« 筆が進まない | トップページ | 強風 »

90年代の超短編を振り返る。14

ちょっと久しぶりになりました。今回はこちら。

0503tanaka  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は田中氏の9手詰。視覚的に清潔感がある初形ですが、手順もなかなかです。解答はコメント欄に。

« 筆が進まない | トップページ | 強風 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

76飛、同銀成、66飛、同成銀、45銀上、55玉、47桂、64玉、46角まで9手。
 
いきなり飛2枚捨てるのが意表をつく導入。全く足りなそうですが、桂跳ねから角引きでしっかり捕まっています。詰上がりに必要な86桂の配置が飛捨ての限定を兼ねているのもセンスを感じさせます。
 
とても良く出来ていると思うのですが、評点は2.30。厳しい時代でした。

飛車を続けざまに捨てたあとが単なる追い詰めだからですか。
変化が少ないのは寂しい感じではある。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筆が進まない | トップページ | 強風 »