無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

あれ??

冬眠蛙@ひさびさにネットカフェです。パソコンの修理がさっぱり進んでない模様。
修理代いくらになるんだろう…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ところで久しぶりにパズルを出したら、解答たくさんいただきました。ありがとうございます。
ちなみに作意はメロスさんの2解および”X”に沿うように8を書いて18、というものでしたが、コメントを見る限り、かなりの余詰があるようで…。すみませんでした。
え?6と12はどうやって作るかって?ではメロスさん解説をよろしくお願いします。(笑)
ちなみに冬眠蛙は他の解をどうやって作るのかがわかりません(恥)。皆様おのおの解説をよろしくお願いいたします。m(._.)m

昨日は久しぶりにDVD鑑賞。少し古いですが、「踊る大捜査線」のシリーズ物、「容疑者室井慎次」を見ました。盛り上がりに今ひとつ欠けるような気がしましたが、まああんなもんでしょうかねえ。シリーズ最初の映画(「踊る大捜査線THE MOVIE」)は傑作だったので、期待が大きすぎたかも。「交渉人真下正義」は結構面白かったですけどね。
いずれ今後も新作が出るものと楽しみにしております。

ではでは。。。

活字病

冬眠蛙@再びネットカフェです。

パソコンが修理に出されてはや3日、やはり家に帰るとすぐパソコンだった冬眠蛙はなかなか慣れません。

一応TVはかれこれ買ってから15年はたとうというオンボロ14インチがあるのですが、もともとそんなに見ないですし。…ということで反動は見事に読書の方に跳ね返ってまいりました。

読んだのは大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」および同じ作者の「天使と悪魔」。正味4日ですので狂ったように読んでいた、ということですね。
感想は、というとどちらも面白く、世界中でベストセラーになるのもうなずける内容でした。いささかハリウッドじみているのは少し閉口ですけれど、スリル満載ですし、ミステリとしても楽しく読める内容と思います。友人も言っていましたが、どちらかというと、映画化された前者よりも後者の方が面白いです。海外ものは久しぶりに読みましたが、今後も話題作を読んでいこうと思います。

次はジャンルを変えて「Web進化論」あたりに手を出してみようかと考えております。
でもパソコン早く帰ってきてほしいな…。


さて、オマケに立ち読みで少しだけ感心したパズルを紹介。

白紙に3本の線で
「IX」
と書いてあります。ローマ数字の「9」で奇数ですが、これに一本線を書き加えて偶数にしてください。
ちなみに作意解は2個ありましたが、問題の出し方を多少いじったので3通り正解が存在するかと思います(もっとあったりして)。全部答えられたらすごい。できた数字で解答いただければと思います。
ではでは。

全国大会レポート④ネットカフェにて

アルビ惨敗…。調子のりすぎでしたね。

さて、二次会終了後、三々五々と散ってゆくのですが、とりあえずチェックインするかと地元民原田さんに連れられて東急インへ。…とそこに原さんが背中を向けてパソコンで詰将棋サイト閲覧中。ほんとに好きですな~。

とりあえず部屋に荷物を置き、再びフロントへ。すると先ほどより人が増えており、松田さんが道将連のHPに載せている詰将棋を皆に解かせていました。どれどれ、と覗き込む。う~む難しい。でもなんとか解けました。
小林さんや原田さんが悪戦苦闘。ご両人がよく作られるタイプの作品だったんですけど。(笑)

フロントに残っていた人10人くらいで3次会へ。花火+ナイターありに加えて中華を避けて…という難しいオーダーに原田さんがよく答えてフツーの居酒屋さんで。少しテーブルが分かれてしまいましたが、高坂さん、松田さん、鳥本さん、吉田さん、三角さん、田口さんといった面々でワイワイと飲みました。ちなみに田口さんは小林さんや原田さんと同様に松田さんの詰将棋に苦戦しておられた模様。結局解けたのかな??あえて追求しないでおきましょう。(笑)
その後三角さんからも新作を見せてもらいました。ちょっと盤面広く使われていて、なんか難しそう。途中で「手数は学校で言うと?」とヒントを求めたところ、三角さん「大学です」。…無理ですがな、酒席でそんな手数。…と思いつつも、趣向作かな、と見当をつけて、適当に変化を読み飛ばしつつ、なんとか解けました。うむうむ、意外とまだやれるじゃん、私も。…なんてね。

その後も楽しく飲んでいるうちに時間が。いや~楽しい一日でした。
ホテルについてあっという間に眠りに落ちました。

翌日、横浜観光に行かれた方も多かった模様ですが、私はひとりで東京見物(…つっても前住んでるので知ってる町を適当にぶらぶら歩いていただけですけど)をした後、早めに帰りました。

今回は初めての方とも多くお話しすることができて、非常に楽しい大会でした。来年も参加できるといいなと思っております。
帰った後、原さんや詰工房の作品集を楽しく読ませていただいております。感想も後日載せたいと思います。

ではでは。。。

全国大会レポート③感動の二次会編

土曜には修理に出されてしまうパソコン。早いとこ書いておきます。
いや~、アルビがレッズに勝ちましたよぉおお。羨ましいでしょ、けんちゃん。(笑)


さて、二次会会場までは歩いて移動。。。ってこの人ごみの中をっすか?ぜってー迷子になる。
…ということでまにょさんの後をカルガモのように着いていくオッサン連中の仲間入り。
30分弱歩いてつきました。横浜中華街は久しぶり。

長谷さんの音頭で乾杯して、さっそくチャーハンやギョーザにぱくつきます。うまーい。。。
ところが、このお店、奥で店員さんが盛ってくれるのですが、あっという間にそこが大行列に…。
福島さんが「ロシヤの配給じゃないんだから!」と怒ってましたが、その内食べるだけ食べると後は詰将棋の話に夢中になってしまう人たちなので、ある程度時間がたったら落ち着いてました。

2年ぶりなので話もはずみます。

三角さんや阿部さん、中村さんと談笑。三角さんはそろそろドクターコースも佳境に入っているそうですが、まあ作品と同様の器用さで乗り切るんでしょうな~。
中村さんとは昨年の高校半期賞の作品や短コンの話で盛り上がりました。あの半期賞作品はいかにも、という構想作品で冬眠蛙の大好物でしたので。
途中でいよいよ花火大会が開幕。ちょうど店の4Fだったのでベランダからちょびっとだけ花火を見ることができました。のんびり見ていたら店員さんが、「そこ、昨日まで蜂の巣があったので、まだ蜂がいるかもしれませんよ。」はよ言わんかい、コラ。早々に退散しました。

このブログにコメントをよくいただく高橋さんとも初対面。パズル話で盛り上がりました。mixiなるところでよく詰キストさんがよく出し合っているそうです。いや、そこまで私マニアではありません。(誰かさんのようなコメント)
太田さんからは「東風荘でよく見かけます」とご挨拶。ちなみに私、ハンドルネームは冬眠蛙ではなく、ほとんど本名そのまま。それはバレますわな。。。
ここで握り詰コンの結果発表。派手な手順をうまくまとめた山田さんが1位でした。パチパチパチ。ちなみに今年は冬眠蛙は不戦敗。大駒1枚で作れるわけないって。
ちなみに私が一番気に入ったのは3位に入った利波さんの作品。ということでその利波さんともお話させてもらいました。大学時代はかなりの学生強豪で私も何度か名前を拝見してました。ちなみに本人のコメントが「いやー、私ももしかしたら1位かな、って思ったんですけど…」正直ですねえ。(笑)
どんな作品なのかはパラでご確認ください。これもいかにも冬眠蛙好みです。

その後、鳥本さんから写真をせがまれ、逆にこちらも撮らせてもらいました。一緒にいた原さんに「作品集買えなかったんですよぉ~」と言ったら、「私市島さんのを見て作ろうと思ったので、御礼に差し上げます」…やった~~~~!ブログやってて良かった!!
原さんの作品集を入手できて涙涙。

その後、PRするのを忘れていた煙詰大全をTETSUさんのノートパソコンにインストール。あっという間にギャラリーが…。
冬眠蛙「それ、作った人(○○さん)が『これ作ったことがばれると一杯クレームつくから公開しないでって言われました」
TETSU「あぁ~、そうですねえ、すぐに2・3人思い当たりそうです」
…ふきだしそうになりました。
なお、馬詰さんにおかれましてはTETSUさんにねだらずにぜひ詰とうほくまでお越しください。(笑)

盛り上がった二次会も、最後の猪股さんの「来年は神戸で!」のご挨拶でお開き。いや~、楽しい飲み会でした。

…ありゃーレポート終わらなかった。まだまだ続きがあります。さあ、いつ更新できるでしょうか。。。

全国大会レポート②…が。

パソコンがイカレてしまいました…。_| ̄|○
今かろうじてセーフモードで起動していますが、とてももたないので素直に修理出しますです。金が…(涙)

気を取り直してレポート②を。
ちなみにセーフモードの関係で写真がアップできません。。。後日修理終了次第載せます。

棋書販売コーナーから戻り、お世話になっている阿部健治さんに自分の作品集をお渡しし、高坂さんや池田さん、首さんをはじめ、色々雑談していたのですが、誘われるように人だかりが出来ている大道棋コーナーへ。
ものすごく誘い手の多い形で誰も手を出していない。よし、ここで…勿論傍観しました。

角(寿)さん、宮浦さん、長谷さんが手を出して惜しいところまで行ったのですが失敗。福島さんにうまいこと乗せられたのと、ある程度いいセンまで行っていたこともあって初挑戦。かなり危なっかしかったのですが、最後はなんとか詰ますことができました。v(^-^)v阿部さんが毎年すごく嬉しそうにやっているこの催し、長く続いて欲しいものです。

で、第2部は解答競争。最初は3手詰10問を1問30秒で。なんだ楽勝じゃん。…甘かった。最後1問遠開きが見えずに無念の無解。で、次に5手詰10問を同様に1問30秒。泣けることに半分しかできませんでした。西君を引っ張っていかんとこれは駄目ですな。
ちなみにこの催しは2ラウンドで19問正解、延長戦でも強さを見せたコーヘーさんが優勝。やはり年季が違うわぁ。。。…って同い年なんですけど。

その後、宗看生誕300周年記念クイズは2回とも2問で撃沈。しかし皆さん歴史のこともよくご存知でびっくり。1位になった稲葉さんの豪快な発言(「楽勝ですね!!」)が印象的でした。(笑)

最後にひとり一言コーナー。学校担当者と会合の代表者を中心に、ということだったので安心していたら「短コン担当の…」ということで廻ってきてしまいました。担当になった覚えはありません!!と否定できない自分が悲しい…。まあ詰とうほく唯一の参加者でもあったので宣伝をかねて挨拶しました。何言ったか覚えてないですけど。(笑)
結局ほとんどの人が挨拶していたようですね。

というわけで大会は無事終了。2次会へとなだれこみますが、それはまた後日。

全国大会レポート①

そんなに真面目には書きません。あしからず…。

前日に時刻表を確認し、8時すぎに家を出発。これで11時半には横浜に着いてしまうのですから、早くなったものです。
さて、その横浜、なんか妙に浴衣姿が目立つ。「今年はこういうのが流行りなんかな~」等と田舎モノらしく感慨(決して妄想ではありません)にふけっていたところ、駅の構内放送で単に当日が横浜の花火大会であったことが判明。…ってもしかして、まずいものとバッティングしているのではないでしょうか…。

ちょびっと心配になりつつもみなとみらい線で馬車道へ。
Image010

馬車道というと、島田荘司書くところの御手洗&石岡コンビが長く住んでいた所なので、まあ深い意味はありませんが一枚パチリ。
ちなみに冬眠蛙はこのとき携帯のカメラのズームの合わせ方がわかっていません。あしからず。

もっとぼけている会場の写真はこちら。
Image012_1

このビルを貸切で…なわけないですが、それにしてもスゴイ所でやるもんだとひたすら感心。

着いたのは12時くらいで「では昼飯でも…」と思ったのですが、ここで既に下のレストラン街は花火見物客で満杯状態。どこもすぐには入れそうになく、「諦めてパンでもスーパーで買って食うか」と思ったところに中華料理屋さんの店の前で肉まんを売っているのを発見。これを買って上で食べることに。

会場は6Fで、空いているテーブルで早速食事。そこにどこかで見た顔が歩みよってきました。…が、思い出せない(笑)。後で判明したのですが、山田剛氏でした。前見たときよりもだいぶ痩せていたので気付きませんでした。(汗)

…で食べ終わって受付へ。ってあなた、もうほとんど席が埋まっている状態。これはすごい。なんとか空いている席を確保して受付時に配られた詰工房第3作品集「さんらん」を眺めたりしているうちにあっという間に開会。しかし、1500円の会費で作品集つきって元取れてるのかなぁ。ちょっと心配。
ちなみに「さんらん」は、「燦爛」と「散乱」をかけているのだそうですが、そこは冬眠蛙、「神無一族のさんらん」などとギャグを飛ばして周囲の体感気温を下げてあげたのは言うまでもありません。


門脇会長、水上編集長のあいさつやおなじみ小島さんの会計報告(なんか今年は妙にあっさりしていたような)の後、いよいよ看寿賞受賞式。高坂さんと有吉さんの嬉しそうな姿が印象的でした。ここは親友高坂さんの記念写真を残しておかなくては、ということで一枚。
Image014_1


…というわけで第一部終了。ちなみに高坂さんの写真はこのときに撮らせていただきました。
ちなみに高坂さんは作品集を40部持ち込んでいたのですが、あっという間にはけてしまったとか。…で更にここで高坂さんから衝撃発言が。
「原亜津夫さんも出してたんだけど、多分もう無いだろうなあ」

ガーン。そういうのは事前に教えてくださいよ~。
…とここで「そういえば佐原さんから『最近出たのとか珍しいのがあったら買ってきてください』と頼まれてたっけ」ということで別会場の作品集販売場へ。。。ってすみません、人多すぎで身動き取れん…。
入り口で動けずに居たところ師匠とまにょさん(会うのは初めてでした)に捕まって近代将棋購入。さらに師匠からは「解説やんない?」とのお声がけもいただいたのですが、丁重かつ反射的に(←なんか矛盾?)お断りしました。師匠、私が解説では誰も作品出してくれなくなっちゃいますって。

…で古そうな本もありましたが、流石に佐原さんはもう持ってるやつばかりだろうな~と見送り。今回は例年より少し小規模で、原さんの作品集は予想通り売り切れ(涙)。他も珍しそうなのはありませんでしたが、北海道将棋連盟のミニ本を「もしかしたらまだ佐原さんも全部は買ってないかも」ということで2冊購入。あったらゴメンナサイするしかないですね。

会場に戻るといきなり初対面と思われる方から挨拶されました。はて?と思ったところ、最近売り出し中の新人の武さんでした。ブログで「これはイイ!」と書いたのを覚えていただいていたようで御礼を言われたのですが、こちらの方がよほど感激です。
また、その後同じく活躍中の藤沢さんからも。そういえば短コンの短評を送付しましたですね。なんかこういうことでお声がけもらえるというのは嬉しいことです。

他にもブログ読んでますと大勢の方から言われて本当に嬉しかったです。
…全然レポート終りそうにないので、ここで一旦切ります。
明日続き書きます。全部で3回くらいになっちゃいそう…。記憶力もつでしょうか、甚だ心配です。(笑)

遅れましたが

パラ7月号の感想を。

まずは何はともあれ、高坂さんの看寿賞!!実力からすれば5年くらい前に受賞していてもおかしくは無かったと思うのですが、努力する人の下に幸運は訪れるもの。本当におめでとうございます。
受賞作品は私も解いた…というより解かされた(笑)のですが、最初3手が難解なだけにその後の銀回転が輝いて見えますよね。これは本当に解いた人だけがわかる感動だと思います。

が、しかし。

個人的には高坂さんはもっと独創的ないい作品が作れるはずだよなぁ、と思わないでもないです。来年2年連続を目指してもらいましょう。

中編の有吉さん、長編の田島さんと今回は実力者諸氏が受賞。いのてつさんの傑作の数々が選に漏れたのは少し残念。大学の半期賞作は前期・後期ともに記憶に残る作品だったと思います。6月結果発表の短大の作品も作家として羨ましい限りのできばえだったので、これからの作品に期待しましょう。

…というわけで明後日全国大会。2年ぶりなので今からとても楽しみです。皆さん、よろしくおねがいしまーす!!

鯖重杉。

いまどき公衆回線でもないのに、編集用のページに辿り着くまで毎回5分以上…。ニフティさん困りますです。

というわけでなんと1週間ぶりの更新となってしまいました。ほんと重くて重くて。別にネタが無かった…というわけもないでもないですけど。

所用で昨日から保養所に泊まってまいりました。色々な話を聞く催しで、まあまあ楽しめましたし、銭湯だと言ったら信じそうな規模ではありましたが、温泉にのんびりつかって、朝は早起きしてW杯決勝も見れました。ジダン残念でしたがアレはさすがに…。

Jリーグ再開も間近に迫りました。わがアルビレックス新潟はDF、MFに鹿島の内田、G大阪の松下というまずまずな補強をして臨みます。浦和戦、厳しいでしょうがなんとか勝利を…。

さて、全国大会も来週に迫りました。ちっとは新作も…と思いつつ、今日はパズルを。

「柱時計が3時を打つのに3秒かかりました。では9時を打つのには何秒かかるでしょう?」

ではでは。
この内容がちゃんと保存されることを祈りつつ。

いや~驚きました。

中田引退ですか…。
彼の存在感を受け継ぐ存在が日本に現れるのはいつでしょう。
半年前から決めていたらしいですね。私は中田にはなれませんけど、彼の気持ちはわかるような気がします。かけがえのない人生を大切にしようという姿勢に乾杯しましょう。

驚いたといえばW杯の準々決勝、素人の予想が全部当たってしまいました。見たのはブラジル-フランス戦以外の3試合。一番すごかったのはバラックですね。まさかPK蹴らせるとは思いませんでした。決めたときの力強いポーズが印象的でした。
準決勝の予想はドイツとポルトガルの勝利と見ています。ジダンはポルトガルのサッカーに分が悪いと感じています。どの辺がとは敢えて書きません。(笑)

ちなみに今ミスチルの新譜を聴いております。やっくんも書いてましたがコード進行が凝ってますねえ。ミスチル的にはかなりアップテンポですが、どちらかというと冬眠蛙はこういうミスチルは大好きです。
残念だったのは既にDVD付の方が売り切れだったこと。なんかでもイマイチ評判悪いみたいですね。非常に見てみたい気はしますけど。

虹がキレイ

Image009
両親とともに観光に行って帰宅した後に虹が出現しました。
二重になっているのがわかりますでしょうか?二重の虹は久しぶりにみました。う~むこれは七色図式を作れというメッセージでしょうか?…ムリです。(笑)

詰とうほく速報

というわけで?本日詰とうほく。いつもの面々が集まってマターリ過ごしました。

まずは新刊の「ゆめまぼろし百番」を鑑賞。立派な装丁の割りに安いね、という評判でした。私はあまり難解なものは×なので作風的には合わないのですが、作者らしい文面がちりばめられており、これは楽しめそうです。

また、このブログ上でクロさんから「レベルが…」というコメントをもらったA級の私以外の作品を解図。西君が言ってましたが、全般的に易しい作品が揃って、A級らしくない、といえばらしくないですね。まあ中でも私のは…(以下略)。西君とは好みが異なることが改めて判明しました。

伊田さんと佐原さんは柿木将棋を使って作図に没頭。
Image001
テーマは受方22玉、詰方53馬・54馬で一局。目指せ表紙作品、ということでしたが、この構図で15手で易しいヤツって厳しいのでは…(笑)。結局完全作はできず、次回までの宿題となりました。創作活動がやや停滞しているので頑張りませう。
仙台でも都会の方の西君宅には既に7月号が到着しており、見せてもらいました。なんと2作入選していました。v(^-^)v…でもこれで投稿中の作品なくなっちゃいましたけど。オタマジャクシさん、合作入選しましたよ~♪

ちなみに夜の「2連敗したら煙詰創作杯」は今回は私がカド番で西君と。酔いが廻らないうちに勝負!途中西君の構想にミスがあって駒得になり、ヨレヨレになりつつも最後は寄せきりました。ふぅ~~~。これで次の西君と伊田さんの勝負はのんびり観戦できそうです。

実家から両親が来仙しており、明日は一緒に観光。少しでも親孝行してこようと思います。ではでは。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

最近の写真

  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901
  • 2020083073_20200927193901
  • 2020083065_20200927193901