無料ブログはココログ

« 不健康診断 | トップページ | 最近ココログ重い… »

ボードゲームとミステリ

土日と実家に帰っており、更新できませんでした。

私の場合、独り身ということもあって、実家に帰るのは高速バスが一番安くてかつ楽な状況であり、格好の読書タイムとなります。今回読んだのは北村薫の「盤上の敵」。盤上といっても将棋の話ではありません。登場人物をチェスの駒に見立てて章立てがされている、というだけです。突然妻を人質に取って家に立てこもったた凶悪犯と対峙する夫、という構図ですが、なかなかの面白さでした。ちゃんと駒に見立てている意味がある?あたりがスゴイです。

ではボードゲームを主題に使ったミステリで面白いのは?と問われると今のところ何冊か読んだことはあるのですが、これはスゴイ!というのは一冊もないですね。どうも一般読者向けに突飛な設定とかが乱舞してしまって、ミステリ自体の面白さに欠ける部分が目立ちました。やっぱりボードゲームのミステリは詰将棋が一番、というところなんでしょうか。。
ちなみに本屋には置いてないですが、面白かったのは京都民報の詰将棋を担当されている楠原崇司さん(皆さんご存知のあの方です)が書いた「詰将棋作家は詰め上り図を崩さない」。詰キスト以外のひとにはちょっと苦しいですが、短編として楽しめました。

詰将棋と言えば、久しぶりの「この詰将棋がイイ!」というのを見ました。今月結果発表の同人室の大和氏作です。趣向だけで作品になっていて、こういうの大好きです。

ではでは。

« 不健康診断 | トップページ | 最近ココログ重い… »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボードゲームとミステリ:

« 不健康診断 | トップページ | 最近ココログ重い… »

最近の写真

  • 20191117umemoto
  • 20191117okajima
  • 20191110horikiri
  • 20191110sakai
  • P_20191005_193337
  • P_20191013_204740
  • P_20191020_194636
  • P_20191031_213402
  • 20191027imamura
  • 20191027yamada_20191027215501
  • P_20190910_212815
  • P_20190914_201123