« 軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向②- | トップページ | 軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向③- »

日本酒の記録(2018年5月)

 サッカーのW杯日本代表が決まりましたね。ハリルホジッチ前監督を直前に変えたことについて、かなりの非難がありましたけど、冬眠蛙は時期は遅かったかな、と思うものの、変えて良かったと感じています。東アジア選手権が、全3試合とも非常に内容が悪く、どちらかというと戦術に問題があるのでは、と思ってました。先日のガーナ戦も見ましたが、少なくとも東アジア選手権の試合内容に比べれば、だいぶ戦っているように見えました。残り僅かの準備期間ではありますけど、ベストを尽くしてほしいな、と思います。

 さて、今日は日本酒の記録の方を。

Dsc_0381
まずは秋田の新政酒造の「№6 X‐Type」。「№6」とは6号酵母を使っている、という意味なのだそうです。香りと甘さと飲み口のバランスが絶妙で、この酒造のお酒を多く飲む切っ掛けになった銘柄。今回もとても美味しかったです。前の家で最後に飲んだお酒になりました。

続いて引っ越して来て最初に開けたのがコチラ。
Dsc_0390

地元宮城は加美町の「天上夢幻 仕込13号純米大吟醸」。比較的あっさりとした飲み口で、若干辛さも感じました。もう少しパンチがあっても良いかな。手前の肴はホタルイカの燻製。このお酒とちょうど良い感じでした。

Dsc_0396

続いては、故郷新潟を代表するお酒の一つ、「久保田」の「翠寿」。新潟といえば、といった感じの淡麗な味わい、スイスイ飲めます。「翠寿」は大吟醸生酒で、比較的味わいも豊かで、あまり飲まれない方にもオススメできる一品です。

 パラ6月号が到着。1日になっても届かず、転送されてこないのかと心配になりました。表紙の結果稿、自作に1ページになんて滅多にない経験なので、何度も読み返しています。ゆめぎんがさん、ありがとうございました。類作指摘が無くて(あったのかな?)ほっとしました。あと、33馬~22馬~25香の紛れ、投稿後に気づいて肝を冷やしたのはココだけの話ということで(笑)。

« 軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向②- | トップページ | 軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向③- »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向②- | トップページ | 軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向③- »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ