無料ブログはココログ

« 第4作品集紹介③+②解答 | トップページ | 第4作品集紹介④+③解答 »

ルール談義?

新潟に戻って参りました。今までだと高速バスで行く機会が多いのですが、今回は自動車なので、あまりパラの作品も解けませんでした。

 結果稿は目を通しているのですが、少し気になったことのが大学院の⑨。残念ながら不完全、ということでしたが表現が『早詰』となっております。どうやら「作意とは異なる手順で、作意よりも早く詰ますことができる」場合のことでしょうか。
 
ただ、冬眠蛙的には「作意より手数が長かろうが短かろうが余詰は余詰であり、早詰という概念は存在しない」と思ってます。違ってますかねえ。例えばコンテストで2作余詰があったとしたら、手数がどうだろうが不完全失格で同じ扱いでしょうし、また解答の採点からしたら、「作意より手数が長い余詰だったら、その順を答えた解答は誤解」なんてことにはならないはずなんですが。もし認識が間違っているようだったら、どなたか教えてください。…と他愛のないことを書き連ねているうちに夏休み終了。つД`) んではまた次回。

« 第4作品集紹介③+②解答 | トップページ | 第4作品集紹介④+③解答 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

「余詰」と書くべきでしたね。
早詰だから何かが変わるわけじゃないですし、
早詰が特別みたいに見えるのは変ですから。

現在作意より早く詰む別詰に使用されている「早詰」という語が,
いつ頃から使用されているかははっきりしません,
昔の解説者は変化が早く詰む場合に早詰を使用している例(将
棋評論 1947.8)があり, 野口益雄氏は誤解を招かないためにこ
の用語を使用しないといっています (近代将棋 1958.5).
ちなみに詰パラでは当初から早詰を使用しているので, もともと
は詰パラ専用語だったのではないでしょうか.
解答欄魔さんがいうとおり, 区別する理由はまったくないので,
余詰で統一するのがよいと思います.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第4作品集紹介③+②解答 | トップページ | 第4作品集紹介④+③解答 »

最近の写真

  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901
  • 2020083073_20200927193901
  • 2020083065_20200927193901