詰とうほくに関するお伺い+軽趣向好作選4

 今月号のパラにも載せましたが、次回詰とうほくは2月2日(土)に中央市民センター2階和室にて開催いたします。で、それは良いとしまして、その次の開催をどうしようか、迷っております。例年ですと次は4月ですが、それだと今月中に抽選申込が必要。ただ、開催時期変えるのもアリかなあ、と。4月・7月だと解答競争や全国大会と被ってしまうんですよね。いっそ、2・5・8・11月の開催ではどうだろうかと思っております。いつも参加いただいている方で、反対意見等ありましたらご連絡いただければと思います。

 さて、今回は軽趣向好作選を。
20190120shikoma
▲39香△同と▲55馬△38玉▲56馬△37玉
▲55馬△38玉
~馬ノコで92桂を取って戻る~
▲55馬△38玉▲56馬△37玉▲29桂△同桂成
▲55馬△38玉▲65馬△37玉
~再び馬ノコで馬を遠ざける~
▲82馬△38玉▲92馬△37玉▲36金△同玉
▲47角△45玉▲46歩△同玉▲83角成△49と
▲47馬△45玉▲56馬△35玉▲34馬△同飛
▲36歩△44玉▲45歩△同玉▲46歩△55玉
▲56金△64玉▲65金△73玉▲74金△82玉
▲12龍△93玉▲92龍△同玉▲73金△81玉
▲82歩△91玉▲83桂△92玉▲71桂成△93玉
▲83馬まで95手。

 39香を入れてから馬ノコが始まります。92桂を取って戻ってくるだけなら普通ですが、本作の場合、29桂を入れた後、もう一度92まで遠ざかるのが作者の工夫。後の手順を見ればわかるように、取った角で開き王手を行なう時に成るための仕掛けです。作例はいくつかありますが、この作品が最初だったと記憶しています。
 おそらくはこの何もない所に遠ざける馬ノコが作図の出発点だったはずで、そこから良く最初の往復を入れられたなあ、と感心しています。いったん馬を近づけるのは、29桂に同との変化(48金、同飛、38歩、同飛、36金、同玉、46馬迄)に備えるため。
 作者はこの頃、馬ノコを多く手掛けていましたが、その中でも独特の面白さがある作品でした。

短コン感想

今年も解説やりませんので、パラ12月号の短コンの感想を載せておきます。例によって厳しめの評価です。ご了承のほどを。解いてからだいぶ経つので、答忘れてしまったものも。。。
1・初手に1票投じます。A
2・手成りですねえ。C
3・大駒4枚でよくこの初手を入れられたもの。A
4・ちょっと想定外の回転。B
5・初手32銀でないのは良いです。C
6・68と見せかけて48。B
7・ちゃんと63角も考えました。B
8・ガツンと音のしそうな攻め方。B
9・類型的ですかね。C
10・あまり不利感ないですかね。C
11・派手ではありますが。C
12・前のと姉妹作?C
13・以前にお見掛けした名前のような。勘違いかも。
   初入選おめでとうございます。C
14・秋元作を思い出しますね。論理は全く違っていて、楽しめました。A
15・少ない駒数で出来てるのは実力の証。B
16・一人時間差の趣。B
17・綺麗ではあります。C
18・感心しました。こういう捨て合も出来るんですね。A
19・さすが短編の名手、完成されてますね。B
20・見えてから確認しちゃうタイプ。初手限定は良いですね。B
21・捨てる順番に注意。B
22・手刀を切るように一手一手。B
23・この作者の作品はいつも良く練られていて感心します。B
24・意外と狭いので易しかった。C
25・初手が…ねえ。C
26・たった5枚で良く成立できるものですね。B
27・23金が打ちにくい分易しい。C
28・詰上がりが透けてます。C
29・いやあ、うますぎます。A
30・もう一手欲しかった。C
31・85角で作れたらよかったのですが。C
32・なるほど、これで44桂限定なんだ。B
33・2択。ハズレだった…。C
34・ナラズとかの芸風ではないですもんね。C
35・お~、そう来ましたか。B
36・ある筋、ですかね。C
37・色々ありそうで、ない。C
38・冬眠蛙的には変長で、そのキズを賄えるほどには…。C
39・これは楽しい。アイディアを実現する手腕にA。
40・雰囲気はありますが。C
41・ほっと一息。C
42・この逆算だと形がほぼ出来上がってて…。C
43・誤解がたくさん出そう。B
44・一瞬の不利感。C
45・角成に誘われます。B
46・初手は別の手にしたいところ。C
47・手の含みが多くて作者らしさを感じます。B
48・いかにも出番待ち、という風情。C
49・初手の選択を加えるアレンジ。B
50・あぶり出しの収束のような雰囲気。C
3連複なら18・29・39ですが、例によって大きく外しそうな気はします。捨て合作品がだいぶ減りましたね。流行の移り変わりを感じます。ではでは。

日本酒の記録(2018年12月)

 今日で正月休みがおしまい、という方も多いのでしょうか。前にも書きましたが仕事が入ったせいで冬眠蛙は4日は休めず。まあ仕事始めの日に出ないのは逆にこそばゆい感じもするので、ちょうどよかったのかも。
 さて、いったん昨年に戻って、日本酒の記録を。
Dsc_0608_2
まずは山形の「雅山流」の「極月」。袋取りという手法で集められたお酒なのだそうで、華やかな香りと澄んだ味わい。これは美味しかったです。また飲みたい。bottle
Dsc_0611
つづいて三重の木屋正酒造の「高砂」。創業200周年の記念とのことでまずはめでたい。ちなみに箱からして凄そうですが、そのとおり、実は昨年買った中で一番高いお酒でした。以前紹介した「而今」と同じ酒造なのですが、而今とは違って、力強い味わいを感じました。日を置いて飲むとさっぱりとした感じが出てきてちょうど良かったかな。
Dsc_0614
昨年最後に家で開けたお酒は地元宮城の「蔵王」の純米大吟醸中取り(これも製法のひとつです)。販売店限定商品だそうで、最近人気の銘柄でもあり迷わず購入しました。芳醇かつ嫌味のない甘口で楽しんでおります。

 なお、写真は撮ってませんが、年末年始に帰った新潟で飲んだ市島酒造の純米酒「夢」が、雑味のない辛口でとても美味しかったです。お求めやすい銘柄ですので目にされた方はぜひ。ちなみに酒造名ですが、冬眠蛙とは何の関係もありません(笑)。
 今月はあまり飲めないかもしれないなあ。。あ、でも飲み会は少ないので逆に家で飲みたくなる機会は増えるのかも。ではでは。

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。
20190101
平成31年ということで初形「31」の31手詰。ちょっと収束にキズがあります。本当は違う収束にするつもりだったのですが、うまくいきませんでした。。。ご笑覧ください。

 急な仕事が入って、1月はかなり忙しくなる予定。詰とうほくを2月2日にしておいて正解でした。ご参加お待ちしております。

軽趣向好作選3

寒いクリスマスになってますねえ。そういえば、来年からは12月23日が祝日でなくなるとか。あまり祝日増えてもな、ということで仕方ないかとは思います。新しい祝日はいつになるのかな?

さて、では連載3回目。
20181224akasi
▲25角△26玉▲47角△16玉▲25銀△26玉
▲34銀△16玉▲25角△26玉▲14角△16玉
▲25銀△26玉▲36銀△16玉▲25角△26玉
▲35銀引△17玉▲26銀△同玉▲14角△16玉
▲25銀△26玉▲34銀△16玉▲25角△26玉
▲47角△16玉▲25銀△26玉▲14銀△16玉
▲25角△26玉▲43角成△36玉▲25馬△45玉
▲43飛成△44金▲同龍△同玉▲45歩△同玉
▲55金迄49手。

 初形で44銀が邪魔駒なのですが、35銀を同玉と取られないようにするためには36銀・25角型にする必要があるわけで、それを実現するために角と銀を細かく位置変更する手順が展開されます。まさに知恵の輪という雰囲気にピッタリで、銀を消去した後、収束に向かうためにまた元の14銀・47角型にしなくてはいけないのもユーモラス。収束も短くまとまって見事な軽趣向作となりました。この角銀の位置変換機構は柳原裕司氏作で初めて出たものですが、これを知恵の輪に発展させた慧眼は高く評価すべきと思います。半期賞受賞作。

 さて、今週末には新潟に帰るため、年内はおそらく最後の更新になりそうです。年末はさらなる寒波が来るらしいのですが、皆様体調に気をつけて、良いお年をお迎えください。

日本酒の記録(2018年11月)

 大河ドラマ終わりましたねえ。今年は面白かったですが、もうちょっと明快なテーマとかあっても良かった気はします。
 さて、日本酒の記録、先月分がまだでしたので載せておきます。
Dsc_0588
 山口県の永山本家酒造の「貴」の純米大吟醸。米にこだわりがあるらしく、確かに味にコクがあったように感じました。少し辛口でしたね。
Dsc_0590
 最近ちょっと気に入っている愛知の「醸し人九平次」シリーズの一品、「黒田庄に生まれて」。黒田庄とは米の栽培している場所とのことで、ラベルの数字でMap検索できます。香り良く、甘さと酸味のバランスも楽しめます。ちょっとだけ癖もあった感じでしたが、美味しくいただきました。
 しかし、早いものでもう12月ですか。今年は特にあっという間だったように感じました。年内、無事に終わると良いなあ。ではでは。

軽趣向好作選2

連載2回目。今回はこちらをご紹介。
199301sasaki
▲54香△53香▲同香生△41玉▲61龍△32玉
▲31龍△43玉▲34龍△53玉▲54龍△62玉
▲63龍△51玉▲54香△53香▲同香生△41玉
▲61龍△32玉▲31龍△43玉▲34龍△53玉
▲54龍△62玉▲64龍△51玉▲54香△52香
▲同香成△同玉▲53香△41玉▲61龍△32玉
▲31龍△43玉▲34龍△53玉▲54龍△62玉
▲63龍△51玉▲54香△53桂▲同香生△41玉
▲61龍△32玉▲31龍△43玉▲34龍△53玉
▲54龍△62玉▲63龍△51玉▲52歩△41玉
▲61龍△32玉▲31龍△43玉▲34龍△52玉
▲64桂△51玉▲52歩△62玉▲72角成△53玉
▲54龍迄73手。

(フラッシュは収束未修正です。ごめんなさい)
回転型の龍追いですが、53の捨合で奥行きの深い手順が展開されます。
①63歩を剥がす
②64香を剥がす
③龍を63に据えなおして桂を入手
④52歩を据える
⑤収束
で都合5回転。③で捨合が香のままだと、同龍、61玉、52龍、71玉、73香、81玉、72香成、92玉、73成香、93玉、82龍、94玉、67角以下。64香がある間はこの67角が指せないため、香合で時間稼ぎが出来る、といううまい仕掛け。また、②で香を剥がしたにも拘わらず香が増えない仕掛けも素晴らしい(64龍・52玉型のときは、54香に対して43玉で詰まないため、53香と打たざるを得ない)。佐々木氏は軽趣向の名手という印象が非常に強く、復活を熱望する作家のひとり。詰将棋ファンに寄稿しているので、期待できそうですね。

次回詰とうほくは場所が変わります。

 久しぶりに抽選で落ちてしまい、次回詰とうほく(来年2月2日(土))は、場所が以前やっていた、青葉区中央市民センター和室に変わります。駅から歩いて10分くらいのところになります。興味をお持ちの方、ぜひおいでください。
 さて、前回記事を載せた後、吉松さんから連絡をいただき、大塚さんの「漫陀楽」を入手することができました。吉松さん、ありがとうございました。
 早速見ており、特に趣向の分類に感心。作品も良く整理されており、スゴイの一言です。残念なのは、詰将棋データベースありきの仕組みになっているところでしょうか。う~ん、データベースはさすがに手が出ないなあ。。。ということで、しばらくは予定どおり軽趣向好作選で続けたいと思います。

 パラ12月号が届きました。もう年末なんですねえ。早い。短コン、実は今年は真面目に出品しようかと創作していたのですが、結局断念しました。皆さん本当に良く作れるなあ。まあ今回も解く方に専念します。ではでは。

満喫

 この連休は前日22日に休みをくっつけて豪勢な4連休にしてしまいました。22日には劇団四季の「オペラ座の怪人」を観劇。すごい迫力でした。また、昨日24日はさいたまスーパーアリーナで3年ぶりの椎名林檎のライブ。今回はゲストも何人か来ており、お得感がありましたね。エレファントカシマシの宮本浩次はテレビで見た時も凄かったですが、生で見るとボーカルに圧倒されますね。池田貴史も面白かったし、良い時間が過ごせました。今日は秩父まで行ってのんびりして帰りました。
 旅のお供には久しぶりに法月倫太郎の小説。図書館から借りた「キングを探せ」という交換殺人モノでしたが、なるほど、こういう書き方もあるのか、と感心。ミステリらしい世界を堪能しました。

 間の23日を中心に将棋パズル雑談を続けており、1個目・3個目はたぶん解けたと思うのですが、2問目の60個に大苦戦。最高で49個なのでまだ正解までだいぶ距離があります。なんか根本的な見落としがありそうですが、月末までたどり着けるやら。
 明日以降はまた現実世界なんだなあ。。。風呂入って寝よ。ではでは。

軽趣向好作選1

 しばらく前に、「軽趣向を楽しもう!」という企画で順次香成趣向をとりあげて連載しました。個人的にはああいった形で、趣向の中身を紹介しつつ、体系的に作品を取り上げられたらな、と思うのですが、過去作品が多くて、なかなか整理しきれません。また、分類がまた難しくて、複合趣向だったりすると、似た傾向でもある日に整理したものと別の日に整理したもので違う分類になったりして、ズボラな冬眠蛙にはかなり厳しいことが判明しました。というわけで、少しトーンダウンして、保持しているものから、軽趣向で良くできているな、という作品を紹介していく形にしようかと考えております。
 というわけで、再出発第一弾はこちら。
199301ohashi
▲16飛△28玉▲29歩△同玉▲38銀△28玉
▲18飛△同玉▲27銀△17玉▲26銀引△28玉
▲29歩△同玉▲38銀△28玉▲37銀引△17玉
▲16金△同玉▲27銀△17玉▲26銀上△28玉
▲29歩△同玉▲38銀△28玉▲37銀引△17玉
▲18歩△16玉▲27銀△15玉▲26銀左迄35手。

 2枚の銀を操りながら、少しずつ局面を変えていきます。18手目の局面で打歩詰になりますが、金を捨てた後、もう一度銀を繰り替えると30手目にして15金がないだけの局面に還元し、18歩が実現する、という仕掛けです。序奏を含めて軽趣向の雰囲気が良く出ており、大橋氏のいつもの作風とは少し違う、ユーモアあふれる作品でした。
 ところでこの作品は趣向的には知恵の輪に分類されると考えており、また当時の解説にもそう書かれています。では、「知恵の輪の定義は?」という疑問について、冬眠蛙的には「一定の手順で元の局面に還元する手順があり、その手順を少しずつ変えることで打開するもの」というイメージで整理していたのですが、この作品の場合、「一定の手順で元の局面に還元する手順」は存在しません。ちょっと冬眠蛙の定義では整理しきれていない、ということですね。良い定義があれば、どなたかご教示いただければ、と思います。

«日本酒の記録(2018年10月)

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ