無料ブログはココログ

« パラ7月号をちょこっと。 | トップページ | 古くなってきたんですかね。 »

三輪勝昭さん個展⑳解答

今日はだいぶ蒸しましたねえ。みなさん熱中症に気を付けましょう。

▲53桂成△75歩▲54成桂△同銀▲45飛△56玉
▲67銀△同と▲65馬△同銀▲55飛△同玉
▲45馬迄13手。
(詰上り「ヤ」の字)

作者の言葉『生きた紛れがない。余詰筋がきついとこうなりがちなのです』

本作はだいぶ易しかったのではないかと思います。こっちを先にした方が良かったかな?作者の言う「きつい余詰筋」はたぶん5手目同馬でしょう。ここがかなり際どいので、発展が厳しかったものと推察されます。それでもうまく初手を入れて、配置駒に意味を持たせたのはさすがのテクニックです。

** 短 評 **

さわやか風太郎さん『4五飛に5六玉の局面で凍り付いてしまいました。ヤット6七銀を発見して解決』
☆なんでもない手が盲点に入ること、ありますよね。

坂本栄治郎さん『6七銀が気づきニクい好手で中央での駒の消去の連続は気持ち良かったです』
☆あれ、坂本さんも。守備駒が強いからですかね?

羅刹國さん『「ヤ」ですね。スッキリと決まるものですね』
☆収束の畳み込みはこの作者の代名詞となりつつあります。

占魚亭さん『詰上りの字形がイメージしやすいうえ、最終手の予想もすぐついたので簡単でした』
☆冬眠蛙と同じ解図パターンですね。はまるときはいいんですけど、外すとどハマリなんですよねえ。

太刀岡甫さん『重そうな飛打ちが見えず少し考えました。これは「ヤ」で良いんでしょうか』
☆ヤだ!(笑) 冗談はさておき、字形的には「ヤ」では一番妥当だと思います。

名無し名人さん『収束の連続捨駒は分かっていても気持ちいいですね。あぶり出しで清涼詰は珍しい?』
☆言われてみると確かに清涼詰。まあ意図したものではないのでは、と思います。

★★ 解答いただいた皆様とポイント集計 ★★

羅刹國さん(38歩) 坂本栄治郎さん(27歩)

占魚亭さん(11歩) 太刀岡甫さん(2歩)

さわやか風太郎さん(13歩) 名無し名人さん(9歩)

1回解答いただくごとに1歩ポイントを贈呈します。10ポイント溜まると三輪さんのミニ作品集をゲットできます。
・10歩溜まったところで、三輪さんのミニ作品集を送付いたします。(他に以前使っていた賞品があります。そちらをご希望の場合はご連絡ください)

« パラ7月号をちょこっと。 | トップページ | 古くなってきたんですかね。 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

曲詰で清涼詰はかなり希少です。
これは田中徹さんがサイト「詰将棋五十音図」で言っています。
この作品は出来そうなので狙っていました。
ただ手順に面白い展開があれば僕は手順を採ります。まあ意図したものでないと思って頂けるのは幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パラ7月号をちょこっと。 | トップページ | 古くなってきたんですかね。 »

最近の写真

  • 20191117umemoto
  • 20191117okajima
  • 20191110horikiri
  • 20191110sakai
  • P_20191005_193337
  • P_20191013_204740
  • P_20191020_194636
  • P_20191031_213402
  • 20191027imamura
  • 20191027yamada_20191027215501
  • P_20190910_212815
  • P_20190914_201123