無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

連絡+軽趣向好作選33

Uraさんへ。詰とうほくの件でメール1つ送りました。ご確認お願いします。

 仙台はパラは届きましたがマスクはまだ届いておりません(笑)。ひとつ気になるのはカビが混入していた、等というニュースが写真入りで流れてましたが、アレ、本当なんですかね。写真見ましたけど、あんなになるとは正直思えないんですよねえ。マスコミも、ここまで重要な話にニュースソースを出さないのは流石にどうかな、と。
 いずれ今回の内容はどれだけデマやいい加減な発言が流れたか、ぜひ後で検証してほしいですね。ちなみに冬眠蛙は今までもテレビのワイドショーはほとんど見てませんが、「コメンテーター」という言葉がある番組やその記事は一切見ないことにしました。専門家でもないのに全国放送で好き勝手しゃべらせて、一体何の意味があるんですかね。

 さて、軽趣向好作選を。本日も1作だけです。すみません。

20200429nakamura_20200429225201

▲27香△26銀▲同馬△24玉▲25香△同銀
▲同馬△23玉『▲43馬△25金▲14銀△同玉
▲25馬△23玉』
『』を3回繰り返す
▲43馬△25飛▲14金△同玉▲25馬△23玉
▲34金△同飛▲14馬△同玉▲15金△同玉
▲17飛△同と▲25金△16玉▲26金迄49手。

 銀→金の持駒変換趣向ですが、いかにも氏、という難しい変化がたくさん。全部あげるとキリがないのですが、例えば最初の金合のところ、飛合の変化が32銀、同飛、14金、同玉、25馬、23玉、53飛以下というものすごく読みにくい順です。ここを安易に飛を置いて割り切ろうとしないのがこの作者の凄さで、これにより4金にしてからの華麗な収束に結びついている、という見方もできます。普通に繰り返し手順を終了してからの43馬以下だけを切り取っても、十分に作品になっているのは並べてみればすぐにわかると思います。調べれば調べるほど、「よく成立したなあ」と感じさせられる傑作です。

 

次回詰とうほく中止のご連絡+軽趣向好作選32

 全国に非常事態宣言が拡大されました。現断面ではまだ先行きが不透明なため、大変勝手ながら、次回詰とうほくは一旦中止とさせていただくこととしました。パラ5月号の会合案内にも記載予定です。次回は8月でこれからまた調整します。申し訳ありません。(作品展の解答も持参予定だったのですが…)

 こういう時こそ詰将棋、ということで、ちょっとバタバタなのですが1作だけ今日も紹介します。

20200419nakade
▲44と△55玉▲47桂△同歩生▲54と△45玉
▲27角△同飛生▲44と△55玉▲37角△同飛生
▲54と△45玉▲47飛△同飛生▲46歩△同飛成
▲44と△55玉▲56歩△同龍▲64銀迄23手。

 

 

55・45の二か所で打歩詰を用意したカラクリもの。玉方飛が少しずつ動くのが何とも楽しい手順です。最初に歩生が入っているのも気が利いていて、ここを飛ばして初手27角は同飛生、44と、55玉、47桂に同飛生で逃れます。桂を54に置いて取る手も入れられますが、生に徹底している手順を考えると微妙かな。

軽趣向好作選31

 仕事に駆けずり回っている内に緊急事態宣言まで出ましたね。仙台はまだなのですが、流石に次回詰とうほくをどうするか考えているところです。少なくとも県外の方は厳しいですよねえ。ご意見あればいただければ。中止する場合はパラで間に合わなければこのブログやツイッターで周知します。

 少し時間が出来たので、久しぶりに軽趣向好作選を。

20200412akaha
▲55銀△76玉▲75飛△同玉▲66銀△76玉
▲65銀△75玉▲86銀△同玉▲95飛成△97玉
▲85銀△87玉▲76銀左△78玉▲67銀△89玉
▲78銀△同玉▲79歩△77玉▲78歩△87玉
▲76銀△78玉▲67銀△89玉▲78銀△同玉
▲45馬△87玉▲54馬△78玉▲45馬△87玉
▲69角△76玉▲77歩△66玉▲55龍△77玉
▲75龍△68玉▲79龍△同玉▲78馬迄47手。

 

タイトルのとおり盤面を銀が滑り降りてくる趣向が楽しめます。一枚目の銀は67とを剥がすためで手成りで進められますが、二枚目の銀は実は邪魔駒的な位置づけで、これを消すことで54歩を取って収束に向かうことが出来ます。単純な邪魔駒にしなかったことで、作品に深みが出ていると思います。45馬がなかなか味わい深いですね。

20200412souma

▲23銀△13玉▲14銀成△同玉▲15歩△同玉
▲16歩△同玉▲17歩△同玉▲18歩△同玉
▲29銀△17玉▲18歩△16玉▲28桂△15玉
▲27桂△14玉▲26桂△13玉▲22銀△23玉
▲35桂打△24玉▲25歩△同玉▲33銀生迄29手。

 以前も書きましたが、冬眠蛙が最も好きな作品集は「相馬康幸Collection」で、その魅力は1作1作単体だけでなく、トータルで世界観を描出しているところにあります。ということで、1個1個の作品も十分魅力的なのですが、このブログでは今まで紹介を控えてきました。が、今回はこの初形のインパクトが凄すぎて流石に紹介したくなってしまいました。
 もちろんこれで持駒金とかだったら「えぇぇ」となってしまうのですが、もちろんそこは相馬ワールドですので。ちゃんと考えるポイントがあり、それが13手目。17まで引っ張り出してきたので、28銀で押し戻すことが出来るのですが、それでは詰まない仕掛けになっており、わざわざ18歩~29銀として28に桂を据えるのがポイント。その価値は詰上がりで知ることができます。作者の笑みが浮かんでくるような作品です。
 ちなみに相馬氏の作品集は氏のサイト「詰将棋マニアックス」で見ることができます。ぜひその世界に触れてみていただければと思います。

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

最近の写真

  • 0501
  • 20200622kondo
  • 20200622yamamoto
  • 20200607matsumoto
  • 20200607sato
  • Unicycle
  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on