無料ブログはココログ

« 私の中の邪悪なモノが。 | トップページ | DVDを見る。 »

続・私の中の邪悪なモノが。

どうせ「遊び」というのならこれ位遊んでくれたらと思ったりする。

07jun13a 

 

 

 

 

 

 

…いや、あんまし冗談としても面白くないかな。もう2枚くらい減らさないと厳しいですね。

« 私の中の邪悪なモノが。 | トップページ | DVDを見る。 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

もしかして、合駒非限定ですか?

一応限定できているつもりですけど…。9手詰だよ。

偶然、私の掲示板にも同様の狙いの作品が投稿されていました。
こちらは7手詰。
香に対する角2段合には不思議な魅力がありますね。

収束の意外性はともかく、この手筋はいつ見ても美しいですね。はて、どこかで特集していたような。

風みどりさんですね
http://kazemidori.oheya.to/MT/mt/archives/2007_04.html

角連続合を取りきるのは,理論上9手詰が最短ですね。
形はあまり気にしません。
なんだか飛連続合の最短を作ってみたくなりました。

イタズラ作品にたくさんコメントいただきありがとうございます。
>>jupiterさん
7手でできるんですねえ。少し驚きました。今回は9手が課題ですので、それ以外の手数は全く頭にありませんでした。
>>Disabledさん
ブログ楽しく拝見させてもらっております。
そういえば風みどりさんのところでやってましたね。自分も載せてもらってたのにウッカリしました。慌てて類作チェックしちゃいました。連合で角成捨ては珍しいのかな?
>>オタマジャクシさん
飛2連捨て合はなかなかみないですねえ。角は状況で簡単に「一番安い駒」に出来るので創りやすいのかもしれませんね。

なるほど、連続合は読み落としていました。1つ目までは読んだのですが……
冷静に考えれば、角成捨てを作為にしますよね、普通。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・私の中の邪悪なモノが。:

« 私の中の邪悪なモノが。 | トップページ | DVDを見る。 »

最近の写真

  • 20190721umemoto
  • 20190721ichishima
  • P_20190607_205206_vhdr_on
  • P_20190614_210441
  • 20190630ohashi_20190707212501
  • 20190707hasaki
  • 20190630ohashi
  • 20190622kaneko
  • 20190622honma
  • P_20190505_201236