軽趣向好作選81

先週の3連休は久しぶりに新潟に帰ってノンビリしてました。街中がだいぶ変わりましたね。せっかくなので、今年調子の良いアルビレックス新潟の試合を見に行きたかったのですが、都合が合わず残念。

今日は軽趣向好作選。角2枚型の2作品です。
20221002nishimura
▲22角△97玉▲32角生△98歩
▲同香△86玉▲87歩△75玉
▲76歩△64玉▲65歩△53玉
▲54歩△42玉▲43桂成△同龍
▲同角成△同玉▲33飛△44玉
▲36飛成△54玉▲34龍△65玉
▲45龍△76玉▲56龍△87玉
▲67龍△98玉▲99歩△89玉
▲87龍まで33手。

 角を遠打してください、と言わんばかりの初形で実際遠打するのですが、22角とするのがポイントです。この後、43角成や32角成としたくなるのですが、86玉から歩で追ったときに打歩詰。ひねって21角成としても54歩、42玉、43桂成に51玉で届きません。32角生は51玉に52成桂、同金、41飛を用意した手で、43桂成に31玉とさせないために初手22角が限定となる仕掛け。これで飛を入手し、あとは追い戻しで気持ち良く……というところで、実は罠がありました。32角生としたときだけ、2手目98歩の手数延ばしが成立しています。最後98玉まで追い戻して99歩から87龍まで。謎解き作品としても上質な仕上がりの良作。

20221002mizukami
▲41角△21玉▲13桂△12玉
▲22金△同玉▲34桂△同龍
▲31角△33玉▲32金△23玉
▲22金△13玉▲25桂△同歩
▲23金△14玉▲12金△24玉
▲13角成△33玉▲32角成△同玉
▲22馬まで25手。

 こちらは趣向的な手順が出そうにないのですが、41角から細かく捨てて31角と焦点に打ち付けると、いつのまにか金鋸的な手順の舞台装置が完成している、という仕掛け。25桂と小技を挟んで23金から12金とソッポに移動し、角成から角捨ての収束も完璧です。
 2手目42玉は64角以下、33玉は44金、同龍、22角以下。最低限の配置で趣向を構成する角2枚を盤上から消す技巧はさすが編集長。もっと作品を発表してほしいものです。


こっそりと、でもないですが。

 最近、想定外に忙しくなり、詰将棋にあまり時間がかけれない状況になってます。年内は厳しいカモ。こうなってみると、風みどりさんの頼まれ仕事だけでも早めにやっておいて良かったです。

 ということでネタもないので、連載している軽趣向好作選をとある目的でPDFにまとめたものをアップしておきます。よろしければどうぞ。例によって解説はつたないですが、作品は良い作品ばかりです。

ダウンロード - kei1.pdf

ダウンロード - kei_fukurotoji.pdf

2個ありますが、ファイル名でわかるとおり、後ろのは袋とじ用です。

西日本は台風で大変な3連休になったようですね。被害がなるべく軽いことを祈っております。こちらは明日朝が一番危険になりそうで、気を付けたいと思います。

 

 

軽趣向好作選80

 今日はお昼に床屋に出かけました。近くにデパートがあるのですが、ものすごい行列が。なんだろうと思ったら、甲子園で優勝した仙台育英が白河を越えて持ってきた優勝旗の展示なんだそうです。今日は最長2時間半待ちだったとか。まあ確かに見てみたいっちゃー見てみたいですかね。この週末はジャズフェスも規模縮小ながら再開され、ようやくアフターコロナの空気感が出てきました。

 さて、今日は軽趣向好作選。今回も軽めの楽しい2作品。
20220911tanigawa
▲23馬△44玉▲45馬△53玉
▲63馬△42玉▲41飛△同金
▲同馬△33玉▲23馬△44玉
▲45馬△53玉▲63馬△44玉
▲45銀△33玉▲23金△同玉
▲41馬△33玉▲32馬まで23手。

 初手からの馬追い回転趣向。持駒に金が加わる2回転目は作りやすいですが、1回目は玉の経路に桂歩を置くことで、うまく軌跡を限定できました。2手目同玉は24飛~32桂成、4手目33玉は23飛~52歩成、6手目44玉は45飛~43飛成で詰みます。41飛から金を入手して2回転目、63馬に42玉だと1手詰なのでここで逆に44玉と戻りますが、45銀~23金が決め手。また41馬~32馬で詰ますのがちょっと洒落ています。センスが光る佳作。

20220911hino
▲22銀△同角▲同馬△同玉
▲44角△33角▲34桂△12玉
▲11飛△同角▲同馬△同玉
▲44角△33角▲22銀△12玉
▲21銀△同銀▲同銀生△同玉
▲22銀△12玉▲11銀成△同角
▲同馬△同玉▲33角△22玉
▲22桂成まで29手。

 34に拠点となる桂を打つべく、精算から入ります。44角に対してはもう一度33角合とするのが最善。34桂の後、11飛から再精算して、収束を見据えてまた44角と打つのですが、これに対しても結局33角合とするのが最善になるのが面白いところ。銀2枚で32銀を剥がし、また11銀成から精算すれば収束です。54歩一枚で変化と紛れを両立させたのはお手柄ですね。

 

次回詰とうほく日程+2022年6月パラ順位戦(C級)

 次回詰とうほくは11月19日(土)でまた会場が元に戻って仙台駅東口の生涯学習センターの会議室を借りました。最近和室が抽選負けしますね。そんなに人気なんだろうか。

 さて、久しぶりに誌上に発表したので、今回はその作品について。昨年は色々忙しくて順位戦は参加できず、申し訳ない思いをしたので、今年は早々に投稿していました。今見たら20年の8月の創作。秋からずーっと別の作品を作っていたのですが、そちらはまだ完成としたくない気持ちがあり、ストックに残しています。
202206para
▲84銀生△96玉▲88桂△同銀成▲87金△同成銀
▲63角成△86玉▲96飛△同香▲85馬△同玉
▲75金△86玉▲95銀打まで15手。
 今まであまり疑問に思わなかったのですが、どういう順番での出題になるのかは編集部の気まぐれなんでしょうか。今回はC級順位戦でも最後になってしまったので、「そんな難しくないはずだけど、あまり解いてもらえないかもしれないなあ」と思いました。それでも34名の方に解答していただいたようで、ありがとうございます。
 88桂から87金の銀成らせの手筋が出ており、適度な不利感と、そもそもの目的がちょっとだけ見えにくいことで評価いただいたようです。実は創作は収束からの純逆算で、偶然入りました。こんな幸運もあるんだなあ、と感じたのを覚えています。
 一方で収束はちょっと緩めに感じた方もいたようですね。3手収束で銀が重く見えたでしょうか。先ほど書いたように、もともとこの収束からの逆算なので「へぇ、そういうものかなあ」と思いました。なので、いただいた短評で、竹中さんの「96飛~85馬はあまり見ない収束ですね」は嬉しかったです。
 C級は他の方のも一部解いて、あとは柿木に解かせたりもしたのですが、鳩森氏作が楽しかったです。A級・B級は力の入った作品が多かったですね。運よくB級に昇級したので、来年もまずは参加することを目的に頑張ります。

軽趣向好作選79

 仙台は夏の暑さも峠を越えつつあります。ここのところ、睡眠中に足がつることがあって調べてみたところ、水分不足と冷えが原因として挙げられてました。寝る前に水飲むようにはしてるんですけど、何もかけずに寝てるせいですかね。エアコンは消してるんですが。

 本日は軽趣向好作選。軽めですが、ちょっと「へえ」と思わせる2作品です。
20220827tonami
▲14飛△同銀▲13角成△11玉
『▲23桂△同銀▲12歩△同銀
▲同馬△同玉▲13銀△23玉
▲24銀成△12玉▲13成銀△11玉』
『▲23桂~▲同銀成~△11玉』
『▲23桂~▲同銀成~△11玉』
▲23桂△同香▲22成銀迄43手。

 3×5の端正な初形。銀ハガシですが、最初一旦銀を逃すのがうまい序奏です。桂で呼び出して剥がすのは良くあるのですが、いったん23玉とする手が入るので、より趣向らしさが増しています。趣向の延長でそのまま綺麗に収束するのも好印象ですね。なお、23桂を取る銀の順番は全部非限定のはずです。

20220827soma
▲22銀△同銀▲23桂打△21玉
▲11金△同銀▲同桂成△同玉
▲22銀△同角▲23桂生△21玉
▲11金△同角▲同桂成△同玉
▲22角△同角▲23桂△21玉
▲11金△同角▲同桂成△同玉
▲22銀△同玉▲23金△21玉
▲12金△同玉▲34角△21玉
▲23香△11玉▲22香成△同玉
▲23歩成△11玉▲12と迄39手。
 23桂に22玉と上がられると金輪際詰まない形になるため、事前に22を埋めるのが必要になるのですが、この原理をハガシ趣向にするあたりが流石に相馬氏です。ただし、ハガシ方にも工夫が必要で、最初は23桂に同銀と取られる手を見越して桂打にするのは当然ですが、次の22角の局面では桂打ではなくて桂跳ね。これは11金、同角、同桂成に同角とされる変化に13桂打とする余地を残したものですね。さらに1枚目の角を取った後、22に捨てるのが銀ではなくて角というのも芸が細かい。ここで22銀でも同じようですが、その場合、2枚目の角を剥がした時点で持駒が角角金となり、22角に11玉とされてアッと叫ぶことになります。
 こちらも舞台装置そのままでうまく収束できており、12の駒が香なのも最後に納得する仕掛け。この作者は趣向作は3日位で作る、と前に読んだ記憶がありますが、本作はどのくらいで作ったんですかね。


8月の詰とうほく

 昨日は詰とうほく。久しぶりに盛岡の佐々木さんが見えられました。独特な語り口は相変わらずで楽しいひと時を過ごしました。創作は岩手の囲碁将棋教室の方といっしょに、主に一般向けのものを作られているそうで、昨年のものはこちらのサイト(←クリック)で見ることが出来ます。今年のものもいくつか出して、同一作チェックをされてました。今年は10手台も出すのだそうで、急に難しくなったりしてました。
 せっかくなので自分の作品もいくつか見てもらいました。あとはこちらも久しぶりの石川さんとパズルで雑談したり、詰将棋を解いたり。また、Uraさんからもらった(いつもありがとうございます)参考資料の二上氏作がまた易しそうな顔をして、一般雑誌でこれは相当では、と思いました。
Futakami3
実は周りでコロナ感染者が多く出たこともあり、今回は二次会はなしとさせてもらいました。すみません。次回は11月19日で申し込んでいます。抽選結果は別途ご連絡します。

冬眠蛙第5作品集(作品の部)

 お盆になりますがいかがお過ごしでしょうか。今年こそは実家で墓参りを、と思っていたのですが、宮城も新潟もコロナ感染者数が激増しており、また天候も不安定ということで残念ながら諦めました。近場の妻の実家には顔を出してくる予定です。その関係でオンラインたま研も出れません。残念。
 昨日休みを取って4連休でしたので、読書の片手間でまとめた第5作品集の問題編を公開します。下のリンクからPDFでご覧ください。PCでご覧の方は脇にもリンクが貼ってあります。

第5作品集(作品の部)

 久しぶりに作ったので、ちゃんとA5版袋とじになってるかイマイチ自信ありません💦。PDFから印刷する際はご注意ください。解説の部はこれから作ります。

 来週は詰とうほくになります。中央市民センターの会議室での開催になりますので、ご注意ください。ご来場お待ちしております。

軽趣向好作選78

 先週は更新をさぼってしまいました。忙しかったというわけでは無くて、ブックオフで前から読みたいと思っていた吉川英治の三国志を見つけて読みふけってしまったためです(;^_^A 今4巻なので、まだしばらくかかりそう。
 ちなみにもちろん楽しく読んでいるのですが、登場人物が多くてなかなか大変。そういった意味では一人ひとりの人物を上手く書けている津本陽の「下天は夢か」の方が面白いかなあ。ただ、これから諸葛孔明も出てくるわけで、ひっくり返る可能性はあります。

 今日は前回さぼった軽趣向好作選を。玉方のと金が信じられない動きをする2題。
20220806nakamura
▲26金△同と▲43馬△15玉
▲27桂△同と▲37角△同と
▲26金△同桂▲27桂△同と
▲17香△同と▲16金△同と
▲35飛成△同香▲25金△同香
▲33馬△14玉▲24馬まで23手。



 持駒が多いのですが、下段の守備駒が強く、簡単にはいきません。まずは26金と捨ててから43馬。34歩合が気になりますが、同馬、36玉に45馬が気づきにくい好手で早く詰みます。15玉と追いこんだ局面からが見所。27桂~37角でと金を37に移動させて、26金が核となる一手。同桂(同香は作意と同様の手順で早い)に対して今度は27桂~17香~16金でと金で16を埋めるのが巧みな手順。単に16金だと同飛成で詰まないのですが、27桂から17香とすることで飛の後ろの効きを消すことが出来ます。17香に同飛成は25金ですね。
 まさしく魔法のような手順でと金が16に戻り、上部が埋まったところで35飛成~25金の胸のすく収束。「奔龍」を始め数々の守備駒の動きをテーマにした作品のある中村氏ですが、本作は特にロジックの巧さを感じる傑作です。

20220806umayahara
▲91飛成△81と▲21歩成△12玉
▲82龍△72と▲22と△13玉
▲73龍△63と▲23と△14玉
▲64龍△54と▲24と△15玉
▲55龍△同と▲25と△16玉
▲17歩△同玉▲18銀△同玉
▲19歩△同玉▲37角△28歩
▲同角△18玉▲19歩△27玉
▲55角△36玉▲26と△47玉
▲48歩△58玉▲59歩△69玉
▲71金まで41手。

 いや、もう正直、字面見るだけだと信じられない手順です。と金で下段に玉を追いつつ、龍とと金が「取っていいよ」「取らないよ」とダンスを踊り続けます。
 タネは収束にあり、25と以下、角を取って19歩~37角からの収束の手順はどこで龍を取っても成立しています。なんと、と金の移動合は龍を取るのをなるべく後にするための手数延ばしなのです。55龍とされると56に金の質駒が落ちているため、ここでやむなく取って収束へ、という仕掛け。最終的に角で一歩を稼ぐため、という簡明な理屈で、この奇跡的な趣向をシンプルな構図で表現してみせた作者には脱帽の一手です。

今年の目標(詰将棋関係)

 4月に応用情報技術者試験を受けていたのですが、その後、(あまり高い志があったわけではないのですが)AIに関する基礎学習を受けてまして、今年の上期はなんかあっという間に終わりました。その学習も終わり、G検定もなんとか突破できたので、徐々に詰将棋関係の負荷をあげようかと考えています。
 下期のToDoリストを忘れないように書いておきます。
①風みどりさんの頼まれ仕事の完遂
②詰将棋学校の毎月解答
③ストックの放出(投稿)
④今抱えている素材の完成
⑤来年の年賀詰創作

特に③は「そろそろ投稿しようかなあ」→「まだ少し良くなるかも」で延々と抱え込んでいるのがあるので、割り切り投稿をしないとな、と思ってます。なんとか採用してもらえると良いのですが。

 コロナがあっという間に増加していますが、先週は妻と久しぶりの東京へ。角川武蔵野ミュージアム(これは所沢ですが)のゴッホ展はなかなかの壮観でした。その後は前に住んでいた小平→国分寺→国立を巡り、泊まりは芝公園。夜の東京タワーはやはり綺麗ですね。翌日はその東京タワーに上った後、大使館巡り→神田明神→新国立競技場とまあ良く歩きました。新国立まで行ったのに将棋会館には寄らないという(笑)。人出は8割位ですかね。気を付けてはいましたが、やはり気になるもの。早く普段の生活に戻ると良いですね。
 

軽趣向好作選77

 仙台にはこの時期には珍しくまとまった雨が降っています。そんな中ですが、明日から少し出かけるため、軽趣向好作選を本日アップ。角(馬)を同じ王手筋で使う2作品。


20220715tonami
▲82と△同玉▲73歩成△91玉
▲92歩△同玉▲65角△74歩
▲同角△91玉▲92角成△同玉
▲65角△74歩▲同角△91玉
▲82と△同玉▲83歩△91玉
▲92歩△同玉▲72飛生△91玉
▲82歩成△同歩▲92歩△81玉
▲71飛成△同玉▲63角成迄31手。
初形打歩詰。82と~73歩成で置きなおし、92歩、同玉、65角と覗くと、91玉は82とがあるため、74歩と捨て合が登場します。同角と取って91玉に、92角成と捨ててもう一枚の角で65角を繰り返すのが面白い。要は最初の一枚の角は歩と交換するためだけの駒だったわけです。
2回目の65角にも同様に74歩と捨て合します。歩が一枚増えたことで収束に向かうのですが、と金を歩に打換えて72飛生!が打歩詰を回避する好手。82歩成で81を空けて追い込み、71飛成で鮮やかな開き王手のフィニッシュとなります。74歩捨て合の型自体は難しいものではないですが、これを繰り返せることに着眼した作者の発想に拍手。
解説の平井氏によると、97飛は94金位でもいいそうで、将来作品集を編まれるときには図面が変わるかもしれません。
20220715suzukawa
▲23桂△12玉▲24桂△同銀
▲11桂成△同玉▲66馬△33桂
▲同馬△同銀▲23桂△12玉
▲24桂△同銀▲11桂成△同玉
▲55馬△44桂▲同馬△33桂
▲同馬△同銀▲23桂△12玉
▲13銀成△同玉▲25桂△12玉
▲11桂成△同玉▲14飛△11玉
▲23桂まで33手。
こちらは馬が飛筋を遮って二枚配置されています。この馬を消すのですが、都度33銀にどいてもらう必要があり、23桂~24桂~11桂成を繰り返すことになります。馬を消す順序も限定で、55馬を後にすることにより、単に33桂合とする場合には22と、同玉、24飛、32玉、22飛成で早詰です。66馬型だとこのとき43玉で詰みません。
桂連合を食いちぎって、また手元に桂が3枚。ここで13銀成~25桂が気持ちの良い打ち換えで、さらに11桂成と成り捨てて14飛で詰みに至ります。明快ながら精巧な論理で、かつ繰り返し部分も楽しく、着地もばっちり。作者の中ではかなり軽い方と思いますが、完成度が高く、未来に残したいで作品です。

 

«パラ7月号