« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

日本酒の記録(2018年8・9月)

 また台風ですねえ。今回は仙台も直撃のようで、かなり心配です。
 さて、では日本酒の記録を。2か月分ということで、ちょっと多いです。えへへ。
Dsc_0453_2
まずは山口県の「東洋美人」。山口では獺祭と並ぶ人気銘柄。この「純米大吟醸白鶴錦40」は比較的リーズナブルなお値段で手に入ります。以前に飲んだ同じ東洋美人の「一番纏」に比べると少し香りは抑え目な感じ。刺身によく合いました。
Dsc_0477
私の好みの銘柄、三重の「而今」の「純米吟醸千本錦火入」。 3月に飲んだ「酒未来」より酸味は少なかったですかね。でもフルーティで楽しめました。
Dsc_0491
続いても私が好んで飲む秋田新政酒造の「亜麻猫」のスパーリング。スパークリングは久しぶりですが、吟醸香がしっかり残っており、美味しく飲めました。普通に出されたら日本酒だと思わないかもしれません。
Dsc_0495
続いては福井のお酒、「黒龍」の「いっちょらい」。それまで甘口系が続いたせいか、力強い辛さを感じました。辛口好みな方はぜひ。冷やで飲みましたが、熱燗でもいけそうな気がします。
Dsc_0502
愛知のお酒、「醸し人九平次」の「純米大吟醸human」。前回東京で買った普通の純米大吟醸も美味しかったのですが、これもなかなか。グラスに注いだときに立ち上る香りが食欲をそそります。仙台でも置いてある店が分かったので、また別のも飲みたいですね。
Dsc_0545
まだ開けたばかり、故郷新潟の朝日酒造の「得月」。「久保田」で有名な酒蔵の秋の限定品なのだそうです。精米を28%まで行っており、雑味のない辛口という感じ。サンマの塩焼きとかで飲みたいお酒です。

パラまだ来ない。。。10月は詰とうほく開催しますので、会合案内で興味を持たれた方、気兼ねなく来ていただければ。お待ちしております。

軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑩-

 前回の田島氏作紹介にコメントいただきました。フラッシュ盤の方は、変化手順があるとうまく作れないみたいなんですよねえ。申し訳ありません。
 で、kamuさんからコメントいただいて、なるほど、と思わされました。実はもらったリスト(元は詰将棋曼荼羅?)に入ってなくて、おそらく違う趣向の方に分類されたんですかね。でも、「土用波」は駒場さんの作品の中ではかなり好きなものなので、これは紹介しなくては、と思った次第です。10回目ということでキリもよいですし(笑)、お付き合いください。
20180917komaba
 2枚の角(馬)筋に玉が浮いている構図で、両王手の金鋸で上段に追うことが可能。しかし、84と、75玉、74と、65玉、75と…と追いかけると、最後19歩が浮いているため、39とに対して19玉で詰みません。(失敗図)

20180917komaba2
 38の玉方の効きが無ければ、失敗図の前の39に追い込んだ時点で38角成で詰むのですが、いかんせん、38には玉方の守備が3枚(27金・32飛・37歩)も。これを打開するのが順次香成趣向発生の仕掛けとなっています。では作意手順を。
▲84と△75玉▲74と△65玉▲64と△同玉
▲65歩△73玉▲83と△74玉▲84と△75玉
▲74と△65玉▲75と△66玉▲65と△56玉
▲55と△同玉▲56歩△64玉▲65歩△73玉
▲83香成△74玉▲84成香△75玉▲74成香△65玉
▲75成香△66玉▲65成香△56玉▲66成香△57玉
▲56成香△46玉▲46成香△同玉▲47歩△55玉
▲56歩△64玉▲65歩△73玉▲83香成△74玉
▲84成香△75玉▲74成香△65玉▲75成香△66玉
▲65成香△56玉▲66成香△57玉▲56成香△47玉
▲57成香△48玉▲47成香△38玉▲37成香△同玉
▲27金△同玉▲26金△37玉▲38歩△46玉
▲47歩△55玉▲56歩△64玉▲65歩△73玉
▲83香成△74玉▲84成香△75玉▲74成香△65玉
▲75成香△66玉▲65成香△56玉▲66成香△57玉
▲56成香△47玉▲57成香△48玉▲47成香△38玉
▲48成香△39玉▲37成香△93桂▲38角成迄101手。

玉方の64歩・55歩・46歩・37歩を剥がしては下段に追い戻すのですが、この順番は崩せません。例えば先に55歩を剥がすと56歩が打歩詰になりますね。とても巧みな仕組みで1サイクルごとに移動距離が長くなるのが何とも味わい深い。またタイトルがいいですね。駒場さんの作品名のセンスは詰将棋作家の中でもピカイチと思います。

というわけで、改めてお付き合いありがとうございました。ではでは。

軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑨-

いよいよ最終回です。紹介するのはこちらの作品です。
20180909tajima1
順次香成趣向なのに肝心の香がいません。ということは。
『▲58香△57香▲同香△46玉▲53香成△56玉
▲58香△57香▲同香△46玉▲54香△56玉
▲58香△57香▲同香△46玉▲55香△56玉
▲58香△57角▲同香△46玉▲37銀△35玉
▲26角△34玉▲35歩△44玉』
20180909tajima2
 盤面にあれよあれよと4香が出現。これを成り捨てるわけですね。香が尽きたところで角合が出て、これを取って玉を下段に落としますが、香合は手数稼ぎのように見えて、実は違います。上図で54香や55香がないと、54成香や88角で簡単。香でスペースを埋める必要があるわけですね。
 さて、あとは4香を成り捨てて簡単かと思いきや。
「▲43成香△同玉▲53香成△32玉▲43成香△同玉
▲53香成△32玉▲43成香△同玉▲53香成△同玉
▲34歩△44香」▲同角△同玉▲88角△35玉
▲26銀△46玉▲79角△56玉
20180909tajima3
なんと初形から88歩がなくなっただけの局面になりました。今までの手順のほぼ全体が巨大な繰り返しプロットになっているのです!ということで、ここからまた4香出現→成捨てが現れます。どうやってここから局面を展開するのかを含めてご鑑賞ください。
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
「▲43成香△同玉 ~ ▲34歩△44香」
▲97角△75歩▲44角△同玉▲88角△35玉
▲26銀△46玉▲79角△56玉
20180909tajima4_2
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
「▲43成香△同玉 ~ ▲34歩△44香」
▲同角△同玉▲94飛△84歩▲88角△35玉
▲26銀△46玉▲79角△56玉
20180909tajima5
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
「▲43成香△同玉 ~ ▲62龍△同玉▲92飛成△53玉▲34歩△44香」
▲同角△同玉▲88角△35玉▲26銀△46玉
▲79角△56玉
20180909tajima6
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
▲43成香△同玉▲53香成△32玉▲43成香△同玉
▲53香成△32玉▲43成香△同玉▲54と△32玉
▲33銀△同玉▲34歩△32玉▲43と△同玉
▲53香成△32玉▲33歩成△同玉▲24と△32玉
▲33歩△21玉▲12成桂△同玉▲13と△21玉
▲22金まで267手。

龍置き換えで62歩を剥がした効果で、収束に入ります。★21玉が2手変化長ですが、これだけの巨大プロットを繰り返すキー設定が素晴らしい。大作という言葉がぴったりきますね。堪能していただければと思います。
ということで、順次香成趣向で連載してみました。どうでしたでしょうか。ご感想お待ちしております

軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑧-

 ここのところ、久しぶりに創作にはまっています。が、全くうまくいかず。悔しいのでどんな作品かは言わないことにします。
 その関係で、これはすごいなあ、という2作を紹介しようと思っていたのですが、まずは内1作を今日は紹介。
20180902yamazaki
▲53金△同玉▲13飛成△42玉▲51角成△同玉
▲62桂成△同玉▲73銀成△51玉▲52銀成△同玉
『▲63成銀△42玉▲53成銀△32玉▲43成銀△41玉
▲42歩△51玉▲52歩△61玉▲62歩△72玉
▲83歩成△62玉▲53成銀△61玉▲62成銀△同玉
▲73と△52玉』
『▲63と△42玉~▲73成香△52玉』
『▲63成香△42玉~▲73成香△52玉』
『▲63成香△42玉~▲73成香△52玉』
『▲63成香△42玉~▲73成香△52玉』
▲63成香△42玉▲53成香△51玉▲52歩△61玉
▲62歩△72玉▲63成香△82玉▲81金△同玉
▲84香△91玉▲82香成△同玉▲73成香△91玉
▲82成香△同玉▲83龍△91玉▲93龍△81玉
▲92龍△同玉▲65角△81玉▲82金△同玉
▲83金△81玉▲82歩△91玉▲92金まで127手。

 なんと成った香が5回動かす趣向作。龍を動かす変化を使って、歩を消費しながら途中で追う成香をバトンタッチするのが何とも巧みな機構です。これを順次香成趣向と結びつけることに気づいた作者の勝利だなあ、と思います。
 山崎氏というと「赤兎馬」をはじめとした傑作長編作家ですが、この作品も隠れた名作と思います。
 次回が最後になります。お楽しみに。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ