無料ブログはココログ

2月の詰とうほく

 昨日生涯学習センターにて詰とうほくを開催しました。仙台に越してきたリヴァロさんが初参加。早速持ってきた作品を披露され、皆でだいぶ苦戦しました。今回は他にも作品を見せ合う機会が多く、最近では珍しい感じでした。
 前回の詰とうほくで、ヤフオクに出ていた詰将棋の本を利波さんが入札するかどうか、だいぶ迷われていたのですが、結局落札してまして、今回持ってこられました。原作がわかるものとそうでないものがあるようで、もしかするとまだ世に出てない作品もあるのかもしれませんね。ツイッターを見ると、とりあえず購入された2冊に「詰将棋巴」と「詰将棋駒ケ原」という名前が付いたそうですw なんだそれは?と思った方はご本人にお尋ねください。
 他にも例によっていろいろと雑談等。スマホ詰パラの話題でも盛り上がりました。わけあって携帯のテザリングでPCのウェブサイトをいくつか覗いたのですが、今日見てみたら通信量がエライことになってました。これからちょっと控えないと。
 二次会では最近パラで活躍されている仙台の作家さんの作品を(PCの助けを借りつつ)解図。序がどうかなあ、という意見もありましたが、冬眠蛙でも間違いなく付けると思います。ああいうあまり考えなくて良い序が趣向作にはちょうどいいかな、と。

 次回は8月24日(土)となりました。暑くなんないと良いですね。


 全国大会の握り詰の仕上げにかかっている方がそろそろ多いのでしょうか。今年は19手までに手数制限されたので、逆に大変かなあ。まだ間にあうので、チャレンジしてみたいところではあります。


 あ、そうだ、気づいたんですが、スマホでこのブログを見ると、写真のない記事がちょっとみっともないんですよね。ということで、次回紹介する軽趣向作品を先に図面だけ載せておきます。
20190519kondo 

趣向がわかりやすい構図ですが、さすが近藤氏、という工夫が出てきます。50手台。

軽趣向好作選12

来週18日は詰とうほくです。会場は元に戻って仙台駅東口の生涯学習センターですので、お間違えなきよう。

さて、軽趣向好作選を。まずはこちら。

20190512kondo

▲21歩成△41玉▲42歩△同成香▲31と△51玉
▲52歩△同成香▲41と△61玉▲62
歩△同成香
▲51と△71玉▲72歩△同成香▲61と△81玉
▲82歩△同成香71と△91玉▲93飛成△92銀
▲83桂△同成香▲81と△同玉▲83飛成△同銀
▲同飛成△71玉▲72歩△62玉▲53銀△51玉
▲52歩△41玉▲44香△43金▲42銀成△同金
▲同香成△同玉▲43金△31玉▲32歩△21玉
▲22歩△同玉▲33金△21玉▲81龍迄53手。

 

盤面3×4からの追い趣向。途中31以降で同玉と取れそうですが、桂捨てから頭に歩を打つ筋で詰むので、この趣向が成立しています。なんと91まで追い込んで93飛成で手が変わります。復路は歩の枚数と取った香を使うタイミングに気を使い、金中合も登場します。詰上がりに残った歩の配置にも趣向性を感じる見事な纏めに作者の手腕がうかがわれます。(Flash盤は途中生になっています。すみません)

20190512sinoda

▲24歩△13玉▲23歩成△同玉▲25龍△24歩
▲同龍△同玉▲25香△33玉▲44馬△32玉
▲22香成△42玉▲53馬△33玉▲44馬△42玉
▲41と△同玉▲51歩成△同玉▲61歩成△42玉
▲43歩△41玉▲51と△同玉▲62馬△41玉
▲42歩成△同玉▲53角成△33玉▲44馬△24玉
▲35馬△33玉44馬△42玉▲53馬△33玉
▲44馬△24玉▲42馬△13玉▲23成香△同玉
▲33馬△12玉▲13歩△同玉▲31馬△12玉
▲22馬迄55手。

 拠点を作るべく、35馬から香を据えます。5筋・6筋の駒と持駒の歩をうまく使い、後ろの角を馬にすることに成功。しかし、35馬に15玉とされたときに16歩が二歩。この時点で初めて、初手24歩~23歩成で13歩を消去する事前工作が必要であったことが分かります。変化を多くともなうのでやりにくい手になっており、非常に効果的な伏線だと思います。
 以降も色々ありそうなところ、うまいことこの手順に限定しており、好作と思います。(こちらも途中Flash盤は嫌がらせ不成をかましてます。ごめんなさい)

 パラで令和改元記念の作品展みたいなのを〇〇氏がやるんじゃないかと思っていたのですが、無かったですね。思ったのですが、令和元年は5月からなので、祝賀詰もあまり作られないなと。というわけで、キワモノ狙いという非常に不純な動機で創作してみました。
20190512

ちょっと文字がズレてますが、令和元年ということで初形「R1」。20手台ですが祝賀詰ですので超簡単。ご笑覧ください。

日本酒の記録(2019年4月)

 ついに平成も今日で終わりですね。冬眠蛙は旅行帰りということもあり、床屋に行ってきたくらいで特別なことはしませんでした。ブログくらい何かできれば、と思いつつも、結局は平成最後に飲んだ日本酒の記録を。と言いつつ、実は1本写真を撮るのを忘れていました。大好きな新政酒造の№6だったので、飲み急いでしまったんでしょうか。というわけで、それ以外に飲んだ2本を。

P_20190411_210910

つい好物のしめ鯖側にピントが寄っちゃってます(笑)。山形県の山形正宗の「まろら」。「マロラクティック」という発酵技術を使ったものから取った名前のようです。とても酸味の強い飲み口でしたが、日にちが経つにつれて角が取れて、とってもバランスの良いフルーティなお味に。お値段的にもリーズナブルでオススメできるお酒でした。

P_20190417_201657

平成最後に飲んだお酒は故郷新潟の久保田の「翠寿」。昨年も飲みましたがこの時期に出る限定酒ですね。華やかな香りがありつつも淡麗で軽やかな味わい。お店で見かけたらぜひ一回飲んでほしいお酒です。たったさっき飲み干しました。あ~おいしかった。

GWもまだまだこれから。令和にもなることですし、少しは作品が出来るといいな。ではでは。

 

軽趣向好作選11

 最近ラーメン屋の行列が結構目立ちますね。冬眠蛙はどちらかというと、大衆的な中華食堂が好みです。この間、好物のマーボーラーメンを頼んだら、妙に具が多くて、「なんか今日は気前がいいなあ」と思って箸を入れてみたら何も手ごたえがなく、なんと麺を入れ忘れられていました。それを「ありゃあ、ごめんごめん、ははははは」と店員が笑い飛ばす、そういう雰囲気がまたいいです。ラーメン屋はこうでなくては。

 さて、では好作選を。
20190421sakai
▲23銀△21玉▲32銀生△12玉▲23銀成△21玉
▲43馬△11玉▲44馬△21玉▲33桂生△同桂
▲43馬△11玉▲33馬△21玉▲43馬△11玉
▲44馬△21玉▲33桂△11玉▲41桂成△21玉
▲11馬△同玉▲12歩△21玉▲33桂迄29手。

 

ミニ馬鋸ですが、33に桂を効かせることでちょっとした奥行きが生まれています。33桂生に31玉は32歩、42玉、54桂、52玉、62桂成、42玉、41桂成、同玉、53桂、42玉、33成銀まで。このため、初手に打った銀を金に変えておく必要があるわけです。さすがに芸が細かいですね。なお、24が桂なのは桂を切らして8手目32桂合を防ぐためですね。

 

20190421honma
▲18歩△27玉▲28歩△同玉▲29飛打△18玉
▲19飛△27玉▲28歩△同玉▲29飛左△38玉
▲39飛△48玉▲49飛△37玉▲38歩△同玉
▲39飛右△27玉▲28歩△17玉
▲18歩△同玉
▲19飛△28玉▲29飛右△17玉
▲18歩△同玉
▲19歩△17玉▲47飛△同香成▲71馬△同馬
▲18銀迄37手。

 

堀半七を横にしたような手順ですが、キー設定は初形の38歩にあり、それを消去するのが主目的。で、消去しておしまいにするのではなく、更に4筋に動く余地を残すことで、原型消去を回避しつつ歩をたたいて飛で追う回数を増やしたのがなるほどと思わせる工夫です。玉の逃げ方に破調があり、予定調和的な収束に至るプロセスを楽しめる作品と思います。

 

 

軽趣向好作選10

 10連休も近づいて参りました。めったにないことなので、冬眠蛙も旅行予定ですが、予想はしていたものの高いですねえ。長い休みも考え物です。

 さて、以前予告していましたとおり、軽趣向好作選は今回から1回につき2作紹介にします。

20190414ogasawara_1小笠原隆治氏作 パラ1994・6

▲74飛△73角▲同飛成△同桂▲62角△61玉
▲51角成△同玉▲54香△53角▲同香生△同桂
▲42角△41玉▲31角成△同玉▲34香△33角
▲同香生△同桂▲22角△21玉▲11角成△同玉
▲12香△21玉▲23香△31玉▲22香成△41玉
▲32成香△51玉▲42成香△61玉▲52成香△71玉
▲62成香迄37手。

 

貧乏図式からの角合を絡めた還元玉送り趣向。単純なようですが、持駒の香の多さから初手74香と即断すると、73角合以下同様に進めたとき、54香に53香合で失敗します。ほんの一工夫で作品価値がだいぶ上がっていると思います。

20190414hasaki_1

▲56銀△46玉▲67銀△55玉▲56飛△65玉
▲66飛△55玉▲56銀△46玉▲65銀△55玉
▲44銀生△同龍▲56銀△46玉▲67銀△55玉
▲46角△同歩▲56銀△66玉▲67金迄23手。

 

銀繰り趣向といえばこの方、波崎黒生氏。半期賞を受賞した本作は、手順の楽しさもさることながら、論理の分かりやすさを併せ持っており、それでいてその鍵の巧妙さには思わず「なるほど!」と膝を打ってしまう。作家的にも解答者的にも文句のない名作と思います。

新しいニフティブログ、まだまだ混乱中のようです。画像の大きさ、もう少し編集しやすいと助かるんだけど。。。

日本酒の記録(2019年3月)

 新元号も令和に決まり、いよいよカウントダウンというモードですね。決まって1日とたたず、勝手にPC上で予測変換に出てくるあたり、技術の進歩が進み過ぎて逆に怖くなってしまう冬眠蛙です。

さて、本日は日本酒の記録を。

P_20190301_205552 まずは故郷新潟の「〆張鶴」大吟醸銀。香り豊かでありながら実に澄んだ味わい。純米大吟醸金も飲んだことあるのですが、こちらの方がお酒弱い人向きで良いかもしれません。

P_20190307_212136 続いては秋田の「雪の茅舎」の大吟醸。この間、NHKのプロフェッショナルでとりあげられました。杜氏さんのこだわりが面白かったです。ミーハーなので、放映後すぐ買ってしまいました(笑)。この大吟醸はフルーティな味わいが楽しめる一品でした。

P_20190311_203942 山形の亀の井酒造「くどき上手」。酸味がありつつやや辛口。日がたつと角が取れてきて、美味しかったです。

P_20190319_213616 このブログの常連、秋田新政酒造の「陽乃鳥」。貴醸酒といって、仕込みに普通水を使うところ、酒を使ってとろみを出しています。新政酒造は芳醇が売りですが、甘さではトップクラスと思います。パイナップル風味かな?甘口好きならぜひ。冬眠蛙も気に入りました。

P_20190323_201718 最後は福岡県の「庭のうぐいす」のうすにごり純米吟醸。にごりらしいピリリとした辛口が味わえます。料理に負けない力強さを持ったお酒と思います。

なんか、先月は多かったですねえ。年度末は忙しいので、飲み会が少なくなる分、家飲みが増えてしまうようです。美味しいからペースが速くならないよう気をつけなきゃ。

 

ブログサービスの混乱が続いているようで。

 見てみたら、ニフティのブログサービスの管理用トップ画面に「不具合修正状況 3月〇日」というのが毎日更新されております。よほど多かったんでしょうねえ。冬眠蛙も前はそういう方面の仕事でしたので、ご担当の方々の阿鼻叫喚ぶりを想像してしまって、あまり文句言えなくなってしまう(笑)。まだファイル掲示できないか、後日試してみます。

 ちなみに、軽趣向好作選は次回から、一回につき2作紹介にしようか、と考えており、今作品を整理しているところです。柿木将棋で解かせて早詰が確認できたりしたのもあったのですが、逆になぜか解けない作品も。何度も確認して確かに詰んでいるのですが、不思議なものですね。そういえば詰将棋では、本日解答選手権で藤井プロが5連覇達成とか。今年はどんな作品が出たのかな?見るのが楽しみです。

 2018年度も今日でおしまい。来年度は生活習慣を含めて変えていこうかと考えているのですが、どうなることやら。あ、でも多分酒は飲み続けます(笑)。ではでは。

軽趣向好作選9

利用しているニフティのブログですが、大幅なシステム変更があったようです。使いこなせるまで時間かかりそう。前のと機能互換してるのかしらん。
さて、軽趣向好作選は今回かなり難しい作品です。
20190324sasaki
▲54銀生△62玉▲63銀成△51玉▲43桂△61玉
▲72成銀△52玉▲55香△54香▲51桂成①△同玉
▲54香△52香▲同香成△同玉▲55香△54桂
▲64桂右②△63玉▲54馬△74玉▲65馬△63玉
▲53香成△同玉▲56香△55香▲52桂成③△同玉
▲55香△54桂▲64桂④△63玉▲54馬△74玉
▲65馬△63玉▲53香成△同玉▲45桂△44玉
▲56桂△45玉▲46香△同銀▲36銀まで47手。

 

 72香を取るまでが序奏(銀の成生の使い分けがあって手が込んでます)。55香に対しては54香(桂は品切れ)と中合します。ここで64桂左ですと63玉、54馬、74玉、65馬、63玉で届きそうで届きません。ここで51桂成と捨てるのが1つ目の鍵。同玉の一手に香を取れば52桂合には同香成、同玉、55香、54香、44桂打があって詰むので52香合とせざるを得ません。同香成、同玉にもう一回55香を打つと、前のように54香合とした場合は53香と打って詰み。43桂が持駒の香に化けている、というわけです。
 54桂合の場合は53香には63玉、54馬、74玉、64馬は9筋まで逃げて不詰。64馬のところ65馬だと63玉で千日手。困ったようですがここで64桂右がちょっとやりにくい2つ目の鍵。この手の意味は65馬、63玉と追ったときの継続手段を用意しています。それが53香成と捨てて56香と打ち直す手。63玉には55桂なので55に中合するしかありません。ここでも桂は品切れですので香合。ここで同香、63玉、53香成、同玉、56香は千日手ですね。
 52桂成、と捨てるのが3個目の鍵。64地点を開けておけば、55香に63玉は54馬から追って詰む仕掛けです。玉方は再び54桂合で粘りますが、64桂が最後の好手。54桂を再び剥がすと持駒が桂桂香となり、これによって45桂から収束に向かうことが出来る、ということです。玉方の妙防が構成要素を担う知恵の輪はかなり珍しく、更に詰方のキー設定も巧妙でこの作品独自の世界観が成り立っています。その分、普通の知恵の輪に比べると理解されにくいのかもしれませんが、中編詰将棋の一つの極限を示すような名作と思います。
 案の定、フラッシュ盤のファイルがアップロードできなくなっており、ただいま悪戦苦闘中。しばしお待ちください。

軽趣向好作選8

 先日、ある雑貨屋さんに行ったら、「誕生日ごとに同じ誕生日の作家の本を購入できるコーナー」というのがありました。2月29日まであわせると366日あるので、なかなか良く調べたものです。ちなみに2月29日は赤川次郎じゃないかな?昔何かで読んだ記憶があります。……で、特段興味があったわけではないですけど、まあ自分の誕生日は誰なのかなと思い見てみたら、なんのことはない、以前詰将棋を良く作ってらした方でした。ちょっと驚きました。

 さて、本日は軽趣向好作選を。
20190311hirai
▲51角成△同と▲43飛成△42馬▲51歩成△31玉
▲41と△同馬▲33龍△32馬▲23桂生△41玉
▲42歩△同馬▲31桂成△同馬▲43龍△42馬
▲53桂生△31玉▲32歩△同馬▲41桂成△同馬
▲33龍△32馬▲43桂△41玉▲51桂成迄29手。

移動合をからめたミニ送り趣向。構図が見えているので、7手目32歩としたくなるのですが、それでは一歩不足で、41ととすぐに捨てるのがポイントになっています。ちょっとうっかりしやすいところですが、最初に破調が来てしまうのは少し残念な感じもします。でも、51とを剥がす、という意味づけで2往復半できており、楽しめる作品になっていると思います。

久しぶりの入選

 …と思ったら、表紙に載せてもらったのは去年でしたっけか。D級順位戦に載せてもらいました。実は投稿したのは今年の1月中旬。お年玉年賀ハガキで当たった切手シートをそのまま使いました。投稿すると、『今月は載るかな』という楽しみが月末にあるので、正味1か月で載ってしまって少し複雑な気分です(笑)。
 学校に投稿すれば載るまでに間があるのでしょうが、一方で入選が保証されないリスクがあるんですよねえ。順位戦は柴田さんが「応募が少ない」と良く書いているので大丈夫かな、と思った次第。4作の内どれだか書くわけにはいきませんが、よろしければ解いてみてくださいね。

 なお、次回詰とうほくは5月18日(土)に、前の駅東口の生涯学習センター和室に決まりました。よろしくお願いいたします。

«日本酒の記録(2019年2月)

最近の写真

  • 20190519kondo
  • 20190512kondo
  • 20190512sinoda
  • 20190512
  • P_20190411_210910
  • P_20190417_201657
  • 20190421sakai
  • 20190421honma
  • 20190414ogasawara_1
  • 20190414hasaki_1