無料ブログはココログ

« 第100回詰とうほく | トップページ | 詰将棋冊子配付について + 日本酒の記録(2019年11月) »

作品展開催決定しました。& 軽趣向好作選25

 前回記事の詰とうほく作品展の件ですが、須藤さん経由でパラ水上社長から開催の承認をいただきました。2月号での開催にしたいと考えております。残念ながら6題全部は駄目だそうなので、冬眠蛙のを外すことにしました。久しぶりにデパートにでも投稿しようかと思案中です。バラエティに富んだ作品をご用意できるかと思いますので、開催時はぜひ解答いただければと思います。

 また次回詰とうほくですが、予定していた2月22日が抽選全部落ちてしまい、2月29日(土)の開催となってしまいました。場所は前回と同じく、生涯学習センター和室となります。会場は抽選のシステムになっており、22日4か所、29日3か所で申し込んだのですが、22日は全部落選で29日は全部当選。どういう仕組みになっているんですかねえ。

 さて、軽趣向好作選を。

20191208bando
▲14歩△同玉▲47角△13玉▲25桂△14玉
▲33桂成△13玉▲23成桂△同玉▲24歩△13玉
▲25桂△14玉▲33桂成△13玉▲23歩成△同桂
▲同成桂△同玉▲24歩△13玉▲25桂△14玉
▲33桂成△13玉▲23歩成△同桂▲同成桂△同玉
▲24歩△13玉▲25桂△14玉▲33桂成△13玉
▲23歩成△同成香▲同成桂△同玉▲25香△14玉
▲22香成△13玉▲24角△22玉▲33角成△21玉
▲65角△54桂▲同角△同香▲31と△同玉
▲23桂△21玉▲11馬△32玉▲33歩成迄59手。

桂ハガシ趣向なのですが、剥がすときの支え駒がないので、都度24歩と打って精算するのは珍しいタイプのような気がします。建物工事のような趣でしょうか。収束も雰囲気そのままという感じですが、冬眠蛙的には下図のような軽い纏めにしたかった気もします。

20191208bandokai
(収束金を剥がした後、14角以下)

20191208shinoda
▲12銀△同玉▲13銀△同玉▲14銀△同玉
▲15銀△同飛▲同歩△同玉▲14金△同玉
▲13金△同玉▲12金△同玉▲11金△同玉
▲21歩成△同玉▲11飛迄21手。

持駒金4銀4趣向は一時期なぜか流行し、かなりの作品が発表されました。ユーモア作もあったりしましたが、これもその系統で、最初に銀4枚使って玉を上まで引っ張りだして飛を奪い、後半は金4枚全部使って11まで戻せば後は3手収束。クスリと笑ってもらえれば大成功でしょうか。
金4銀4ですと余詰筋も強烈で、27香・49桂配置もそれを配慮したものかと思うのですが、どうやら本図でも初手21金以下で余詰のようです。玉方45と配置位で直せそうにも見えるのですが調べきれませんでした。作者の修正を待ちたいと思います。

 

« 第100回詰とうほく | トップページ | 詰将棋冊子配付について + 日本酒の記録(2019年11月) »

軽趣向好作選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第100回詰とうほく | トップページ | 詰将棋冊子配付について + 日本酒の記録(2019年11月) »

最近の写真

  • 20200125okada
  • 20200125yamazaki
  • 20200101
  • 20200113misumi
  • 20200113inotetsu
  • P_20191206_212950
  • P_20191220_214821_vhdr_on
  • P_20191228_202054_vhdr_on
  • Nenga20201
  • 20191222tidiiwa
  • 20191222nomura
  • P_20191114_212901