全国大会in甲府と編集長の長編

 今年もささやかながらお手伝いで参加しました。ちなみに当日よりも前日以前の方がはるかに準備が大変で、それには冬眠蛙はほとんど貢献できておりません。他の幹事の皆様、また現地で仕切っていただいた堀口さんには本当に頭が下がります。無事に開催できて、本当に良かったです。
 大会では休憩時間もずっと記念詰将棋に苦吟して、ほとんどコミュニケーションが取れませんでしたが、懇親会はおかげさまで楽しませてもらいました。飲み物のオーダーに追われ、せっかく大橋さんの近くの席だったのにあまりお話しが出来ず残念。でも久しぶりにあんこうさんと昔話や詰将棋に対する思いについてお話しできましたし、何人かの方から「冬眠日記見てます」と言ってもらえました。ssさんからは「紹介してもらえると嬉しいです」とありがたいお言葉も。嬉しい限りです。
 そんな中でひとつ今回嬉しかったのが、編集長と長編「マリー」のお話が出来たこと。「よう知ってたなあ」と言われましたが、編集長の短編・中編を見慣れているパラ会員の皆さんなら、下の作品が編集長作だ、と言われても「え!」となるのではないでしょうか。


20240715mizukami


 「いや、それはもう苦労したよ」と懐かしそうに語っておられました。「収束がちょっと残念でねえ」というお話で、実はちょっと5手前から別詰のキズがありますが、なんといっても趣向によらずにこれだけの手順を捻りだしたことに、秘めたる情熱を感じるばかりです。ぜひ解いて……と言いたいところですが、なかなか大変。
 そんなときにはググるのが一番、ということで、その場でも鑑賞できないか、と探してみたら、ちゃんと詳細な解説つきでつみき書店さんに載っていました。スマホの小さい画面でしたがその場で鑑賞。一緒に見たあんこうさんも「これはスゴイ」とおっしゃっておられました。ぜひコチラをクリックして、作者のほとばしる情熱を感じてください。スマホだとちょっと見にくいので、こちらでも動く盤面を載せておきます。多分見ただけでも熱さを感じてもらえると思います。
 ちなみになぜ詰将棋学校好作選で触れなかったのか、といえば、もちろん本作が半期賞を受賞しているからです。作者の言葉とか当時なかったんですよねえ。そういう意味でも、今回聞けて良かったです。


 次回ももちろん参加したいと思っています。また皆さんお会いしましょう!


詰将棋学校好作選22

 詰将棋学校好作選は半期賞選考時に担当者の方がコメント言及した作品を選んでます。……と言い訳した上で。


20240707ichishima
▲22金△同銀▲34香△33銀
▲同香成△同玉▲42角成△34玉
▲44銀成△同玉▲26角△同香
▲45銀△35玉▲36銀上△46玉
▲24馬まで17手。
 初手いきなり金を手放すのがやりにくい一手。34香が継続手で、33歩合等では42銀成、21玉、22角成、同玉、31角で早詰。角銀は品切れで、31に効かす33飛合は42銀成、21玉、22角成、同玉、33香成、同玉、43飛以下で同手数駒余りです。
 質駒を逃がす33銀移動合を食いちぎり、44銀成と捨てて26角が狙いの限定打。香を跳ね上げることで、最終手の24馬が成立します。
 純逆算で、銀4枚使っての序奏は賛否分かれるところでしょう。実は昔は「ちょっと無理あるな」と思っていた逆算でしたが、今見てみるとちょっとした意外性と適度な難易度で、比較的好ましいコになりました。将来作品集を編むときには必ず入れたいと思います。


軽趣向好作選121

 昨日は来仙された角さんと懇親。年に1度の楽しみです。詰とうほくとタイミング合わないんですよねえ。惜しいところです。
20240630serita
▲37銀打△25玉▲26銀引△16玉
▲17銀△25玉▲16銀△同玉
▲45銀△25玉▲26銀△16玉
▲17銀△25玉▲36銀△15玉
▲26銀△16玉▲25銀左△同角
▲17銀△15玉▲16飛△同角
▲26銀まで25手。
 初手はほぼこの一手で、25玉に26銀上は36玉と戻られるので26銀引~17銀もこう指すところですが、25玉の局面でどちらの銀を26に上げても千日手模様。これを46銀を使ってうまく打開します。16銀と思い切って捨てて45銀とまず角の道を閉ざしつつ開き王手。26に合駒が効きそうですが、全部取って16飛と捨て、取った駒を打って詰みます。25玉とするしかないですが、そこで36銀と引く手を急がず、26銀~17銀と銀を置きなおすのが好手順。17銀型にして36銀と引くことで、15玉とする一手となり、26銀~25銀左とすることで25の逃げ道を塞ぐことが出来ます。最後は16飛と捨てて26銀まで、綺麗に収束。
 わずかな舞台装置の上を3枚の銀がチョウのように舞う美しい趣向で、この年のデパート年間優秀作を受賞した傑作です。

詰将棋学校好作選21

 全国大会が近づいて参りました。冬眠蛙は前日に国立競技場でサッカー観戦することにしました。どちらも楽しみです。ただ、見に行った試合の勝率悪いんですよね。ちょっと心配です(笑)。


 今日は学校好作選。長編趣向作です。
20240623kondo


▲31銀打△12玉▲44桂△23銀
▲同銀成△同成銀▲13歩△同玉
『▲79馬△24銀▲22銀打△12玉
▲13歩△同銀▲同銀成△同成銀
▲21銀△23玉▲32銀生△12玉
▲78馬△23銀▲同銀成△同成銀
▲13歩△同玉』
『▲68馬~▲67馬~△同玉』
『▲57馬~▲56馬~△同玉』
▲46馬△24銀▲22銀打△12玉
▲13歩△同銀▲同銀成△同成銀
▲21銀△23玉▲45馬△34歩
▲32銀生△12玉▲34馬△23銀
▲同銀成△同成銀▲13歩△同玉
▲35馬△24銀▲22銀打△12玉
▲13歩△同銀▲同銀成△同成銀
▲21銀△23玉▲24歩△同馬
▲32銀生△12玉▲34馬△23銀
▲22銀成△同玉▲23銀成△同成銀
▲32桂成△12玉▲13歩△同玉
▲24馬△同成銀▲22角△23玉
▲24飛△同玉▲35銀△25玉
▲26銀打△36玉▲37金△45玉
▲46金△54玉▲55金△53玉
▲44角成まで123手。



 成銀配置と持駒の歩、更に79馬配置で「歩を消費しながら成銀を操って馬鋸で近づくのかな」と慣れた方なら気づくかもしれませんが、この作者は更に欲張った味付けを用意していました。それが『銀合を2回繰り返し、その銀を剥がしながら近づく馬鋸』。44桂に23他合は21銀生から32桂成で、79馬に24他合は22銀~13歩で成銀を剥がして22銀打以下で詰みますので32桂成と13歩を取るために銀合が必要で、その銀を取ってまた打つことで馬で王手できる筋を空けることが出来る仕掛けです。
 近づくごとに2歩消費する仕組みで、最も近い35まで行くことでちょうど10枚使い切る……と実は失敗。途中45馬のタイミングを一路早め、34歩合を強要して同馬~35馬と引くのが正しい追い方で、これで1歩を稼ぎ、最後にその歩で13に吊り上げて24馬から収束に向かいます。最後は打った金が55までスルスルと上がって44角成まで。銀のスクリーンの開閉が機械仕掛けのようで面白い表現になっていると思います。

軽趣向好作選120

 同僚のススメもあり、日傘デビューを検討中です。7月に甲府でくたびれた格好で日傘さして歩いてる人がいたら、声かけてみてください(笑)。


 本日は軽趣向好作選です。
20240616nakamura
▲18龍△17金▲15金△同玉
▲17龍△16金▲14金△同玉
▲16龍△15金▲13金△同玉
▲15龍△14金▲22龍△同角
▲14龍△同玉▲15歩△同玉
▲16歩△同玉▲17歩△同玉
▲27金△18玉▲28金△19玉
▲18金打まで29手。
 1筋の縦の金送り。普通、縦の金合ですと同龍と取られて早く詰んでしまいそうですが、角桂の効きと25地点を空けることで巧みに早詰を回避しています。また、下段で収束するのが考えられるところ、12歩を壁にしつつ、11龍を配置することで13金に同歩の変化を成立させています。
 その龍を22に捨てる手をキーにして、歩を連打して玉を吊り上げれば、3手目同龍では成立しなかった27金の筋で雪隠まで追い込んで詰む仕掛け。力の籠った作品が多い作者ですが、器用な面を持ち合わせていることを感じます。

詰将棋学校好作選20

 妻の実家で網戸の張替をしてきました。久しぶりにやったのでやり方だいぶ忘れてましたが、なんとか完了。DCMで買った網押えゴムの太さを間違ってしまったのですが、話したら快く交換してもらえて助かりました。同じミスやってる人結構いるんですかね。


 今日は詰将棋学校好作選です。当時なかなかの衝撃をもたらした作品です。
20240617sakaguchi
▲55桂△33玉▲39香△同馬
▲34龍△42玉▲43龍△51玉
▲63桂生△61玉▲71桂成△同玉
▲83桂△81玉▲72銀△92玉
▲91桂成△同玉▲93香△同馬
▲41龍△92玉▲81龍まで23手。

 3手目34龍と追うのが普通ですが、42玉、43龍、51玉、63桂生、61玉で逃れます。ここで93馬の効きに打つ39香が狙いの遠打。23玉、15桂、13玉、63龍、24玉、23龍、15玉、26銀、15玉、25龍、27玉、37銀の変化のための限定打で、38歩合とかですと今度は同香、23玉に34龍で詰みですので同馬と取りますが、93馬の83の効きが無くなるので、34龍以下同様に追って、71桂成~83桂と打ち換える手が成立します。92まで追い込んで、91桂成~93香と今度は39馬を93まで呼び戻すのが作者の描いたストーリーでした。スイッチバックの表現手法が鮮烈で、当時高い評価を得た傑作です。
 発表時は玉方85歩・95と配置がなく、71桂成のところ、51桂成、71玉、61成桂、81玉、71成桂の迂回手順のキズが発生。修正案は作者ご自身によるものですが、今見ると85歩と95とのどちらか一枚でも修正できているように見えます。作者にお伝えできれば良いのですが。

軽趣向好作選119

 次回詰とうほくは8月17日(土)の13時から、前回と同じ生涯学習センターの第1セミナー室を予約しました。だいじょうぶ、こんどは5階です(笑)。

 本日は軽趣向好作選。前々回でも紹介した深和氏の作品です。
20240602fukawa
▲26銀△16玉▲35銀△17玉
▲26銀△16玉▲37銀△26香
▲17歩△同玉▲26銀△16玉
▲37銀△26香▲17歩△同玉
▲26銀△16玉▲37銀△26香
▲17歩△同玉▲26銀△16玉
▲37銀△26銀▲17香△同玉
▲26銀△16玉▲17香△同桂成
▲25銀打△同歩▲17銀△同玉
▲29桂△同成桂▲18香まで39手。
 26銀と据えてまずは35歩を取り、今度は37銀と引いて28銀引を見せます。26香と飛を引き寄せる捨て合が最善で、これに対し17歩~26銀とすることで持駒の歩が香に変換されたことになります。これをもう2回繰り返し、持駒香3枚で37銀引とすれば香が品切れ。金合は17香、同玉、26銀、16玉に15銀が成立。角合は17香、同玉、26銀、16玉、17香、同桂成、34角があります。銀合が最善ですが、17香からその銀を入手し、桂を跳ねさせて25銀打が決め手。29桂、同と、18香でピッタリ詰みあがります。
 易しいですが、どうやったらこう都合よく出来るのか、と思うほど全く無駄のない作り。序奏・収束を含めて見事な軽趣向作品です。

詰将棋学校好作選19

 朝ドラ主題歌の米津玄師の曲が冬眠蛙好みドストレートで、あまりに気に入ったので久しぶりにギター練習しています。真面目に触るのは数年ぶりで、フレットを押さえる力が弱くなってて、ブランクを感じました。まあ元々全然素人なんですが(笑)。


 今日は学校好作選です。非常に高評価だったのですが残念ながら余詰だった短編作を。
20240526kato
▲67飛△46玉▲58桂△55玉
▲54馬△同玉▲46桂まで7手。
 桂があれば打ってみよ、と48桂は同香成で、逆に28桂は46玉で打った桂が邪魔になって詰みません。ということで開き王手なのですが、飛成でも57飛でもなく、67飛と枠の外に動かすのが面白い一手で、46玉に58桂と香筋を遮断した後、豪快な馬捨てから両王手が作者の狙いでした。
 全手順が一本の線でつながっており、完成された作品なのですが、残念ながら初手77飛でも詰みで、また収束54馬で28馬と寄る手もあり、残念ながら不完全。修正も無理ではないのですが、2枚くらい追加しないと厳しそうです。
 この詰上りは有名な小林敏樹氏作にもあるのですが、発表時の結果稿において、小林氏の59香遠打に比べるとインパクトが薄い、という解説が行われています。ただ、個人的にそうかなあ、という気持ちはあります。59香で逃げ道を封鎖できているにも関わらずその枠の外に移動するのが正解、という意外性は短編ならではの世界だと思うんですよね。加藤氏は当時の超短編の名手の一人で、本作はまさに氏らしい調理がなされていると思います。ぜひまた作品を見せて欲しい作家の一人です。

軽趣向好作選118

 昨日は詰とうほくでした。初めて取ったミーティング室が本当にミーティング室で(当たり前)ちょっと狭くて反省でしたが、9名参加で楽しみました。古い国会図書館資料の写しをいただいたり、握り詰や皆さんの新作を解いたり。3次会まで繰り出して段級位認定の話題で盛り上がりました。
 次回は8月17日(土)で抽選申込しています。会場取れ次第、ご連絡します。

 さて、今日は軽趣向好作選です。
20240519kitaoka
▲42歩成△同飛▲43桂△21玉
▲11歩成△同玉▲33角成△21玉
▲31桂成△同玉▲22歩成△同飛
▲23桂△41玉▲52歩成△同飛
▲53桂△同飛▲31桂成△同玉
▲32桂成まで21手。
 盤面3段目の歩を成り捨てては桂を打つのが心地良く、12歩や打った桂の成捨てを含めてリズミカルな手順。43桂に同飛は13角成、42玉、52歩成、33玉、35香、34歩、45桂、44玉、36桂までピッタリ詰みます。この変化のために54歩・56銀の2枚配置が必要になるのは一寸惜しいですが、良いアクセントになっていると思います。
20240519fujii
▲39飛△29銀▲同飛△同玉
▲38銀△19玉▲29飛△18玉
▲19銀△17玉▲27飛△16玉
▲26飛△17玉▲28銀△18玉
▲27銀上△19玉▲37角△28歩
▲同角△同玉▲36銀△17玉
▲27飛△18玉▲19歩△同玉
▲29飛△18玉▲19歩△17玉
▲27飛△16玉▲25銀まで35手。
 39飛に29銀合(角合は38に打つ駒が角になるので開き王手できて早い)からスタートして38銀打とすると入玉形知恵の輪かな、と見当が付きます。実際19に銀を打って歩をパクるところ位まではスラスラと進みます。26飛、17玉となると、28銀は18玉、27飛は16玉でどちらも駄目そうに見えるのですが、28銀、18玉に27銀直とするのがちょっと指し難い手段で角を使って1歩を稼ぎ、36銀型を作るのがポイントでした。
 最後は取った歩を19に打って16まで追い込んで25銀まで。19に打った銀が25まで進んで収束、というのはなかなか想像できません。作品集を上梓された作者、センスが伺われる作品です。

設定変更について

 趣味として詰将棋と付き合ってもう数十年になりました。他にもいくつか趣味や楽しみがありましたが、これだけ長く続いたのは詰将棋だけでしょうか。
 その活動の一環としてこのブログもやっているのですが、いくつか意味不明なコメントが来るようになりました。先日正直に良くわからない旨返信した後で、ようやく真意らしき意見をいただいたのですが、一部は理解できたものの、首肯できないものが多かった上に、全般的なニュアンスに正直なところ怒りを覚えた次第です。私だけでなく、紹介した作品の作者の方にも失礼にあたるため、当該コメントは削除しました。
 趣味で不快な思いをする位ならば、それはもう趣味とすべきではない、というのが持論です。記事投稿は続けますが、これ以上詰将棋を嫌いにならないよう、コメント設定は行わないこととしました。あしからずご了承ください。

«詰将棋学校好作選18