« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

4月の詰とうほく

 一昨日開催しました。遠来は佐々木さんと小池さん、あとはいつもの面々で計6名。今回は佐々木さんが持ってこられた初代宗看の作品集について、出典による図面の違いについて解きながら推測したり、WFPの作品展を解図したり、佐原さんの古本の作品を見て雑談したりという、いつもといえばいつも通りの会合でした。パラ4月号の作品も解いてみたかったのですが時間切れ。といいつつ、色々と小ネタを手に入れたので、ちょびちょびとブログで紹介します。
 いつもならば二次会ものんびり雑談、というところなのですが、土曜深夜から仕事だったため、今回は二次会はパスしました。残念。次回はだいじょうぶと思います。その次回会合は全国大会の翌週、7月22日にしました。会場は例によって抽選待ちですが、ここ数回使った生涯学習センターがダメで、他のところになりそうです。決まったらまたここで周知します。

 巷では藤井四段が羽生三冠に勝ったことが大きな話題になってますね。スゴイことはスゴイんでしょうけど、そんなにインパクトあるかなあ、というのが正直な感想。でも、ネガティブな話題が多かった将棋界なので、こういったイベントを利用するだけの強かさはぜひ身に着けてほしいな、と思います。
 あと、個人的には藤井四段の新作が早く見たいですね。投稿ないのかな?

第4作品集紹介⑯+⑮解答

 先日、たまたま民進党を離党した長島衆議院議員の記者会見の挨拶文を見る機会があったのですが、内容にとても感心しました。同じように考えている国民は非常に多いと思うんですけど、自分だけですかね。
 選挙区は全然違うので投票はできませんが、今後の政治活動に幸あれと願っております。いや、本当に。

 話は変わりまして、今週末(22日)は詰とうほくです。今日は仙台も気温が25度を超え、コタツがまだ出ているのが気恥ずかしくなるような陽気でしたが、週末は予報では最高気温15度とやや寒め?おいでいただける方におかれましては、衣服の調節にご注意ください。
 
冬眠蛙は朝町内会なのですが、多分時間までには着けると思います。万一に備えて、先にお金払っておきますね。

 さて、では第4作品集紹介を。今日は⑯。そろそろラストスパートですね。

20170416

10手台。ちょっとしたユーモア作のつもりです。

------------------------------------

⑮解答・解説

20170325

▲24金 △イ同玉 ▲A16角△ロ26飛▲B同香 △35玉
▲46銀 △同馬  ▲C55飛△ハ45馬▲24銀 △26玉
▲56飛 △同馬  ▲27金迄15手。

イ26玉は25金打、同桂、同金、同玉、16角以下。
ロ28馬や他合は34金、13玉、24銀、同飛、同金、22玉、23金以下。
ハ同馬は24銀、26玉、27金迄。
A36角は35玉、24銀、34玉、35銀、43玉、44銀、42玉で逃れ。
B34金は14玉、23銀、同飛で不詰。
C65飛以遠は45歩、24銀、44玉で逃れ。したがって55飛は限定打。


 手の密度という点で、自作中上位に来る作品。変化・紛れの森をくぐり抜けての55飛は、指がしなる手になるのでは。A級順位戦優勝作。

今川健一「捨合で入手した飛の活躍、良し。おまけは、馬の移動合」
宮本慎一「4手目26飛中合とはビックリ。55飛から56飛で馬の無能化を図る」
竹中健一「初手から難しい。取った飛車もうまく消えた」

 初手が自然に入る等、ツキがあった一方、変化・紛れの両立が難しく、52銀・63歩は苦心の配置。52となら一枚で済むが…。

(詰将棋パラダイス H21・6)


仙台はまだ有名どころの桜はあまり開いていないのですが、自分のマンションの部屋の目の前の桜は早くも八分咲きくらいに。部屋にいながらの花見を楽しんでいます。

20170409_3

ところが、結構既にひらひらと花が舞い落ちており、確認したところ雀が食べているためとわかりました。最近増えてきているのだそうです。うーん。

公園の花見とかは来週が見ごろになりそうで、22日の詰とうほくの頃にはちょっと散り気味?なんとかもってくれると良いのですが。




パラ4月号

 昨日は訳あって不在にしており、今日戻ったらパラが届いていました。新年号の結果が載っているわけですが、各校ともなかなか高評価が出ていましたね。冬眠蛙が感心したのは短大の井上さん作。打った金が邪魔になる展開は前に自分も創ったことあるのですが、その後の手順が素晴らしい。逆算でこの序になったのならオイシすぎるし、順算でこの収束、というのもちょっと考えにくい。作者の言葉からすると前者のようで、いや羨ましいなあ、と。
 もう一作感心したのは段級位認定の編集長作。意外性のある趣向的な手順が展開され、収束まで雰囲気を壊さないあたり、流石だなあ、と思う次第。なんで年1作ペースなのか、理解できない作家ですね(笑)。

 事前に知っていた大学院1は思ったよりも評点が伸びなかったのですが、こういう作品は評点で語るタイプではないかな、と思います。自力でなんとか解いた中学武島さん作や半分くらい?自力で解いた短大大橋さん作もなかなか良い評価でしたね。今月は忙しくなるので、あまり解く暇はないのですが、詰とうほくで皆さんから良い作品を教えてもらえるかな。

 先月あたり話題になったDAZNでサッカー見るのが休日の楽しみの一つですが、応援しているチームの試合は見ないようにしてます。理由は聞かないでください。あーあ。

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ