無料ブログはココログ

« ヘマしまくりですみません。 | トップページ | 今年一年お世話になりました。 »

90年代の超短編を振り返る。38

あ、えーと、その前にプレ短コン結果稿のリンク貼っときます。

④冬眠蛙作

⑤詰将棋1級さん作

⑥かまいたちさん作

多分この記事を載せたちょっと後に⑦風みどりさん作の結果記事もUPされます。ちなみに記事自体の作成はなんとか終わっており、毎日自動的に1作ずつ結果が表示される予定。最後のがもうのさん作に辿り着くのは来年の1月9日になります。え、全部一度にアップすればいいのに、って。だってそうすると作者の方以外読まなそうなので。(^-^; 

さて、連載企画は多分今年最後。ということでこちらの作品をご紹介。

0608taniguchi

大御所谷口氏の超短編。昨今の小学校を席巻されている作者ですが、この頃の超短編は珍しかったと思います。ただ、もちろん当時も切れ味は抜群。解答はコメント欄に。

« ヘマしまくりですみません。 | トップページ | 今年一年お世話になりました。 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

▲43香成△36玉▲26飛△同銀▲47金△35玉
▲68角まで7手詰。

初手香成が詰上りを見据えた移動位置。46香あたりが一番好位置に見えますが、最終手が指せなくなってしまいます。
詰上りが見えてしまえば易しいのですが、簡単には予感させない57金配置が、いかにも作者らしいニクイ心配りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘマしまくりですみません。 | トップページ | 今年一年お世話になりました。 »

最近の写真

  • 0507
  • 0506_20201025204301
  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901