無料ブログはココログ

« そういえば。 | トップページ | 痛ましい話 »

感動の裏に

チマタでは、ちょっとした「佑ちゃん」フィーバー。うん、確かに甲子園の熱闘は凄かった。4日連続の完投。見事であります。

しかし、ヒネクレ者の冬眠蛙は逆に今回の優勝は斎藤投手の将来にとって本当に良かったのか、と考えております。まだ私が生まれてないころに、稲尾という大投手がいましたが、彼は日本シリーズで4日連続先発勝利で「神様、仏様、稲尾様」とまで呼ばれたのは有名な話。しかし、彼はその連投がたたってその後すぐに肩を壊してしまったと聞いています。私は野球は素人なのでよくわからないですが、暑い夏の甲子園での4日連続完投は相当肩にダメージを残すのでは、と考えています。
確かにスゴイ投手だけに、毎年の甲子園の最後の方の過密日程はなんとかならないもんかな~と思います。せめて1日2日は空けてもよいのではないでしょうか。多分こういうことを言ったのは私が初めてではないはず。高野連にはぜひ検討してほしいものです。未来ある高校球児のために。

今日は作品集未収録にした作品を紹介しておしまい。
06aug24a
いや~、ヒドイ形です。でも私の詰棋観がちょこっと出ています。17手。

« そういえば。 | トップページ | 痛ましい話 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

「この初手が無ければ、作品とは呼べない」という感じですかね。構成にこだわるのは、冬眠蛙氏ならではですね。

昨日は大久保がとうとう目覚めてくれたので、引き分けでも大満足です。名波とのホットラインというのも悪くないなあ。

収束が良くて羨ましいです。これって初手まで逆算のするのですか?
私は正算が多くて、ねらいを実現すれば後は追い詰めでよしなので、ちょっと反省。

「この初手が無ければ…」というのは、作者の手順構成にこだわる気持ちを推測して書いたのですが、読み返してみたら「この初手が入ってやっと及第点」とエラそうに評価しているようにも読めますね。勿論そんな気は毛頭ございませんので、どうかご容赦下さいませ。

>>けんちゃんさん
全然気にしてません。っていうか、そのとおりですんで(笑)。大久保2点取りましたなぁ。これから楽しみですね。

>>おたまじゃくしさん
う~ん、逆算ですけど、この作品の場合、方向性間違ったようにしか見えませんねえ。(笑)
ちなみにわたしの場合、正算と逆算は3:7くらいです。

>収束が良くて羨ましいです。これって初手まで逆算のするのですか?

収束から初手まで逆算したのがすごい、という意味です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動の裏に:

« そういえば。 | トップページ | 痛ましい話 »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito