無料ブログはココログ

« 冬休み特別出題 | トップページ | 三輪勝昭さん個展第19回解答2 »

三輪勝昭さん個展第19回 解答1

2作出題でしたので、2回に分けて掲載します。

▲66銀 △同桂 ▲56歩 △同と ▲67桂 △同と
▲44龍 △同銀 ▲56飛 △同玉 ▲46馬迄11手。

(詰上り「A」の字)

☆なんとなく67桂としたくなりますが。同とで打歩詰。これをうまく打開することができず、首をひねります。

☆飛の横効きがあるうちに66銀と捨てて46の守備を外すのが正解。そこで67桂とすれば打歩詰が打開…できそうで、今度は54玉で詰みません。打歩の筋をあきらめ、54玉に備えて先に56歩と捨てるのが好手。67桂でと金をずらせば龍飛捨てで詰上ります。

作者「67桂に一本56歩を入れるのが好手。サイトならこれだけも十分なのか、これだけでは苦しいか境界線の作品かな?僕的にはちょっと苦しい」

☆理屈的にはあまり深くないですが、手の組み合わせを考えるちょっとしたパズル、という趣でしょうか。そんなに苦しくはないと思います。

** 短 評 **

坂本栄治郎さん「Uの逆向き同鐸似が現れました。感想としては、ほとんどの駒が消えて行く事だけでも爽快が有りました。飛と龍よりも馬の活躍が最後に現れるのが綺麗に見えました」
☆「A」ですが、横棒が若干下なせいですかね。

中村雅哉さん「『A』ですか?簡単そうに見えて手順前後の綾が多く結構悩みました」
☆手が見えるだけにかえって考えちゃうんですよね。

占魚亭さん「67桂を実現させるひと手間」
☆気の利いた隠し味、といった56歩。

詰将棋1級さん「収束はみえたので後は捨て駒の順番や変化成立を考えた。形も割といいし好作だと思います」
☆1級さんは久々の解答。ありがとうございます。

高田明浩さん「56歩の小技が印象に残りました」
☆高田さんはまだ小学生?ポイントを正確につかんでいるあたり、素晴らしい。

もう一題は明日アップします。

« 冬休み特別出題 | トップページ | 三輪勝昭さん個展第19回解答2 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬休み特別出題 | トップページ | 三輪勝昭さん個展第19回解答2 »

最近の写真

  • P_20190910_212815
  • P_20190914_201123
  • P_20190926_205705
  • 20190929ichi_20191006195201
  • 20191006tsustsui
  • 20190929ichi
  • 20190915hashimoto
  • 20190917kubi
  • P_20190803_201744
  • P_20190818_200312
  • P_20190828_212612
  • 20190825mari_20190901205301