無料ブログはココログ

« 神の左手 | トップページ | 「ルール」とは。 »

91角不成

やっくんのAll by Myself(ミスチルの歌からかな?だとするとシブイ選曲だな~)というブログで「91角不成の入った詰将棋」について考察されてました。「できるだけ最短手数で」という要望に神無七郎さんが5手という解答を示されてます。私も神無さんの答えを見る前に試しに5手でできるか考えてみましたが、一番短くて7手でした。解答を見て納得。なるほどね~。

その神無氏、解答は出しつつも「最短手数よりも91角不成が妙手に見える演出を」という要望を出してます。あいかわらずゼイタクだなあ。(^-^)まあでも、最短手数にこだわるほどの条件ではないのでもっともな意見かと思います。
できれば92玉、82角、52飛くらいで91角不成くらいの衝撃がほしいなあ…と少し頑張ってみましたが、とりあえず短編ではムリムリであることがわかっただけでした。←マジメにやらんか、まったく。

というわけでちょっと作ってみた中から1局。都合上左右反転してます。050328
クリックすると拡大します。ちょっと類型的ですね。これを発展させることも可能かなと思います。33と14に詰方の歩を置いて24をあけておけば22合~13歩成~22角生で1歩余計に稼げるとか。収束探しが大変そうだけど。


追伸
風みどりさん、お褒めいただき恐縮です。新聞向けだったので取ってつけたような収束なんですけどね。天狗舞じゃちょっとオイシすぎですね。(笑)

« 神の左手 | トップページ | 「ルール」とは。 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

狭いところに本当にうまくできてて、
解きたくなるような作品ですね。
こういうの作ってみたいです。
答えは14竜までであってますよね?

正解です。
ネットだとほんとはこれ位の易しさがちょうどいいかもですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 91角不成:

» [詰将棋]91角生その後 [All by myself]
▲91角生について、「冬眠蛙の冬眠日記」で取り上げていただきました。枚数の話題としては収束してしまった感じで、今後考えていくべきことは演出でしょうね。 ところ... [続きを読む]

« 神の左手 | トップページ | 「ルール」とは。 »

最近の写真

  • 20200524yamada
  • 20200524sakai
  • P_20200201_200959_vhdr_on
  • P_20200208_200206_vhdr_on
  • P_20200214_213250_vhdr_on
  • P_20200220_213059_vhdr_on
  • P_20200224_210639_vhdr_on
  • P_20200305_213012_vhdr_on
  • P_20200311_212236_vhdr_on
  • P_20200315_200308_vhdr_on
  • P_20200404_202246_vhdr_on
  • 20200517ito