無料ブログはココログ

« 残念。 | トップページ | 金成憲雄氏作品紹介31 »

知恵袋プリーズ!

 ここでネタバレするのもどうかと思うのですが、今年の短コンはワタシが解説することになっており、現在原稿執筆中です。で、⑫の岡本氏作に関して、詳しい方にご教授いただこうかと。投稿用紙を見たところ、「この形の詰上りは前例がないらしい(T-Baseで見つけられなかった)」とありました。
 ただ、ワタシのおぼろな記憶で、将棋世界だったか将棋ジャーナルだったかで、この詰上り形見たことあるような気がするんです。多分昭和55~平成5年くらいまでの間。確か最終手は下から香打で。形違うかなあ…。あと、確か都詰ではなかったような…。

どなたか、「俺も見たよ」という方いれば、教えていただければ、と思う次第。作者名とか覚えていてくれたら感謝感激雨アラレです。なにかしら必ず御礼します。よろしくお願いいたします!!

« 残念。 | トップページ | 金成憲雄氏作品紹介31 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

都玉でなくて良いなら八尋さんにありますね。
八尋久晴 詰パラ2010年7月中2
47玉に49香まで11手

都玉でも、三角さんと金子さんにあった。
三角淳 詰棋めいと第27号ギャラリー中8 19手
金子清志  近代将棋1991年10月詰朗会 25手
両方とも55玉に57龍まで。

おお、ありがとうございます。
ツイッターでEOGさんとおかもとさんからも教えてもらいました。
ワタシが見たのは将棋世界1983・7の原田章雄さん作でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残念。 | トップページ | 金成憲雄氏作品紹介31 »

最近の写真

  • 202009132
  • 20200906saito
  • 20200906miyaura
  • 20200906miyaura_20200906190801
  • Start
  • 2020083092
  • 202083075
  • 2020083054
  • 2020083065
  • 2020083073
  • 0504_20200830193301
  • 20200823misumi