無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

特別出題解答 (前編)

30手台の中編にもかかわらず、大勢の解答、まことにありがとうございました。それでは解答を。3回に分けて掲載します。

Ogawa0

 

香で27の銀を取りたくなりますが、▲33金△24玉▲27香とすると、△14玉で手が続かない形です。この銀は「取れずの銀」となっているようです。では。

▲24金 △同玉 ▲51馬 (途中図1)

Ogawa1  

馬を働かせて上部にニラミを効かせるのが正解。ここで△14玉は▲26桂△同金▲15歩△23玉▲33馬以下で詰み。玉方の秘策は。

△33角 (途中図2)

Ogawa2

角捨合が飛び出します。取る一手ですが。

▲同馬 △14玉 (途中図3)

Ogawa3

今度は▲26桂△同金としたとき、▲15歩が打歩詰の禁手。33角は23に馬筋を効かせて打歩詰を誘致しているワケです。

でもそうは言っても、持駒に角を得たのは大きな戦果。ここで▲15馬と切っても詰みそうですが。

▲15馬 △同玉 ▲25金 △16玉 ▲26金 △17玉

▲27金 △18玉 ▲19歩 △同玉 ▲28銀 △18玉

(失敗図)

Ogawa4

長手順進めてしまいましたが、見てもらえれば分かる通り、ほぼ一本道です。なんとまたも打歩詰。せっかくもらった角がまるで役に立っていません。

まあ作者がこんな優しいヒトではないのは、皆さんも良くご存じでしょう(笑)。△33角合のあたりでは確かに作意の感触がしたわけで、そこから一工夫、考えてみましょう。

 

ということで次回へつづく。ではでは。

特別出題本日締切

特別出題の解答は本日が最終日となっております。

前回通知から解答・コメントいただいた方は

風みどりさん しろねこさん 

葉井来人さん けんちゃんさん

谷口均さん

の5名で現在22名!ありがとうございます。

出題図・解答要項はコチラ(←クリック)でご確認ください。

今日一日では厳しいかもしれませんけど。と敢えて挑戦的に言ってみたりして。

 

本日はこれからサッカー観戦に出かける予定(あっちぇーけど)。解答発表は何回かに分割して行なう予定です。ではでは。

まさかまさかの

そんなに大きいニュースになっているわけではないのですが、個人的には大ニュース。我らがアルビレックス新潟初のW杯戦士、FWの矢野がドイツのチームからオファーを受け、移籍もほぼ決まりのようです。新潟が現在6位といい位置に付けているだけに、ちょっと残念な話ですが、嬉しい気持ちの方が大きい、不思議な感じです。

矢野が新潟に来たのはJ1に上がって3年目のシーズン。当初はなんだか頼りなさそうだった、あの矢野がチームになくてはならない「守って走れるFW」になって、数年後には日本代表に選ばれて、W杯にも出れて(ほんの10分ちょいでしたけど)、そして世界でも有数のブンデスリーガのチームに移籍。本当に、まさかまさか、といった感じです。現在最終的な契約の詰めをしているらしいのですが、ぜひ移籍を実現して、向こうで頑張って欲しいものです。

難解作

帰宅してからインターネットを眺めていたところ、ちょっと目に付いたのが「世界一難しい数独」という記事。こちら(←クリック)に問題が載っております。まだトライしてませんが、相当難しそうです。見ると論理を幾重にも積み重ねないと解けないんだとか。なんか却ってそういうこと書かれると解きたくなってしまいますね。

 

で思ったのが、最近パラも「これはちょっと解く気しないなあ」的な作品が結構あるじゃないですか。あれも「世界一難しい詰将棋」とか「これが解ければスーパーあつし君」(笑)みたいな呼び文句を付けると意外と挑戦する人多くなるんではないかと。それで更に解答者ゼロを達成するようだったら本当にスゴイ、と思います。

過去にそういった挑発的なタイトルがついた詰将棋があったか、というとあまりないのですが、たとえば高木秀次氏の『千早城』は作品名的にもそういった趣がありますよね。実際解答者は全員誤解(!)だったのだそうで、まさしく難攻不落であったわけです。

更に挑発的だったのが浜田博氏の『撲滅作戦』。スゴイ作品名ですよねえ。実際初形は「オイオイ、これ詰むんかい」と一目で思うようなものでしたが、記憶ではちゃんと正解者が数名いらっしゃいました。あまり挑発的に過ぎたのかもしれませんね。

ちなみに『千早城』は先日紹介しました「この詰」で若島氏の詳細な解説つきで紹介されております。とさりげなく宣伝して本日はオシマイ。ではでは。

特別出題解答状況③

特別出題の解答締切まで1週間を切りました。

前回の状況紹介後に解答メールをいただいた方は以下の方々です。ありがとうございます。

中村雅哉さん 凡骨生さん

小形靖夫さん 増田智彬さん

 

現在累計で17名!いや~、やはり作品と賞品が良いと違いますねえ。

まだの方、作品集前編ゲットしましょう!

出題図および解答要領はコチラ(←クリック)です。

この詰将棋がすごい!2010

ずっと前に若島さんから送付いただいたタイトルの本をお盆に読みましたので、遅まきながら感想を。

全体的な構成が、まず良いです。第1部は2009年の短編・中編・長編各々、選者が良いと思った作品を個数制限なくあげていく。別に賞を選ぶわけでもなければ、個数なんて関係ないですもんね。良いモノは良いモノなわけで。

贅沢言うと、選者は一人だけでなくて、複数人いると面白かったかな。でも作品の重複が出たりするからやはり難しいかも。あ、原さん、自作選んでいただき、ありがとうございました。

 

第2部・第3部も良い読み物が目白押し(恥ずかしながら私の駄文も載ってたりしますが)。森田さんのインタビューが特に面白かった。まだ全部読んでないのですが、それでも充分楽しめました。この2000円ははっきり言って安いです。

あ、そうだ、代金振り込みしなきゃ。ちなみにコレを読んでいる方で、『まだ持ってない』って方はどの位いるんですかねえ。プレ短コンの賞品用で余分に買っとこうかな。

光の射す方へ

今日はサッカーで新潟の試合を衛星放送で中継してくれたので早く帰ってきました。TV観戦での勝率がいまひとつだったので、ちょっち不安でしたが、いや~今日は良かった。でも明日も仕事なので酒は控えときます(笑)。

とにかく暑い日々ですが、なぜか今年は寮構内に蛙が大量出没。チャリで玄関を開けてから自転車置き場に着くまでに2匹ひいてしまいそうになりました。車輪に向かって跳ねてきたりするからタチが悪い。夜行性なのですが別に鳴いたりしないので、寮生も皆放置状態。ちょっと離れた場所の寺の池で育っているらしいのですが、夜中に帰ると玄関のランプのところでじっとしているのを多く見かけます。

蛙が光に寄っていく光景というのはヘンなのですが、よくよく考えてみると、アレはきっと飛んでくる虫が目当てなんですね。意外とアタマ使っているじゃん、と感心した次第です。

 

一方冬眠蛙は、というと小川さんの作品集で悪戦苦闘中。あまりアツくならない程度に頑張ります。

特別出題解答状況②

お盆ということで短いながらも実家に戻っておりました。あまり気温が上がらず助かりました。雨が結構すごかったのですが。

特別出題は、前回の解答状況からさらに、以下の方からメールを頂戴しました。ご連絡いたします。

ほいさん 國吉進さん

たけとひでさん 嵐田保夫さん

図面と解答要領等はコチラ(←クリック)で確認ください。

締切までまだ後2週間あります。ヒントもこちら(←クリック)にちょろっと書いちゃってますので、よろしくお願いします。もらった解答の短評見ても『解いて損した』なんて評はもちろん皆無。時間をかける価値のある作品ですヨ。

90年代の一桁モノを振り返る。30

台風一過。皆様大丈夫でしたでしょうか。こちらは明日、フェーン現象で暑くなりそう。

さて、本日はこちら。

0602okada

 

大家岡田氏の超短編。重厚な手順を堪能ください。正解はコメント欄に。

週末酒

ここのところ、サッカーでわがアルビレックス新潟が好調

週末の夜に勝つと、うれしくなって一人お祝いしたくなる

近くのコンビニまで酒を買いに走る

という週が続いております。生活的にどうかはさておいて、とても良いことです。個人的に。多分セレッソ大阪サポのけんちゃんさんも同じかな?ジュビロサポの山田さんは…これから巻き返しますよ。

冬眠蛙は本来アルコールはめっきり弱いので、飲むっつってもカワイイものです。最近はサワーとかで軽く。こないだ驚いたのですが、ネクターのサワーとかあるんですねえ。買って飲んでみましたが、ほんとネクターでした。炭酸入れているので辛うじて酒とわかる、みたいな。

おつまみでMyブームは

・韓国海苔(ファミリーマートで単品で売ってる。ごま油風味がなんとも言えない…が、ハマってしまうと5分で無くなる)

・笹かまぼこ(サンクスで4枚入りで売ってます。ひとりだとちょうど良い…のですが、仙台しか売ってないのかな?)

ですが、何かおいしいオススメものがありましたら、教えてください。あ、高脂血症予備軍なので、サッパリ系でお願いします(ワガママ)。

まあ何にせよ、応援しているチームが頑張っているのは本当にうれしいものです。リーグはやっと折り返し地点。これからまた美味しいお酒を飲む機会がなるべく多くありますように。

特別出題解答状況

7月19日に特別出題しました小川悦勇さん作の解答締切まで残り3週間程度となりました。

実は冬眠蛙は本日解きました。やっとヒント出せます(笑)。

・手数は30手台です。

・難解、というわけではないですが、閃きが必要なタイプの作品です。

100719a

現在までメール解答(hirokiichishima@yahoo.co.jp)いただいた方の名前を載せておきます。もし「私も出してるぞ!」という方がいらっしゃいましたら、本コメント欄にご一報いただければと思います。

(順不同)

Uraさん 坂本栄治郎さん 詰将棋1級さん 荒川貴道さん

橘圭伍さん 躑躅さん 羅刹國さん さわやか風太郎さん

TeaShotさん

お一方だけ誤解がありました。メール連絡させていただきましたので、よろしくお願いします。

解答者全員に作品集の前編(いわゆる作品の部ですね)を贈呈しますので、まだ出していない、という方、ぜひぜひよろしくお願いいたします。

猛暑

もう何をするにも、まずマクラに「暑いっすね~」と言うのがお約束になってます。いや今年はキツイ。下手に雨が降ったりするもんだから蒸すし。仙台ですら空気の中を泳ぐような感覚なので、他の盆地とかは辛いでしょうね。まさに文字通り、「暑中お見舞い申し上げます」

パラ8月号は無事到着。まずはお約束で全体をぼーっと眺めております。利波さんの表紙作は初見でしたがなんとか解けました。ヒントが見えるので夏場はこれくらいが良いですね。初形は簡素で涼しそうだけど全く手順が見えず、解いてて暑苦しくなるようなのは、この時期はちょっと避けちゃいます。

結果稿もまだ見始めたばかりですが、院9の左右龍追いはなかなか面白いですね。繋ぎの一工夫といい、手順を見るだけでも楽しめました。きっと他にも良い作品の結果が載っていることと思いますので、これからのんびり眺めます。あ、また推理将棋解いてない、早く出さないと。ではでは。

パラが来ない。

誌代は余裕あるのだが。

ま、まさか今月からゆ○パックで送ってるとかじゃないよね。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

最近の写真

  • Unicycle
  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on