無料ブログはココログ

« 詰将棋ウォークラリー解答① | トップページ | 詰将棋ウォークラリー解答③ »

詰将棋ウォークラリー解答②

 

▲53飛△45玉▲52金△46玉▲55飛成△同玉

▲35飛△64玉▲65飛△74玉▲73馬△同玉

▲62飛成 迄13手。

ささやかながらソッポ金です。62に効かしつつ53への効きも残すことで35飛、44玉のときに62馬を残しておくわけですね。ただし64歩を置かなければいけないようでは妙味も半減、といったところ(収束別にして72馬を角にできれば大丈夫なんですが)

2手目65玉は78飛、38合、83馬迄。こういう意味のない豪快さは好みです(笑)。

創り始めてすぐに気が付いたのですが、短手数で玉がフンダンに移動する作品って結構難しい。比較的うまくいったのは今日のこの作品だけです。それでも結局2マスしか動いていないのですけど。確かその全国大会での催しは7手詰だったと記憶していますが、誰が作ったのでしょう?器用な方もいるものです。(つづく)

明日は73の位置のなので③です。

« 詰将棋ウォークラリー解答① | トップページ | 詰将棋ウォークラリー解答③ »

今月の新作。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 詰将棋ウォークラリー解答① | トップページ | 詰将棋ウォークラリー解答③ »

最近の写真

  • 0507
  • 0506_20201025204301
  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901