無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

90年代の一桁モノを振り返る。47

いまだ余震に飛び起きる日々。実家は大雨で危なく浸水するところだったらしいし、今年は本当に困ったものです。

さて、気を取り直して、本日はこちらを紹介。

0707hirose

珍しく端正な実戦形。それもそのはず、表紙作品です。解答はコメント欄に。

400人一局集

本日届きました。

まずは立派な装丁に感動!これはすごい。

内容はこれから。自分の文がヘンでないかどうかだけ確認しました。Uraさんの隣、ってのが良いです。迷惑だったらスミマセン。

パラパラとめくっていますが、止まらなくなりそうなので注意しないと。1日1頁でも1年楽しめるのですものね。すばらしい。編集にたずさわられた皆様に心より御礼申し上げます。

看寿賞をあげたかった作品①

前の記事で、「逆に「この作品に看寿賞あげてないのか~」と思う作品も結構あります。いずれ機会を見て紹介したいと思います」と書いたのですが、早速?1作紹介したいと思います。

0406kasikawa


短編です。ものすごく難しい、というわけではないのですが、見たときの衝撃は大きかったです。初見の方はぜひチャレンジしてみてください。解答は次回。

3連休

地元に戻っており、あっという間に過ぎました。明日からまた仕事か…。

 

なでしこJAPANは凄かったですね。冬眠蛙は決勝戦を途中から観戦しました。アルビの戦士が2人も選ばれているんですよ。あの危なっかしいPK蹴った人です(笑)。嬉しかったですね。

 

スマフォで全国大会の情報もチェック。盛会だったようでなによりです。来年は長野ですか。くぅ~、行きたいなぁ~。長野はもうずいぶん行ってないし。

パラ7月号も一通り眺めました。あ、解いたのは推理将棋1問と、あとフェアリー2問だけ。こんなんでは復帰は当分先ですね(笑)。ちなみにアンチキルケのルールもすっかり忘れてしまってました。いかんいかん。

結果稿も楽しく拝見。大学院の上田氏作とデパート相馬氏作に特に感心しました。両作とも趣向だけで終わらせていないのが、なんといっても素晴らしいです。

あと個人的な感覚ですけど、高16で作者が「二歩禁の解消」と書いてますけど、ちょっと無理があると思います。確かに13歩無いと余詰ではありますけどね。  

そうだ、四百人一局集を買わねば。もう入手された方も多いのですよね。今頃皆さん全国大会の余韻にひたりつつ、のんびりと眺めているところでしょうか。私も楽しみにしたいと思います。

90年代の一桁モノを振りかえる。46

今週は実家に帰るので週末を前に更新しちゃいます。久々の連載モノを。本日はこちら。

0704kato

誘い手が多い初形。全国大会前に肩慣らし?解説はコメント欄に。

看寿賞

今日は良く晴れましたねえ。午前中にチャリで外に出た後、午後に車を運転したら、運転中日光が当たっているのを見落としして、気が付いたら腕が真っ赤。(T_T) ヒリヒリする~。

 

気が付いたら全国大会まであと一週間なんですねえ。冬眠蛙は現在休眠中ですし、実家に戻る用事があるので行けないのですけど、成功を心よりお祈りいたします。今年は看寿賞は長編で2作、中編・短編は該当ナシ、とのこと。ちょっと残念ですけど、皆さんの感想をそこかしこで見ると、それなりに納得のいく結果だったようですね。

現在の選考委員による投票方式は読みごたえがあって楽しめます。1年を振り返るみたいでいいですよね。過去は選考基準がハッキリしない時期等もあったりして、正直に書くと「この作品、看寿賞って感じしないけどなあ」というのも個人的に何作かあります。あ、もちろんどの作品とはいいませんよ(笑)。

まあそっちは良いとして(?)、逆に「この作品に看寿賞あげてないのか~」と思う作品も結構あります。いずれ機会を見て紹介したいと思います。あ、ちなみに皆さんもあるんじゃないですかね。「これが絶対看寿賞だと思ったのに」という作品。もしそういうのがありましたら、ぜひ紹介してください。

そういえば

つい先々週くらいまで、例年なら寮で何度も夜に見かける蛙を今年はさっぱり見ませんでした。「あ~そうか、多分冬眠中に地震にあっただろうからなあ。全滅しちゃってるのかなあ」等とちょっと寂しく思っていたところ、梅雨入りとともに、そこかしこに出没。それもどちらかというと例年より明らかに多い。寮の芝生のところに3~4匹ぴょこぴょこ跳ねまわってたりします。

ただ、これが例外なく小さい。もしかしたら世代交代の時期だったのかな等とぼんやり思う次第。ヒキガエルなんですけど、寿命って何年くらいなんですかね。今度調べてみようっと。

10数年ぶりの

健康診断で大当たりをひいちゃいました。再検査で胃カメラ。胃カメラ。

10数年前に一回やって、人生最悪のひとときを過ごしました(笑)。周囲の同僚とかに聞いてみたところ、最近は麻酔注射でだいぶ楽にできるらしい、だけど打った後かなり意識がぼーっとするとのこと。まあラクになれるならなんでもよい、とかすかな希望をこめて、受けてまいりました。

説明を聞く前に麻酔注射希望。打ってもらいました。でもまず喉の麻酔で変な液を霧吹きで喉に吹きつけられて悶絶。まあ仕方ない。で、注射。で、カメラ。

 

最初は同じでしたですねえ。入れた瞬間に胃が痙攣。全然効いていない。これは、と覚悟しました。でも、以降はほとんど痛みを感じませんでしたし、嘔吐感もなし。いやぁ、良かったです。

終わった後に15分くらいベッドで休憩。たいてい眠くなるから、ということなのですが、冬眠蛙はそんなに眠くなりませんでした。スマートフォンでチェスとかやってた位(笑)。そのあとで結果連絡。何もない、とのことで安心しました。

 

そういうことだし、昨日はアルビも久々に勝利。届いたばかりのパラを眺めながら、久しぶりの日本酒を楽しむとしましょう。では。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito