« また失敗した… | トップページ | 詰将棋の評価基準 »

パラ学校を解いてみる。

戻ってまいりました。

道中またパラ4月号の問題をちょこちょこと解いておりました。中16の廣瀬さんの作品は残念ながら手順同一作がありますね。偶然の一致だと思いますが、どうして皆構図まで一緒になるのかなあ。確かに最もシンプルにまとまりそうではあるのですが。

真島さんのはここで紹介させてもらった作品ですね。改めてユニークな手順と思います。八尋さんもイヤなところに置くなあ(仕方ないでしょうけど)。誤解が多そう…。

で、高校17まで解きました。いや~難しい。だいぶ考えました。やっぱりアレですね。2手目に難しい変化っつーのは手順構成的にあんましよくないなと。…が、これって変化長じゃないですかねえ。捨て合して。私の勘違いかもしれませんけど。

変化長の問題については前にも少し触れましたし、あんましルールに突っ込みたくないのですけど、せめて出題時に変化長なら変化長、と書いてほしいです。やっぱり詰将棋で一番大事な存在は解答者だと思いますので、最大限解答者に敬意を払ってほしいな、とこれは作家としても思います。え、お前は短コンでどうだったって?あれ出題稿ないですから。あったら触れますよ。それは。

 

土曜日にサッカーJ1のアルビ-ガンバ戦をTV観戦しました。いや~感動しました。これでリーグ3連勝。去年もいいとこまで行きながら、終盤失速しましたので、今年は気を引き締めて、頑張ってほしいです。

« また失敗した… | トップページ | 詰将棋の評価基準 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 この変長は気がつかなかったですねえ。取った後の手順が変わるから変長なんでしょうね。
 この作品の変化は読みとばす人が殆どでしょうから、気がつく人は少ないかと思います。私も詰むのは読んだけど、もっと手数を掛けていましたが、とりあえず詰んだので、早く詰む変化があるんだろうと思って解答しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93160/14704505

この記事へのトラックバック一覧です: パラ学校を解いてみる。:

« また失敗した… | トップページ | 詰将棋の評価基準 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ