無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

パラ7月号

本日到着しました。

看寿賞はほぼ予想どおりでした。意外に冬眠蛙のにも票が入ってましたね。個人的には自作は看寿賞にはちょっと物足りないですね。でも推薦していただいたり言及いただいたりした皆様には御礼申し上げます。

ツイッターでもありましたが、プレ短コンの躑躅さん作にも推薦がありました。本当に冬眠蛙も解いて感心した作品なので、ちょっぴり嬉しいです。まだ見てない、という方、図面を再掲しますのでぜひどうぞ。感想をコメントいただいたりすると嬉しいです。

09_14  

☆第4回プレ短コン優勝 躑躅さん作(11手)

 

W杯は本当に惜しい結果でした。どんな言葉をかけても慰めにはならないだろう、とは思っても、やはり一言。楽しませてくれて、ありがとう。

追伸

たくぼんさんが開催されている、詰四会臨時作品展(←クリックでPDF表示されます)の解答者数がイマイチ伸びていないとか。問題数多いですけど、冬眠蛙は一日で全部解けて楽しい気分になりました。暑気払いにちょうど良いので、ぜひ解いて、解答送付してみてください。

90年代の超短編を振り返る。26

実家に帰ってました。韓国惜しかったなあ。

さて、本日はこちらの作品を紹介。

0510kato  

実はヤン詰の作品。易しいですが、盲点にはまると苦しむかも?

解答はコメント欄に。

ツイッターにログインする。

おかもとさんから貴重なアドバイスをいただきました。なるほど、その方が簡単ですね。下のリンクをクリックで検索できます。

http://twitter.com/#search?q=%23tsumetohoku

さて、本日はツイッターで皆さんが返信とかしたりする方法をば。

それにはアカウントの取得が必要です。まずはツイッターのHPで「今すぐ登録」ボタンをクリックします。

Twitter03_2

で、必要事項を登録してアカウントを作成します。あ、パスワード忘れないようにしてくださいね。(^-^;

Twitter04

首尾よくアカウントを作成したら、今度は自分の名前でログインします。ログイン方法は上のログインボタンをクリックしてユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力すればOKです。

Twitter05_2

 

これでワタシだけでなく、皆さんもつぶやくことのできる環境になります。

で、上の詰とうほく用のリンクをクリックして、皆さんのツイートに返信したり、リツイートしたり、といったことができます。

Twitter06

返信したり、リツイートしたい発言の上にマウスをONすると、上記のようなリンクが表示される仕組みなっています。

 

なんかイマイチな説明ですが、まあアレです、自分でいじってみた方が早いです。結構仕組みは単純なので、すぐ覚えられるのではないかと思います。

なにか不明な点がありましたら、この記事上でもコメントいただければ幸いです。(答えられるかどうかは怪しいのですが)

 

怖がりな冬眠蛙は今日のデンマーク戦は決して見るまい、結果を知ってからのんびり見るんだ、と決めてました。…が、そういうときに限って前日の飲み会で羽目を外し、二日酔いの頭痛できっちり目が覚めてしまうんですねえ。結局見てしまいました。いや~、ちょっと感動的です。素直に嬉しいですね。編集後記で0勝3敗と書いた某編集長には次号でぜひ詫びてもらわねば(笑)。

ではでは。

詰とうほくツイッター

…というわけで、次回詰とうほくについて、試しにツイッターでつぶやきまくりたいと思っておりますが、その閲覧方法をご紹介。(実は私自身がうまく検索できてなくて、なかなかこの記事をアップできませんでした。accelerationさんからのご教授で助かりました。ありがとうございます)

というわけで、まずは閲覧のしかたを。

①ツイッターのHPを開く。

アドレスは→http://twitter.com/です。

以下のようなHPが表示されます。

Twitter01  

 

②赤い丸で囲んだところに「#tsumetohoku」と入力して右の検索ボタンをクリックします。

すると以下のように、「#tsumetohoku」という文が入ったツイートが検索できます。

Twitter02

 

ちなみに今表示されているツイートは私(frog_sleeping)の悪戦苦闘の跡と見かねたaccelerationさんのご指導ツイートです。

当日はここにたくさん実況ツイートしたいと思っておりますので、よろしければご覧ください。

 

で、中には「いちいち検索するのは面倒」とか「見るだけでなくて、色々コメントしたい」という方もいるかと思います。次回はその方法をご紹介。ではでは。

惜しかったけど…

日本負けちゃいました。

内容は明らかにカメルーン戦よりも良かったですが、残念としか言いようがありません。ただ、ちょっと交代した選手がもうひとつ試合に入っていけなかった感じでしたね。まあ最終戦まだ望みはあるので、頑張って欲しいと思います。

 

先日定期異動の内示があったのですが、まだ仙台に残ることとなりました。流石に思いはフクザツですが、やっている仕事がちょっと特殊なので仕方ないかな、というところです。…ということなので、7月3日の詰とうほくもまあ間違いなく参加。Twitterで実況しますが、その見かたは後日紹介します。

駄目だ…

毎日、「今日は見ないどこう」と思っても気がつくとテレビに釘付けになっている冬眠蛙です。いや、やっぱり4年に一度の祭典だわ。おかげで毎日寝不足です。

グループリーグ2試合目に入ってますが、今のところ「ここは強ええなあ」と思ったチームは、

・チリ(ここの攻撃への姿勢は素晴らしい)

・スペイン(1試合目は大番狂わせで負けてしまいましたが、内容は圧巻だった。シュートが決まらないのは運もあります)

でした。韓国も最初の試合素晴らしかったのですが、今日のアルゼンチン戦はいつもの積極性を殺して守備的に行って失敗した感じです。それにしてもメッシは凄かった。あんなんが日本にも居ればなあ。

試合見てない中ではドイツが前評判では結構強い、と言われていたオーストラリアに圧勝したのが注目ですね。ドイツはいつもW杯に合わせてチームを作っている感じなのは気のせい?

ブラジルやイタリアは初戦は今一つだった感じですが、果たして2戦目はどうなるか、ここも楽しみ。いや~駄目だ、やっぱり毎日見ちゃうわ。

ではでは。

90年代の超短編を振り返る。25

いや~、日本勝ちましたねえ。矢野が見れるとは感激でした。

 

さて、本日はこちらを。

0509mizuno  

前々回も紹介した水野氏の中学校半期賞作品。貧乏図式ですが、濃密な手順が展開されます。

解答はコメント欄に。

W杯開幕

南アフリカでW杯がいよいよ開幕。

時差的に夜の試合が多く、平日も一試合は見れる感じでなかなか良い感じです。もう既に録画も含めて4試合観戦。韓国がなかなか良い試合をしてましたね。アルゼンチンは勝ったもののやや不安が残る内容だったなあと。ただメッシはやはりすごかった。格が違う感じです。

 

先日紹介した作品集の解図を始めました。やはりだいぶカンが落ちてるな、と痛感しているところです。なんとか週に2題くらいは解きたいですね。でも、これからは結構難しいかも…。

欲望という名のケータイ

前に書いたのですが、携帯電話を買い替えたので感想など。

冬眠蛙はソフトバンクの携帯を使用しています。買い替えにあたっては、他社の携帯も色々と検討はしてみたのですが、結局はソフトバンクのままでした。購入した端末は「X06HT」という商品コードですが、商品名としては「HTC Desire」というモノです。こんなん。

Image04500

HTCというのは台湾の携帯メーカー。海外メーカーのは初めて購入しましたが、今は日本メーカーのも大半が中国製ですんで、あんまし気にしませんでした。メーカー保証がなくても、ソフトバンクが保証してくれるし。

今回購入したケータイの特徴は、と申しますと、なんといってもウェブ閲覧が高速、ということ。OSはAndroidというグーグル社のもので、もうサクサクです。しかもwifi機能もついているので、無線LANがあれば電話回線なしでも超高速で接続できたりします。いわゆるスマートフォン、というヤツですが、触ってて楽しいですね。動画サイトとかもほとんどストレスを感じずに見れます。

 

なお、弱点もあります。

①携帯のメールアドレスが使えなくなる。

実は携帯のメールアドレスが使用不可です。ただ、現在ソフトバンクでアプリを開発中ということでしばらく辛抱、というところ。今は一日一回、SIMカードを元の携帯の差し替えて受信確認してます。まあグーグルのメールに変えちゃう、って手もあるんですけどね。

②テレビが見れない。

今の日本の携帯には普通ついているテレビチューナーはなし。ただ冬眠蛙はこの機能、前の携帯でもほとんど使わなかったんで気にしてません。

③オサイフケータイが使えない。

これも冬眠蛙は使ってないので。あー、ヨドバシのポイントカードがあった。でもあれはカード使えばいいわけだし。

…ということで、弱点もほとんど気にならないレベルで快適に使用しているのですが、もうひとつ、大きな問題点が。

④ソフトバンクがこの機種にあまり力を入れていない。

これが気になる。ソフトバンクのスマートフォン、っつーと皆さんご存じのi-phoneがあり、しかも近日その新製品発売、ということで、こちらの端末には全く販売促進らしき動きがありません。CMとか多分創ってないはずです。

また、実は世界的に結構売れている関係で、かなり品薄のようです。ほとんどの店には見本とか置いていないと思いますし、今予約しても届くのは7月くらいのようです。冬眠蛙も予約したのが4月末で入手は6月5日でした。

 

 まあ何はともあれ、しばらくこっそりと楽しむ予定。ツイッターのアプリとかもあったので、次回詰とうほくでは活躍してくれると思います。

あぁ~、もう、ウズウズしちゃう!

先日、まだこの世に出ていない詰将棋作品集の前編をメールで頂戴しました。冬眠蛙がだいぶお世話になっている方のもので、見た感じでもうドキドキしちゃいそうな図面が並んでおります。まだここでオープンするわけには行かないのですが、後編(解説等)にも既に着手されているとか。いや~楽しみです。

感想も募集、ということで、ここのところ詰将棋からだいぶ離れている冬眠蛙にはいいリハビリになりそう。のんびりと手をつけて行きたいと思います。○○さん、▲▲さん、メール待っててくださいね~。

続・パラ6月号感想

隅の老人Aさんから、「A級順位戦の冬眠蛙の作品は○番と予想」というメールをいただきました。当然ながら、ここにその予想が当たったか外れたかを書くのはマズイのですが、どれどれでは他の作品はどんな感じなんだろう、と見てみたところ、目に入ったのが西君欠場。あれーっ、確か既に作品ある、って聞いていたのになあ。もしかして投稿忘れてたのかしらん。

あ、えーと、まだ一問も(自分のを除けば)解いていません。なんかちょっと手付け難そうなのばっかり。まあ他人のこと言えないですが。

 

さて、相変わらず結果を気が向いたときに見ていますが、D級順位戦の利波さんのがちょっとイイ感じです。ああいう自然に割り切れる収束ってなかなか見つからないし、一旦動かした馬が邪魔になる構成、その馬が動かす前の変化で、違う筋で働くのもグッド。…なんだけど、昨日の記事もそうですが、私好みの作品ってあんまり評点が伸びてないんですよねえ。ちょっと複雑な気分だったりして。

 

正確には昨日ですが、携帯電話を買い替えています。今度その関係の記事を連絡がてら書きたいと思います。ではでは。

90年代の一桁モノを振り返る。24

ツイッターにも書きましたが今週は詰四会臨時作品展を解図しました。気楽に楽しめる作品ばかりですので、皆さんもぜひ解いてみてはいかがでしょう。

さて、本日はこちら。

0509koizumi  

同じ人の作品ばかり採りあげるのも…とは思うものの、やはり巧いモノは巧いとしか言いようがないです。さして難しくはないですが、実にツボを良く押さえています。解答はコメント欄に。

なんじゃそれは。

うーん、アレですね、詰将棋で言えば、

・盤面いっぱいに駒が配置されてて、いかにも面白そうな手順が出てきそうで、

・実際序奏もまあまあで、お、これは、と思わせておいて

・あれ、なんか手順がトーンダウンしてるな、もしかして間違えたか、と感じたが、

・そのままツマラん手順で収束しちゃった。

みたいな感じ。Bさんなら間違いなくC評つけそうな(笑)。

え、なんの話かって。言うまでもないです。

パラ6月号到着

昨日届きました。

パラパラと見た中で、まずは門脇さんの容態が少し回復された、ということでまずはホッとしています。

出題側は見てません。今年は解く気起きないな~。自分のがイマイチなだけに。

結果稿はまだ高校までしか見てません。小学校・中学校は解いてあったのですが、解いてなかった高校では、13~15が冬眠蛙好みです。芹田氏作、玉回転もさることながら、リズム感が良く、初形との調和がいいです。野村氏作、少ない駒での繋ぎの旨さが光ります。原田氏作、収束が自然にまとめられて羨ましいです。

あ、まだ推理将棋解いてない…。頑張らんと。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito