« 5月号到着(・∀・) | トップページ | あたまの体操 »

方向違いといいつつも

昨日のをさらに逆算してみました。
050501
少しやりすぎかなあとは思いつつも合駒が出せそうだと飛びつくのは逆算型詰将棋作家の宿命です。(^^;
21桂は他の配置にしたかったのですが、余詰と変長のアラシにやられました。ちなみに21桂を44金配置にして持駒4銀にする手もありますが、持駒4銀というのは私の中では条件作の内に入りません。

難度もまあまあだしこんなものかな、と思う反面、どうも違うような気がするんですよね。どちらかというと左辺で逆算したかったです。59金を93角にして角打から始めるとか。無謀だとは思うんですけど。

ところでアルビ、なんとかしてくれ…。

« 5月号到着(・∀・) | トップページ | あたまの体操 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 方向違いといいつつも:

« 5月号到着(・∀・) | トップページ | あたまの体操 »