無料ブログはココログ

« 恐縮です。 | トップページ | Windows7 »

90年代の超短編を振り返る。8

今日はちょっとした衝動買いをしました。今、それに関する作業を2時間くらいかけて行ない、やっと落ち着いたところです。さて問題です。ワタシは何を買ったのでしょう?(ヒント:値段は1万5000円程度でした。某国では1000円以下でニセ物が出回ってるとか)

解答は使ってみた感想を含めて後日。

 

さて、今日は連載ものの第8弾を。この頃の作品は(当時詰将棋を始めたばかりの)冬眠蛙にとって思い出深い作品ばかりで、どれも捨てがたいです。で、本日はこちらを。

0412nakamura  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今をときめく中村氏の超短編。形は若干無理がありますが、凡人には思いつかない着想で、唸らされます。解答はコメント欄に。

« 恐縮です。 | トップページ | Windows7 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

34銀打、24玉、46角、同飛、35馬、同玉、25金まで7手。
 
普通に34銀と出る手が有力ですし、13玉と逃げられたときのために持駒を温存したいところで34銀打、という初手を成立させる手腕がすごいです。13玉は31角、22合、同馬以下。この変化がなかなかで更に初手を引き立てます。
 
32と配置が本当に残念ですが、この手順設定ですと上に移動することもできず(46角に同飛"成"とされて不詰になる)、仕方ないようです。

確か中村氏はこの作品を最後にしばし休眠されていたと思います。作りだめしてたのかしらん(笑)。

Windows 7 なのでしょうか?


これは懐かしい作品を取り上げて頂きありがとうございます。32とはいかにも無理作りで、今なら絶対この図は捨てたような気がしますが、どうしてもこの筋を作るんだ!という意欲だけは感じられるかも(笑)。

この作品発表の1年ほど前から、結婚したり異動があったりで忙しくなり、そのうち海外に飛ばされたのでしばらく創作から離れていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐縮です。 | トップページ | Windows7 »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito