無料ブログはココログ

軽趣向好作選28

パラ1月号から面白そうな連載が始まりましたね。詰将棋ソムリエの皆様の選題と掘り下げぶりがこれからも楽しみです。


本日は軽趣向好作選を。
20200125okada
▲61金△同玉▲72銀△52玉▲85角△同飛
▲61銀打△51玉▲63桂△同歩▲52香△同金
▲同銀成△同玉▲61銀生△41玉▲52銀生△31玉
▲32金△同玉▲43銀生△23玉▲24金打△12玉
▲42龍△22香▲23金△同玉▲32銀生△12玉
▲23銀成△同玉▲25香△14玉▲44龍△34角
▲同龍△同歩▲32角△23歩▲24金迄35手。



72に打った銀が23迄動く趣向。最後の32銀~23銀を邪魔駒消去にしたのが良いですね。また、若干捨てたくなる形ではありますが、しっかり85角の伏線が入れてあるあたりは流石です。これがないと44龍に34桂合で不詰。大家の逆算技術が光る佳作です。


 


20200125yamazaki
▲12歩△21玉▲43角△12玉▲23と△同玉
▲14角△12玉▲24桂△13玉▲33飛生△14玉
▲15歩△同玉▲16歩△14玉▲32角成△25玉
▲43馬△14玉▲15歩△同玉▲13飛生△24玉
▲33飛成△14玉▲15歩△同玉▲16歩△14玉
▲32馬△25玉▲23龍△16玉▲43馬△15玉
▲25馬迄37手。


9手目に打った桂が邪魔駒になるのですが、他の手段も有力でなかなか気づかないと思います。これを消すために11手目は生としたうえで、いったん43角を馬にし、それにより13飛生~33飛成で所与の目的を達成する、という仕掛け。いったん突き捨てた16歩を再生させてから収束するのも味があります。序奏で角を打つ手を入れるところも抜かりなく、流石ですね。


 

年賀詰解答

 少し前になりますが、YahooJapanのトップ画面の紹介記事にミクロコスモスの記事が出たのには驚きました。充実したインタビュー記事でしたね。楽しく読めました。コメントを見ると、将棋のルールはわかるけど詰将棋のルールはよくわからない方が多いのが良くわかる記事でしたね。特に「解答はいくつもあるはず」と思ってる人が一定量いたことが印象深かったです。実は詰方は(ほぼ)1通りだ、と知ったらきっと驚かれるんだろうなあ。

 さて、本日は元日に掲示した年賀詰の解答を。
20200101
▲74飛打△63玉▲64飛△73玉▲82銀△同角
▲74飛右△63玉▲64歩△同角▲同飛△72玉
▲73歩△71玉▲62飛成△同玉▲52銀成△同玉
▲64桂△42玉▲53角△32玉▲31角成△同玉
▲81飛成△41香▲42角△32玉▲41龍△同玉
▲52桂成△同玉▲53角成△51玉▲52香△41玉
▲43香△32玉▲42馬△21玉▲22香成△同玉
▲33歩成△11玉▲22と△同玉▲25香△24銀
▲同香△13玉▲23香成△同玉▲33馬△12玉
▲13歩△同玉▲24銀△12玉▲23銀成△21玉
▲22成銀迄61手。

 今年は11月に岩本さんに年賀詰を見せてもらったこともあり、早めに創作を開始したのですが、結局できたのは12月下旬。でも粘った甲斐があって、そこそこ字形を活用できたのではないかと思います。「2」の字側がもう少し短くしたかったのですが、銀合も出せて個人的には上出来の部類かと。途中打った73歩が29手目22香成~33歩成の余詰筋(81龍を83に引く筋)を防ぎ、更には34手目の変化にも働いたのはラッキーでした。煩わしい変化は20手目62玉くらいなので、手数の長さの割には楽しめると思います。

 

軽趣向好作選27

 前に書いたように正月休みは仕事でつぶれてしまったのですが、そのせいか首から背中にかけての痛みが引きません。前も何度かあるんですが、今回は長引いてしまったなあ。さすがに病院行くかと考えているところです。

 さて、3連休も終わるのであまり間が空く前に軽趣向好作選を。

20200113misumi
▲35馬引△27玉▲17馬△36玉▲26馬上△46玉
▲37馬△56玉▲55馬上△67玉▲77馬△56玉
▲66馬△46玉▲57馬△36玉▲35馬△27玉
▲17馬△36玉▲26馬上△46玉▲37馬△56玉
▲55馬上△67玉▲77馬△56玉▲66馬上△46玉
▲55馬△36玉▲45馬寄△25玉▲35馬寄△15玉
▲16歩△同玉▲26馬迄39手。

44馬が42香でピンされているので動かせるのは34馬だけなのですが、44馬の脚の長さを活かして左へ右へと盛大な追いかけっこが展開されます。57馬と歩を取って正解に近づいたように見えるのですが、なかなか使いようがない。ややこしいようですがもう一回追いなおして31手目55馬と上のルートを使うことで15に追い込んで待望の16歩が実現します。少ない駒数での楽しい馬追いでした。この作品には後続作もあり、いずれこのブログで紹介します。

20200113inotetsu
▲51金△42玉▲31銀△51玉▲42銀成△同玉
▲51銀△52玉▲62銀成△同金▲51金△42玉
▲31銀△51玉▲42銀成△同玉▲51銀△52玉
▲62銀成△同玉▲71飛成△52玉▲62金△42玉
▲51龍迄25手。

手の赴くままに指していくとなぜか金が剥がされていきます。銀4枚使い果たしたところで守備金も無くなってそのまま収束。足すところも引くところもない完成品で、詰将棋の楽しさを伝えるのに打ってつけでしょう。当時まだ高校生だった作者、この作品で初入選というのが、なんかとても羨ましいです。

 

短コン感想+日本酒の記録(2019年12月)

恒例?の短コン解図の感想を載せておきます。今年は去年より少し甘めかも。

1・23と見せかけて24。B
2・50音順だと毎回早々にこの作者の関門が。初手が入るのが流石。A
3・これくらいなら実戦でも…無理か。C
4・気が付けば一回転。B
5・序の付け方が雰囲気があって良い。B
6・43銀は33との方が良いかな。C
7・なるほどの移動合。B
8・最低限の駒数で表現。B
9・王手が限られているので、わかりやすい。B
10・この作者にしては簡単。C
11・いよいよ復活?楽しみにしています。B
12・こちらこちらへと香が招く。C
13・87飛配置で縦横にうまく限定。B
14・先に35桂なのが良い。B
15・途中からテンションが下がる。C
16・なるほど、これだけの配置で出来るんですね。B
17・ぜいたくな飛銀の使い方。B
18・初手が少し意表。論理的で完成されてます。B
19・綺麗な手筋ものに好感。B
20・2手目の変化に少し感心。B
21・13金では駄目なところが良い。B
22・類型的すぎて一目。C
23・使用駒趣向とちょっとユニークな手順。B
24・逆算の誘惑にかられる。B
25・簡素形で考えさせるが、5手目がかなり残念。B
26・飛合を無効化する5手目。B
27・癒し系ですね。C
28・初手の取ってつけた感がなあ。B
29・初形で詰上りが見えてしまっては。C
30・左に1路寄せ、11(→21)金を23歩ではいかがでしょう。B
31・作者名で身構えたが、意外と普通。B
32・最初3手で勝負。B
33・41歩は何のため?無駄駒ならC。
34・厚みの持たせ方がいかにも作者。B
35・2手目同銀のときの27金がなぜか見えず。駄目だなあ。B
36・66飛から55飛の手触りが抜群。気に入りました。A
37・何も考えず2手目生に。良かった、合ってた。B
38・おとなしい手順で物足りない。C
39・何かありそうで、ない。C
40・詰上がりは見えてるのに、なかなか届かない。なるほど、打ち換えか。A
41・趣向の香りですね。B
42・どれくらい誤解が出るかな?B
43・なるほど、こういう形で新味出せるんですね。B
44・好きな人もいるんでしょうが。C
45・うん、さすがです。A
46・そうか、スイッチバックできるんですね。B
47・祝初入選。まあまあ意外性ありますね。B
48・舞台作りの逆算がうまく入りました。B
49・35桂が好手。B
50・不思議な手順。良く順序限定できている。A

3連単なら45→2→36。個人的には50もかなり気に入りました。Aを付けた作品がベスト10に入ってるといいなあ。

------------------------------------------------------

日本酒の記録もあわせて。12月はこの3本を開けました。

P_20191206_212950 P_20191220_214821_vhdr_on P_20191228_202054_vhdr_on 

あれ、写真の大きさが違う(汗)。順に「〆張鶴 大吟醸 銀(新潟)」「大嶺 純米吟醸 2粒(山口)」「加茂錦 槽場汲み 純米大吟醸(新潟)」3者3様で、〆張鶴はお馴染みの淡麗辛口、大嶺は少し力強さを感じる辛口、加茂錦は芳醇さを感じる味わい。どれも美味しかったですが、一番は最後の加茂錦かな。前に飲んだ別の荷札酒も良かったので、ほかのもぜひ飲んでみたいものです。

 

 

明けましておめでとうございます。

今年も軽趣向と酒に明け暮れそうな(笑)本ブログですが、暇つぶしに来ていただければ幸いです。

恒例の?年賀詰を。令和2年ということで、今回はこちら。

Nenga20201
 ちょっと「2」の方の字形が崩れましたが、酒が入ったせいということで(笑)。手数は大学院級です。正月休みに楽しむには長いかも。ちなみに一応、「圭」は成桂です。

 今年は長めの正月休みとなっておりますが、冬眠蛙は数年ぶりに仕事です(涙)。どっかで代わりに休みたいなあ。全国大会のあたりならベストかな。

軽趣向好作選26

 まず最初に連絡を。詰とうほく作品展に出品予定の皆様、作品差し替えは年内12月27日までで予定しております。もし差し替えある場合は連絡ください。よろしくお願いいたします。

 さて、本日は軽趣向好作選を。
20191222tidiiwa
▲28と△同銀生▲26銀△16玉▲27と△同銀生
▲17歩△同銀生▲25銀△15玉▲26と△同銀生
▲19香△18歩▲16歩△同銀生▲24銀△14玉
▲25と△同銀▲15歩△同銀▲23銀生△13玉
▲24と△同銀▲18香△16歩▲14歩△同銀
▲22銀△12玉▲11銀成△13玉▲12飛△同角
▲同成銀△同玉▲22と△13玉▲23と引△同銀
▲16香△15銀▲同香△14銀▲24銀△同龍
▲14香△同玉▲24と△15玉▲37角△16玉
▲26飛△17玉▲18歩△同玉▲19歩△17玉
▲28銀迄61手。

 と金の並びからの絞り趣向で、このタイプの趣向はと金が消化不良になるパターンが強い印象ですが、本作は大駒をうまく使って良い捌きが見られます。更に特筆すべきは普通にやると1歩不足になる仕掛け。ギリギリのところで19香を利かして、合駒で補充する仕掛け。趣向だけでは終わらせないあたり、流石に千々岩氏です。収束やや消化不良気味ですが、原図を考えると目いっぱいというところでしょうか。

20191222nomura
▲18歩△同玉▲36馬△17玉▲35馬△18玉
▲45馬△17玉▲35馬△18玉▲36馬△17玉
▲28角△同香生▲19龍△同龍▲18歩△同龍
▲26馬迄19手。

珍しい野村氏の軽趣向。といっても原理に近い馬鋸ですね。収束の連続捨ても良くある筋という気がしますが、馬鋸に結び付けられたのは発見ではないかなと思います。

 

詰将棋冊子配付について + 日本酒の記録(2019年11月)

 図面作成ソフトに関しまして、小林さんから質問を頂戴しました。このソフトを使うかどうかは別としまして、詰将棋の著作権については詰とうほくでも何度か話題になっており、明快な結論というのは出ていません。自作作品集であれば間違いなく問題ないんでしょうけど。ちなみに詰将棋の引用に関しましては、一応全詰連の指針が制定されております。(コチラ
 この記載内容を守れば良いのであれば問題ないのかもしれませんし、例えば全国大会の冊子や各種アンソロジーだって似たようなものではないか、という気もします。が、やはりデリケートな問題ではありますので、慎重になっても無理ないかもしれませんね。
 因みに詰とうほくの会合では「これならば大丈夫では」という手法の話も出ているのですが、ちょっとここには書けません。小林さんの方でもし聞いてみたい、ということであれば、コメント欄にメール連絡先を入れていただくと助かります。

 さて、忘れていたわけではないのですが、遅れていた11月の日本酒の記録を。
P_20191114_212901
地元宮城の「天井夢幻」の”純米吟醸生詰熟成蔵隠し”。なかなかインパクトのあるラベルですが、味的にはそれほど強烈、ということではなく、比較的淡麗な感じでした。

P_20191127_212305
確か昨年も紹介した新潟の「緑川」の薄濁りの”ゆららか”。秋から冬にかけては濁り酒が出てくるシーズンなのだそうで、先日の日本酒好きが集まる飲み会では、3本も濁りを飲めました。(^^♪ この”ゆららか”も少しピリリとくる味わいが楽しめました。

作品展開催決定しました。& 軽趣向好作選25

 前回記事の詰とうほく作品展の件ですが、須藤さん経由でパラ水上社長から開催の承認をいただきました。2月号での開催にしたいと考えております。残念ながら6題全部は駄目だそうなので、冬眠蛙のを外すことにしました。久しぶりにデパートにでも投稿しようかと思案中です。バラエティに富んだ作品をご用意できるかと思いますので、開催時はぜひ解答いただければと思います。

 また次回詰とうほくですが、予定していた2月22日が抽選全部落ちてしまい、2月29日(土)の開催となってしまいました。場所は前回と同じく、生涯学習センター和室となります。会場は抽選のシステムになっており、22日4か所、29日3か所で申し込んだのですが、22日は全部落選で29日は全部当選。どういう仕組みになっているんですかねえ。

 さて、軽趣向好作選を。

20191208bando
▲14歩△同玉▲47角△13玉▲25桂△14玉
▲33桂成△13玉▲23成桂△同玉▲24歩△13玉
▲25桂△14玉▲33桂成△13玉▲23歩成△同桂
▲同成桂△同玉▲24歩△13玉▲25桂△14玉
▲33桂成△13玉▲23歩成△同桂▲同成桂△同玉
▲24歩△13玉▲25桂△14玉▲33桂成△13玉
▲23歩成△同成香▲同成桂△同玉▲25香△14玉
▲22香成△13玉▲24角△22玉▲33角成△21玉
▲65角△54桂▲同角△同香▲31と△同玉
▲23桂△21玉▲11馬△32玉▲33歩成迄59手。

桂ハガシ趣向なのですが、剥がすときの支え駒がないので、都度24歩と打って精算するのは珍しいタイプのような気がします。建物工事のような趣でしょうか。収束も雰囲気そのままという感じですが、冬眠蛙的には下図のような軽い纏めにしたかった気もします。

20191208bandokai
(収束金を剥がした後、14角以下)

20191208shinoda
▲12銀△同玉▲13銀△同玉▲14銀△同玉
▲15銀△同飛▲同歩△同玉▲14金△同玉
▲13金△同玉▲12金△同玉▲11金△同玉
▲21歩成△同玉▲11飛迄21手。

持駒金4銀4趣向は一時期なぜか流行し、かなりの作品が発表されました。ユーモア作もあったりしましたが、これもその系統で、最初に銀4枚使って玉を上まで引っ張りだして飛を奪い、後半は金4枚全部使って11まで戻せば後は3手収束。クスリと笑ってもらえれば大成功でしょうか。
金4銀4ですと余詰筋も強烈で、27香・49桂配置もそれを配慮したものかと思うのですが、どうやら本図でも初手21金以下で余詰のようです。玉方45と配置位で直せそうにも見えるのですが調べきれませんでした。作者の修正を待ちたいと思います。

 

第100回詰とうほく

 昨日詰とうほく開催。本当にカウントが正しいのか怪しいのですが(笑)、めでたく第100回を迎えました。新しい参加者が来ると良いなあ、などと淡い期待も持っていたのですが、今回は5月のときと同じ9人が参加。内6人から作品を提出いただいたので、とりあえず作品展開催までは持っていけそう。パラと交渉ですが、「掲載月は若干後でも良いので6作出題」で押してみたいと思います。ちなみに作品提出はもう少し後にしますので、出品された皆さん、まだ差し替え可能です。もしご希望でしたら、コメント欄にでも連絡先メアドを教えていただければと思います。
 作品レベルについては「マイナー会合らしく?思い切り難しくしますか」という話もあったのですが(笑)、最終的には易しめな作品が多くなったかなあ、と思っております。まだ調整できるのでどうなるかはわかりませんが、楽しめる作品展には出来そうです。

 あとはいつもどおり、古い本や新聞掲載の詰将棋の話題、近刊の某プロの詰将棋本の凄まじい中身についての話題等。2次会では山路氏結婚祝賀詰に皆で取り組んだのですが、難しくて結局2問目までしか解けず。全く祝賀らしい雰囲気がない気がしました(笑)。
 次回は2月22日を基本線で29日を予備として抽選申込を行います。仕事がかなり不透明で、どうなることやら。

軽趣向好作選24

来週いよいよ第100回詰とうほく。作品準備はいかがでしょうか。

ということで、連続になりますが、今回も軽趣向好作選を。

20191117okajima
▲24飛△13玉▲26飛△24歩▲14歩△同玉
▲24飛△13玉▲44飛△24歩▲14歩△同玉
▲26桂△同馬▲24飛△13玉▲26飛△46飛
▲35角△24歩▲14歩△同玉▲24飛△13玉
▲34飛△24歩▲同角△14玉▲46角△25玉
▲24飛△16玉▲17歩△同玉▲18歩△同玉
▲19飛迄37手。

 変則ハガシ趣向。26と→44桂の順に剥がし、26桂から今度は馬を取ります。46飛で根っこの角を取られますが、35角と据えなおして34飛と取られない位置に開けば飛と歩二枚を手にすることが出来る仕掛け。収束は少しあっけないですが、剥がす駒が違うことで飽きさせない趣向になっていると思います。


20191117umemoto
▲46銀△同玉▲65歩△55玉▲66銀△46玉
▲57銀△55玉▲56銀△46玉▲67銀△55玉
▲66銀△46玉▲77銀△55玉▲47桂△同桂成
▲66銀△46玉▲57銀△55玉▲56銀△46玉
▲47銀△55玉▲56銀△46玉▲67銀△55玉
▲66銀△46玉▲77銀△55玉▲47桂△65玉
▲68飛△同馬▲66香迄39手。

 3枚の大駒の力のバランスで成り立つ銀1枚だけの知恵の輪。75銀を繰り替えて67桂を剥がしますが、その後一旦77銀と更に遠ざけます。これは47桂に65玉の変化に備えたもの。同桂成とさせてその成桂を剥がす銀の旅が始まります。成桂を無事に剥がした後、また銀を77迄戻せば今度は47桂を取れないため収束する、という仕掛け。簡単に見えますが、攻め駒が強い中で良く成立できたものと感嘆します。最初の桂を77に置かず67に置くのも流石のセンスで梅本氏らしさが存分に出た傑作です。

 

«軽趣向好作選23

最近の写真

  • 20200125okada
  • 20200125yamazaki
  • 20200101
  • 20200113misumi
  • 20200113inotetsu
  • P_20191206_212950
  • P_20191220_214821_vhdr_on
  • P_20191228_202054_vhdr_on
  • Nenga20201
  • 20191222tidiiwa
  • 20191222nomura
  • P_20191114_212901