりました。厚く御礼申し上げます。
 第5作品集を現在作成中である関係で、既に作品解説はこのブログに掲載しており、またパラの来月号に受賞のことばも載せさせていただきますので、あえてここで作品を振り返ることはいたしません。ご了承ください。

 本日も軽趣向好作選を。

20210626ichihara

▲24金打△22玉▲13金△21玉▲12金△同玉
▲24金△21玉▲12角△22玉▲13金△11玉
▲21角成△同玉▲12金迄15手。

 3筋の壁には触らず、15金・16香の力をバックに打った金が突進します。12に捨てたところで24金と今度はこちらの金を活用。12角を打って捨てる手を挟んで同じ軌道を描くのが軽妙です。難解とは無縁でかつ手順は楽しく、表紙にうってつけの作品だと思います。

20210626honma
▲12銀△同飛▲同角成△同玉▲21銀△同玉
▲32銀△同歩▲31金△同玉▲41金△同玉
▲52銀△同歩▲51金△同玉▲61金△同玉
▲71角成△同玉▲72歩△同玉▲73飛打△61玉
▲81飛成迄25手。

 持駒趣向ですが、見たままにどんどん捨てて左側に無理やり玉を引きずり出します。途中32銀や52銀に同玉ですと金打ち~桂取り~角成の筋があって早い。ぴったり全部使いきって61まで持ってくれば、71角成が実現して以下は易しい収束となります。持駒飛が必須の趣向ですが、うまいことピッタリ金銀8枚まで持ってこれたものです。

 
 小川さんからの紹介で、第1回YouTube詰将棋コンテスト(←クリックで開きます)を解いてみました。11手以内34題ということで、色々な作品がそろっており、かなり苦労しつつも楽しめました。評点ルールも工夫されていて、結果を見るのが今から楽しみです。今月末まで解答期限ありますので、興味を持たれた皆さんはご覧いただければと思います。

 

« 軽趣向好作選57 | トップページ | パラ7月号と自作改作 »

軽趣向好作選」カテゴリの記事

コメント

パラ7月号到着。ページをめくっていたら看寿賞の発表が載っていて、そこにお名前を発見。看寿賞の受賞、誠におめでとうございます。

大変ご無沙汰しております。お元気でしょうか。
ありがとうございます。

詰とうほくによろしければ、またおいでください。心よりお待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽趣向好作選57 | トップページ | パラ7月号と自作改作 »