無料ブログはココログ

« 今日もお休み | トップページ | 新図面作成アプリ »

90年代の超短編を振り返る。

以前、『冬眠蛙好みの超短編』ということで何作か紹介したことがあったのですが、ここのところずっと休んでいました。

理由はいくつかあるのですが、一番大きいのは元ネタの「80年代ショート詰将棋ベスト200」自体、丁寧な解説の名著であり、わざわざ冬眠蛙が振り返るのもヘンかな、と。

で、ふと思ったのが、『では90年代は不作だったのか?』というもの。いやいや、そんなはずないワケで、冬眠蛙がパラの購読を始めた93年前後から検証していきたいな、と思う次第です。

…ということで、本日はこちらを。

9209you11  

 

 

 

 

 

パラ92・9幼稚園 夜爪香奈 氏作

 当時の幼稚園は今と違って詰将棋学校の先頭。3手・5手の超短編を扱っていました。なんだ、楽勝じゃん、と思うでしょ?発表時たくぼんさんは「戦慄を覚える」とまで短評で述べておられました。油断なきよう。

 解けた!という方はコメント欄↓をクリックして答合わせしてみてくださいね。

« 今日もお休み | トップページ | 新図面作成アプリ »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

解答
17桂・35玉・32飛・46玉・37飛成まで。

3手目33飛とした誤解が30名以上発生。
初手37桂が一見有利そうに見えるので第一感で17桂に辿りつく人はいないでしょう。で、発見して安心させたところで53への逃げ道を見せて3手目33飛を誘う構図が素晴らしい。双玉超短編の傑作。

すごいっ!
飛車の限定はやっぱり気持ちいいなあ~。

結構簡単でした。
非限定はありえないので気付きやすいと思うのですが・・・

王の素抜きに気を使いすぎて、初手飛打ちかと思ったのですが。
そのうち、3二飛から3七飛成に気付きました。
馬を動かすことを考えてはダメだったのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日もお休み | トップページ | 新図面作成アプリ »

最近の写真

  • 0507
  • 0506_20201025204301
  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901