軽趣向好作選1

 しばらく前に、「軽趣向を楽しもう!」という企画で順次香成趣向をとりあげて連載しました。個人的にはああいった形で、趣向の中身を紹介しつつ、体系的に作品を取り上げられたらな、と思うのですが、過去作品が多くて、なかなか整理しきれません。また、分類がまた難しくて、複合趣向だったりすると、似た傾向でもある日に整理したものと別の日に整理したもので違う分類になったりして、ズボラな冬眠蛙にはかなり厳しいことが判明しました。というわけで、少しトーンダウンして、保持しているものから、軽趣向で良くできているな、という作品を紹介していく形にしようかと考えております。
 というわけで、再出発第一弾はこちら。
199301ohashi
▲16飛△28玉▲29歩△同玉▲38銀△28玉
▲18飛△同玉▲27銀△17玉▲26銀引△28玉
▲29歩△同玉▲38銀△28玉▲37銀引△17玉
▲16金△同玉▲27銀△17玉▲26銀上△28玉
▲29歩△同玉▲38銀△28玉▲37銀引△17玉
▲18歩△16玉▲27銀△15玉▲26銀左迄35手。

 2枚の銀を操りながら、少しずつ局面を変えていきます。18手目の局面で打歩詰になりますが、金を捨てた後、もう一度銀を繰り替えると30手目にして15金がないだけの局面に還元し、18歩が実現する、という仕掛けです。序奏を含めて軽趣向の雰囲気が良く出ており、大橋氏のいつもの作風とは少し違う、ユーモアあふれる作品でした。
 ところでこの作品は趣向的には知恵の輪に分類されると考えており、また当時の解説にもそう書かれています。では、「知恵の輪の定義は?」という疑問について、冬眠蛙的には「一定の手順で元の局面に還元する手順があり、その手順を少しずつ変えることで打開するもの」というイメージで整理していたのですが、この作品の場合、「一定の手順で元の局面に還元する手順」は存在しません。ちょっと冬眠蛙の定義では整理しきれていない、ということですね。良い定義があれば、どなたかご教示いただければ、と思います。

日本酒の記録(2018年10月)

 次回詰とうほく、2月頭にもっていったらまだ抽選に参加できないことが判明。日程の確定は来月頭になりそうです。2月2日を基本線にしていますが、これだと会合案内は1月号に載せた方がいいですかね。

 さて、本日は日本酒の記録を。9月最後に開けた「得月」、辛口が後をひき、なかなか独特な感じでした。で、10月はというと。
Dsc_0572
 久しぶりの十四代。居酒屋さんではなかなかお目にかかれないので、店で見るとつい手が伸びてしまいます。今回も香りと舌ざわりを堪能しました。今回も前回と同じ極上諸白。違うのも飲んでみたいのですが、どこかで手に入らないかなあ。

Dsc_0579
 続いて、詰とうほくで岩本さんからいただいた、奈良県大和郡山市の中谷酒造さんの「語り部のつぶやき こをろこをろ」。もらってすぐに、あっという間に開けて飲んでしまいました(笑)。酸味が強めですが、嫌味にはならず、スルリと飲めるお酒でした。最初は吟醸香はあまりしなかったのですが、封を開けてしばらくすると、香りも含めて更に美味しく感じられました。冬眠蛙の気のせいかもしれません。奈良県のお酒は初めてで、妻ともども、喜んでいただきました。岩本さん、大変ありがとうございました。

 パズル雑談、最初の易しそうなモノだけでも…と思ったらこれが全然解けない。なんかルール勘違いしているのかなあ。ではでは。

半職業病

 パラ11月号が届きました。将棋パズル雑談、なんか急に難しくなりましたねえ。なんとか全題トライまではしてみたいところですが。
 結果稿ではやはり相馬氏の大学作品でしょうか。理論はわかりやすいのですが、作るのはとても難度が高いと思います。どれくらいで作れるんですかねえ。驚きました。
 ところで1個だけ直感的に誤植?に気づきました。D級順位戦の④小林氏作について、柴田さんが「断トツの高得点」と書いてあったので、見てみたら4.75。なるほど、これは高得点。……と思ったのですが、5~1点の評価人数を見て、直感的に「そんなに高いかな?」と。というわけで計算してみたら、たぶんですが、4.39が正しいようです。短コンで長らく採点やっていたせいで、「この配分ではそんなに高得点にはいかないはず」というのがわかるんです。スゴイでしょ?これが何の役にも立たないのが辛いところです(笑)。

 久しぶりに1個作品を作りましたが、なかなか思い通りの仕上がりにはできず。継続していかないとダメですね。
 あと、軽趣向作紹介も次の企画を考えています。近々スタートしたいので、ぜひ読んでいただければと。

面白いサッカー、強いサッカー

 今日はサッカーの話題を。J2での新潟、出だしこそ比較的順調に勝ち点を積み上げましたが、当初から内容が今ひとつで、危惧した通り途中から負け続きで、残念ながらJ1復帰は早々に夢と消えました。正直見ていてもあまり面白いサッカーではなく、監督交代がもう少し早ければ、と感じる次第。
 J2で面白いサッカーというと、ダントツで千葉。得点の匂いが強い攻撃は見ていてとても楽しい。J1の川崎をさらに攻撃的にした感じでしょうか。が、これがまた新潟以上に勝てない。ハイライン過ぎるせいもあるのでしょうが、結構な負け方をするときもあります。見ていて面白いサッカーと強いサッカーというのは違うのかなと。まあサポーターになると、やはり勝てないんでは駄目でしょうね。

 話は戻って新潟は監督交代後、アグレッシブさが戻ってきたような勝ち方で(遅いんですけど)好調をキープ。ただ、もう少し意外性のある攻撃も見てみたいなあ。そういった器用な選手が来年は取れたらなあ、と思います。

 世の中では先週は安田氏解放一色という感じでしょうか。いろいろな意見が出ているようで、「物事には多面性がある」ことを示す好例じゃないですかね。最近のニュースは、どう見ても一つの見方に誘導しているものばっかりでしたから。戦場ジャーナリストなる職業がどのような体系になっているのか分からない中で、簡単に意見を言えないのかな、と感じています。当然助かってよかったとは思いますけどね。
 最近はコメンテーターがどのようなコメントをしたのかまでネットで取り上げられるようになりました。コメントするだけでも批判されかねないこともあるようで、楽なもんじゃないですね。私にはムリだな。ではでは。

10月の詰とうほく

 昨日、10月の詰とうほくを開催しました。すっかり常連となっている8名の参加。新規参加者も欲しいところですが…。いつもどおりのノンビリ会合でしたが、Uraさんが新しく作ったソフトで利波さん、佐原さんは盛り上がっておりました。作品管理用?途中経過がUraさんのブログで報告されております。あとは詰将棋ファンを見たり、利波さんや石川さんの新作をいじったり、安南詰を解いたり等等。駒に触れるのは久しぶりでしたので、結構楽しかったです。
 会合の途中から雨が降り出して、近くの二次会会場まではちょっと雨に濡れながら。尾形さんと雑談していたのですが、ここ数年、詰とうほくは雨に降られたことがなかったなと。結構すごい運だと思います。晴れ男がいるのかな?
 二次会では100回記念の話や全国大会の参加者数の話題等。最近ずっと駅東口の地元密着型居酒屋さんを使っているのですが、床が固いのでそろそろ違う店も開拓しないといけないかもしれませんね。

 その次回は来年2月2日で。良く考えたら、抽選に応募できるのが来月なので、2日と9日の線で応募してみます。結果はまた後程…。
 あと、今回は岩本さんから、とてもスゴイ贈り物をいただきました。後日紹介させていただきます。岩本さん、ありがとうございました。

パラ10月号

 ここのところ、旅行に行ったり仕事が忙しかったりで、なかなか詰将棋に割く時間がありません。軽趣向作品紹介ももうちょっと先になりそう。来週は詰とうほくなので、久しぶりに駒に触れることになるかと。

 ところで、パラ10月号の半期賞記事で、三輪さんの感想が興味深かったです。『賞は受賞作があってこそ賞』、なるほどなあ、と思いました。昔みたいに「少なくとも月の評点首位作以外は選んではいけない」といった堅苦しい決まりもないわけですし、単純に担当者の方が「この作品は良かったね」という作品を選ぶくらいで割り切ってしまっても良いのかもしれませんね。というわけで、受賞された皆様、おめでとうございました。
 結果稿の中では、やはり大学院の吉田氏作。このブログで紹介した同氏の作品もかなり精緻だなあ、と感心したのですが、3段馬ノコまで持っていくというのは、本当にすごい。タイミングからすると、もしかして、このブログでの記事が創作のきっかけの一つになってたり…しないか(笑)。

 先ほども書きましたが来週は詰とうほく。皆様のお越しを楽しみにしております。ではでは。

日本酒の記録(2018年8・9月)

 また台風ですねえ。今回は仙台も直撃のようで、かなり心配です。
 さて、では日本酒の記録を。2か月分ということで、ちょっと多いです。えへへ。
Dsc_0453_2
まずは山口県の「東洋美人」。山口では獺祭と並ぶ人気銘柄。この「純米大吟醸白鶴錦40」は比較的リーズナブルなお値段で手に入ります。以前に飲んだ同じ東洋美人の「一番纏」に比べると少し香りは抑え目な感じ。刺身によく合いました。
Dsc_0477
私の好みの銘柄、三重の「而今」の「純米吟醸千本錦火入」。 3月に飲んだ「酒未来」より酸味は少なかったですかね。でもフルーティで楽しめました。
Dsc_0491
続いても私が好んで飲む秋田新政酒造の「亜麻猫」のスパーリング。スパークリングは久しぶりですが、吟醸香がしっかり残っており、美味しく飲めました。普通に出されたら日本酒だと思わないかもしれません。
Dsc_0495
続いては福井のお酒、「黒龍」の「いっちょらい」。それまで甘口系が続いたせいか、力強い辛さを感じました。辛口好みな方はぜひ。冷やで飲みましたが、熱燗でもいけそうな気がします。
Dsc_0502
愛知のお酒、「醸し人九平次」の「純米大吟醸human」。前回東京で買った普通の純米大吟醸も美味しかったのですが、これもなかなか。グラスに注いだときに立ち上る香りが食欲をそそります。仙台でも置いてある店が分かったので、また別のも飲みたいですね。
Dsc_0545
まだ開けたばかり、故郷新潟の朝日酒造の「得月」。「久保田」で有名な酒蔵の秋の限定品なのだそうです。精米を28%まで行っており、雑味のない辛口という感じ。サンマの塩焼きとかで飲みたいお酒です。

パラまだ来ない。。。10月は詰とうほく開催しますので、会合案内で興味を持たれた方、気兼ねなく来ていただければ。お待ちしております。

軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑩-

 前回の田島氏作紹介にコメントいただきました。フラッシュ盤の方は、変化手順があるとうまく作れないみたいなんですよねえ。申し訳ありません。
 で、kamuさんからコメントいただいて、なるほど、と思わされました。実はもらったリスト(元は詰将棋曼荼羅?)に入ってなくて、おそらく違う趣向の方に分類されたんですかね。でも、「土用波」は駒場さんの作品の中ではかなり好きなものなので、これは紹介しなくては、と思った次第です。10回目ということでキリもよいですし(笑)、お付き合いください。
20180917komaba
 2枚の角(馬)筋に玉が浮いている構図で、両王手の金鋸で上段に追うことが可能。しかし、84と、75玉、74と、65玉、75と…と追いかけると、最後19歩が浮いているため、39とに対して19玉で詰みません。(失敗図)

20180917komaba2
 38の玉方の効きが無ければ、失敗図の前の39に追い込んだ時点で38角成で詰むのですが、いかんせん、38には玉方の守備が3枚(27金・32飛・37歩)も。これを打開するのが順次香成趣向発生の仕掛けとなっています。では作意手順を。
▲84と△75玉▲74と△65玉▲64と△同玉
▲65歩△73玉▲83と△74玉▲84と△75玉
▲74と△65玉▲75と△66玉▲65と△56玉
▲55と△同玉▲56歩△64玉▲65歩△73玉
▲83香成△74玉▲84成香△75玉▲74成香△65玉
▲75成香△66玉▲65成香△56玉▲66成香△57玉
▲56成香△46玉▲46成香△同玉▲47歩△55玉
▲56歩△64玉▲65歩△73玉▲83香成△74玉
▲84成香△75玉▲74成香△65玉▲75成香△66玉
▲65成香△56玉▲66成香△57玉▲56成香△47玉
▲57成香△48玉▲47成香△38玉▲37成香△同玉
▲27金△同玉▲26金△37玉▲38歩△46玉
▲47歩△55玉▲56歩△64玉▲65歩△73玉
▲83香成△74玉▲84成香△75玉▲74成香△65玉
▲75成香△66玉▲65成香△56玉▲66成香△57玉
▲56成香△47玉▲57成香△48玉▲47成香△38玉
▲48成香△39玉▲37成香△93桂▲38角成迄101手。

玉方の64歩・55歩・46歩・37歩を剥がしては下段に追い戻すのですが、この順番は崩せません。例えば先に55歩を剥がすと56歩が打歩詰になりますね。とても巧みな仕組みで1サイクルごとに移動距離が長くなるのが何とも味わい深い。またタイトルがいいですね。駒場さんの作品名のセンスは詰将棋作家の中でもピカイチと思います。

というわけで、改めてお付き合いありがとうございました。ではでは。

軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑨-

いよいよ最終回です。紹介するのはこちらの作品です。
20180909tajima1
順次香成趣向なのに肝心の香がいません。ということは。
『▲58香△57香▲同香△46玉▲53香成△56玉
▲58香△57香▲同香△46玉▲54香△56玉
▲58香△57香▲同香△46玉▲55香△56玉
▲58香△57角▲同香△46玉▲37銀△35玉
▲26角△34玉▲35歩△44玉』
20180909tajima2
 盤面にあれよあれよと4香が出現。これを成り捨てるわけですね。香が尽きたところで角合が出て、これを取って玉を下段に落としますが、香合は手数稼ぎのように見えて、実は違います。上図で54香や55香がないと、54成香や88角で簡単。香でスペースを埋める必要があるわけですね。
 さて、あとは4香を成り捨てて簡単かと思いきや。
「▲43成香△同玉▲53香成△32玉▲43成香△同玉
▲53香成△32玉▲43成香△同玉▲53香成△同玉
▲34歩△44香」▲同角△同玉▲88角△35玉
▲26銀△46玉▲79角△56玉
20180909tajima3
なんと初形から88歩がなくなっただけの局面になりました。今までの手順のほぼ全体が巨大な繰り返しプロットになっているのです!ということで、ここからまた4香出現→成捨てが現れます。どうやってここから局面を展開するのかを含めてご鑑賞ください。
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
「▲43成香△同玉 ~ ▲34歩△44香」
▲97角△75歩▲44角△同玉▲88角△35玉
▲26銀△46玉▲79角△56玉
20180909tajima4_2
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
「▲43成香△同玉 ~ ▲34歩△44香」
▲同角△同玉▲94飛△84歩▲88角△35玉
▲26銀△46玉▲79角△56玉
20180909tajima5
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
「▲43成香△同玉 ~ ▲62龍△同玉▲92飛成△53玉▲34歩△44香」
▲同角△同玉▲88角△35玉▲26銀△46玉
▲79角△56玉
20180909tajima6
『▲58香△57香 ~ ▲35歩△44玉』
▲43成香△同玉▲53香成△32玉▲43成香△同玉
▲53香成△32玉▲43成香△同玉▲54と△32玉
▲33銀△同玉▲34歩△32玉▲43と△同玉
▲53香成△32玉▲33歩成△同玉▲24と△32玉
▲33歩△21玉▲12成桂△同玉▲13と△21玉
▲22金まで267手。

龍置き換えで62歩を剥がした効果で、収束に入ります。★21玉が2手変化長ですが、これだけの巨大プロットを繰り返すキー設定が素晴らしい。大作という言葉がぴったりきますね。堪能していただければと思います。
ということで、順次香成趣向で連載してみました。どうでしたでしょうか。ご感想お待ちしております

軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑧-

 ここのところ、久しぶりに創作にはまっています。が、全くうまくいかず。悔しいのでどんな作品かは言わないことにします。
 その関係で、これはすごいなあ、という2作を紹介しようと思っていたのですが、まずは内1作を今日は紹介。
20180902yamazaki
▲53金△同玉▲13飛成△42玉▲51角成△同玉
▲62桂成△同玉▲73銀成△51玉▲52銀成△同玉
『▲63成銀△42玉▲53成銀△32玉▲43成銀△41玉
▲42歩△51玉▲52歩△61玉▲62歩△72玉
▲83歩成△62玉▲53成銀△61玉▲62成銀△同玉
▲73と△52玉』
『▲63と△42玉~▲73成香△52玉』
『▲63成香△42玉~▲73成香△52玉』
『▲63成香△42玉~▲73成香△52玉』
『▲63成香△42玉~▲73成香△52玉』
▲63成香△42玉▲53成香△51玉▲52歩△61玉
▲62歩△72玉▲63成香△82玉▲81金△同玉
▲84香△91玉▲82香成△同玉▲73成香△91玉
▲82成香△同玉▲83龍△91玉▲93龍△81玉
▲92龍△同玉▲65角△81玉▲82金△同玉
▲83金△81玉▲82歩△91玉▲92金まで127手。

 なんと成った香が5回動かす趣向作。龍を動かす変化を使って、歩を消費しながら途中で追う成香をバトンタッチするのが何とも巧みな機構です。これを順次香成趣向と結びつけることに気づいた作者の勝利だなあ、と思います。
 山崎氏というと「赤兎馬」をはじめとした傑作長編作家ですが、この作品も隠れた名作と思います。
 次回が最後になります。お楽しみに。

«軽趣向を楽しもう! -順次香成趣向⑦-

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ