« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

金成憲雄氏作品紹介54

今週は週末に友人と秋田に遊びに行く予定です。ということで、休みを待たずに記事をアップ。

Kanenari57


48・52と簡素図式の名品を紹介しましたが、その作者嗜好の到達点ともいえる塚田賞受賞作。10手台です。ぜひ解いてみてください、驚くこと請け合いです。

第4作品集紹介② + ①解答

 詰とうほく申込ですが、会場の都合で10月15日、29日と11月5日で予約してみました。複数当たった場合は10月15日→29日→11月5日の優先順位で場所取りします。出席ご検討の方で都合が悪い日がありましたら、コメントいただけると幸いです。

 さて、先々週より始めた第4作品集紹介を。今日は②です。

20160724


 10手台。ネタ切れの中で順位戦参加だけでも、となんとかひねり出した作品。と金も4枚も置いてあると流石にシツコイですね。そう難しくはないと思います。

----------------------------------------

①解答・解説

20160710

▲26金 △46玉 ▲38桂 △同馬  ▲35銀 △37玉
▲27金 △同馬  ▲38香 △同馬  ▲29桂 △同馬
▲26銀上△36玉 ▲56飛 △同馬  ▲28桂迄17手。

 一枚の玉方駒(玉以外)を何回も動かすと、リズム感のある作品にすることができる。本作は56馬を動かしながら形を整える細かいやりとりが主軸。難しい仕掛けはないが、収束まで同じ感触で仕上げているので出来は悪くないと思う。
○原誠「まさか、飛が捌けるとは……(驚)」
加○孝志「馬よ、よく頑張ってくれた。小気味よい桂の捨て方。お買い得です」
解説・○川礼「難しくは無いが良く練られた構図、そして作者のセンスが光る、解答者をニヤリとさせるような小粋な作品」

(詰将棋パラダイス H18・3)

他のブログにならい、一応氏名を一部非表示とすることにします。

金成憲雄氏作品紹介53

倉敷行きたかったなあ。。。

気を取り直して。

Kanenari55

いよいよ『勝負澤』。今までたくさん好作を紹介して参りましたし、またこの後塚田賞作品もあるのですが、やはり金成氏と言えばこれ、という方も多いのではないでしょうか。(逆に、本作のせいで金成氏は難解派、という印象が強くなってしまうところは、本当はちょっと損なのかもしれません)

30手台。特に序の濃密なやりとりを堪能していただければ、と思います。

第4作品集紹介①

 あ、まず詰とうほくですが、10月15日で会場予約を取るように現在手続き準備中です。日にちはまだ変更可能なのですが、ご都合悪い方はコメント欄でご連絡いただければ、と思います。

 さて、この間、角さん、佐原さんと飲んだ際に、佐原さんから「ミニ作品集④、出題編だけで解答編まだ出していないよね」と教えていただきました。そういえばそうでした。もう何年も前ですが、よくチェックされていたものと。
 折角教えていただいたので、解説編を載せちゃうかとも思ったのですが、ブログネタもないことですし、当時を振り返りつつ小出しにしていこうかと。佐原さんすみません。最後にはちゃんとPDF載せます。ということで、まず第1番の図面を紹介。

20160710


過去の①~③について、先頭の作品は取り組みやすい小品でスタートしてます。今回もまさにその路線。10手台です。

解答・解説と次の問題をこのカテゴリ記事の次回に載せるパターンでやっていきます。できたら解図にチャレンジしてみてくださいね。

白っ。

角さん企画への協力で、パラのバックナンバーを眺めております。やはり真面目に活動してた頃のは懐かしいですね。見てて「おぉっ!」と思った裏表紙があったので紹介。

20160703_2


これだけ贅沢にスペースを使った広告も珍しいかも(笑)。ちなみにこれは第500号!記念号にふさわしい裏表紙となったのも実は作者の狙いだったりして。ちなみにこのCollection,サイン入りで購入しましたが、無人島に1冊本を持っていけるとしたら、冬眠蛙はこれを持っていきます。

Suikyouさん、Uraさん、メールありがとうございました。Suikyouさんに予約の仕方で一個質問があり、またメール送りました。すみませんがよろしくお願いします。なお、10月15日あたりで予約を入れようと思っているのですが、日程変更希望の方がございましたら、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

金成憲雄氏作品紹介52

あ、まず業務連絡?を。Uraさんかsuikyouさん、施設予約カードの暗証番号をhirokiichishima@yahoo.co.jpに連絡くださいますよう、お願いいたします。10月くらいに詰とうほく開催を予定しており、予約手続きをするため、ご教示ください。

さて、久しぶりに金成氏作紹介を。

Kanenari54


20手台。簡素図式から細やかなやり取りが展開されます。

別サイトの解答掲示が滞ってまして、そろそろ着手します。しばしお待ちください。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ