無料ブログはココログ

« 春季団体戦 | トップページ | プロの世界を見る。 »

無駄合

050522
今日はいきなり図面から。既に発表した作品なので答えを書くと初手は97飛です。4桂連合を防ぐための最遠打なわけですが、実はこの作品、変長です。

変長となる手順は87歩合とした後、77桂・67桂・57桂と連続合した瞬間に26角~39歩の筋で詰ますものです。最後は57飛までなのですが、当時ここで思ったのは「この手順中の77桂・67桂は有効合なのか?」ということ。連続合の理由にもなっている26角~48金から飛を引く筋に対しては有効ですが、26角~39歩の筋に対しては無効。こういった部分でのルールというのはまだ曖昧なように思っています。
作者としての答えは「無駄合に近い有効合でありやはり変化長」。ある手順の中では無駄合だから無駄だ、では解答者の負担が大きすぎるように感じます。でも実は発表時は変長指摘は1個もありませんでしたけど(笑)

無駄合というと前に「古時計」や「園裡の虎」で少し議論になったことがありましたが、あちらの論点は「持駒増加部分を除いて局面が回帰していることが(どんなに手順が長くなろうとも)できるのであればそれは無駄合扱いできるのか」ということでした。こちらの方は個人的には無駄合だよなあ、と思っています。幾分作家よりの見方になっている、という点では上の話と同じですけどね。

難しい話でスミマセンでした。

« 春季団体戦 | トップページ | プロの世界を見る。 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無駄合:

« 春季団体戦 | トップページ | プロの世界を見る。 »

最近の写真

  • Unicycle
  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on