無料ブログはココログ

« 備えてますか? | トップページ | 炭鉱事故に思う »

発想力

明日から新潟に帰るので、またちょっと更新が間が空きます。ご了承ください。

ところでパラ9月号の結果を見ていて、これは!という作品を見ました。それはやさしい大学院1の志駒屋十政氏作。あの32歩突きはちょっと面白いですね。盤面が還元していないので、確かに無駄合とは言えないのですが、駒1枚増えてもちゃんと駒余らずで詰ませる必要がある訳で、逃げ道を開ける意味合いと兼ねることで、歩一枚増えることと貸借を合わせる、この発想はちょっとありませんでした。長編作家がオリジナリティを持ち続けるためには、こういった発想の柔軟さが大事なんだろうなあ、と思った次第です。

ところで、その解説で風みどりさんが『無駄合は2手伸びて駒が1枚余ることをいうのではなかったか』という問題提起をして、32歩を打つ場合は『馬鋸に限って認められる無駄合』と表現されてました。個人的には龍鋸でも認められるべきと思うし、田島氏の「古時計」や首氏の「園裡の虎」も同じ理屈と思ってました。確かに発表当時も『スッキリしない』、という意見も多くありましたが。不文律、という言葉は確かに言いえて妙、とは思います。

« 備えてますか? | トップページ | 炭鉱事故に思う »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

龍の反転追いではどうでしょうか。

「「古時計」は動き出した」という論文が掲載されたのは何年何月号だったか、もしご存知でしたらご教授ください。

バックナンバーを漁ってみました。
安江さんの「古時計は回りはじめた」ですね。2001年3月号です。

最近、無駄合詰にはまっています。
今年の短コンには、9手の無駄合詰で用意しているのですが(手数がはずれかも)
ところで、プレ短コンはいつですか?
楽しみにしています。

ありがとうございます!
勉強します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 備えてますか? | トップページ | 炭鉱事故に思う »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito