無料ブログはココログ

« 90年代の一桁モノを振り返る。24 | トップページ | あぁ~、もう、ウズウズしちゃう! »

続・パラ6月号感想

隅の老人Aさんから、「A級順位戦の冬眠蛙の作品は○番と予想」というメールをいただきました。当然ながら、ここにその予想が当たったか外れたかを書くのはマズイのですが、どれどれでは他の作品はどんな感じなんだろう、と見てみたところ、目に入ったのが西君欠場。あれーっ、確か既に作品ある、って聞いていたのになあ。もしかして投稿忘れてたのかしらん。

あ、えーと、まだ一問も(自分のを除けば)解いていません。なんかちょっと手付け難そうなのばっかり。まあ他人のこと言えないですが。

 

さて、相変わらず結果を気が向いたときに見ていますが、D級順位戦の利波さんのがちょっとイイ感じです。ああいう自然に割り切れる収束ってなかなか見つからないし、一旦動かした馬が邪魔になる構成、その馬が動かす前の変化で、違う筋で働くのもグッド。…なんだけど、昨日の記事もそうですが、私好みの作品ってあんまり評点が伸びてないんですよねえ。ちょっと複雑な気分だったりして。

 

正確には昨日ですが、携帯電話を買い替えています。今度その関係の記事を連絡がてら書きたいと思います。ではでは。

« 90年代の一桁モノを振り返る。24 | トップページ | あぁ~、もう、ウズウズしちゃう! »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

西さんが欠場だったのは残念です。
>D級順位戦の利波さんのがちょっとイイ感じです。
 お褒めいただき有り難うございます。
 あの作品は元々高校で没の作品ですが、そんなに酷い作品とは思わなかったので、D級に再投稿したのです。
 易しいから評価が低いのは覚悟していました。作者が表現したいことは、冬眠蛙さんが書いてくれた通りで、解答者の評価は気にしないで、自分の作りたいものを作るだけです。

あんなことをブログに書くから、私の作者当ても0番は蛙さん。広い局面で最小の駒で王を捕まえる。
最後の一手にハットする。良いねぇ、C点だって?
場合に拠るね。初手に誰でも苦労する。
 さて、こんなことを書く、私は誰?

さあーーどうでしょう。
知り合いで「C点」がデフォルトな方はお一方しか思い当たらないのですが…(笑)

「なんじゃそれは」
この表題で蛙さんが書かれた文章は「鳩山内閣」の事と推察します。

私は誰?
このお方は順位戦の作品感想と勘違いしているのではないかな?
(蛙さんが、「BさんならばC評価間違いない」と書いた事が間違いの始まりで、ここはAさんならC点が正解では?)

私は誰?
隅の老人Bさんだろう。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 90年代の一桁モノを振り返る。24 | トップページ | あぁ~、もう、ウズウズしちゃう! »

最近の写真

  • 0507
  • 0506_20201025204301
  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901