無料ブログはココログ

« 無駄合の定義の前に。 | トップページ | 現代詰将棋の無駄合/有効合 »

90年代の超短編を振り返る。16

サッカー代表戦がイマイチ消化不良気味で、まあ元々そんなに期待してないんですが、でももうちょっとシュートの精度を高められないものかと。これでは客も減るよなあ。

 

さて、本日は久しぶりに連載モノを。本日はこちらです。

0501yuki  

 

おなじみ塩見一族の行き詰まり氏の作品です。そんなに難しくはないはず。解答はコメント欄に。 

« 無駄合の定義の前に。 | トップページ | 現代詰将棋の無駄合/有効合 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

▲36角△同香▲24飛△同角▲55金まで5手。

2手目45合は同金、65玉、47角まで。この変化の成立のため、初手が限定となっている仕掛けです。無駄なく出来ていて好感が持てます。

33馬でないのでみんなスッキリですね。(^-^)

関係ないけど、4手目「3四合駒」を次
の考察テーマにしよう。

そういう伏線があったのか。
真面目に詰ましてしまった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無駄合の定義の前に。 | トップページ | 現代詰将棋の無駄合/有効合 »

最近の写真

  • 20191110horikiri
  • 20191110sakai
  • P_20191005_193337
  • P_20191013_204740
  • P_20191020_194636
  • P_20191031_213402
  • 20191027imamura
  • 20191027yamada_20191027215501
  • P_20190910_212815
  • P_20190914_201123
  • P_20190926_205705
  • 20190929ichi_20191006195201