無料ブログはココログ

« 日本酒の記録(2019年7月) | トップページ | 8月の詰とうほく »

軽趣向好作選18

ウインドウズ10の更新をしたら、ブラウザが急に使いにくくなったような。冬眠蛙だけですかね。Flash盤の表示も自動でされなくなったので今設定確認しているところです。


さて、めげずに軽趣向好作選を。


20190817yamada
▲54飛△25玉▲15飛△26玉▲56飛△46歩
▲16飛△27玉▲17飛△26玉▲27歩△25玉
▲15飛△24玉▲44飛△44桂▲14飛△23玉
▲53飛成△43角▲同龍△同香▲24飛△同玉
▲42角△25玉▲15角成迄27手。



二枚の飛車の追い方のパズル。まず歩合の場所を46にするのがポイントで、例えば3手目55飛とすると、45歩、15飛、26玉、56飛に46角合で失敗します。歩を46に置くことで、それより下段には歩合が出来ないのですが、桂合の抵抗が残っており、13手目55飛は45桂合、15飛、24玉、54飛、44桂合、14飛、25玉で駄目。55飛と形を決めずに24まで追って、そこで54飛、44桂合なら、今度は14飛に25玉と出来ないので53飛成にこぎつけられ、角を入手しつつ香を吊り上げることが可能になります。シンプルな機構ながら鍵に気づきにくく、ユニークな作品を多く発表されていた作者らしい作品。


20190817hashimoto
▲13飛成△同玉▲12飛△同玉▲11桂成△同玉
▲21角成△同玉▲24香△23角▲32角△11玉
▲12歩△同角▲21香成△同角▲同角成△同玉
▲26香△23角▲32角△11玉▲12歩△同角
▲21香成△同角▲同角成△同玉▲28香△23金
▲13桂△11玉▲22角△同金▲同香成△同玉
▲23金△11玉▲21桂成△同玉▲32香成△11玉
▲22成香迄43手。



橋本氏というとどうしても「ミクロコスモス」や「アルカナ」等の大作のイメージが先に来ますが、軽趣向作品も多く発表されており、これもその一つ。大道棋の香歩問題的な中合を使った趣向は他にもあったかと思いますが、縦方向に香を並べて繰り返すというのは「なるほど、こんなことも出来るんだなあ」と素直に感心。最後桂を入手すると金合に変わるのも香歩問題っぽくてニヤリとしてしまいますね。


« 日本酒の記録(2019年7月) | トップページ | 8月の詰とうほく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本酒の記録(2019年7月) | トップページ | 8月の詰とうほく »

最近の写真

  • 20191110horikiri
  • 20191110sakai
  • P_20191005_193337
  • P_20191013_204740
  • P_20191020_194636
  • P_20191031_213402
  • 20191027imamura
  • 20191027yamada_20191027215501
  • P_20190910_212815
  • P_20190914_201123
  • P_20190926_205705
  • 20190929ichi_20191006195201