無料ブログはココログ

« ミュージカルバトン | トップページ | 7月号 »

どんなに易しい手筋ものであろうと

…最初に出たときは構想ものと呼ばれていたはず、というのは山田康平さん(結婚おめでとうございます…って遅いか)の弁。
んでは現代において構想ものとはいかなる作品なのか?前の知恵の輪と同様、正確に定義するのは大変でしょう。
050630

これもまあ構想作になるのかな?易しい9手詰です。
この作品に使われているテーマは私好みでして、パラに発表したものにもやはり同じようなものがあります。これは詰将棋を始めた頃にみた中村雅哉さん作の影響ですね。実はそちらを紹介したかったのですが、手順は覚えているものの配置が思い出せない…。誰か助けてくれないかな。将棋世界に出てたもの、ということは確かなのですが。

こないだ書いた「四次元」を昨日買って今聴きまくっているところです。Mr.Childrenはどこがお気に入りなのか、というと平凡の中に非凡さを出そうとしているところですね。非凡さを出そうとして平凡になってしまうアーティストが多い中で本当に貴重な存在と思います。
やっくんも書いてましたが「And I love you」が本当にいい曲でした。ランニングハイも面白かったです。易しい構想作に近い感じで、身構えて聴く必要もなく楽しんでいます。

« ミュージカルバトン | トップページ | 7月号 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんなに易しい手筋ものであろうと:

» 詰パラ届かず。。。 [風みどりの玉手箱]
6月は仕事に追われてあっという間に過ぎ去っていってしまった。 たくぼんさんの日記を読んで,もう6月が終わることに気づいた始末。 順位戦もまだほとんど手付かずのまま。 冬眠蛙の冬眠日記: どんなに易しい手筋ものであろうと T-Baseでざっと探してみました。 これはどうですか? 掲示板からだとトラバ送れないので,掲示板はアップローダとして 使っています。テンポイラリな図面はこの方法がいいかも。...... [続きを読む]

« ミュージカルバトン | トップページ | 7月号 »

最近の写真

  • 20190721umemoto
  • 20190721ichishima
  • P_20190607_205206_vhdr_on
  • P_20190614_210441
  • 20190630ohashi_20190707212501
  • 20190707hasaki
  • 20190630ohashi
  • 20190622kaneko
  • 20190622honma
  • P_20190505_201236