無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

首が痛い。

…きっと仕事のしすぎに違いない。とか言って実は昨日は休暇だったりするのですが。(笑)

こんなときはブログの更新。まずは高坂さん作の解答を。



う~む、シンプルで綺麗です。素材自体はよくあるタイプですけど、完成度が違う。ちなみに冬眠蛙は香と龍の焦点に捨合、というパターンが大好きで、今まで3~4作発表してます。

 
 

あとまたコメントいっぱいもらえたのでパズルも1個。前にちょっと紹介したパズル小説から。

次の日にちはある規則性をもって並べられています。
1月21日
2月25日
3月24日
5月29日
6月25日
7月29日
10月24日
さて、次に来る日は何月何日でしょう?

ミッシングリンク探しのパズルは今回が初めての紹介ですね。
少し難しいかな、と思います。
結構何度も引用したので、この答えを紹介するときは敬意をこめてこの本を紹介しましょう。

世の中アホで出来ている。

…なんだか横山やすしみたい。(--;

なんでこんなタイトルにしたのか、と言いますと、こんな記事↓を見つけたので。

「ニワトリと卵は卵が先」
「ニワトリが先か、卵か先か―。学者から酒場の酔客まで悩ませ続けてきたこの“命題”に、英国の遺伝子専門家と哲学者、養鶏家の3人が結論を下した。その答えは「卵が先」。英PA通信が26日、報じた。」

「ノッティンガム大のブルック・フィールド教授(進化遺伝子学)らによると、生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく、ニワトリ以外の鳥が途中でニワトリになることはあり得ない。このためニワトリ以外の鳥が産んだ卵が、突然変異でニワトリの特性を備えた卵になった、と結論づけたという。」

…こんなこと真面目に考える人間がいたとは…(笑)
ええ、大好きです。こういうの。

 これくらいの遊び心があると人生楽しいですよねえ。
 詰将棋も結構似たような感じですよね。誰がこんなこと考えるんだろ、という作品ほど名作、という…。

 では私も「誰がこんなこと考えるんだろ」的作品を。
Botu7

古図式でもここまで酷い初形にはそうはお目にかかれないかと…。
でもその分気合も入りまくっている作品です。ちょっと難易度高めかな。自力で10分で解ければ三段位はあるのではと思います。

そろそろ功名が辻なので今日はこの辺で。

車検到来

先日自動車税を納めたばかりですが、車検の時期が併せてやってまいりました。

冬眠蛙の車はスズキのワゴンRソリオという車種です。ワゴンRの兄貴みたいな車で軽ではありません。高速使うこともあるかな~と思ってあえてそうした訳ですが、結局実家に帰るときに使ったのは1回だけっす。だってバスの方が圧倒的に安いんだもん。寝ていけるし。
じゃあ土日に近場に出かけたりするのに使うのかというとこれがそうでもない。街中に比較的近いところに住んでいるせいもあり、自転車使うほうが多いですね。結局乗るのは週1ペースです。
では気に入っていないのかというとこれまたそうでもなくて、乗り心地は非常に快適です。皆さんにもオススメできる車だと思いますね。値段も手ごろです。

で、車検に出してきました。重量税やら保険料やらで結構な金額が飛びそうです。昔もこんなに高かったかなぁ。。10万超えるんではキツイ…。
ちょっと遠いところなので代車を頼んだのですが、同じスズキのラパンという車でした。たまに街中で見て「ちっちぇー!」といつも思っていたのですが、乗ってみるとそんなに狭くもなかったですね。運転席は、ですけど。次は軽もいいかも、と思った冬眠蛙でした。

さて、前回の橋をかけるパズルがカンタンすぎたようです。今回はおなじみ天秤の問題を。

同じ外見の金貨がたくさんありますが、この中で1個だけニセモノがあり、他より軽いものになっています。
天秤を使ってニセモノを特定したいのですが、3回だけ使うとした場合に何個までならその中にあるニセモノを特定できるでしょうか?

非王手ばか詰

たくぼんさんのところでまた面白いルールの詰将棋が出題されていたので解いてみました。苦慮すること10分、なんとか解けたつもりです。詰めるまで王手をかけてはいけない、というフェアリーでは比較的シンプルなルールですのでとっつきやすいかもですね。なかなか楽しかったです。
余詰チェックが無理ということで創作はちとムズカシソウ。出題図は少ない駒数でよく限定できているものと感心しました。

先々週の過去作(もちろんかしこですよ…笑)の解答を掲示します。


見たとおり、4手目までで終了しております。中編にしちゃうテもあったのですが収束がいまひとつでした。なかなかうまくは行かないものです。

サッカー観戦

そういえば日本代表が発表になりましたねえ。アルビレックス新潟サポの冬眠蛙としては新潟から1名も選ばれていないのは残念です。次までには一人くらい日本代表に呼んでほしいなあと考えております。今年売り出し中の北野や鈴木慎吾とかはきっと活躍できると思うのですが…。
一般的にはサプライズはジェフ千葉の巻らしいですけど、どちらかというと広島の駒野の方が驚きでしたねえ。村井が怪我をしたせいもありますが、本当は今までの日本にはない個人技で勝負できるルマンの松井の方が良かったんではないかなあと考えております。

さて、本日はサッカー観戦に行って参りました。カードはベガルタ仙台vsザスパ草津。私が2番目に応援するベガルタ仙台は現在J2の3位ということでJ1昇格に向けてまずまずの好位置に付けております。
今回も写真など。
Vfsh0018_2
我らがホームスタジアム、ユアテックスタジアムです。去年までは仙台スタジアムですが、今年から企業名を冠につけました。若干外装も変わったかな?
Vfsh0019
試合前の風景。ちょっとブレちゃいました。

で、試合は、というと5-1で仙台の勝ち。ブラジル人FWボルジェスのハットトリックで意外な大差が付きました。後半途中で相手に退場者が出たせいもありますが、やはり個人技というのは一つの要素として重要だなあと思います。オフサイドぎりぎりでの見事な飛び出しが印象に残りました。
良い印象だけではなくて悪いところも。前々から言われているようですが、中盤のチェックがちょっと甘いですね。DFラインももう少し上げないとこれからキツイと思います。今回も退場者が出た後も何度か決定的なピンチがありました。4-3-3のフォーメーションの弱点であるのかもしれないですが、中盤を支える千葉やサイドの村上・菅井あたりはちゃんとしたチェックを心がけて、今年こそはJ1昇格を勝ち取って欲しいと思います。

まあ何にせよ、こうやって気軽にサッカー観戦を楽しめるのはありがたいことです。皆さんも出かけてみませんか?

官庁おそるべし。

同僚からニュースが流れてまいりました。詳しくはコチラをクリックしてご確認ください。

す…すごい。何がすごいって、再発行することを考えていないのが。まあ再発行すればしたで「税金の無駄使い」とか言われるのは見えてるんでしょうけど。普通の会社なら考えられない話です。NTTデータの関係者は今頃針のムシロに座らされている気分でしょう…。
ちなみに当然ながら仙台市民の私のところにも届いております。試しにコンビニ行ってみるかな…って今お金持ってないですけど。(汗)

さて、最近パズルだとコメントが多くくるので今日もまた1個。これも結構有名かも。

下図のような位置関係でAさん宅とBさん宅があります。
Photo

さて、Aさん宅からBさん宅に行きやすくなるように川に橋を1個かけることにしました。ただし、橋は川に対して垂直にかける必要があります。
ではどこに橋をかければいちばん短い距離でAさん宅からBさん宅に行けるようになるでしょうか?

もしよろしければこの前の記事の詰将棋のご感想もお待ちしておりますです。よろしくお願いします。

結婚式。

…というわけで同僚の結婚式に出席してまいりました。先々週の日曜に続いて出費が…というのはまあいいとしまして、幸せそうな顔を見れるのは本当に良いことです。

自分も早くしたいものだ…という話も置いておきまして、おととい書いたオリエンタルラジオの芸もなんとかやりました。インターネットで見て練習しておいたのですが、そのファイル見ると2分とか3分くらいなんですよね。もっと長く感じるけどなあと見ていたときは思っていたのですが、いざやってみるとあっという間。でも皆息切れ気味でした。日ごろいかに運動していないかがよくわかりました(笑)。

今日はのんびり。高坂さんの作品集も解き始めております。今回は50問ということで名作の数々も多く収録されており、これは苦労しそうな感じです。高坂さん、感想は気長にお待ちください。(笑)
解けたものから1作紹介。新聞発表なのでご感想もお待ちしております。
06may14a
この収束は私も1局使いました。こちらの方がよりシンプルでとっつきやすい感が強いです。詰将棋初心者向け作品はかくあるべき、というスキのない仕上がりです。センスのよさをご堪能ください。

武勇伝♪武勇伝♪

このミソクソ忙しいときに明日同僚の結婚式で出し物(タイトル↑のですな)をやらされることとなり、現在必死にフリを覚えている冬眠蛙です。デンデンデデンデン♪

さてさて、「消えた1000円」に多数のコメント、ありがとうございました。なかなか面白い話ですよね。かねこさんとポアロさんのコメントに大笑い。ちなみに私の場合は万単位でパチンコ台に吸い込まれることも…(^^;
また何かパズル入手しましたら紹介しますね。

では先週紹介の詰将棋の解答を。




初手から3手目の異質な手触りが面白いかと思います。ちなみに6手目合駒の割り切り方は少しインチキかも。
パラ中学校で客寄せに使われた作品です。

<速報>
高坂さんから2冊目の作品集をもらいました!(・∀・)
これから解くのですが、またここで作品を紹介させてもらおうと思っております。お楽しみに!

ではでは。ペケポン!

消えた1000円

久しぶりにパズルを。聞いたことある人もいるかもしれません。

あるホテルに3人連れが宿泊しました。
宿泊代はひとり10000円で、3人で30000円をホテルのフロントに支払いました。
フロントは早速支配人に報告しました。すると支配人は
『3人も泊まっていただいたのだから5000円オマケしよう』
とフロントに5000円を渡しました。

フロントの男は考えました。
『5000円では3人では割れないから3000円返して2000円は自分がもらってしまおう』
…ということで3人連れに3000円を返しました。3人は大喜びで1000円ずつ分けました。

さて、ここで問題です。
3人の宿泊客は結局一人あたり9000円、合計で27000円払ったことになります。
フロントがくすねたのは2000円です。
合計すると29000円。
さて、最初に払った30000円との差の1000円はどこにいったのでしょう?

ゴールデンウィーク後半の部

実家から戻ってまいりました。

初日:午後3時過ぎに到着。
2日目:買い物に行く。ドブ掃除。
3日目:ドブ掃除の腰痛にあえぐ。
4日目:アルビ試合観戦。4-2勝利キタ―――(゜∀゜)―――!
5日目:朝のバスにて帰宅

ということで本当にのんびり過ごしました。

個人的にはアルビが勝ったのがなにより嬉しいですね。目の前でゴールが決まるのを見るのはなにより気分がいいです。大観衆で盛り上がりました。ちなみに公式発表では42056人ということですが、鉄板でウソと思われます。絶対にもっといた。私と姉の座った自由席なんぞみんな立ち見でしたし。
ちなみにちょびっと写真など。私のケータイ、カメラ機能が貧弱なのでぼんやりとしか写ってないですけど。
Vfsh0016_1

えっと、外観の一部です。



Vfsh0015_1

スタジアム。1時間以上前なのでまだ少し空きがありました。これが試合開始後は目一杯入りました。
んで、最後にお土産に買った携帯ストラップを。


Vfsh0017_1

アルビ君と言います。Jリーグの各チームのキャラクターの中で最も戦闘能力がないと言われております。(笑)大体お前、それほんとに翼なのか??でもカワイイです。






詰将棋は全然やりませんでしたねぇ。そろそろ何か…とは思うのですけど。
そんなわけで過去作を紹介しておしまい。
Botu6
これも素材を活かしきれなかった作品。収束あまり長くしたくなかった、というのが一因です。63歩がなあ…。

なんだかしらないですけど

ニフティさんからアクセス解析関係でおわびっぽいお知らせが来てますね。
なにやら一時期アクセスできない環境になったとか。
ブログ更新は基本的に夜ですが、時間帯によっては確かにとんでもなく重いときがありますね。改善してくれると助かります。
で、試しにそのページを覗いてみたら、ブログユーザーからの批難ごーごー。それはそうでしょう、お金払って開設しているひとも多いですし。

でも。ですね。

個人的にはニフティさん側の気持ちもわかります。多分精一杯やってるはずですよ。特にPGM技術者の方とか。私もそういう仕事ですが、そういうときはユーザーが使う時間はそっち方面の対応があるので、基本的に復旧作業は夜を狙うしかないです。睡眠時間を削るしかないわけで、これは本当にばてます。で、倒れるわけにもいかないので、勇気をふりしぼって「今日はここまで、明日はそこまで」とスケジューリングして対応するのです。
でもそういう姿はユーザー側には当然見えないわけで批難が起きても仕方ないです。今言えるのは、早く終るといいですね。ただそれだけです。もう頑張れって言ってもこれ以上頑張れない状況ですからね。

そんな私は今やっている仕事のオープンは当分先なので今年は本当のゴールデンウィークです。3日に帰るのですが、とりあえず「何読んで帰るかなぁ」といったところ。大体バスに乗る前に本屋によって、その場で決めていますが、最近はどれも面白そうで面白くなさそうで、本当に迷います。
なにか良い本(できればミステリ系)あったら教えてください。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito