無料ブログはココログ

« お手伝いした感想 | トップページ | 特別出題解答③ »

特別出題解答②

一回間が空いてしまいました。続きをスタートします。

(前回最終図)

0601ichi3_2

67歩が打歩詰ですが、ここで95飛や75飛、または35飛等とすると、56玉とされて今度は57歩が打歩詰になってしまいます。

▲85飛

0601ichi4

85飛と馬筋を塞ぐのが好手。ここならば56玉には57歩が打てて、以下67玉、65飛までで詰みます。

…ということで玉方は手を変えます。

△55桂▲67歩△同玉▲65飛△56玉

0601ichi5

結論から書きますと55桂合が最善です。桂合は上図の局面で67馬、65玉、57桂の筋を防いでいます。飛合とかではこの局面で55飛、66玉、67飛までですね。

▲55飛△66玉

0601ichi6

67馬が取られるので、詰方も55飛と手を変えます。66玉までの局面を10手目の局面(今日の一番上の図)と比較すると、持駒だけが変わっていることにお気づきでしょうか。そう、この作品の主題は持駒変換です。変換の仕方が変わった感触で、なかなか面白い…というのはやっぱり我が子かわいさでしょうかね(笑)。

さて、変換が終わったところで、58地点でハガすのが見えていますが、続きはまた次回。ではでは。

« お手伝いした感想 | トップページ | 特別出題解答③ »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お手伝いした感想 | トップページ | 特別出題解答③ »

最近の写真

  • Unicycle
  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on