無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

看寿賞発表!

…ということで、今年は短編がC級順位戦の武氏作、中編が該当なし、長編が近将発表の添川氏作と決まりました。前評判とおり、順当な感じですね。武さんはこのブログで初入選作をとりあげたのがまだ2年前。若くしての受賞、羨ましい限りです。これに満足してあとは推理将棋に…とならないように(笑)。

今日は順位戦の解答書き。量が多いので結局Wordを使っちゃいました。自分のを抜かして21題、結局5をつけたのは0個、1をつけたのも0個。でもちょっと厳しい方かな?明日中に投函しなくちゃ。

ではでは。あ、えーと、今週末の詰とうほくですが、上司に土曜勤務を入れられてしまいました(泣)。なんとか途中で抜け出して…と考えておりますが、最初からの参加は少し厳しいかもしれません。利波さんが来られる、と聞いておりますので最低でも二次会からは出席します。

C級順位戦も解いてみた。

全部合わせて1時間半、というところでしょうか。暗算で解いたのは①②③④⑧、並べて解いたのが⑤⑥⑦。5を付けたい、という作品はないです(キビシイ)。冬眠蛙は感覚がオカシイので多分順位予想はBさん並に(笑)当たらないですが、それでもここは⑤が順当かな?作品バランスとしては⑦⑧もまあまあ。全体的にはB級と同じく激戦ですが、レベルとしては少しB級の方が上だと思います。

 

せっかく全部解けたので今回は解答も送ろうかな。そういえば、作家兼解答者の方も結構居るかと思いますが、皆さん自分の作品に評価付けるか迷ったりしました?冬眠蛙が解説している(担当ではないですけどね)短コンで見た感じですと、大体以下の3パターンになりまして↓

①自作には必ずAを付ける②自作にBを付ける③自作に評価は付けない

…で、最近は圧倒的に③の方が多いです。昔は結構①の方も多かったですね。まあ気持ちはわかります。あ、自作にCを付ける方はあまり見たことないです。当然でしょうね(笑)。ちなみに冬眠蛙は③です。自作は解けないですから評価しようがない、というのが理由です。あ、でも1回だけAつけたことありますね。第2作品集の22番です。見ればわかってもらえる…と思います。

久しぶりに今月は真面目に詰将棋解きました。さあ寝よっと。

作者予想は難しいのだ。

前の記事のコメントでDisabledさんが果敢にも作者予想にチャレンジされております。冬眠蛙は今回は前にも書いたように半数の作者を既に知っているので深いコメントは避けますが、まあ全般的に作者当てってフツー無理です。ある程度作風が皆固定されていればわかるかもしれないですけど。冬眠蛙なんて明らかに分裂症です(笑)。

冬眠蛙も若かりし頃、作者当てにチャレンジしてみたことがありました。…で、「これは絶対若島氏だ!」と確信した作品があったんですね。簡素形で様式にこだわった手順構成。もう間違いないと思い、解答用紙に「これが若島氏作でなかったら予想はもうやめます」とまで書きました。結果を見て愕然。ワタシが若島氏作と思った作品は風みどりさんの作品でした。では若島氏は、と見るとなんと双玉作。若島氏が短編で双玉出してくるなんて反則だよねえ。ちなみにその作品、その年の看寿賞をさらいました。…で、全然予想やめてないんですけどね(笑)。

懐かしい思い出ですが、今思いますと当時の順位戦はすごい面子でしたねえ。若島氏・風氏のほかにも上田氏・添川氏・酒井氏・橋本(樹)氏・赤羽氏も出ていたんですよ。信じられます?ちなみに第1期から出続けている方は小林氏・柳田氏・岡田氏の3名だけです。冬眠蛙は第3期のD級からだったかな?今度まとめて振り返ってみたいと思います。

冬眠蛙好みな超短編3

相変わらずの不定期連載、本日はこの作品。

Miwa  

 

 

 

 

 

 

三輪勝昭氏作 パラ80年7月

超短編ではやりたいことをサラリとシンプルに。…ってのを創作するのは冬眠蛙にはなかなかできません。そういう意味で、この作品のような清清しさは憧れますね。最小限の駒配置がテーマに合っていて易しいながらも実に良いです。初級向けのテキストに載せたい作品です。

 

…と書きつつ、現在創作に悪戦苦闘中。え、握り詰はどうしたって?何のハナシでしたっけ(笑)。

プチ電化。

冬眠蛙んとこは寮ですが、実は自分の部屋に冷蔵庫を置いてませんでした。いや、厳密に言うと一旦買っておいていたのですが、壊れたため捨てて以降はナシ、という状態。でも無ければ無いでなんとかなるものです。一応寮の共用の冷蔵庫もあるし。でも今年も早くも暑くなってきましたし、流石に耐え切れないかな、ということで買ってきました。あの、よくクルマに置くやつですね。5リットルの。…で、実際電源を入れて思い出したのですが、やっぱり音がうるさい。慣れるまで時間かかりそうです。

あと今日は久しぶりにNHK杯を観戦。北浜-石田戦で解説者が加藤九段、ということで、予想はしていたのですが、感想戦が強烈でした。北浜七段は全然勝った気がしなかったのではないでしょうか(笑)。あ、あと解説中に中倉女流が北浜七段が詰将棋得意、というハナシを出したときに加藤九段が猛烈に否定しまくるのには思わず苦笑い。「ワタシも創るのも解くのもやりますけど、全然関係ないです」的な発言までされてましたねえ。まあいいんですけど、加藤九段の詰将棋はありゃ詰将棋じゃないですね。まあ、だからこそ「あ、この方はゴーストライターは絶対使ってないな」って分かるんですけど。あ、いかんいかん、また悪魔が出てきたのでこの辺にしときます。

変人?

昨日は定期異動の内示がありました。冬眠蛙も8年ぶりに内示を受けましたが、勤務地は変更ありませんでした。やれやれ。

このブログでもコメントいただいてますが、今月号パラの真島氏作が話題になっています。冬眠蛙も実は既に解いていまして、綺麗にできているのに感心しました。ただ、ここ数年ゾクゾクッとくるような作品には出会えていない、というのが正直なところです。まあ昔ほど解いたり鑑賞したりしていないせいもあるのですが、冬眠蛙の好みに合うような、斬新な構想やトリックを前面に押し出すような作品が見てみたいですね。ワガママすぎますか。

次は皆さんオススメのC級5番あたり解いてみようかなと。あ、でもその前に来月の準備もしなくては。ちなみに今月の新作、易しい割りにあまり解答者のペースが増えてません。皆様よろしくお願いします。

ではでは。

載せない理由

羽生19世名人が誕生とのこと、久しぶりに棋譜を並べてみていますが、第4局あたりが会心譜でしたかね。帰ってくるべきひとが帰ってきた、という感じがするのは冬眠蛙だけかな?一方で次期挑戦者を決めるA級順位戦も開幕。谷川九段が幸先いいスタートを切った模様ではやくも期待しちゃいますね。

さて、前回の記事にたくさんコメントありがとうございました。…で、隅の老人Aさんから「『今月の新作』への感想が見たい」というコメントについて。やっぱり都度見たいですよねえ…。なんで載せてないのか、というと、景品である作品集「ねっと・わーく」は作品自体は全部このブログで載っているので、皆さんからお寄せいただいた感想こそがウリなんですよね。それもここで載せてしまうと、「ねっと・わーく」を見る楽しみが何もなくなってしまうかな…と。この辺は皆様のご意見等聞いてみたいですね。ためしに今回の6月の新作については感想も載せることにしたいと思います。既に解答をお寄せいただいた方で「載せちゃ駄目!」という方はお手数でもお申し出ください。

B級順位戦も解いてみた。

今月は実家に行ったりしたこともあり、B級順位戦も解きました。おぉ~(…って別に驚くほどのことでもないですけど)

●暗算で解けた!v(^^)v …①③④⑤⑥

●盤に並べて解図…②⑦⑧

…という状況です。どの作品もなかなか味がありますが、図抜けてる、というのは無いかな?

好みの順でいうと、

①(こういう一工夫にヨワイ)

⑤(力作。形にムリはありますけど…)

⑦(意外と考えさせられる。よく図化できたなあ)

ですね。作者当てはこれはムリですね。現にもう一個外したことが判明しております(謎)。⑤は仲西氏っぽいかな?あと、郷さんが作りそうなのがちょっと見当たらないな~。どれなんだろ?

いずれどれが昇級となり、どれが降級となっても不思議はないなあと思います。せっかくなのでC級も解いてみようかなあ。でも難しそう…。

5月の新作解答

 

▲22香△同金▲31桂成△同玉▲33香△32香合

▲42銀△21玉▲32香成△同金▲13桂生△同香

▲12角△同玉▲13角成△21玉▲12馬△同玉

▲14香△21玉▲11香成△同玉▲13香△21玉

▲12香成△同玉▲24桂△21玉▲32桂成△同玉

▲33金△21玉▲24香△23金合▲31銀成△11玉

▲22金△同金▲13飛成△同金▲21成銀△12玉

▲22香成迄43手。

①同桂は53角、21玉、33桂生、32玉、42角成、23玉、21桂成、33合、22成桂以下。

②32玉は41銀生、43玉、61角以下。

別の作品を創作中に偶然出てきた収束の金中合以下の手順が素材です。ただし、この収束自体は既に前例があります(確か森田銀杏氏作)。まあシンプルな形で実現できたので、作品にする価値はあるかな、と思いました。でもこれだけでは…ということで逆算を加えたわけです。中盤の香打ち~成捨ての手順が煙詰のそれみたいであまり緊張感がないので(でも他に見付からなかった)、更に合駒を入れてみた、というところ。バランス的にこんなところかな、というところです。

ただ、①②の変化がヤヤコシイ(…上に①香合が全然カンタンでない、という評も。桂合のときの64角がちょっと見えにくいですかね)し、明確な狙いというものが無いので、ポップであることを前提とした『今月の新作』シリーズとしてはイマイチかなあ、という感じです。まあたまにはこういうのも、ということでご勘弁を。

○○コメントいただいた方(カッコ内は累計ポイント数)○○

凡骨生さん(8歩)しろねこさん(14歩)Normanさん(4歩)

隅の老人Bさん(8歩)Disabledさん(13歩)

詰将棋2級さん(4歩)

う~ん、やっぱり少なかったですねぇ…。反省しなくては。あ、詰将棋2級さんについては過去の「今月の新作」に対するコメントも加算しています。

★解答いただけなかった方でも、この記事への感想をお寄せください。同様に一回につき1歩ポイント加算します。
★10歩まで貯まった時点で「1000円相当の図書カード」または「冬眠蛙のミニ作品集」のどちらかを進呈します。10歩以上になられた方は10歩ごとに同様に選べるものとします。

 

今日は元同僚が所属している市民楽団の演奏会に行ってきました。最近クラシックはこういう機会がないとなかなか聴かないので、とても良かったです。その元同僚はホルンですが、雀荘で対面しているときとは全く違う一面を見せてくれます(笑)。またチケットもらおっと。

6月の新作

本日地震ありました。仙台はそれほどでもなかったですが、だいぶ大きかったようですね。被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

さて、6月の新作は予定していましたとおり短編です。

New08jun  

 

 

 

 

 

 

手数は高校級ですが、かなり易しいはずです。え、その割に形が汚い?ええ、芸風ですから(笑)。ちなみに内容も(久しぶりに?)冬眠蛙らしいと思います。ぜひ解いて感想をお聞かせくださいね。

★解答・コメントを募集します。(7月14日まででお願いします)コメントはこちらの記事に直接でもメールでも結構です。一回コメントをいただくごとに歩数ポイントを1歩贈呈します。

★10歩まで貯まった時点で「1000円相当の図書カード」または「冬眠蛙のミニ作品集」のどちらかを進呈します。10歩以上になられた方は10歩ごとに同様に選べるものとします。

今日はビデオに撮ったEURO2008のオランダーフランス、夜は日本-タイとサッカー観戦。やはりヨーロッパはレベル違うな~と思いました。

明日5月の新作の解答をアップします。

冬眠蛙好みな超短編2解答アップしました

以前に紹介しました冬眠蛙好みな超短編2の解答・感想をコチラに掲示しました。見てね!

 

あ、そうそう、携帯を購入してから3週間程度経ちました。前にも書きましたが購入したのは921SHというシャープ製のモノ。お前の意見なんぞ、と言われそうな気もしますが、携帯買うかどうか迷ってる、という方もいらっしゃるかと思いますのでレビューなぞ。

○特徴…はですね、フルスライダー(片面がほぼ全て画面)で、画面上で触れたりなぞったり、振ったりすることで操作もできる、というもの。これはなかなかユカイなんですが、結局使っているのは「触れたりなぞったり」の部分だけですね。開かなくてもインターネットやらメディアプレーヤーやら他のアプリやらを使えるのは慣れるとかなり便利です。「携帯を振ることでアプリが起動できる」という機能は覚えればできるんでしょうけど、普段ポケットに入れている人間にとってはあんまし使えない機能だと思います(冬眠蛙はこの機能はOFFっています)。

○デザイン…少し縦長ですがスリムですので大きい、と感じることは全くありません。見た目はかなりカッコイイと思います。

○電話の音質…特段不便はありません。まあ携帯電話なんで当たり前ですよね。

○インターネット…かなりサクサク動きます。冬眠蛙的にかなり嬉しいポイントです。

○メール…スライド部分が結構大きいのでメールの打ちやすさ、という点ではちょっと難あり(アタマでっかちな分重く感じる)だと思います。メールのヘビーユーザーだとちょっと考え物です。

○テレビ…画面が大きくてキレイ。携帯なら十分すぎると思います。

○メディアプレーヤー…あまり期待してなかったのですが、結構高機能。前まで使っていた専用のプレーヤーよりも音質が良くて驚きました。最近は皆こんな感じなんですかね。

○その他…いわゆるオサイフケータイにも対応してます。冬眠蛙は目の前の金しか信じないので(笑)、使ってません。

 

あ、あとスライド型携帯だと画面にキズがつかないか、と心配の方も多いかと思いますが、最初から結構丈夫な保護シールが張られてますし、ガラス部分はかなり強いものが使われているので心配しなくて大丈夫だと思います。ただ、シールはがすと、指紋が結構ベッタリ残るらしい、と聞いています。

ちなみにウワサのiPhoneがソフトバンクから近々発売らしいです。冬眠蛙的には今回購入した機種はかなり満足度の高い一品ですが、これから買う、という方はもうちょっと待って比較してみた方がいいんでないかな~、というのが正直な感想です。

好み

なんてことはなしに握り詰創作継続中です。

昨日やっと1作できました。(・∀・)

08jun11a  

  

 

 

 

  

 

 えーと、51手詰です。昔だったらそもそも創作対象にしないような素材でしたが、最近はこの位ポップな作品も結構好みですね。解けますし。ちょっとした謎解きもありますので、それなりには楽しめるかなと。

 じゃあなんで投稿しないのか、というと、収束で無駄手が成立しちゃうキズがあります。この催しは全国大会一日の投票制なので、こういうのは出しては駄目なんだろう、という判断です。う~ん、なんて良心的(笑)。

 今年は使用駒が特殊な分チャレンジしてみようか、というヒトも多いみたいですね。おもちゃ箱でいろいろ紹介されてますが、この詰将棋の発想はなかったですね~。なるほど、意外と皆さん考えることは違うんだな~、と思った次第です。

 もうしばらく遊んでみたいと思いますが、時間ないなぁ。今年も駄目かも…。

 ではでは。

微妙

握り詰について利波さんから面白いコメントをいただきました。握り詰だとと金配置でも成香配置でも減価事項としては同じ、ってことですよね。なるほど、言われてみるとそんな感じです。まあ成香配置、ということは取られれば香になるわけで、そういう意味づけの場合はまた違うんでしょうけど。

そういえば、4月の新作について書くのを忘れていたのですが、あの作品の成桂配置は実は解消可能です。玉方64歩→桂、あとは詰方85歩・96金配置を玉方86桂・詰方95金配置にすればOK。もちろん創作時にもわかっていたのですが、なぜ成桂配置にしたか、というと、ただでさえ捌けない詰上がり図が、桂が配置してあると更に重く感じられたからです。同じ全小駒図式なら成桂配置にしても大して作品価値的には関係ないかな、と。実際いただいたコメントで成桂配置への言及は皆無でした。ちょっと違うんですけど、感覚的には近いかもしれませんね。

 

あ、そうそう、詰将棋2級さん、昇級おめでとうございます^^。あの、ワタシなぞの基準なんてタカがしれてますですよ。あと、コメントは大量でもなんでも大歓迎です。ポイントも加算しますので今後もよろしくお願いします。

 

ちょっと勿体ない…

いやぁ、夜行バス、なかなかやはり寝れませんでした。でもちゃんとリクライニングでしたし、悪くはないですね。良い発見でした。

さて、『見たい詰棋≠創れる詰棋』にコメントいくつかいただいたのですが、こんな場末のブログだというのに堂堂と作品紹介された方2名。裏握り詰コンクール?

オタマジャクシさんのは飾り駒あり、ということですので(正直書きますと、飾り駒省いて大学でも入賞級だと思います。ちょっと途中で類型的になりますが、かなりオイシイ手順だと思います。もし投稿するのでコメント削除を、ということでしたらご連絡ください)、詰将棋3級さんのを図面で紹介。

3kyuusann  

 

 

 

 

 

 

収束がいいです。少なくとも冬眠蛙のテスト図より何倍か良い。全然3級なんかじゃないじゃないです(笑)。難しくないですので見て解いた方はコメントなどいただけると有難いですね。

 

不在の間にあの谷口さんからコメントをいただいてビックリするやら、感激するやら、恥ずかしいやら、もう大変です(笑)。でも、だからといってブログの内容が改善される予定はありませんので、悪しからずご了承ください。m(。。)m

 

今週末に6月の新作をアップ、今度の日曜に5月の新作の解答を掲示します。

ではでは。皆様の今週が良い一週間になりますよう。

こっそりと

冬眠蛙好みの超短編1の解答と感想について、別ブログにUpしております。まだ解いていない方は力試しに解いてみましょう!

…で、解答はコチラです。

実はこの記事がアップされる頃、冬眠蛙は高速バスに乗っているはずです。多分今年になってからですが、仙台-新潟間に夜行の高速バスができました。今回は試しに乗ってみる次第。ちゃんと寝れるのでしょうか、結果は多分日曜日に。ではでは。

見たい詰棋≠創れる詰棋

全国大会も間近ということで今月は握り詰の課題発表が詰パラ誌で行なわれました。

『玉飛桂香香香歩歩歩歩歩歩』

ちょっと傾向変えすぎではないかと。金銀ナシって厳しいですねえ…。これは創るヒトたちは大変だ~と感じる反面、歩の数が多いので、結構ユニークな手順の作品が出てきそうで、ちょっぴり楽しみです。

某サイトの掲示板では「成香がある作品が多くなりそう」という予想が。そういうのを見ると、『いやいや、なんとかなるんじゃね?』と言ってみたくなります。

ほら、こんな感じで。

08jun05b 

 

 

 

 

 

 

 

…とか載せつつ、『この指定駒で香歩問題や龍ノコ創られてもねえ』というのが冬眠蛙の感想。成香使ってもいいから、もっと独創的な作品が見てみたいですね。今年は参加できるか未定ですが、どんな作品が出るか、楽しみにしたいと思います。

 

あ、そうそう、蛇足ですが、上の図、ウチの柿木君はなぜか迂回手順を解答してきます。龍ノコは苦手なのかな?

批難覚悟で

たまには真面目に考えていたこと等書いてみようかと。

つい先日船場吉兆が廃業になるニュースが流れました。これに対して異議があるワケではありません。どうみても消費者を小ばかにした営業ですからね。ただですね、これに対するマスメディアの騒ぎ方は少し違うのではないかな、って感じるんです。

産地偽装はまあ置いておいて、客が残したものを他の客に出す、ということがどれ位悪いことなのか、ということが本題だと思うんですよね。でですね、じゃあ、どうすれば良かったのかと。多分大半の人は「それは捨てるべきだ」って言うのでしょうね。冬眠蛙は貧乏なせいか、それを勿体無いと思う人間です。食糧飢餓に苦しんでいる国が溢れていて、日本だって冬眠蛙よりもっと生活に苦しんでいる人がたくさんいると思うんです。そんな人たちの前でも「絶対に捨てるものだ」と決め付けていいものなのか?少なくともワタシには言えませんね。それが本当の人間じゃないかなと。衛生的に問題があるとかならハナシはわかりますけど。

なので、本当に問題にすべきなのは「残したものを同じ価値・値段で他の客に出すこと」であって、また、「それではどうすべきなのか」をちゃんと考えて欲しい。おそらく近い将来、食糧問題は今の何倍も重大になっていると予想されます。今回のことをその契機にするマスメディアが1個でも出てきて欲しい、と思う次第です。妄言多謝。

A級順位戦を解いてみた。

全部で1時間弱でした。

そりゃスゴイ!と思うでしょ?実はウラがありまして。

○1作は自分の

○かねこさんのはこないだの詰とうほくで解いた

○ニシ君のは?年前に既に見ていた

…ということで今回解いたのは実質3題。作者当てさせたら今回きっとパーフェクトですよ。だって×番はどこをどうひっくり返しても師匠のだし、三角君と敏樹さんの作風は似てるようで微妙に違いますからね。

全体的な感想はって?ええ、一言ですね。

『ここ、ワタシのいるとこじゃないです』

来年はちょっとはマシな作品を出しますので、こうご期待!(笑)

またか…

以前からずっと迷っていたのですが、本日ついにケータイを買い換えました。買ったのはSHARPの921SHという機種。ようやくVodafoneから卒業です。どれも一長一短ですが、この機種は画面が広い分メールとかは打ち難い感じですね。まあ慣れれば大丈夫かなと。それよりも前の携帯で買ったminiSDカードが使いまわせると思っていたのに、実はmicroSDカードしか使えない、というのが痛かったですね~。ていうか、microSDカードの存在すら知りませんでした。ITの進歩もいい加減にしてくれ、という気分ですね。

さて、6月に入り、5月の新作の解答締切まであと2週間となりました。ちょっと長めなのですが、途中からはそんなに難しくないですので、解答よろしくお願いします。

New08may  

 

ヒントはコチラ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近の写真

  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901
  • 2020083073_20200927193901
  • 2020083065_20200927193901