無料ブログはココログ

« 今年の全国大会握り詰 | トップページ | 解答順位戦 »

論理の閃光

サッカー引き分けでしたねえ。アルビサポの冬眠蛙としては新潟の矢野が出なかったのは残念でした。スピード系なのでコロンビア相手に向いていると思ったんですけど。まあよく頑張った、というところなのでしょうか。

さて、パラ6月号で一番感動したのがパソコン奮戦記でした。香の遠打の意味付けの美しいことよ!だって考えてもみてくださいよ。この意味づけだけで他の香打ちの紛れは全てクリアーできているのですから。詰将棋の論理性ここにあり、まさに一瞬の永遠と呼びたくなるような香打ちでした。

余詰修正とのことですが、無意味に長くならずに修正できたのはなによりだと思います。本当によいものを見せてもらいました。皆様もぜひ一度、盤に並べて鑑賞してみてはいかがでしょうか。

« 今年の全国大会握り詰 | トップページ | 解答順位戦 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

冬眠蛙さん、こんにちは。
首猛夫です。

「ブラック&林浩」についての感想ありがとうございました。
実は、風みどりさんのところで「フォークランド島」についても、感想を募集しております。
もし良かったら、修正図の感想などをお聞かせ下さい。
気長に待っていますね。

首さんこんばんは。
「フォークランド島」は冬眠蛙には少し難しすぎです(汗)。感想は気長にお待ちいただければと…。

月初めから東京に出かけていました。
タイミングを逸し、6月の新題ではたくぼんさんにも先を越される有様、色々お世話に成りっ放しで申し訳ありません。

皆さんのコメントを拝見するのが楽しみで、さながら会合で談笑する気分です。
首さんには大学院で作品を採用して頂き感謝です。
フォークランド島は、超近代的作品で難解、古ぼけた爺では感想は難しく、いずれ「パソコン奮戦記」に登場するものと期待しております。

目下、Bさんとパラ誌順位戦の作者当てで遊んでいます。
ヤングで3ヶ月連続して首位予想が外れているのに、このバカさ加減には我ながら呆れるばかりです。

冬眠蛙さんこんばんは。
首猛夫です。

「フォークランド島」の解説を書こうと思い立ち、いろいろやっているうちに、ついにHPを作りました。
相互リンクさせてくださいね。
URLは下記の通りです。

http://hyudo.shiteyattari.com/

もちろん、超難解作の「フォークランド島」の解説も載っています。
まだ3作分しか解説が書けていないのですが、馬賊戦記や今井光作品のことを考えると気が遠くなりそうです。

感想なども是非書いてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理の閃光:

« 今年の全国大会握り詰 | トップページ | 解答順位戦 »

最近の写真

  • 20191117umemoto
  • 20191117okajima
  • 20191110horikiri
  • 20191110sakai
  • P_20191005_193337
  • P_20191013_204740
  • P_20191020_194636
  • P_20191031_213402
  • 20191027imamura
  • 20191027yamada_20191027215501
  • P_20190910_212815
  • P_20190914_201123