無料ブログはココログ

 

  •  

軽趣向好作選63

 来週のイベントのための切符を買いに街に出たのですが、以前ほどではないにせよ、やはり活気が戻ってきてますね。良かったなと思う反面、若干まだ不安もあったりします。

 さて本日は軽趣向好作選です。
20211023horikiri
▲31金△11玉▲12歩△同飛
▲33馬△22飛▲12歩△同玉
▲34馬△23飛▲24桂△22玉
▲44馬△33飛▲23歩△同玉
▲45馬△34飛▲35桂△33玉
▲25桂△同と▲55馬△44飛
▲同馬△同玉▲56桂△33玉
▲34香△同玉▲44飛△33玉
▲42飛成△22玉▲31金△同玉
▲31龍まで37手。

 馬鋸に対して一枚の駒が合駒で応じるのはたまに見ますが、本作は駒を取りながら遠ざかる馬に対し、退路を確保するために飛が同じように鋸で馬の道をなぞって移動合を繰り返します。比較的単純な意味づけで実現できているように見えますが、構図の取り方には試行錯誤もうかがえます。
 25桂が良いアクセントで、これがないと後で25から抜け出されます。最後は初手に打った金を捨ててうまくフィニッシュ。なお、61飛は収束42飛成のところ、42銀生の余詰筋を防いだものです。

20211023sugawa
▲53銀成△同玉▲44角△54玉
▲64金△同玉▲55角上△54玉
▲53角成△同玉▲44角△54玉
▲53角成△同玉▲44銀△54玉
▲55銀△53玉▲54銀△同玉
▲44金迄21手。
 
 ゴリゴリに飛角銀が凝り固まった初形。44金と打つと65玉と隙間に逃げ込まれて捕まりません。
 となれば53銀成からほぐしていくしかないのですが、44角、54玉(63玉は55角以下)に手拍子で53角成とすると同桂で不詰。64金から55角上と開くのが勇気のいる手で、75玉には64角以下同手数駒余りで詰みます。
 54玉と決まれば2枚角を全部捨て、最後に35銀をうまく繰って54に誘導すれば、当初指したかった44金で詰みとなります。ちょっと変化が厚すぎる感はありますが、これだけ攻め駒が強い中、このムシの良い手順を成立させた作者の腕力には拍手あるのみです。

冬眠蛙第5作品集 第20番+第19番解答

 再来週にちょっとしたイベントを予定しております。あまり大ごとにする予定はないので、終わってから報告します。無事に開催できるといいなあ。

 本日は第5作品集。第20番です。
0520
 冬眠蛙の感覚ですと、だいたいこの頃から詰将棋の新作募集要項に「ネットを含めて未発表のもの」が加わった感じです。それまでは結構フツーにブログに創作過程の図を載せてましたね。この図は近代将棋に発表後、ブログの「今月の新作」シリーズとしても取り上げました。見覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんが、四百人一局集には本図を収録しています。

○第19番 解答
0519_20211017192201
▲22銀△14玉▲25銀△同桂
▲13銀成△同玉▲25桂△14玉
▲13桂成△同玉▲14香㋑△23玉
▲13香成△同玉▲25桂△14玉
▲23銀△同玉▲32角成△12玉
▲13桂成△同玉▲33飛成△同金
▲31角成△同飛▲25桂△12玉
▲13歩△11玉▲33馬△同飛
▲12金迄33手。

㋑同玉は25銀、13玉、24銀、14玉、15銀以下。

 この作品の狙いはズバリ「手の感触」。積み崩し的な手順を繰り返して微妙に局面を変えていく。8手目14玉となった局面で邪魔になった25桂を捨てに行くが、実は23香も邪魔駒で14香に23玉、13香成、同玉とすると、今度はまた25桂と打つ必要がある、というあたりは今見てもうまく出来ていると思う。
真T「打っては捨てるリズムは心地よくていいですね。こういうの大好きです。解いた後何回も並べたくなります(実際何回も並べてしまいました)。というわけで満足できました。しかし、この逆算は作っているときが1番楽しめそうですね」
詰将棋2級「やさしいとの言葉を信じて解きました。確かに手数の割にはやさしかったです。30分ぐらいでした。素人目から見ても配置にも無駄ゴマがなく捨て駒連続のすばらしい作品でした。中編のお手本だと思います」
 実は本作、新聞に発表した短編を逆算しなおした作品。こういう作り直す楽しさも詰将棋の一面。なかなか本作みたいにうまくいくものではないが、それだけに、
自作でもベストテンに入れたい作品。

詰将棋スクール…でしたっけ。

 ツイッターで先ほどつぶやきましたが、本日はもう冬眠蛙は溶けておりますので、軽めの話題で。

 前回「詰将棋サロン好作選」の話題を出しました。書いたとおり、好作のオンパレードなわけですが、一般の読者向けには少し難易度高めだと思うんですよね。冬眠蛙的には一部の超難解作以外はパラより将棋世界の方が難しく感じることが多かったような記憶があります。(最近は両方とも真面目に解いているわけではないので、傾向変わったかもしれませんが)

 そういった意味で、次に期待したいのが「将棋マガジン好作選」。確か「詰将棋スクール」というコーナーがあって、一桁手数の詰将棋が月6題載っていたと記憶してます。こちらの詰将棋だったら難易度も程よく、とっつきやすいと思います。森長さんとか若島さんといった一流作家の方々も発表されていましたので、発掘すればそれなりの好作が集まるかと思います。ちなみに若島氏作はものすごく前にこのブログでも紹介しました(こちら)。ぜひご鑑賞ください。

 冬眠蛙も初入選作をはじめ、何作か発表させてもらいました。1作紹介します。
20211009
ほんと最近、一桁モノ作れなくなったなあ。短コン参加とか夢のまた夢です。

軽趣向好作選62

 少し前に「詰将棋サロン好作選」が発売になりました。自作も3作ほど収録されております。選ぶのも大変だったかと思います。會場さんかな?本当にお疲れさまでした。Twitterでも話題になってますが、取り上げられなかった作品にも良い作品はたくさん。収録数に限りはありますし、選者によってどうしても好みはありますから仕方ないでしょうね。
 最近将棋世界もKindleで買えるようになっておりますので、好形好作を気軽に楽しみたい方はオススメです。ちなみにこの「詰将棋サロン好作選」もKindleで買えるので、どっちで買うか迷っています。先日書店で迷っていたら妻に「なんで買わないの?」と不思議そうな顔をされました。Kindleだと真面目に読むには文字が小さいかなあ。

 さて、本日は軽趣向好作選を。本日は知恵の輪2題。
20211003nomura
▲36角△15玉▲26銀△同玉▲37銀引△17玉
▲26銀△同玉▲27銀△17玉▲18銀△26玉
▲37銀△同玉▲47飛成△26玉▲27銀△17玉
▲38銀△26玉▲37銀△17玉▲46銀△26玉
▲27龍△15玉▲25龍まで27手。
 
 43飛を世に出せば容易に詰みそうなので方針はつかみやすく、取れない初手36角でいかにも筋、という感触ですが、15玉で粘られるとなかなか難しい。26銀のあと、46銀を消去するのは飛筋を通すため。ここで38銀を18に置きなおせば37銀~47飛成で待望の飛の活用が実現します。ここから18銀を再活用して46まで移動すれば35がふさがって詰み、という筋書き。このタイプの銀知恵の輪は多く出ており、もう一工夫欲しい気もしますが、全体的に味の良い手でまとめており、作者らしい味はあります。

20211003hirose
▲54龍△35玉▲44銀△34玉▲46桂△同と
▲55銀△33玉▲44銀△34玉▲53銀生△35玉
▲47桂△同と▲44銀生△34玉▲43龍△45玉
▲54龍△34玉▲33銀生△同玉▲45桂迄23手。
 
 54龍から44銀と据えて知恵の輪の舞台が完成。守備飛の効きがあり、精算すると飛のいた24に逃げだされます。それを避けながら詰ますわけですが、まず46桂とします。これは55銀、35玉に46銀で詰ますため。これで55銀には33玉とせざるを得ません。44銀、34玉で33歩が消えた状態となります。
 続いて行うのが、なんと53銀生として35玉に47桂で、わざわざ呼んだと金を元に戻す順。一見意味なさそうですが、今度は43龍から54龍として45歩を消します。これで4手目から33歩と45歩がなくなりました。もうお分かりでしょう。ここから33銀生、同玉、45桂と邪魔駒が消えた場所への着手で詰みという仕掛けです。
 手は限られていますが妙味に溢れており、また45歩を消す前に46と⇒47とを入れる順番も謎解き要素として申し分なく、非常に良く出来たパズルと思います。

冬眠蛙第5作品集 第19番 + 第18番 解答

 もともと九州に行く予定で、先週から遅めの夏休みを取っていました。鳴子温泉に行ったりしてノンビリすごしました。こんなに長期間休むのは年末年始を除くと初めてかも。逆に落ち着かないですね(笑)。明日から大変かも。
 さて、今日は第5作品集紹介です。第19番まできました。
0519
30手台。自作では珍しいタイプで、その分お気に入りの中編です。

○第18番解答
0518_20210926170901
▲33と△同玉▲43香成△同歩
▲44金△同玉▲24龍△45玉
▲15飛△35歩▲同飛△同と
▲46歩△同と▲35金△56玉
▲65馬△同玉▲75と△同香
▲66金△同玉▲67金△55玉
▲47桂△同と▲45金△同玉
▲63角成△46玉▲26龍△55玉
▲35龍迄33手。

20210925
 八尋久晴氏が多く手掛けている結晶型の詰上がり。不動駒ナシになるまで逆算してみた。

オタマジャクシ「最終図が美しいです。初手からの連続捨駒は難しすぎて、当然ながら私には絶対解けません。最終図からこんないい手が出てくるまで逆算する力がすごいです!この作品を解く人は、悩んで、苦しんで、それでも最後はその美しさに救われ、感動することでしょうね。こういう作品を見るたび、冬眠蛙さんは解く人を強く意識した作風だと感じます」
風みどり「変化、思いっきり読み飛ばしています。解いているというよりも状況証拠だけから作意を推理したという方が近いなぁ。それにしてもよくぞこの詰め上がりで不動駒無しまで造れるものです。蛙さんって根性派だったんですね!」
隅の老人A「最近、作家にはコン君が助っ人に付くので楽が出来るが、解答者は大いに苦しむ。この長い変化を“良とするか否”とするか?兎に角、序盤から「凄いなぁ」「上手いなぁ」と唸ってしまう。不動駒なしの曲詰は高い評価だし、この形の決定版なのは間違いない」

 2手目45玉は15飛、35歩、同飛、同と、46歩、同玉、57金以下。6手目同歩は24金以下。8手目34合は49飛以下。10手目46玉は57金、同玉、27龍、同と、58馬以下。確かにちょっと序の変化・紛れが厚すぎる感はあり、炙り出しとしては難しすぎるかもしれない。あと、詰将棋としては問題ないが、最終手56金でも詰むのはイマイチかも。

 

YouTube短コン+ツイン雑感つづき

 詰将棋全国大会は今日やる予定だったんだよなあ、と思いつつ過ごしている詰キストの方も多いのではないでしょうか。そういった方に配慮いただいたのか、昨日、第1回YouTube詰将棋コンテストの結果が発表されてました。試しに埋め込んでみます。見れるかな?
 
 優勝したのはこのコンクールを主催した天月春霞さん。以前このブログで裏短コンをやっていたときに、私も危なく1位になりかけたことがあるのですが(笑)、ちょっと気まずいんですよね。まあでも、作品は素晴らしいので、全然問題ないと思います。あと、冬眠蛙的に「こんな図作れたら1週間くらいは脳内で再生しまくるなあ」と感心していた作品は第10番。が、作者はほっとさんということで身の程知らずもいいところでした(汗)。
 4時間の長時間動画ですので見るのもなかなか大変ですが、バラエティに富んだ楽しい作品展ですのでぜひご覧いただければと思います。天月さん、お疲れさまでした。

 さて、話は変わりまして、先日、ツイン雑感というツインに関する記事を書き、その中で「私見ですが『本格的な傑作』といえる作品はまだ出ていない」と小生意気なことを書いたのですが、しばらくして「そういえばあの作品があった」と思い出したものがありました。というか、そんなに前の作品でないのに思い出せなかった自分に反省。いや、かしこ詰ではないんですけど。以下の作品です。
20210919_20210919211201
この作品には本当に感心しました。持駒を単純に少なくしても成立できる、という発想が見事です。妖精賞受賞も当然と思います。かしこでも同じテーマで実現できるかな?同じテーマでなくても良いですが、こういった「手順の対称性だけではない新しい価値」を持つツインが出ると良いですね。

 

軽趣向好作選61

 緊急事態宣言は宮城県は延長されませんでしたが、他はほぼ9月末まで延長されました。実は全国大会は中止になっても、九州は行こう、ということで旅行予定していましたが、福岡が対象に入っており、断念しました。今回のプランについては、緊急事態宣言延長区域が対象の場合はキャンセル料なしとのことで、助かりましたが、改めて「旅行業界の方は大変だなあ」と感じさせられました。

 今回は久しぶりに軽趣向好作選を。
20210912ohtsuki
▲17飛△26玉▲27歩△同成香▲同飛右△15玉
▲17香△16桂▲同香△同玉▲28桂△同成香引
▲17飛△26玉▲27歩△同成香▲同飛右△15玉
▲17香△16桂▲同香△同玉▲28桂△同成香
▲17飛△26玉▲27歩△同成香▲同飛右△15玉
▲17香△16角▲同香△同玉▲17飛△26玉
▲15角△同歩▲27飛△16玉▲17歩迄41手。

 見た目どおりの成香ハガシ。1枚目の成香を取って17香と打ってみると、例えば銀合とかは取って17歩~16銀で詰むので桂合となり、「あ、これで成香を呼べばいいんだ」と腹落ちします。全部ハガしたときどうなるのかな?と見てみると、角合とするのが最善であるのがわかり、最後は15角捨てから気持ち良く突き歩詰となります。軽趣向の見本として、最適なサンプルになる作品と思います。

20210912hotta
▲23飛△31玉▲53角△42桂▲33飛成△21玉
▲23龍△31玉▲42角成△同玉▲54桂△31玉
▲33龍△21玉▲43角成△12玉▲34馬△21玉
▲23龍△31玉▲42桂成△同玉▲33馬△53玉
▲43馬△63玉▲54馬 迄27手。

 こちらは狙いがつかみにくい初形。53角と打ったとき、歩合は33飛成、12玉、32飛成、22飛合、34馬、13玉、35角成以下駒余りとなります。42桂合は手順中の34馬を防いだ手。これに対しては33飛成~23龍と変換した後、42角成と取りますが、同玉にいったん54桂と打つのが肝要。31玉に33龍から今度は角を馬に置き換えるのがうまい手順で、31玉に戻して42桂成と成り捨てれば、6手目の局面から23飛・角を龍・馬に変換したことになります。これにより33馬~43馬として収束できる仕掛けです。少ない駒数で変化を含めて知恵の輪的な世界を表現できていて、うまいなあと感じさせられる作品でした。

 

ツイン雑感

 次回詰とうほく、11月20日で会場が取れました。前回から変わって、青葉区の中央市民センター和室となりますので、ご注意ください。

 詰パラ8月号の詰将棋デパートで、ツイン特集という斬新な企画が行われました。短手数そろいのため、かなりのメール解答があったとか。かくいう冬眠蛙も数年ぶりに解答送付しました。最初にパラの正式なコーナーでツインを出したのは確か山田康平氏で、そのときは「変わったこと考えるものだなあ」と感じたものですが、少なくとも詰パラではすっかり一般化しており、今回の企画はその象徴ともいえるかな、と思います。
 一方で、私見ですが『本格的な傑作』といえる作品はまだ出ていないな、という気がしています。あと、これはもっと私見が強いかもしれないですが、ツインだと『手順の対称性』にこだわり過ぎているような。チェスプロブレムもそうなのかな。せっかくの新しい世界ですので、評価視点ももっと色々あっていいんではないかと思います。
 冬眠蛙はあまり良いアイディアがないのですが、例えば
〇配置が1枚変わったら、龍鋸作品が馬鋸作品に変わる。
これだとまだ対称性が強いか。
〇配置が1枚変わったら、詰上がりの文字が違う炙り出しになる。
たとえばこれで2文字に関連性があれば「おぉ!」と感心するかも。”〇×”とかだったらスゴイ。

 つらつらと書きましたが、良く考えたら、前に紹介した自作もツインで出題すればよかったな、と。こんな感じで。
20210904
手順はまあアレですが、「題名込みでツイン」というのもあって良いかな、と。

 ということで、ツイン雑感でした。まだまだ冬眠蛙なんかには考えもつかないツインのアイディアとかあると思いますので、驚かせてもらえることを期待しています。

冬眠蛙第5作品集 第18番+第17番解答

 第5作品集は少し間が空きました。今日は第18番。
0518
これもちょっと収録を迷いました。あぶり出しですが、さて詰上がりは?

○第17番解答
0517_20210829181101
▲55桂△66玉▲56馬△同銀生▲77銀△55玉
▲54金△同歩▲66銀△44玉▲45歩△同銀
▲36桂△同銀▲45歩△同銀▲34金△同銀
▲同銀成△同桂▲46飛△同桂▲45歩△同玉
▲34銀△56玉▲57飛△66玉▲75馬迄29手。

 自分の結婚を記念して作ったハートのあぶり出し。という割には、作品が出来たのは入籍の10日前で、締切ギリギリだった(笑)。普通名前を作りそうなものだが、嫁の名前(2文字)で「どちらか片方でも」と小川さんに頼んだところ、なんと2文字を一作で作ってこられたので、自分が無理に作る必要なかった、というのが実情。妻の名前は下の作品を解いていただければ。手数同じです。無理やり作ってもらった小川さんに改めて感謝。
0517pair
 手順は玉方67銀を5回動かすあたりが見所で、この初形からは意外性があったのではないかと思う。詰方66銀が入ってなんとか見れる作品になった。
 おかげさまで、たまに喧嘩もしますが、今のところなんとかやれています。もう少し落ち着いたら、好きな旅行も増やせたらな、と思っています。

 


詰とうほく開催しました。

 半年ぶりの開催で、前回の2月は冬眠蛙は仕事の都合でほんの2時間程度しか居れなかったので、本当に久しぶりの開催、という感覚でした。宮城を含めてコロナ禍が勢いを増している状況でしたが、自分を含めて6名参加でした。ありがとうございます。
 データベース関連の話のほか、Uraさんから資料チェックを依頼され、帰りはなかなかの重さになりました。のんびり覗きます。新刊本も持ち寄られて体裁等の話題で盛り上がりました。私は尾形さん、岩本さんとWFPのライトなフェアリー短コンの解図にチャレンジ。普段フェアリーにあまり接していないのでルール把握から一苦労でしたが、何問かその場で解くことが出来ました。こないだTwitterで話題になっていた鬼滅の刃の盤(駒は普通のですがw)を初めて使ったのですが、意外と見やすかったです。角筋がゆきかう詰将棋やフェアリーだと、こちらの方が解けるかも。
 次回は11月20日を基本線で、ということになったのですが、どうも会場があまり空いてなくて、抽選厳しそうなので11月13日・6日もあわせていくつか申込しました。どうなるかわからないのですが、この日は都合悪い、という場合はご連絡いただければと思います。

 先週火曜に2回目のワクチン(モデルナ)を受診したのですが、翌日は発熱とダルさでだいぶキツイ一日を過ごしました。聞いたら尾形さんは金曜にワクチンを打ったばかりだったけど全く普通とのことで、ちょっと驚きました。ファイザーも副作用出る人は出るという話ですが。

 九州の詰将棋全国大会は中止となりましたね。次期からほんのちょっと幹事のお手伝いをやらせてもらうことになった関係で経緯を知っているのですが、ギリギリまで色々な調整されており、幹事の皆さんや九州Gの方々には頭が下がります。残念でしたが、本当にお疲れさまでした。

«軽趣向好作選60