無料ブログはココログ

 

  •  

« 2021年1月 | トップページ

冬眠蛙第5作品集 第12番+第11番解答

 今週末の27日は詰とうほくを予定どおり開催します。二次会はやらない方針ということで、あらかじめご了承ください。最近いろいろあって、私も詰将棋から少しご無沙汰なので、久しぶりにのんびり楽しみたいと思います。

 さて、本日は第5作品集紹介を。12番になります。

0512

悪形ですが、作者の好みが良く出た作品だと思います。

○第11番解答
0511_20210221180001
▲34と△同飛▲53角△44桂▲同角成△同飛
▲33龍△34飛▲24銀生△25玉▲37桂△同飛成
▲26歩△同龍▲16馬△同龍▲35龍迄17手。

37桂を取った後26歩に対応するため、33龍に対する合駒は飛が最善。その仕掛けを利用し、飛を多く動かすよう前後を整え、夏向けの軽い作品としてブログで出題した。ただ34と~53角がちょっとやりにくい手だったようで、思いどおりとはいかなかった。

隅の老人A『これで夏向きの易しい問題ですか。ニラメッコが2日続きました。筋の見え難い作品、初手を取っても逃げても変化が付き纏う。5手まで進んでやっと詰みが見える。ブログには不適当と思うが如何に?』
隅の老人B『17手の詰将棋は将棋世界の問題に比べてみる。8月の新題は世界なら優秀作で3000円ゲット、であろう。夏に相応しくない、ご尤も』
たくぼん『1手目~3手目が実に深い。見事な序と言えるでしょう。とくに3手目は46角に目が行くだけに、いや、53角が筋っぽく見えないが為にかなり悩みました。あとは流れるように解けました。玉方の飛の動きが狙いでしょうか。お見事です』

ここまでやったのなら飛を合駒で出せなかったのか、という人もいるのではと思う。実はそのバージョンも作ったのだが、形が崩れるのと、全体の雰囲気が合わなかったため、詰とうほくで酷評され不採用。逆算のセンスというのはなかなか身につかないものだ。

軽趣向好作選51

 昨日の地震、仙台は震度5強で、幸い自宅は大きな被害はありませんでした。皆さんはいかがでしたでしょうか。ご無事をお祈りいたします。また、余震も続いていますので、今後も気を付けましょう。


 本日は久しぶりに軽趣向好作選を掲載します。


20210214yamamoto


▲84飛△71玉▲73飛△72歩▲82金△62玉
▲72金△52玉▲62金△42玉▲44飛△31玉
▲32歩△22玉▲24飛△32玉▲23飛寄成△42玉
▲44飛△31玉▲34飛△33歩▲同飛成△同桂
▲同龍△32銀▲43桂△21玉▲11歩成△同玉
▲12歩△同玉▲32龍△13玉▲33龍△14玉
▲34龍△15玉▲35龍△16玉▲36龍△17玉
▲37龍△18玉▲38龍△17玉▲18銀△26玉
▲27香△16玉▲36龍△15玉▲25龍迄53手。


 ちょっと玉位置を誤植したんではと疑いたくなるような実戦形(笑)。ここから驚きの横追い→縦追いの手順が展開されます。4段目と3段目の飛の効きが強いので、どうやっても詰みそうなところ、31玉として32歩を打たせ、更に33地点での精算に32銀合が最善の受け。32角合は同じように13まで追った後、35角があります。
 12歩からその銀を奪えば、銀香を持っているので縦追いに切り替わります。最後非限定もありますが、この初形から意外性のある趣向手順を出せたのは素晴らしいと思います。





20210214misumi
▲53飛△同銀▲34飛△43玉▲64飛△32玉
▲33歩△同玉▲34飛△43玉▲55桂△同金
▲84飛△32玉▲33歩△同玉▲34飛△43玉
▲94飛△32玉▲33金△同玉▲34飛△43玉
▲74飛△32玉▲41銀△同玉▲71飛成△32玉
▲33香△同玉▲31龍△同馬▲34金△32玉
▲14馬迄37手。


馬飛による連取り趣向。64とを剥がしてからでないと55歩が取れない仕掛けになっており、取る順番はうまく限定されています。銀を取った後、その銀を残して33金から飛を7筋に据えなおし、41銀から香を取るのがウマイ。最後に31龍と綺麗に捨てて透かし詰でのフィニッシュは気持ち良いです。


確か横浜の全国大会の3次会で見せてもらった記憶があります。これを酔っ払った頭でも解けた自分はどこへ行ってしまったんでしょう(笑)。




新春特別出題 解答

 緊急事態宣言が延長されましたが、前にも予告しておりましたとおり、詰とうほくは予定どおり、2月27日(土)に実施します。以前の生涯学習センターに戻ったのですが、パラにも記載のとおり、和室が取れず第1セミナー室での開催となります。よろしくお願いします。また、今回は二次会は実施しない方向とします。あらかじめご了承ください。
 今回はまあやるとしまして、市民センターがワクチン接種の会場に使われるという話を聞いており、次回はちょっと厳しいかもしれません。まだ詳細不明なのですが。

 さて、本日は新春特別出題の解答を。
Ogawa2021_20210207190401
▲51桂成△同玉▲11龍△21香合▲62と△同玉
▲22龍△同香▲72角成△同玉▲83馬△63玉
▲73歩成△54玉▲65馬△同玉▲54銀△同玉
▲44金△65玉▲55飛△同玉▲66金迄23手。

 51桂成~11龍は第一感ですが、合駒で悩むところ。21歩でもよさそうですが、62と、同玉、22龍、同歩、84馬として、以下53玉は44銀打、54玉、55銀、45玉、54銀、35玉、62馬、25玉、24金、15玉、19飛で詰み。この手順中の24金を防ぐ21香合が最善の抵抗となります。
 香合に対しても62と~22龍とするしかないのですが、84馬の順は防がれているので、別の手段が必要です。色々な手があるのですが、思い切って72角成と捨てるのが正解。同玉に83馬とじっと寄る手が65金に狙いを付けた好手で、82馬と欲張っては63玉、73歩成、54玉、72馬、43玉で逃れます。
 54玉と追って、もうどうやっても詰みそうですが、これがなかなか難しい。65馬と切って、逆モーションの54銀!なんてカッコいい手なんでしょう。44金を打つのが大事だったわけですね。

20210207

大襷ではなく4隅の駒がない「中襷」の詰上がりになります。想像できたかとは思いますが、手順が良いので予想どおりの図にたどり着ける気持ち良さも倍加しているのではないでしょうか。

 ブログ出題で結構難しめだったのですが、6名の方から解答いただきました。大変ありがとうございました。

竹●健●さん「配置からなんとなく詰め上がりは想像できるが、限定合が入り、大駒全部消えるなど、完成度が高いと思いました。新年早々、良いものを見せていただきました。有難うございました!」
まっつぁんこさん「随所に良い手がありました。詰め上がりもきれい」
占魚亭さん「詰み形がうっすらと見えているので、方針は立てやすかったです。歩合だと72角成のところで84馬が成立するので香合に限定されている所が上手い」
山●大●さん「初形で詰上がりが予想できました。詰上がりの玉方64桂が歩だったら駒種が対称的でより美しかったかも。21香合が変化を見据えた好防手。54銀捨ての感触が好きです」
taka-oさん「4手目高い合駒は龍を切られそうと思って歩合で解いていましたが、歩合には9手目84馬の筋もあり香合限定でしょうか。詰め上がりも襷ですし、気持ちがキュッと引き締まる新年」
たくぼんさん「小川さんの作品ならば今年1番最初に解かないといけませんね。しばらく眺めていましたが、初手は51桂成として、次に感じとすれば62と~73歩成なんだけどうまくいかない。そうしたら22成銀に目が行って11龍に気付いて21歩に62とから成銀取ってと。そこから73歩成に53玉・・・あれ?詰まない。そこからあれこれ考えて・・・84馬~44銀打とすればいいのか。・・・詰む詰む!いやあれ21歩じゃなくて香なら24金が打てないぞ。そして・・・72角成に気付く。これは心理的妙手だ!次に思わず82馬と桂を取るがこれもあれ?そうか詰上りの予想が付くのでこれは取らないか・・・。83馬から73歩成でやっと筋に入ったね。65馬はこの一手。次の54銀が良い手です。見事に中襷?の完成。「コロナ×」ってことかな。感想は、はやり小川さんは凄い。含蓄のある手が本当に多いし、他の作家さんにはないものを持ってますね。コロナに負けずに・・・長生きされてもっとたくさんの作品を残して頂きたいです」

 たくぼんさんにうまいこと〆てもらいました。おっしゃるとおりで、これからもぜひ作品を見せて欲しいものです。

おかもとさんに教えてもらって、ちゃんと記事ごとでなくてもKIF表示できるようになりました。マイリストにスクリプトを貼る、というのはなかなかのアイディア。ちなみにこれだとスマホでの無駄な表示もされなくなるので、一石二鳥の妙手でした。おかもとさん、本当にありがとうございました。

« 2021年1月 | トップページ