無料ブログはココログ

« 煙ソーサク。 | トップページ | 初形曲詰 »

暗闇坂の人喰いの木

久々にミステリ評など。

…といっても、私のミステリ評は偏ってます。どう偏っているかというと、気に入ったものしか採りあげない、というところですね。つまらないもの紹介してもしょうがない…とも思いませんけどね。(読んでつまらなかったときに「なんて無駄な時間を…」というのはミステリファンなら誰もが抱く感情でしょう)

という訳で今回は島田荘司の「暗闇坂の人喰いの木」。この人の代表作はこれではないかな、と思います。タイトルのおどろおどろしさは少し横溝チックですね。ストーリーは比較的追いやすいですし、人物がよく描けていると思います。トリックはそんなにすごい、というほどではないですが、クライマックスに向けて盛り上がっていく構成は好みです。なんか詰将棋評みたいですな。(笑)
なお、やっぱりトリックが最も重要、という方であれば同じ作者の「奇想、天を動かす」がオススメです。力作、という言葉がぴったり。島田荘司はミステリ界では新本格派の開祖として位置づけられておりますが、昨今の新本格が溢れかえる中ではどちらかというと半社会派、という感じですね。その作風が見事に活かされている作品だと思います。

« 煙ソーサク。 | トップページ | 初形曲詰 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇坂の人喰いの木:

« 煙ソーサク。 | トップページ | 初形曲詰 »

最近の写真

  • 0507
  • 0506_20201025204301
  • 20201018inoue
  • 20201018takagi
  • 0506
  • 0505_20201011224401
  • 0505sankou
  • 20201004kaneko
  • 20201004kishi
  • 0505
  • Start_20200927193901
  • 2020083092_20200927193901