無料ブログはココログ

« ひさびさに順位戦を振り返る。 | トップページ | 備えてますか? »

90年代の一桁モノを振り返る。31

特別出題解説があったので久々になりました。本日はこちら。

0603yamada

ちょっと駒数多いかな?解答はコメント欄に。

« ひさびさに順位戦を振り返る。 | トップページ | 備えてますか? »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

▲64金△45飛▲47桂△46玉▲56龍△同玉▲57金迄7手。
64金がちょっと気付き難い妙手です。54金では作意同様に進んで詰みません。56金は34玉です。
初形ちょっと駒数多いですが、4桂使用しておく必要もあり、仕方ないところ。意欲作ですね。

このコーナーに紹介されたという理由で、初手64金を考える私は病気でしょうか?

31桂は四桂使用以外にどんな意味があるのでしょうか?
たとえば、14とを成桂にすれば、31桂と53歩が省けるように思うのですが。
(成桂配置が気が進まないのは別として)

53歩ではなく63歩です。ごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひさびさに順位戦を振り返る。 | トップページ | 備えてますか? »

最近の写真

  • Unicycle
  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on